おきうとになっとう

博多に暮らす夫婦のブログ

正月に寄す

2015-12-31 21:13:39 | 雑感


モカは「今年もあと3時間」と言って興奮している。
バカなの?この言葉が今密かに流行しているようだ。その心境だ。
今年は息子も帰郷しない。正直、寂しくも何ともない。愛が無いのか。
自分ではそうは思わない。大学3年の忙しい特に無理して帰ることも無いだろう。

正月という行事がいけないことだとは思わない。
テレビのようなバカ騒ぎとか、実感の無い"お祝い"が苦手なだけだ。
自分は社会参加型人間ではない、とつくづく思う。
自由が何より心地良い。夫婦の間でもそれは暗黙の了解事項だと思っている。

今もソレールのソナタを耳に流し込みながら書いている。
気障な文化人のようで嫌なのだが、遠い異国の地の感傷に浸るのも悪くない。
修行が足りないせいで、まだまだ魂の奥底で音楽を聴いている感じではない。
しかし、いずれそうなりたい。音楽で自分の心を自由に操れるように。

米国でもクリスマス休暇には何千万人もの人が移動する。
そういう意味で日本人の年末年始の大移動は人類共通の習性に過ぎない。
時の流れに区切りをつけ、すべてを一新する雰囲気を演出するのも好いアイディアだ。
ただ、それぞれが自分に合った過ごし方をする、その傾向は強まるし間違ってはいないと思う。


この記事をはてなブックマークに追加

大晦日

2015-12-31 18:37:15 | 新モカの日記

シンさんも仕事で、送って、自分の仕事場へ。
片づけと点検をして、帰る。
玄関の中と外を、水で流して、最後のチェック。
あと、気になる所を掃除して、ほぼ終わり。
夕食が終わって、今、一年が終わるのだ、としみじみ考えている。
頭のどこかで、storyをすぐ考える癖がありますが、
時間がないので、やるべきことを絞って、
やらないと、と思う。
二つも三つも、やっていたら、どれも中途半端になる。
これから、テレビも気になるけど、
普通にお風呂に入って、瞑想する。
紅白とりの聖子ちゃんは、見るつもり。
DVDもたまっているし、明日はゆっくりしよう。
一年間読んで下さり、ありがとうございました。
皆さま、良いお年をお迎えください。
あと数時間ですが、来年のことを楽しみに。
心穏やかに、日が変わるのを過ごします。
では、良い新年を。
来年も、よろしくお願いします。



この記事をはてなブックマークに追加

年末に、おでん

2015-12-30 18:33:29 | 新モカの日記

年末押し迫ってきました。
あと1日ですね。
お正月のお花を飾りました。
今日は、おでんなので、昼から作り始めました。
あとは、がめ煮を作りました。
今夜、あご、と、しいたけ、と昆布のだしをつけます。
大体買うものも終わったし、明日は最後のチェック。
年末というと、来年の占いが気になりますよね。
今年も良かったはずなのに、一年通して、
あまり成果が出せなかったので、来年は頑張りたいです。
不思議なことは、私が落ち込んでいると、
時計やテレビが、コチッとか、音を立てて、
励ましてくれるんです。
絶対に心を読んでいますよ。
不思議です。
だんだん、家の中が、そういう状態になってきている。
私は、自分のお部屋が大好きなので、
いろんなものに励まされ、生き延びています。
感謝したいですね、守ってくれているものに。

がめ煮

年が明けるまで、いらいらしないこと。
それを続けること。
心に波を立てないこと。
穏やかな人になることが大切です。
おやすみなさい。

この記事をはてなブックマークに追加

生暖かく見守ろう

2015-12-29 21:33:30 | 省察


慰安婦問題が決着した。
日本は大人の対応。韓国はごね得。
日本としては事実に基づいたきれいな決着をしたかったが、相手があれでは・・・。
そもそもあんな国を併合しようとしたのが間違いだったと思い踏ん切りをつけるしかない。

葬式でプロの泣き女が登場する、言わばウソ泣き文化の国である。
その民族性が色濃く残っているのは北朝鮮だが、南朝鮮も。民族の血は争えない。
軍政から民政に移行し、たまたま中国の高度成長と日本の超円高で経済が拡大した。
そこで低迷する日本に対し強烈なコンプレックスの裏返しである"反日"が爆発。

