おきうとになっとう

博多に暮らす夫婦のブログ

2013年12月31日   大晦日

2013-12-31 18:52:27 | 日記
もうすぐ今年が終わります。
ついにこの日がやってきた。
買い物に行って、買い忘れに気づいて、また買い物に行って。
夕方になって、また買い忘れに気づいて、3回もスーパーへ行った。
朝、がめ煮を作ったから、おせちは完了。
夕方、玄関を水で流して、毎年恒例の行事は、終了。
今年一年を振り返ると、いい年だったが、
仕事でトラブルに見舞われ、夏、秋と、ばたばたしていました。
体は元気でしたが、歯が痛いのが、困ったこと。
来年は、歯医者通いする予定。
毎日は穏やかに過ぎていき、夜、自分の時間を過ごすことを楽しみに、
元気に暮らせました。
義母との関係も、いい感じで、やっと仲良くなれた感じです。
もともと似ているから・・・同じ木星人だし。
小説は書けなかった。
ブログなども、軌道に乗れずに、
なかなか思うようにいかない。
自分で作ったものは、来年も頑張ります。
人脈としては、小学校のときの女友達との再会があった。
少しずつ、増えていくといいな。
夫からは、放送大学を勧められたが、
長い年月続けるのは、無理な気がして。
もうあまり、大学とかには、こだわらない。
やれることには挑戦するけれど、
家庭を大切に、家の仕事第一です。
そういうわけで、これから能年ちゃんの紅白を覗いてみようと思います。
一年間ありがとうございました。
来年も、どうぞよろしくお願いいたします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Dec 31 人間関係の基盤

2013-12-31 10:15:38 | Morning Message
Level-A/A ST-6.0 WT-34'33"

昨日も重かった。体調の波は下がり気味。
これまで知らなかったが、基礎体温は朝目が覚めて動かないまま測るらしい。
寝起きの感覚と活動し始めてからの感覚が違うのは経験から得た認識。
基礎体温の概念を知って、理論的裏付けを得た感じだ。

身体はある程度意志によってコントロールできる。
多少の無理が効く。その代わり身体はガチガチ。放置すれば大病につながる。
緊張が緩んだ時に真の体調が姿を現す。その後は意識の衣の陰に隠れる。
しかし、隠れてはいても生活に大きな影響を及ぼす。そういう認識だ。

整理整頓の衝動は中程度の実行となった。
見た目、かなり片付いた。しかし、引き出しの中ややりかけの仕事はまだまだ。
引っ張り出してそのままのモノを元のように収納した程度。
それでも気分はかなり変わる。次のステップへの準備として最低条件はクリアした。

昔、ある会社を訪れた。終業後だったが塵一つ無い程に整理整頓されていた。
訊けば「明日新たな気持ちで仕事が始められるように」ということだった。
大事なことを教わったと思った。しかし、見習ったとはお世辞にも言えない。
その精神だけはしっかりと受け止め、折に触れて・・というところか。

仕事でも人間関係でも基盤づくりの重要性は変わらない。
依然としてモカと息子は緊張関係が続く。本当の親子だろうかとさえ思う。
しかし、意外とそういうものなのだ。家族でも相性があるのは確かだ。
無理をすると却って逆効果をもたらす。現状では自然に任せるしかない。

あらためて人間関係の基盤の重要性を痛感した次第。
ちょっとしたボタンのかけ違いから生じたように見えて実は根深いもの。
`価値観'という言葉があるが、価値よりももっと広いものだろう。
考え方はもちろん、体質のようなものまで含むだろう。

好きで好きでたまらないという感情は想像の産物だと思う。
アイドルに憧れるのと何ら異ならない。現実に接したら普通の人だろう。
逆にすべてが打算と考えるのもどうかと思う。寒気すら覚える。
お互いの違いを認めつつ、仲良くやっていく。不可能ではない。

