自由と正義のための選択肢

今後の日本の進むべき道を考える政治ブログ

人間性の墓場からゾンビが・・

2016-10-11 14:38:22 | Anti-K 日記

以前、金正日の時代に北朝鮮の映像を何度も見せられた。
独裁者に対して感涙し歓呼の声を上げる人民。どこまでホンキか。
狂っているのか、でなければ演技。いずれにせよ人間性の墓場と思った。
頭の悪い人たちを洗脳すればこうなるのかも。単なる狂乱ではない。

今になって思えば、洗脳されているのは南朝鮮も似たようなものだ。
知識のある脱北者が南で驚くのは、歴史の歪曲が北より酷いことらしい。
主役は南朝鮮のマスゴミ報道。朝日新聞もだが、平気でうそを書く。
1週間前には「スマホ問題は終息」と書いていたようだ。

南朝鮮人は日本に来て初めて日本人に嫌われていることを知るそうだ。
「自分たちは最高。嫌われるはずがない」と洗脳されているのだ。
「将軍様は最高。人民に無限の愛を注いでくれる」と同じレベルだ。
そうだ。南朝鮮も人間性の墓場なのだ。北も南もゾンビだらけ。

どこにも相手にされなくて南のゾンビが日本に擦り寄ってくる。
自民の"良識派"はどうするのだろう。第二の舛添の道を進むのか。
標的は経団連の榊原。東レはなぜか南朝鮮に入れ込んでいる。
南朝鮮に炭素繊維の工場を作り中国への輸出を狙う。

わざわざ先端技術をパクられに行くようなことをした。
FTAを利用して中国に炭素繊維を輸出しようとする腹積もり。
今の経済状況ではうまく行きそうもない。将来もダメだろう。
欲だけ張った無能な経営者。社員を路頭に迷わすことが無ければいいが。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ついに生産中止 | トップ | 反日文化革命? »
最近の画像もっと見る

あわせて読む