おきうとになっとう

博多に暮らす夫婦のブログ

2011年3月31日  Teo Torriatte( Queen live at Japan)

2011-03-31 19:07:02 | 日記
Teo Torriatte(Let Us Cling Together) Queen live at Japan


今日で、3月も終わり。
悪いことは全部散らしてしまいましょー、ということで、ちらし寿司を作りました。
この曲は、ずっと前から好きでした。
いい曲。
明日から4月なので、少し春らしく上に着るジャケットを変えてみました。
学校が始まったら、またいろんなことが大変ですね。
混乱が起きないように・・・。
新しい生活を始める人たち、戸惑うこともたくさんあると思いますが、うまくいきますように。
この曲のように、みんなで手を取り合って、助け合いたいですね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2011年3月30日  今年の3月はすごかった

2011-03-30 18:52:42 | 日記
明日で、3月も終わりですね。
次元が変わったように、11日を境に、日本は大きく変わった。
今まで、電気は何事もなくつくものと思っていたし、水のことを深く考えたこともなかった。
あの津波の映像で、心をやられてしまった人は、日本中にいると思う。
今も、原発では、命がけの作業をされていらっしゃる方々がいる。
原発にしても、環境にしても、私たちは深く考えなくてはならない。
スーパーで水が買えず、赤ちゃんに飲ませるものがない、と泣いていた若いお母さんたち。
ああ、私たちは、大打撃をくらって、本当のことを知り始めた。
ただただ混乱が早く治まるように。
カレンダーをめくると、4月。
桜の季節になる。
命の尊さを胸に刻み付けられた3月。
日本の国に生まれた理由を考える。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ニーズときっかけ

2011-03-30 09:23:03 | 雑感
一日半で風邪は経過したようだ。精神的にかなりリラックスできた。
ときには何もかも忘れてゆっくりと勝手にしたい。
体力が戻ってくると、今度は動きたくてしようがなくなる。
人間って勝手なものだとつくづく思う。

それでも、以前から溜まった“やるべきこと”は山積みのまま。
片付けたら、さぞ気持ちがよかろうと思うが手がつかない。
あるとき、何かのきっかけで整理整頓に走ることがあるのだが。
これも我ながら勝手なものだと思う。

人間には“火が点く”ということがあるようだ。もちろん精神的に。
個人差はあると思うが、エナジーがある程度まで達するとちょっとしたきっかけで。
恋愛なんかその典型だろう。もう一人の自分(ほんしょう)が勝手に走り出す。
自分の遺伝子を残したいというニーズが恋愛感情を掻き立てるのだろうか。

とにかく、僕にはニーズを感じなければ行動に移れない傾向がある。
逆に言うとニーズがあれば動く。惰性を嫌がる。僕だけかな。
厄介な性格だ。まめに人付き合いすることなど大の苦手。
功利的になり過ぎないように、筋を通すことをニーズの中に入れてはいるが。

子育て中のお母さんたちに言いたいが、子供にきっかけを与えてやることは大切だ。
がみがみと、あるいは、ねちねちと、自分の型にはめようとしたら失敗する。
子供には子供のニーズがある。それを自覚すれば子供は勝手に伸びていく。
その点は我々自身と同じだろう。他人の命令はきっかけにはならないから。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2011年3月29日   ピザをとる

2011-03-29 18:54:56 | 日記
朝から、相棒と、仕事の打ち合わせ。
1時間くらい話す。
今日はわりとのんびりしていましたが、夕食には、子供にはピザをとりました。
他の人は、えびのすり身をパンに挟んで揚げたもの、ハトシを作ったので、それが夕食。
なかなか春らしくなりませんが、まだ寒い。
今回の震災で、携帯電話の機能を自分がよく知らないことを感じました。
充電できなければ、使えないけれど、皆さん、twitterとか、携帯をうまく使っていますね。
地図機能とか、まだまだ他にもたくさん。
知っとかなければ、と思います。
自分の身の回りにあるもので、その機能をうまく使いこなせていないもの。
そういうものの説明書をよく読まないと、と思いました。
パソコン関係にしても、いろいろ。
相棒と話したことでは、資材不足、値段の高騰、これからいろいろあるみたいです。
とにかく原発が早く治まりますように。
私たちが、原発のことを前から、もっとよく知っておくべきだったと、自分も反省します。
そろそろ封じ込めないと、原発、これ以上引き延ばせない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

プライバシー

2011-03-29 11:08:07 | 雑感
風邪を引いたようだ。頭痛がした。少し寒気も。
ちょうど仕事も一段落。ゆっくり休もう。薬は飲まない。寝るだけ。
おかげで今は少し好い。歩くのはきついが、腰掛けている方が心地いい。
風邪を経過した後のスッキリ感が楽しみだ。

だから思ったんだが、現実を逃避する時間も貴重だな。
どこかに安全弁がないとストレスにやられてしまう。
避難生活をしている人たちにもプライバシーの問題が。
もちろん今も物資の不足に悩んでいる所もあるのは確かだろうが。