いわゆる戦略的互恵関係だが、人間関係も同じだ。
価値観が同じ'と言い、自分の価値観を相手に認めさせようとすればどうなるか。
結婚前さんざん美味しいことを言って、後で尻に敷く意図が見え見え。
不信感から関係が破たんするのは目に見えている。
「価値観が同じだ」とかは軽々しく口にできることではないと思うが・・・。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2013年12月30日  仕事納め

2013-12-30 19:01:24 | 日記
いよいよ30日になりました。
朝から、仕事場へ今年最後の点検。
今年中の銀行振り込みを済ませて、
お正月のお飾りを置いて、帰ってきました。
子供は、東京の緊張感から解放されたのか、
爆睡していました。
私が帰った時も、まだ寝ていました。
昨夜、栗きんとんを作ったので、
あとは明日の朝、がめ煮を炊いたら、完成。
だしもつけました。
お雑煮に入れます。
今年は、仕事もトラブルがあったり、
いろいろでしたけれど、
何事も人任せにしていられない、
自分が動かなければ、ということを感じさせられました。
年からいっても、50前後というのは、一番動く年齢ですよね。
それ以上になると、体がついていかなくなるし、
できる時に、やれることをやらないと・・・。
この前まで、30くらいだったのに、もう48か・・・早いものです。
一日中、あまちゃんがテレビであっていて、
夕方はずっと見ていました。
今年良かったのは、あの番組でした。
元気が出ました。
明日は、玄関の掃除をして、大体終わる予定です。
あと1日みなさん、お大事に・・・。
おやすみなさい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Dec 30

2013-12-30 10:17:52 | Morning Message
Level-A/B ST-9.5 WT-34'38"

昨日のウォークは何故か体が重かった。
今朝も少し頭痛がする。今は普通だが。こういう時はウィルスの感染が怖い。
以前、仕事に区切りがついてほっとしたときインフルにやられた経験がある。
気のゆるみと蓄積疲労と免疫の低下とは無関係ではないだろう。

9時間も寝たからか、目の調子が好い。
昨日ベテランの数学の先生と話す機会があった。
数学Ⅲを2か月で仕上げてくれと言われたら断りますよ、と言った。
そういうものなのだ。ストレスが溜まるわけだ。歳を考えなければと反省。

あの時はどんどん視力が落ちた。このまま見えなくなるかとさえ。
今は安定し、眼鏡を使う必要性も無いくらい。今朝は特にそうだ。
また、今年はターバンを巻いて極力目を冷やさないようにしている。
カイロで温めても限度がある。冷えないようにするのが一番だと実感している。

今年もいよいよ・・というのが定番の時節となった。
そういう型にはまった意識と行動には以前から強い反発があった。
確かに一時期世間に合わせるように努力した時期もあったが、今は・・。
ひねくれ者、変わり者と言われても平気。お付き合い程度はするが。

今は酒を飲むことも餅を食べることも健康が許さない。
正月だから・・と言って慣習に従ったらどうなるか。
目の状態が悪化したとしても誰も責任を取ってくれるわけではない。
すべては自己責任。だから、慣習に従った方が楽な場合だけ従うことにしている。

正月らしいことをしなければ、とは全然思わないのだ。
しかし、気持ちの切り替えのきっかけとしての利用価値は大きい。
昨日も書いた`基礎固め'の出発点になりうる。
全ては意識の問題。毎日が`正月=切り替え'の人もいるだろう。

偉そうなことを言っても、見渡せば自分の部屋は散らかり放題。
時間はある。整理整頓して次に備えよう。そんな気持ちがわいてきた。
しかし、これは「正月だから大掃除しなければ」という発想ではない。
果たして実行するかどうか。今のところ五分五分だ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2013年12月29日   あと2日

