動物的な人間でいたい

深町エリのつぶやき 

ユニコ

2017年08月05日 | 日記

 上の娘が小学生の頃 たくさんのビデオを観ました

 貸しビデオです

 ストリーテーラー と言う日本で言うお話でてこい 的な外国版

 ディズニー作品はもちろん 面白そうなのは片っ端から見たように思います

 あまり日本の作品は見なかったのですが その中に

 ユニコ と言う手塚治虫さんのビデオがありました

 サンリオが出しています

 とてもいい話だったような記憶があって ふと思い出してDVDを買いました

 何も調べず DVDを買ったのですが シリーズもあるようで・・

 昔の作品と思ってたのですが1981年 まさに上の子が生まれるちょっと前で

 2005年に再販されていました また 今年缶バッジが出たとか・・・


 ユニコはユニコーンの子供で しかも不思議な能力を持って生まれた

 不思議な能力と言うのは 誰でも幸せにしてしまう と言う能力

 ユニコのお蔭で みんな幸せになっていくのを 神様が見て

 一つに神様の立場が無い 二つに 努力しないで幸せになってはいけない と言う

 神々の勝手な考えで ユニコを地の果てに追放するよう西風に頼んだが 西風は

 あまりにも可哀想だと思い 悪魔しか住まない土地に連れて行った

 こう書くと 地の果てと悪魔しか住んでいない土地と 変わらない様に感じる(私の書き方がいけない)


 悪魔くんとの出会いから 悪魔しか住んでいない荒涼とした土地が緑になり 神々に見つかり

 またもや西風さんが連れ出す そこで黒猫チャオに出会い・・・ゴースト男爵と戦い・・

 また 西風さんと去っていく


 とてもかわいいキャラクターがあって 悪い奴は 怖く ハッピーエンドかも知れないけど
 
 ユニコはハッピーエンドではない

 みんなを幸せにすると言う能力がある為に 神々から逃げ続けなくてはならない


 不思議な設定ですよね 

 手塚さんは 何が言いたかったのだろう・・・神様の愚かさ?

 何だろう・・


 
 図書館で借りてきた本も 不思議な本だった

 一つは 『エヴァが目覚めるとき』SFの類らしい

 野生動物がほとんど死滅した近未来 チンパンジーを保護 研究している父と

 事故で昏睡状態になった13歳の娘 娘を生かすためか・・研究の為か・・チンパンジーの身体に

 娘の意識を移す

 200日経った頃彼女は目覚め 色々な葛藤があり 人間衰亡の時代に 新たな存在として目覚めていく


 人間と動物の違いを 考えさせられる本でした


 そして今読んでいるのが『ジェンナ』まだ 三分の一程しか読んでいないので分からないのですが

 奇跡を生きる少女 と言う副題があり 人間とは何か と言う哲学に挑んだ作品 と書いてあります

 とても面白いですし 不思議な感覚になります


 何かを観たり 聞いたり 読んだりした後 色々考えられるのは良いですよね

 問題を投げかけられている それを考える時間があるtt
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 不思議なもの | トップ | 花火大会とコンサート »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事