昔の事を持ち出して外交的優位と支持率を得ようとした朴大統領。
経済が行き詰り、子供じみた喧嘩腰外交を放棄せざるを得なくなっただけのこと。
反日によって失われたものは10億円どころではないだろう。計り知れないものがある。
国際的信用の失墜や日本人の反感だけではない。自らの異常性を世界にさらした。

向こうはこれで日本でまた韓流が復活すると思っているはずだ。
しかし、そういうことは絶対に起こらない。そこでまた新たな問題が起こる。
あの国と仲良くすることは反社会的集団と仲良くすることに等しい。
それをやったら自分が信用を失い滅亡する。企業であれ政党であれ。

冷たくすると「無視した」「差別した」というお決まりの因縁をつけられる。
ネットでは「生暖かく見守りましょう」というフレーズが流行っている。
スワップ復活や冬季五輪の協力など以ての外。それをやったらまた火種を生む。
今回は不毛の罵り合いを止めるだけ。友好は998年先のことだ。


この記事をはてなブックマークに追加

シンさん眼科

2015-12-29 18:42:32 | 新モカの日記

いよいよあと2日。
シンさんの眼科へ一緒に行ってきました。
帰りに、ちゃんぽん食べて。
買い物も、大体揃った。
今、寒天を作りました。



色が暗いですね。
カメラがどうも苦手で、今度のカメラは
なかなかうまくいかない。
電話が本当に鳴らない。
仕事の電話以外の私用の電話は、
一年間かかったかな?
と思い出せないほど、かかりません。
静かでいいですけどね。
本当は、よくたくさんの人たちと、
会議をしている様子を思い浮かべるのですが。
理想と現実は、全然違います。
あと2日、落ち着いて過ごそう。
明日は、だしの準備やら、いろいろあります。
では、皆さんも、あわてず、安全運転で。
おやすみなさい。

この記事をはてなブックマークに追加

良心的生き方

2015-12-28 23:10:34 | 省察


人間はつくづく愚かだと思う今日この頃。
もちろん自分も愚かだと思うが、さらに愚かなことが世にあふれている。
自分がなぜ愚かかと言えば、こんなブログを真面目に書いていることもその一つだ。
一文の得にもならないが、やめようという気にもならない。愚かだと思う。

こういう世の中だから、何が正しく、何が間違っているか、基準が不明確だ。
だから、他人に迷惑をかけず、ルールを守り、良心に恥じない生き方をするしかない。
だが、世の中には近くを通っただけでも"迷惑"と言って非難する輩もいる。
ルールに従っただけなのに、事故の責任を負わされることもある。

人間の運命なんて、いつどうなるか分かったものではない。
その観点からすれば、権利だ、賠償だと、騒ぎ立てる人の気がしれない。
自分の一生が法律的にすべて保証されているという妄想に取りつかれているのだろうか。
物理的被害を弁償してもらうの良いとしても、精神的苦痛とかなると・・・

結局、欲望と怒りと愚かさを露呈するだけである。
やがて、それは巡り巡って自分にも向けられることになる。
もしかすると、この世から退場する時に厳しく審判されるのかもしれない。
作り事かもしれないが、本当にあるのかもしれない。僕はあると信じている。

それが"良心的に生きる""自分に恥じない生き方をする"ことの根底にある。
自分が間違っていないと心の底から思う事をするのが良心的な生き方だ。
信じないなら好き勝手をすればいい。あの世でどういうことになるか・・・
自分の生き方がすべてだ。おせっかいは禁物である。


この記事をはてなブックマークに追加

柳橋連合市場へ

2015-12-28 18:39:40 | 新モカの日記





市場へ、お餅とカツオ菜を買いに行きました。
かまぼこなども、買いそろえました。
カツオ菜は、茹でて、冷蔵庫へ。
あと3日。
私の態度が悪いと、twitterのフォロワーが減る。
観察されて、点をつけられているようで、
数字を見るたび、耐えられなくなる。
twitterというものも、考えものだ。
点をつけられるのが、疲れる。
モルモットなんだな。
何かに、自分と関係がある、と結び付けて、
考えるのは、病気の症状の一つですが、
こんなに具合が悪くなるようなら、
やめないといけない。
澤穂希選手のお母さんが、
「何の傷もなく、いい子に育ちました」と言われたという記事を見て、
傷だらけの私は、ひどく自分が汚らしいものに思われて、
そういう人もいるんだな、と不思議な感じがしました。
せめて、自分の家族と、温かく暮らしたい。
私を必要としてくれる家族のために。
言葉の足りない私は、誤解ばかりされますが、
いい子って、何なの?
それが普通の親子なの?
私は、随分、普通から、はずれているようです。
ひがんだりしないように、毎日の瞑想で、
心をきれいに保つことが、唯一の透明な時間です。
澤選手、好きですよ、ごめんなさい。
あと3日、穏やかに過ごしましょう。
おやすみなさい。

