おきうとになっとう

博多に暮らす夫婦のブログ

Oct 6 ほんとうにそう思うの?

2013-11-06 10:02:08 | モカの部屋
Level-B RT-6.0 WT-35'27"

少し風邪気味。ウォークタイムもパッとしない。
B12効果もそろそろ限界のようだ。次に効果を実感するのは一か月ぐらい先か。
こんなものだ。初期効果と累積効果は別ものと考えている。
とにかく目の状態だ。疲労回復のためのビタミン投与ではない。

昨晩は肺高血圧症の手術の話をやっていた。たけしの○○。
近ごろは健康関連の番組に出会うとついつい最後まで見てしまう。
肺動脈にプラークが溜まり呼吸できなくなる病気。
危険かつ困難な手術で日本ではまだ50例しかないという。

その道の達人専門医は探せばいるもんだ。
6時間余りの手術でプラークは摘出された。酸素ボンベは不要になった。
それにしても、一時的に心臓を止める手術。まるでドクターX。
簡単に諦めたらだめだ。この58歳の女性が教えてくれる。

お蔭で改めて血流の重要性を認識させられた。
歯垢がそうだが、年月が経つと血管のプラークも薬では溶解できない。。
まさにライフラインであるにもかかわらず、初期の段階では気づかない。
しかも、肺動脈の場合、普通の病院では治療困難で片づけられてしまうのだ。

食事や生活習慣には細心の注意が必要だ。
ぴんぴんコロリという言葉があるそうだ。死ぬ間際まで人の世話にならないこと。
皆と同じような普通の生活をしていれば大丈夫かと言えば、決してそうではない。
飽食の時代.普通にしていれば逆に危険だとさえ思う。

ホテルやデパートのメニュー偽装問題など愚かしい限りだ。
消費者にもかなりの問題があるが、マスコミはそれには口をつぐむ。
消費者を騙すのはけしからんというが、毎日騙し続けているのは誰か?
間違っていたら訂正すればいいことで、老舗だから云々はバカげている。

ブランド志向もいいところだ。しかも世の中はウソや偽装に満ち満ちている。
コシヒカリやブルーマウンテンがそんなに大量にあるわけがないのに。
そもそも、高い金を出して少しでも美味いものをというのが間違っている。
自業自得。グルメとは無縁の生活をしているから言えることだが。

すべてに言える。質の良いものと悪いものは確かにある。
しかし、果たしてどれだけの人が自分の感覚で確かめているだろう。
"良いと言われているから良い"と思っていることが多いのでは?
ファッションから音楽や映画、果ては政治家まで。

もし、そういう概念思考に染まっている人が言ってやるべきだ。
「ほんとにそう思っているの?」と。
それで気づく人はまだ脈がある。こちらを見直すきっかけになるかも。
それで腹を立てる人は終わっている。脈が無いとも言えるだろう。

ほんとうに美味しいものは自分の感覚で見分けよう。
ほんとうに信頼できる医師かどうかも自分で確かめよう。
他人の意見を尊重しても、最後に決断するのは自分だ。
偽装を声高に批判する前に、自分の判断が賢かったのかを顧みた方が・・。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

とんがり帽子   放送劇「鐘の鳴る丘」主題歌

2012-07-16 22:34:45 | モカの部屋
とんがり帽子   放送劇「鐘の鳴る丘」主題歌



心が悲しい時に、この曲はいいですね。
私は、ゆれ幅が大きいので日によって、安定度が変わります。
人を許せたら。
無理しなくてもいいけれど。
人を許したい。
しかし、何度となく、消えては現れ、消えては現れ。
怒りや疑心は、完全に消えることがありません。
人を許したい。

もう、苦しみたくない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

落選通知

2010-10-30 19:29:38 | モカの部屋
小説公募に落選しましたと、封書が届いた。
やっぱりなぁ、というのが正直なところ。
今回のは、私的な部分と妄想の世界だったので、わかりにくかったのか。
私の力量が足りなかったのは、確かだな。
テレビで、電子書籍の話をやっていた。
小説家の動きも、これから変わってくるのかも。
とりあえず、ご報告まで。
これから、また書くかどうかは、わかりません。
結果が出たので、すっきりしました。
本音を言うと、落ちてよかったと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

マンハッタン

2010-10-12 11:02:21 | モカの部屋


福岡で有名なおいしいパンです。
パンというかドーナツ風味。
数日前の地元のテレビでもやっていた。
地元の人が選ぶご当地物第一位でした。
私が、初めて食べたのは、高校の売店で買った時。
おいしくて、やみつきになって、いつも買って食べていました。
東京には、ないみたいですね。
みなさん、一度食べてみてくださいね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

