自由と正義のための選択肢

今後の日本の進むべき道を考える政治ブログ

敵性国家(パートナーではない)

2016-10-14 21:27:11 | Anti-K 日記

日本人で竹島を武力奪還するべきだと考えている人がいる?
皆無ではないだろうが「武力」という言葉は聞いたことが無い。
国際裁判所で決着すべきだが、南朝鮮はこれを拒否する。
この時点で不法占拠は明らかだ。血を流して奪還する必要性は無い。

その武力奪還に備えて南朝鮮は海兵隊を鬱陵島に駐屯させるという。
何でも日本をマネる国。自衛隊の沖縄諸島配備に刺激を受けたのか。
備えるべきは38度線だろうに。国家レベルのアホとしか・・・。
その海兵隊員は幸せだ。北の核攻撃だけは免れるだろうから。

東シナ海で不法漁船に警備艇を撃沈された南朝鮮。レベルが分かる。
これからは銃器を使うと宣言し、中国の怒りを買っている。
南鮮はどうせ口だけ。宗主国に武力を用いることはできないに賭ける。
ただ、中国も内政が不穏なので東シナ海海戦の可能性は残る。

臆病なくせに向こう見ずは大けがの元。中学生レベルには分かるまい。
価値観を共有できる国どころか、戦略的パートナーとも言えない。
わざわざ日本への軍備を増強するのだから明らかに"敵性国家"だ。
日本の粗大ゴミが報道しないだけ。不当に罰せられた日本人は多い。

今、通貨スワップを結んだりしたら、中学生レベルはどう思うか?
「海兵隊配備という我々の意志に日本がビビった」と思いこむだろう。
そして次々に不当な要求を出してくる。一度甘やかすと断れなくなる。
通貨スワップは謝罪の手紙同様、日本にとって無間地獄の入り口だ。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 朝鮮人に譲歩は墓穴堀り | トップ | 権威主義 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む