この記事をはてなブックマークに追加

今年最後の日曜日

2015-12-27 18:49:23 | 新モカの日記

掃除をして、買い物へ。
日曜日は、しゃぶしゃぶか、お鍋の日なので、
簡単に。
帰ってきて、お風呂の掃除をして、
予定通りのスケジュール。
あと4日になりました。
あと何日、とか、私がカウントしていると、
シンさんから、「のぼせ性」と笑われた。
手帳があと数日で終わるのか、と思うと、
興奮せずにいられません。
あとは、お餅類を買いに行くだけですが。
今年になって、親からの電話もないし、
時々メールでやりとりするだけですが、
化け物化した娘をどう思っているのか、
ほとんど交流がないです。
カレンダーも新年のに替えた。
年末で、NHKで特集がいろいろあっています。
面白そうなものがたくさん。
淡々と毎日過ぎて行くことが、嬉しいです。
あと数日、心穏やかに、
落ち着いて過ごしたいと思います。
瞑想をする時間が、とてもいいのです。
では、皆様も、良い年末を。
おやすみなさい。

この記事をはてなブックマークに追加

関わらないこと

2015-12-27 02:16:01 | 愚見


いわゆる慰安婦問題解決のために外相が韓国へ行く。
確かに"慰安婦"というものは存在した。
若いころ戦記物を読み漁った時期があったのでよく知っている。
戦時中は今とは全く別次元の世界だったと言える。

慰安婦と言われる人たちに朝鮮人が多かったのも事実だ。
証言によれば「内地での募集を抑えたのは兵士の親族が混じるのを避けるため」だった。
当時は内地でも貧しい農村地帯では娘の身売りが盛んに行われていた。
そういう時代だった。あの時代の記録や小説を読めば分かる。

当時日本の一部だった朝鮮でも似たような状況だったことが推測される。
それでも20万人もの若い女性を強制的に"性奴隷"にしたというのは作り事である。
おそらくナチスのユダヤ人に対する迫害をイメージしたのであろう。
現実は過酷であったにしても、残虐行為が日常的に行われていたとは考えにくい。

それほどの強制連行があれば治安が持たない。
男なら妻子がそのような目に会わされるのを黙っては見ていられない。
ブライドが許さない。命を懸けて守るだろう。そうしないのは卑怯者だ。
反日ドラマでどう描いているか知らないが、フィクションと事実は区別しなければ。

自分の主張が真実だと信じ込んでいる人を説得しようとしても無駄だ。
DVをくりかえす夫と「仲良くしろ」と言っても無理だ。
唯一の対抗策は縁を切ること。毅然とした態度を示さねば腐れ縁が続く。
お互いに別々の人生を送るしかない。とにかく朝鮮韓国とは関わらないことだ。


この記事をはてなブックマークに追加

お寺へ

2015-12-26 18:37:18 | 新モカの日記

朝から、お寺へ。
ご先祖様に、一年のお礼を言って、お酒をお供えしてきました。
クリスマスツリーを片づけて。
午後は、ロールキャベツ作り。
あと夕食を作るのも、今年は6日。
早いものです。
来年のおせちは、子供もいないし、
簡単でいいよ、1日しか食べないから、
ということで、いつもより少し気楽に。
NHKBSで、チェスの名人、ボビー・フィッシャー特集を
半分見ました。
すごく面白い。
国の情勢に、巻き込まれて、利用されたり、
波乱の人生のようですが、
後半を早く見たい。
放送大学もこれから見ます。
SNSのこれからの方針をよーく考えないと。
準備するに越したことはないし、方針をしっかりしないと、
うまくいかないからね。
それでは、おやすみなさい。

この記事をはてなブックマークに追加