自由と正義のための選択肢

今後の日本の進むべき道を考える政治ブログ

メリットが無い!

2016-11-02 14:11:12 | 国内政治

「情けは人のためならず」は本来は「人助けするな」ではない。
人助けは自分が気持ちがいいものだ。だから「人助けしなさい」だ。
これは注意しなければならない。もちろん恩を着せてはいけない。
それよりも気持ちが悪くなる人助けがあることに要注意。

恩をアダで返されるケースがその典型。
最小限のメリットである自己満足さえぶち壊す相手もいるのだ。
不愉快な思いをするだけの人助けは正気の沙汰ではないだろう。
悪い奴でも助けられれば善意に目覚める?99%無い。

南朝鮮は今大変な事態で外交どころではない。
他国と通貨スワップを結ぶどころの状態ではない。
これが常識で、結ぶ国があったらバカというしかない。
それでもいつも非常識な朝鮮人は締結を迫ってくるかもしれない。

そもそも通貨スワップはお互いに困った時に助け合うものだ。
日本が困ったき朝鮮人が助ける?ありえないし助けられたくもない。
そんな仲になったのだから、通貨スワップは論理的矛盾だ。
スワップ結ぶなら裏に売国政治家、売国官僚が必ず存在する。

日本にとって南朝鮮を生かすメリットは無い。
仮に北朝鮮が統一したとしても日本は今とそう変わらない。
むしろ混乱の中で竹島を取り返すことも可能になるだろう。
あとは不法移民の阻止。本気でやればできないことではない。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 為政者の宗教依存は背徳の極み | トップ | 今考えれば・・ »
最近の画像もっと見る

あわせて読む