動物的な人間でいたい

深町エリのつぶやき 

ハイデルベルク

2017年06月20日 | 日記








 息子がドイツのハイデルベルクに行って一か月半

 私が奈良に引っ越す2日前に ドイツへ行きました 

 息子がドイツへ行く日は 私の東京最後の舞台の2日目でした

 なので 多くの事を処理できない私の頭の中は 珍しくフル回転

 でも優先順位は 本番が1位

 息子と引っ越しは 2位


 私はB型炸裂で 息子はO型炸裂で 息子の荷物も前日詰め

 何しろ 引っ越しもあるので 片づけ 掃除が息子の部屋の大きな課題だが

 逃げられた感じは・・・あった・・・


 ドイツの大学に行きたいと言ったのはいつだったか・・・

 中学に入ったとき 「高校になったら勉強するから」と遊びに明け暮れ

 高校になったら 勉強しない理論を 賢くたたき出し・・遊び・・高校2年の時 カバディにはまり

 そのまま大学に行く気もなかった彼が3年の6月に カバディで大学に行くと言った

 奨学金申し込み締め切りの前日であった

 低収入の上 なんの準備もしてないので 奨学金なくしては行けるわけもなく

 高校の先生がすごく良い方で 手続きを間に合わせてくれた

 で めでたくスポーツ推薦(高校初)で大学へ 親は国にたっぷり借金(大学に行きたい人に もう少し国は優しくてよいのでは・・)

 
 大学では4年間カバディ カバディ カバディ 本当に好きなんだな~と思う

 就職は眼中になく カバディ

 おかげで4年生の9月に インドで開催されたワールドカップに日本代表選手の一人に入れてもらいインドへ

 
 ちょっと戻るが 3年生の後半ぐらいから ドイツ留学を考えていたのかも・・

 ドイツ語を習いたい と言い出した! 英語はきっと必要だから と言ったとき

 「俺は日本から出ないから 必要ない!」と言い張ったのに ドイツかい!と思った

 しかし カバディを多いとき週7もやって もちろんバイトもしたことがない


 (私の持論があって 子供がやりたいことがあれば全面協力する、読みたい本は すべて買ってあげる)

 どうやって ドイツ語を・・・

 で、ネットで探した!ドイツ人で教室を持っている

 結局 息子が問い合わせたら すでにドイツ(ベルリン)に帰っていて

 スカイプで個人指導してくれることに 1年ちょっと週一回1時間半 続けた


 それだけで ハイデルベルクの語学学校へ 

 
 行く前にやらなければならないことをやらないで行ってしまった事

 うっかり忘れていた事のため 未だ面倒くさい事が起こっています

 しかも ドイツ語で交渉できる実力はまだないし・・

 日本人もいなく・・・

 若いって 冒険できて最高ですね!


 私もハイデルベルクを調べたわけでもなく どんなところかよくわかってないのですが

 ハイデルベルク城は有名らしいのですが 

 息子の寮がある場所は田舎かな・・ 近くの山に散歩に行った と言う写真がフェイスブックに載ってました

 
 ビルなんてなくて 自然や歴史を大事にしている感じが素敵です

 森の小道の写真 ポエムが浮かび クラシック音楽が聞こえそうです

 
 息子が ハイデルベルクにいるのが 不思議です(笑)

 



 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 思うこと | トップ | 喫茶店とフェイスブック »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。