自由と正義のための選択肢

今後の日本の進むべき道を考える政治ブログ

韓進海運=南朝鮮

2016-10-08 16:39:18 | Anti-K 日記

悪は自らの悪行で滅ぶ。裁く必要はない。悪と関わってはいけない。
韓進海運の船は今も預かった荷物を載せたまま世界の海を漂っている。
世界中に迷惑をかけまくる朝鮮人の無責任体質を世界にさらけ出す。
このことから隠されている朝鮮の色々な事が分かってくる。

まずは朝鮮人が想像を絶するほどの無責任民族であること。
世界に大迷惑をかけても一企業のやった事で片付けようとしている。
国の威信と国益を守ろうとする意識は全く感じられない。
このことからも彼らが自称する外貨準備も貿易黒字も嘘八百だと分かる。

反日報道にはあれだけ熱心な朝鮮マスゴミ。韓進報道には極めて不熱心。
日本のせいにできないからか。自分に関係ないとでも考えるからなのか。
「自分さえよければいい」「他人のせいにできなければ無かったことに」
こうした朝鮮人の基本姿勢は全部朝鮮マスゴミが体現しているようだ。

韓進という会社。採算無視のダンピングでのし上がった業界荒らし。
背後に国策があったと見るのが当然だし、当事者もそう考えていたようだ。
政府に責任があるかは微妙だが、今後朝鮮の船会社の仕事は無くなる。
こんなとき中国資本が買収しそうだがそれもない。それくらい悪辣な会社だ。

韓進海運は南朝鮮の体質を体現する会社。
南朝鮮と通貨スワップを結ぶことは韓進海運に融資するようなものだ。
融資するというより保証人になってやるようなもの。恐ろしいことだ。
世界の笑いもの。否、人類への裏切り。スワップするならその覚悟で。


ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 言葉の領域を超えた現実問題 | トップ | 2階建て新幹線も作れない国 »
最近の画像もっと見る

Anti-K 日記」カテゴリの最新記事