ば○こう○ちの納得いかないコーナー

「世の中の不条理な出来事」に吼えるブログ。(映画及び小説の評価は、「星5つ」を最高と定義。)

中国よりも低い

2017年05月05日 | 時事ネタ関連

*********************************

「子供の数、過去最低に ピークから半減の1,571万人」(5月4日、朝日新聞

 

15歳未満の子供の数は1,571万人(4月1日時点)で、前年より17万人減り、比較出来る1950年以降で最低になった。36年連続の減少で、ピークだった1954年(2,988万人)の半数減った事になる。

 

5日の「こどもの日」に合わせ総務省国勢調査データを元に推計して発表した。人口に占める子供の割合は12.4%で、此れも43年連続で低下。最も高かった1950年(35.4%)の3分の1近くに迄下がった。

 

性別では、「男子が805万人、女子が767万人。」。年齢別では、「0~2歳294万人、3~5歳304万人、6~8歳317万人、9~11歳321万人、12~14歳335万人。」。

 

都道府県別(昨年10月時点)に見ると、前年と比べて増えたのは東京都だけで、1万2千人増の153万5千人。人口に占める割合は、沖縄県が17.2%で最も高く、秋田県の10・3%が最も低い。

 

子供の割合を別で見ると、人口4千万人以上の31ヶ国では、米国19.0%、中国16.6%、韓国13.4%。等となっており、日本の12.4%は最も低かった。

*********************************

 

「日本では、子供の数が減り続けている。」というニュースを毎年見聞していたが、43年連続だったとは。「少子高齢化」が叫ばれて久しいけれど、最近になって急に始まった事では無く、こういう状況になるのが判ってい乍ら、有効な対策を打って来なかった(打とうとはしなかった?)政府の責任は大きい。

 

欧米諸国の場合、高齢化には50~60年間掛かったが、中国の場合は僅か20年程で高齢化社会に突入したそうだ。「日本よりも、高齢化のスピードが速い。」と言われている中国なのに、人口に占める子供の割合では、其の中国よりも日本は4.2%も低いどころか、(人口4千万人以上の)31ヶ国で最も低いというのはショックな話。

『社会』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 無人島 第3弾 | トップ |  2000年代クイズ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。