2013-12-29 19:12:42 | 日記
昨夜、子供が帰ってきました。
元気そうで安心しました。
今日は、お鍋なので、買出しに。
みんなで温まる、冬はお鍋が一番。
おせちは、ポツポツ作り出して、4品できました。
みんな簡単なものばかりですよ
今夜、栗きんとんを作ったら、大体できたかな。
シンさんは、今日でブログ納めした、と言っています。
私は、書くのが好きなので、31日まで書きます
ブログというものが、盛り返してきたそうで、
SNSが低落してきたとか、書いてありました。
日本人は日記を書く習慣があるので、好きなんでしょうね。
今年は、普通並に、お正月も休めそうなので、
楽しみです。
今年、忘れたことはないかな・・・。
手帳さんとも、あと2日でさようならです。
一年間の思い出の詰まった手帳が、毎年たまっていきます。
子供ともっと話したいのですが、気ぜわしいらしく、
普通にしています。
お鍋のあとの、おじやをパクパク食べてくれて、嬉しかった。
では、みなさん、あと二日、気をつけて。
おやすみなさい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Dec 29 基盤づくりの年

2013-12-29 15:36:06 | Morning Message
Level-A/A ST-6.0 WT-31'54"

寒波だが雪は降っていない。
昨夜息子が帰ってきた。前回と余り変わっていなかった。
今回は少し突っ込んだ話もしたいと思っているが、うまくいくかどうか。
もう時間だ。続きは・・・。

今日はもう車も少なかった。日本最大のバカンスの始まり。
僕も明日から5日間仕事は無い。このところ忙しかったので有り難い。
自分を取り戻すにはこのくらいの休みが必要だ。
まとまった何か自分らしいことを仕上げられたらと思っている。

当面の最大課題は健康回復であることは明らかだ。
とは言っても、健康かどうかの判定は難しい。
もしかしたら、目標は体調の完全コントロールなのかもしれない。
悪い時は悪いなりに対策を講じ、持病を悪化させないこと。これだ。

次の段階への発展は既存の段階の完全コントロールから始まる。
これは会社経営でも自己管理でも同じだと思う。
これを怠ると屋台骨から突き崩されるかもしれない。
しっかりした技術的基盤のある会社が伸びていくのもこれだと思う。

逆にバブル期に急成長した会社は意外な脆さを秘めているものだ。
金融経済にシフトして経済発展しようと試みた国々の今の悲惨な状況がそうだ。
どんな場合でも基盤をしっかりさせなければ。
これまで以上に自己コントロールを強化して基盤固めをする。
どうやら新しい年の指針が見えてきたようだ。

基盤がしっかりできれば儲けは後からついてくる。
どこかの会社のモットーだったと思うがまさにその通りだと思う。
最初から儲けや配当ばかり考えていたら発展は無い。
いくつになっても基盤づくり。人生もこれでいいのでは。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2013年12月28日   最後の土曜日

2013-12-28 19:01:41 | 日記
あと3日になった。
今日で、シンさんの送り迎えの仕事が終わった。
一年間の車の運転、あと3日気を引き締めて。
買い物も、かまぼこなどを揃えた。
玄関と仏壇にお花を飾った。
おせちも、少しずつ作っています。
なんとかなりそうです。
私が、やらねば、やらねば、と気負いすぎです。
お正月の準備も、少しずつ無理のない様にすればいいこと。
高校受験のとき、大きな神社で特別祈祷をしてもらいましたが、
その後、変更期間に、志望校を変えてしまって、神様が怒るのも無理ないなぁ、
と、今、思います。
権威が好きで、首尾一貫していない、建前論者の実家と・・・そこらへんから、
合わなくなりました。
特別祈祷なんて、やるのは、よっぽどの時ですよ。
私が病気になって、ある時、親が、どこか有名な神社で、
特別祈祷、と書かれたお守りを買ってきてくれました。
そんなものより、やさしい言葉や理解が欲しかったのですけれどね。
考え方が、親なのに、全然違うので、
もう理解しあうことはないでしょう。
今日が、帰省のピークだそうですが、短大の頃は、用もないのに、
夏休みも冬休みも、新幹線で、実家(祖母のいる)に帰っていました。
休みの間、東京の友人とは過ごさず、さっさと、実家に帰っていました。
田舎の一軒家で、祖母と過ごしていました。
帰省、というと、雪で止まった新幹線の中を思い出します。
それでは、みなさん、あと3日気をつけて。
おやすみなさい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Dec 28 運動観が変わった

