自由と正義のための選択肢

今後の日本の進むべき道を考える政治ブログ

プロ市民の正体は?

2017-01-25 20:59:44 | 国内政治

執拗に続けられているソウルの土曜日ローソク集会。
日本の左翼労組の旗も見受けられるらしい。
聖なる集会に参加して誇りに思う日本人?もいるようだ。
左翼脳では物事を大衆デモで決めるのが民主主義なのだ。

三星副会長の逮捕状請求棄却への抗議ローソクデモも。
「財閥潰せ」の大合唱。今やデモが国権の最高機関かと。
確かに一般市民もいるだろうが、扇動者集団が存在する。
屁理屈で大衆の浅薄な虚栄心を擽り、大衆を操っている。

こういうのが朝鮮人の気質に合うのだろう。
理性より感情。気に食わない者には暴力も辞さない。
ありとあらゆる難癖と嫌がらせをしつこく続ける。
「正しい事をしている」という自己陶酔に陥っているようだ。

日本の原発反対デモも沖縄の反基地闘争もよく似ている。
「環境保護のための戦いだ」「平和のための行動だ」
こういう自己陶酔に彼らは陥っているのだろうか?
理性があるなら、操られていないか自己検証すべきだろう。

朝鮮人は気質的にそういう自己検証ができないようだ。
ということは日本でデモを続けるプロ市民の正体は・・・
デモ参加者の一般市民に対する尊大な態度も何となく分かる。
原発や基地が嫌なら投票で。まともな日本人はそう考えるが。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 心が腐っているようだ | トップ | 妄想脳、破綻一直線! »
最近の画像もっと見る

国内政治」カテゴリの最新記事