自由と正義のための選択肢

今後の日本の進むべき道を考える政治ブログ

教条主義の悪魔

2017-03-06 13:52:34 | Anti-K 日記

「憲法に従って日本は非武装中立を貫くのが正しい」
「独立国日本は米国に追随する必要は無い。自主外交を貫け」
右も左も無い。凝り固まった教条主義。単なるバカ。
バカが偉ぶって見せるために使うのが教条主義的主張だ。

半島は教条主義が跋扈する。無条件愛国主義とも呼ばれる。
自由主義の南と共産主義の北が平和統一?どう考えても無理。
5年以内に南朝鮮が月探査を実現する計画も同じ。
しかしそれらが結構まじめに受け入れられるから異常な国だ。

日本なら国益のため誰か一人でも反論すれば他の人も続く。
かの国では正論であっても追随どころかその一人を皆で叩く。
「日本統治が好かった」と言った老人が殴り殺された話は有名。
日本=悪魔のドグマがいかに浸透しているか分かる。

隣国愛の教条主義者が日本にもいるようだ。
ひところ盛んだった南鮮への修学旅行が復活しそうだ。
旅行業者と学校経営者と左翼教師のコラボだろう。
経済危機で政治も精神も不安定な国に子供を送る親の神経を疑う。

教条主義の裏には必ず腐敗や卑怯な裏切りがある。
リベートや保身、政治利用の思惑が常にちらつく。
行くなら「自分は悪魔と見られている」覚悟が必要だ。
悪魔は朝鮮旅行を推進する連中。事故や事件が起こらない事を祈る。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 嫌われていることに気づかな... | トップ | 米国の保護国のくせに »
最近の画像もっと見る

Anti-K 日記」カテゴリの最新記事