自由と正義のための選択肢

今後の日本の進むべき道を考える政治ブログ

悪質なバカが支配する国との友好は無い

2016-12-28 13:54:03 | Anti-K 日記

病気になれば病院に行けば治してくれる。
私もそう思っていたが完全な間違いだった。
10年前に健康を害してから考えが変わった。
他人任せは不可。自分の健康が管理できないなら人間失格だ。

国家も同じだ。依存心の強い国がカモにされるのは当然だ。
特に依存しながらその事実を隠蔽する国はカモになりやすい。
朝鮮人は自分の思い通りにいかないとすぐ「カモにされた」だ。
そして相手国を罵るが、そのバカ丸出しの責任転嫁には呆れる。

日本がロケット発射に成功すると「政府は何をしているニカ。
誰が予算を泥棒したニカ。見つけ出して重罪に処すべき」
これがいつもの南朝鮮人の反応コメント。いつも被害者。
自己反省が微塵も無い。これではどんどんバカになるだけ。

前回のIMFで日本は南朝鮮を相当助けたと認識している。
しかし彼らの認識では「助けて貰う必要はなかった。
原因を作ったのは日本で、援助の額も取るに足らないもの」
いかにも朝鮮人らしい。ただのバカではない。悪質なバカだ。

人工衛星を自力で打ち上げることもできない情けない国。
漢字廃止、日帝残滓の排除、朝鮮表記の強制に躍起になる国。
契約を自分勝手に解釈し、意に反すると「裏切られた」と喚く。
こんな民族と友好はあり得ない。とっとと出て行ってくれ。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 国際金融マフィア | トップ | 大いなる誤解 »
最近の画像もっと見る

Anti-K 日記」カテゴリの最新記事