自由と正義のための選択肢

今後の日本の進むべき道を考える政治ブログ

ロウソク民主主義で南北統一?

2016-12-13 16:56:47 | Anti-K 日記

大統領が職務停止状態にもかかわらずスワップを求める南鮮政府。
用日の極みと言うべきか。政経分離?現状認識が狂っている。
次の大統領は九分九厘超反日。日本が助ける理由がない。
仮に助けても、言いがかりのネタを提供するだけだ。

超反日が何を意味するか。慰安婦合意もタド配備約束も破棄。
経済が持ち直せば、対北援助も堂々と行われるだろう。
しかしその前に外資は総引き上げだから経済が崩壊する。
いずれにせよ南朝鮮救済は北朝鮮を利するだけ。救済は不可。

「南北統一すれば日本に追いつき追い越すことができる」
「偉大なるローソク民主主義の力で北を平和統一するニダ」
デモを扇動する野党の主張は過激そのもの。
クリーンな国家?共産主義者はいつもそう言って権力を握る。

朝鮮人は無政府状態と経済崩壊を待ち望んでいるのかもしれない。
かつて土井たか子は言った「北朝鮮は立派にやってるでしょう」
次の大統領はかつての社会党党首のような人物がなるのだ。
家計債務は帳消し、企業国有化。国際ルール無視。好い事づくめ?

安いだけが取り柄の朝鮮製品。成熟した市場では競争力が無い。
後進国市場では中国に圧倒される。南鮮と同じく国家ぐるみだ。
南鮮はギリシアやウクライナに似ているが、民度はさらに低い。
赤化統一されなければ幸い。いずれにせよ関わってはならない国だ。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 仏像テロ | トップ | やはり無差別テロだった »
最近の画像もっと見る

Anti-K 日記」カテゴリの最新記事