自由と正義のための選択肢

今後の日本の進むべき道を考える政治ブログ

悪魔の棲む国

2017-03-15 13:22:07 | Anti-K 日記

南朝鮮はさっそくパククネの聴取を始めるそうだ。
北朝鮮風公開処刑は前奏曲から第一幕へ移行する。
結果は見えている。死刑は無くとも実刑は確実だ。
5年もすれば恩赦で出て来れるだろうが、恐ろしい話だ。

この国では無能であることが犯罪になるのである。
国民の気に入らないことをすれば刑務所行きになるのだ。
国民=金正恩。凶暴で理性を欠いている点も共通している。
謝罪したら最後。無間地獄を彷徨うことになる。

反日政策や国民への謝罪で済むと思ったのが無能の証拠。
パククネは国の歴史も現実も何も分かっていなかった。
しかも事後に態度を変えるからなおさら怒りを買う。
自分なりに国の行く末を考えたのだろうが誰も付いて来ない。

朝鮮半島には悪魔が棲みついている。悪魔は狂った国民だ。
北も南も見栄だけは超一流だが、どちらも人間性の墓場だ。
北は犯罪国家。麻薬・偽札・拉致・暗殺、何でもあり。
南は精神分裂病国家。無政府状態を世界最高の民主主義と誇る。

日本マスゴミもさすがに北朝鮮との友好を口にしなくなった。
代わりに民主的体裁をとる南朝鮮との友好関係を国民に説く。
真実を知った以上、北であれ南であれ悪魔との友好はあり得ない。
向こうもそう思いこんでいるから、永遠の縁切り。それが正解だ。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 国民国家の再建。さもなくば... | トップ | 真実を教えないことが命取りに »
最近の画像もっと見る

Anti-K 日記」カテゴリの最新記事