悔しかったこと

2010-06-16 20:44:30 | モカの部屋
ある会社に面接に行った。
不採用の通知が来た。
その消印を見て、がっくりきた。
面接した日の日付だったのだ。
だから、あの社長は、面接直後に、不採用を決め、即決で、不採用の返事を出したことになる。
その日に不採用が決まったのかと思うと、なーんか、がっくり。
返事が来るのは、数日後でもいいじゃない、と思った。
その社長は、高校の先輩だった。
なんで、即決で、不採用が決まったのか。
考えたら、悲しくなった。
その会社は、地元にあるから、私も時々行くけれど、なんでだろうー。
何がいけなかったのか。
私には、こんなことが多すぎる。
人から好かれないのだ。
わかっていても、好かれないというのは、悲しい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

泣きわめく幼児に説教したって

2010-06-14 11:05:17 | モカの部屋
道路に座り込んで、3歳くらいの女の子が、泣きわめいていた。
となりで、父親らしき人が、これまた座り込んで、説教していた。
3歳の子に説教して、どうなるんだ。
物心ついた子供なら、わかるよ。
なんて陰険なんだろう。
泣くのをなだめて、手を引っ張って、家に帰ればいいじゃないか。
路上で、恥ずかしい。
しつけとは、幼児には、違うのではないか。
大事に、愛して、かわいがって、育てて欲しい。
しつけは、もう少し、物がわかってからにして。
前の話だけど、忘れられない。
腹が立って。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

中森明菜 サザンウインド

2010-05-14 19:47:18 | モカの部屋
中森明菜 サザンウインド



この明菜ちゃん、笑顔がいいですね。
かわいい。
私は、聖子ちゃんも好きだけど、明菜ちゃんも好きなんです。
かわいい人は、みんな好きですよ。
明菜ちゃんの曲では、you tubeでは見当たらなかったけれど、竹内まりやさんの書いた「ミック・ジャガーに微笑を」(タイトル間違っていないかな)が、大好きでした。
あのアルバムはよく聞きました。
カラオケで歌うと、聖子ちゃんのキーは、高くて、私歌えないから、明菜ちゃんの曲が合うみたいです。
今、どうしているんでしょう。
あの、歌う時、本気で勝負、という感じが、プロらしくていいな、と思います。
これからも、どんどん活躍して下さい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

遠まわりの雨  山田太一

2010-03-28 16:51:26 | モカの部屋
久しぶりにテレビドラマを見ました。
このドラマは、ひたすら主演の夏川結衣さんのためのドラマのような気がした。
なかなかいい女優さんだなぁ、と思いました。
若い頃より、少しふっくらして、お肉がついてるところが(失礼)、とても魅力的。
表情がいい、40才くらいの設定だろうか、世間の冷たさも、厳しさも知っている女・・・という役どころ。
山田太一さんの脚本はすばらしいけど、ラストシーンは、どこかで見たことがあるような感じだったけれど。
大人の男と女の抑えた演技、帰らなければならない場所がある・・・せつないドラマでしたね。
遠まわりの雨、というタイトル。
昨日は、ぴんと来ませんでしたが、今日になって、読んでみると、なかなかいいタイトルかもしれない、という気がしてきました。
見た直後は感じなかったけれど、一日経ってみて、ああいうこともあるのかな、としみじみしてきました。
若い子ばかりのドラマには、飽きている人も多いはずです。
山田太一先生、もっといろいろ書いてください。
楽しみにしていますよ。
大人の女で、痩せているだけ、という人は、あまり魅力を感じない。
同性から見ても。
これからも、こんなドラマを期待しています。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

Queen Teo torriatte

2010-03-19 20:00:16 | モカの部屋
Queen Teo torriatte


美しい曲です。
静かな沈黙の中で、小さな幸せと安らぎを感じました。
pray

手を取り合って、このまま行こう
愛する人よ
静かな宵に 光を点し 
愛しき教えを抱き

pray

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

宇多田ヒカル UTADA UNITED 2006 LIVE - First Lo...

2010-03-17 22:47:41 | モカの部屋
宇多田ヒカル UTADA UNITED 2006 LIVE - First Love


この歌がヒットしていたあの頃、私は、家を建て替え中で、狭い仮住まいに数ヶ月住んでいた。
暑い夏。
赤い空。
クーラーのない仮住まいで、汗をかきながら、狭いキッチンで、料理していた。
その時、よく流れていた。
ムッとした熱気と、夕方のせつなさが、胸苦しい感じ、よく覚えている。
カラオケで歌ったら、音程が狂いまくりで、歌えなかった。
難しい曲なのね。
あの時の、夕方の赤い空が、胸に焼き付いている。
汗と、野菜炒めの音と、ラジオからのこの曲。
ただただ、切ない思い出です。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加