自由と正義のための選択肢

今後の日本の進むべき道を考える政治ブログ

権威主義

2016-10-14 22:22:38 | 基本理念

儒教の影響か。東アジアの社会を特徴づけるのは権威主義だ。
封建主義は社会システムだが、権威主義は人間の意識に食い込む。
共産主義者が支配したり、資本主義が貫徹すれば封建主義は無くなる。
しかし、権威主義は無くならない。中国・朝鮮を見ればわかる。

権威主義では人間関係を上か下かで見る。対等は無い。
家族関係ならば、親は子より上、兄姉は弟妹より上、と決まっている。
欧米では親は人生の先輩というだけ、兄弟は皆平等。上も下も無い。
他人に関しても上下が支配する。ランクに異常にこだわる。

自分より上に対してはゴマすり、下には威張り散らすのが権威的性格。
従って、上下関係が変わると態度を急変させるのが常である。
東日本大震災で大喜びし、日本への態度を変えた国がその典型だ。
戦前の日本は酷かった。敗戦と戦後復興で権威主義は激減したと思う。

権威主義者は成功すると自分が最高だと思う。実は勝手な思い込みだ。
時が経つにつれ「最高であるはずだ」になり、現実を見えなくなる。
失敗は全部他人のせいにするか、隠蔽してごまかそうとする。
自分をできるだけ大きく見せようとするから平気でうそをつく。

スマホ爆発で当該機種の製造中止に追い込まれた会社に再生はあるか。
次の機種の発売に期待する向きもあるが、再生は無理ではないか。
それは事故対応で権威主義体質を暴露したからだ。投資不適格企業。
パクリ企業には原因究明すらできない。体質的に再生はまず無理だ。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 敵性国家(パートナーではない) | トップ | メディアリテラシー »
最近の画像もっと見る

あわせて読む