自由と正義のための選択肢

今後の日本の進むべき道を考える政治ブログ

天からの啓示かも

2017-04-04 22:48:21 | Anti-M

てるみくらぶ倒産。無責任な対応。顧客は大迷惑。
旅行先で置き去り状態の人。在外公館を頼るしかない。
就職予定だった新卒者50人。金銭で償えない損失。
そんな会社を選んだ自己責任とはいえ、会社は無責任の極み。

大使帰任についての朝日の社説は予想通りの能天気なもの。
「有力候補者との人脈作りに出遅れた」「遅きに失した帰任」
「像移転に進展も無く矛を収めた」「一時帰国は短慮だった」
それ見たことかで安倍叩き。まだ結果も出ていないのに。

「歴史認識問題は冷静に現実を見据えた外交で解決せよ」
そもそも捏造記事でこの問題を生み出したのはこの新聞社。
"現実"とは朝鮮人の妄想のこと?現実無視の新聞がよく言うよ。
この上から目線、反省の無い無恥な言動。まさに朝鮮人。

「粘り強く説得せよ」まず中国に対して言うべきだろう。
説得も何も慰安婦はもう終わった問題なんだよ。蒸し返すな。
「健全な互恵関係を築け」相手は凶暴な噓つき乞食だよ。
"歴史認識""冷静に"使う用語は中国人。この新聞は何なんだ。

この新聞はホンキで南朝鮮がまともな国と思っているのか。
ソウルが砲撃されたら?李承晩やパンツ船長が続々と・・。
パニックで邦人が襲われても誰も助けない。だから大使なのだ。
てるみくらぶ事件は天からの啓示かも。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 専守先制防衛論 | トップ | メディアの偏向の原因は・・ »
最近の画像もっと見る

Anti-M」カテゴリの最新記事