プライバシーというのは現実逃避の自由かもしれない。
読書や音楽だけではなく自分を解放する自由。それがないと人間は持たない。
緊張が続くと身体に偏りが生じて病気になるのは分かる気がする。
プライバシーは重要だ。人はパンのみにて生きるにあらず。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2011年3月28日   急に仕事が

2011-03-28 18:58:13 | 日記
昨日から、仕事の電話が多くなった。
なんでも、人との交渉の勉強だと思って、やっている。
自分の吐いた言葉が、その一言が・・・難しいなぁ、と思いつつ。
それで事務仕事をやらないといけないし、地震で止まっていたのが、急に動き出した感じ。
事務仕事をやるとなると、パソコンの出番。
そのパソコンの調子が悪い。
いつもサブパソコンでやっているけど、仕事のほうはメインパソコンだから。
3月も、あと3日。
東京で、桜が咲いたとか言っていたけれど、それどころではない。
レベル6だとか、それを超えただとか、いろんなことがネット上には書いてある。
じっと待っている・・・何を?
なにか解決策はないのか。
こんなにいろいろ発明してきた人間に、原発を止めることはできないのか。
もどかしいなぁ。
でも、生きていかなきゃならない。
時が過ぎていくのが、それを待っているのが、つらい。
いつまで・・・。
私たちが、今まで、原発の怖さをよく知らなかったから・・・。
現実は、怖い。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

それでいいっちゃないと

2011-03-28 10:43:16 | 雑感
いわきナンバーら車が近所にずっと止まっている。
そばを通る度に東北での出来事を実感する。
それにしても近所には空いたアパートや一戸建てが多い。
古い社員寮が丸ごと放置されているところもある。

全国各地には被災者を受け容れて余りあるこういう施設があるだろう。
問題は雇用と心理的安定だろう。それでも当座しのぎには十分だ。
自分が被災していたら?やはり博多以外の地に安住するのは難しいね。
東京に5年住んで強く思ったものだ。ここには長く住めない。

まあ、東京暮らしもいろいろ勉強にはなった。
「この活気がすごいだろう」と自慢した東京人もいた。うるさいだけだ、と思ったものだ。
電車が止まろうと停電しようと会社に向かう通勤者の群れ。
給料がもらえなくなると大変だから皆必死。あれも昔とあまり変わってはいないようだ。

そこを考えると地方も悪くはない。すべてがゆったりしている。
まだ自分というものがだせる。いざとなったら自給自足だって不可能ではない。
ここで生まれてここで死ぬ。“それでいいっちゃないと”
原発の付近から逃げるのを拒否する人々。その気持ち、よく分かる。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2011年3月27日  桃のつぼみが

2011-03-27 19:24:18 | 日記


月末になってきました。
あの日がうそのように。
いまだ信じられず。
日本全体が、沈んでいるのかと。
早く桃が咲いたら、ピンクのお花をupしたいです。
今日は、午後から、EM埋めをしました。
まだ寒い。
東北の避難所は、どんなにか寒いことか。
書いていて、本当に、自分の力のなさを痛感しますが。
西日本が頑張らなければ。
疲れてくることと思います。
計画停電も、なにもかも。
どうか希望を失わないで。
菅総理の顔が見えません・・・。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2011年3月26日  5次元世界はこうなる

2011-03-26 19:14:48 | 日記


この本はずっと前に買って、ちょくちょく読んでいたものです。
こういうことが起こると、こういう本にも何かのメッセージが書いてあるのかと、またまた読んでいます。
2012年のことは、半分信じていましたが、すごいなぁ、と思います。
変わり目だそうなので、毎日のことをしっかりやっていこうと思います。
しかし、原発のことは、治まりそうにもない。
働いている方々のことを思うと、早く解決して、と願うばかりです。
毎日見ているだけで、つらいのですが、解決策があって、やっているのかな。
本当に、お水のことも、いろいろ大変で、情報は本当のことを公表してほしいです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

春が来ない

2011-03-26 09:52:29 | 雑感
震災の犠牲者を悼むように、今年は春の到来が遅い。
いずれにせよ、例年のような浮かれまくった春にはなるまい。
あまりに多くの犠牲者と損害。
被害を受けなかった我々にも、やがてその影響は及んでくるだろう。

今度の地震がもっと南にずれていたら?
東京湾に20m近い津波が押し寄せていたら?
お台場やディズニーランドは無論のこと、都心は壊滅状態だっただろう。
数年前常磐線に乗った。川よりずっと低いところに町があるのには驚いた。

博多湾だってそうだ。人工都市“よかとぴあ”の眺めは壮観だ。
ただ玄界灘の荒波が打ち寄せる波打ち際は、海水が溢れんばかりの印象だ。
以前は海面上昇を懸念したが、津波の恐れも現実のものとなった。
埋立地の液状化も6年前の地震で起こったという。

日本中どこに住んでも同じようなものだろう。
生きることはリスクなのだと、自分に言い聞かせている毎日だ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加