2013-12-28 10:05:27 | Morning Message
Level-A/A ST-7,5 WT-32'57"

昨日は一転。少し体が重かった。
血流の状態も、血圧や血糖値同様、常に変化しているようだ。
食事や運動には細心の注意を払わなければならない。
脳梗塞や心筋梗塞。ちょっとした油断が高い代償を支払わされることに。

放送大学の`運動と健康'講座でリハビリテーション体育が取り上げられていた。
初めて聞く言葉。しかし、まさに今僕がやっているのがそれだ。
これまでリハビリと言えば病院の歩行訓練としか考えていなかった。
それだけではない。これを見て運動観も変わった。

運動と言えば、まずは学校体育。
僕の場合、運動は得意ではなかった。
だから運動は得意な人がやるものと思っていた。
泳げないと恥ずかしいので水泳だけは頑張って7,800m泳げるようにした。

そんなことで、スポーツと言えば`競技スポーツ'の観念に支配されていた。
ところが、実はスポーツは`競技'のためだけのものではなかった。
読み書き計算が人間に欠かせないように、体を動かすことも欠かせないものなのだ。
健康志向のスポーツ。これは健康オタクだけのものではない。

ウォーキングやジョギングのような有酸素運動は毛細血管の再生につながる。
血圧を下げ、平時の拍動も下がるという。心臓の負担が軽減されるのだ。
さらには、運動後の爽快感はいわゆる`心の病'にも大きな効果が認められるとか。
それらはすべて自分に当てはまるので大いに納得することができた。

パラリンピックというものは障害を持つ人のスポーツ振興から始まったそうだ。
障害を持つ人が体を動かすことで持てる機能を最大限に生かすきっかけにすること。
しかし、これはすべての人に当てはまることではないのか。
読み書き同様、体を動かすこと、すなわちスポーツは人間の基本的素養ではないのか。
そう思った次第だ。

保健体育とは`健康を保ち、体を育成する'ということではなかったのか。
ところが、現実はプロ選手を育てる方向へ走りがち。
スポーツは特別な人がするもの、あるいは親交を深める手段との認識が強い。
人が健全に暮すための必須アイテムという観点が抜けているように思われる。

オリンピックも初期の理想からかけ離れてしまった。
メダル競争。何度も何度も選手たちの素晴らしい演技が放映される。
一般人にはとうていできない芸当だ。スポーツは観るものと化す。
スポーツは見世物ではなかったはず。道化師のようなコメンテーテータまで・・。

近ごろのパラリンピックにも問題があることが指摘されていた。
そうだろう。だから、正直、パラリンピックに関心が無かった。
特別な人だけが参加するのでは・・しかも参加基準も問題視されている。
健康志向のスポーツが始まりだったことだけは忘れないでほしい。
健康スポーツの頂点としてのパラリンピック。それなら勿論大賛成だ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2013年12月27日   掃除も終わった

