自由と正義のための選択肢

今後の日本の進むべき道を考える政治ブログ

損切り対象国なのに

2016-12-07 22:51:13 | 国内政治

資生堂が南朝鮮製の化粧品を自社ブランドで発売するそうだ。
そのようなことをすればブランド崩壊にもつながりかねない。
愚かな経営者だと思う。経営が多国籍化したせいだろうか。
今は外国人の方が朝鮮アレルギーは小さいが、今後は変るだろう。

このように日本企業の南朝鮮観は一般国民よりかなり甘い。
親韓の代表格である経団連の会長は裏で自民党に働きかけている。
経済グロバリズムの観点でスワップ再開を働きかけているかも。
朝鮮人に新たに永住権を与える法改正も進められている。

竹中平蔵曰く「ソウルには超エリートの若者が職を求めている」
超エリートというのも疑わしいが、反日洗脳は問題無いのか。
多国籍企業は別にしても、一般日本企業は採用しない方がいい。
職場の雰囲気は乱され、企業秘密は盗まれ放題になろう。

能力と人格は別物である。
テロリストは人格障害だろうが、知能は高いはずだ。
グロバリストは経済合理性だけでものを考える。
国民国家を崩壊させる方向に動く。売国奴である。

たまたま経団連会長の会見を見た。
トランプとソフトバンクの会談を見て渋い表情だった。
中韓と親密な人だが、固定観念か強そうな印象を受けた。
経団連は反グロバリズムの流れには乗り遅れることだろう。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 南朝鮮抜きで | トップ | 日米開戦記念の日 »
最近の画像もっと見る

国内政治」カテゴリの最新記事