自由と正義のための選択肢

今後の日本の進むべき道を考える政治ブログ

宇宙人に人権はある?

2017-05-14 10:26:58 | World Poli...

架空の問題でも未来の問題でもない。人権の本質の問題。
一応"人"が付くから問答無用で皆殺しにはできない?
だが得体の知れない生物に人権侵害で訴えられても困る。
知的生命体なら認める?では"知的"の概念は?・・きりがない。

日本国憲法において人権は永久不可侵の権利とされている。
同時に"憲法が国民に与える権利"とハッキリ規定されている。
宇宙人は日本国民ではないから、少なくとも日本では人権は無い。
だからといって虐待して良いわけはない。人権が無いだけ。

言いたい事:人権は国家が国民に与えるツールに過ぎない。
名前と同じだ。人が予め持って生まれてくるものではない。
世界連邦政府が確立されない限り普遍的人権はあり得ない。
国際間の人権侵害批判はプロパガンダと見るべきである。

国連の人権宣言も単なるスローガンで実効性は無い。
北朝鮮の政治犯収容所の調査すら行っていない。
そもそも地球上の全人類の人権を保障することは不可能だ。
だからか、国連の関心は遥か昔の不確実な人権侵害に集中する。

人権には共通の価値観と権力の裏付けが不可欠だ。
価値観の基礎となる民度は地域により天と地ほどの差がある。
現実を無視し机上の空論を戦わせても誰も幸福にならない。
人権の本質は現実の人間の幸福を追求するツールなのだ。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 国民情緒法=無法国家 | トップ | 心の病も伝染する »
最近の画像もっと見る

あわせて読む