2013-12-27 19:46:28 | 日記
朝から、一階の掃除。
あと4日ですね。
一日一日静かに進んでいきます。
母が、黒豆を炊いていました。
毎年、母は黒豆担当。
年をとっても、きちんとしてくれます。
おせちは、最後の3日で集中して作ります。
忙しいですね。
シンさんが、宇宙の話のテレビばかり見ているので、
数学ができたら、どんなにいいだろう、と思います。
まあ、人それぞれ得意なことが違うので、数学ができないのは、
仕方ないです・・・
大学とかでも、軌道修正をさせてくれると、いいですよね。
自分で専攻を決めても、やってみたら、これは違うと思ったら、
専攻を変えることを許してくれたら・・・。
人生においてもそうですが、親が許してくれない場合、
無駄なことにお金を使うのは、馬鹿げています。
放送大学は、10年も続けて卒業できたとしても、
私の目標とは違うような気がするので、
道を変えました。
短期間のターンで、いろいろやるほうが向いているような気がします。
来年のことですから・・・のんびり年末を過ごしましょう。
これから、あと一仕事。
かつお菜をゆでて、冷蔵庫に入れておく。
これをしないと、色が変わってしまうし、
お正月食べる時に煮るのも、時間がかかるので。
ああ、押し迫ってきた。
本当に・・・。
では、あわただしく、台所でもう少し頑張ります。
おやすみなさい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Dec 27

2013-12-27 09:41:01 | Morning Message
LevelA/B ST-7.5 WT-31'41"

昨日はかなり体が軽かった。一時期の`雲の上を歩くような'感じ。
これは血流が良い時の感覚だと思っている。体重の問題ではない。
心臓の血管にステントを入れたタレントさんのコメントで思ったこと。
「手術の後、ウソみたいに体が軽くなった。」

密かに新記録を期待した。ひょっとしたら30分を切る?
残念ながら史上2番目。それでも一応満足。
出かける前ウォークマンが作動しなくなって気持ちが落ち込んでいたせいもある。
音楽が無いとウォークは実につまらないものになる。何とか古いものを再起動。

夜、家に帰ってじっくりと試してみた。
すると意外にも再びウォークマンが作動し始めた。
それと同時に、いつもの気分が戻ってきた。こんなものか。
落ち込んだ時の感情と、嬉しい時の感情とのこの落差。まざまざと。

そう言えば数日前テレビでお見合い番組をやっていた。
意中の人と結ばれたときのあの嬉しそうな表情。
だいたい表情を見れば本当の気持ちが分かる。気分は嘘つかない。
`その時の気分'というものもある。しかし、気分は重要だ。

今。結婚しない人が増えている。これは実感だ。報道ではない。
報道では離婚も増えているそうだ。モカの友人にも何人もいる。
僕とは少し世代が違うからかもしれないが・・目立つ。
しかし、もっと若い人たちの場合は少し違うような気がする。

宇宙がものすごい速さで膨張しているのに我々は気づいていない。
同様に、社会から現実感がどんどん薄れてきているのにも気づいていないのでは?
溺愛されたペットは「自分も人間だ」と思い込むそうだ。
同様に、人間は「自分が動物である」ということを忘れがちなのでは?

一方には、心惹かれる人とのコミュニケーションという`現実問題'もある。
結果、仕事や趣味が同じとか、一方的な情熱婚が増える。
ほんとうは価値観が似ていて、気が合うことが重要なのだが。
だが、無理してコミュニケーションをとることぐらい`面倒くさい'ことは無い。

いわゆる`深い話'ができる人はごくごく限られている。
僕の場合、ハッキリ言って「いない」。「いたらいいな」とは思う。
しかし、現実の人にそれを求めたら、それは`押し付け'になるだろう。
こうやってブログに思うことを書きなぐっているのはその代償行動。
兼好法師の思いと似たようなものだろうか。

このこと自体が社会の`非現実化'を色濃く反映している。
`理想の人'を求めたり、自分の現実が受け入れられずさまよい続ける悲劇。
若者の脱結婚傾向は人間の本質に根差すものであると思われる。
政治家の言うような、"経済問題"だけでないのは確かだ。

宇宙は微妙なつり合いで成り立っているそうだ。
我々もそうだろう。理想と現実のバランスをとりながら生きている`動物'だ。
バランスを失えばどうなるか。簡単に言えば、生きていけない。
宇宙のブラックホールに吸い込まれるようなものだろうか。実態は分からない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加