自由と正義のための選択肢

今後の日本の進むべき道を考える政治ブログ

セブンイレブンはもう使わない

2017-01-03 15:37:06 | 国内政治

他人の家の前や公園のゴミ箱に家庭ごみを投棄する。
喫茶店やマーケットの駐車場に長時間無断で車を止める。
捏造した事実を近隣に撒き散らし店や個人のことを中傷する。
注意してもやめない。こんな人間を嫌うことが"差別"だろうか。

暴力での応酬ならともかく、無視し仲間外れにするのは当然だ。
居づらくして出て行ってもらう。嫌ならマナーを守ってもらう。
そうしなければ被害は増大する。善意の通じない人間もいるのだ。
そんな連中と取引するために媚びるのは悪徳企業だろう。

新年早々残念なニュースだ。
セブン銀行の会長が「嫌韓は病気だ」と発言したそうだ。
こういうバカな日本人経営者が存在するのは驚きだ。
こんなのがいるから日本の財界は信用できない。

金儲けのためならどんな悪にも目をつぶる。
それは卑怯なことであり多くの善良な人々への裏切りである。
これが南鮮との不明瞭な関係の元凶。日本にとって諸悪の根源だ。
朝鮮人は狂っているが、この点に限れば反日も理解できる。

腐った自国政府と共にそれと結託する日本の裏切り者への怒り。
彼らは国交断絶を望んでいる。望み通りにしてやるのも友好だ。
善意の日本企業は1日も早く撤退すべきだ。残るのは悪徳企業。
御為ごかしはもうやめろ。絶対に関わるな。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本に空母は要らない | トップ | 静観するのみ。ヘル朝鮮! »
最近の画像もっと見る

国内政治」カテゴリの最新記事