ば○こう○ちの納得いかないコーナー

「世の中の不条理な出来事」に吼えるブログ。(映画及び小説の評価は、「星5つ」を最高と定義。)

「ワールド・トレード・センター」

2006年10月18日 | 映画関連
書きたい事が色々在り、記事にするのが遅れてしまったのだが、公開2日目に観て来た「ワールド・トレード・センター」に付いて書いてみたい。

この作品は先月観て来た「ユナイテッド93」同様に、5年前に起こったアメリカ同時多発テロを題材にしている。「ユナイテッド93」は犯人達の視点から描かれた部分が多かったが、この作品は完全に被害者の側から描かれたものと言える。

*****************************
2001年9月11日、普段と同様に持ち場を巡回する港湾警察官達に緊急招集の連絡が入る。世界貿易センタービルの北棟に旅客機が突っ込み、その救助に向かえとの事だった。ジョン・マクローリン巡査部長(ニコラス・ケイジ)を班長とした救助チームが結成され、直ちに現場に赴いたのだが、余りの惨状に絶句してしまう彼等。班長のマクリーロンは、自分と共にビルに潜入し救助に当たる人間を募るが、落命の危険性を強く感じられる現場を前にして、志願者は新人警察官のウィル・ヒメノ(マイケル・ペーニャ)を始めとする4人だけだった。

騒然としたビルに潜入し、救助活動に当たる為の準備を整える彼等。そしていざ救助に向かおうとした直後に、ビルは大音響と共に崩れ去り、マクローリン達を瓦礫の下へと飲み込んで行ってしまう・・・。
*****************************

倒壊した世界貿易センタービルの中から、奇跡的に救出された2人の港湾警察官の実話を映画化したものだという。実は映画館に足を運ぶ迄、この作品に対して知っている情報はこれ位しかなかった。故に、この作品の監督があのオリヴァー・ストーン氏で在ると、入り口に掲げられたポスターを見る迄全く知らなかった有様。

確かダウンタウン松本人志だったと思うが、「ニコラス・ケイジ氏の事をずっと真剣にニコラス刑事だと思っていた。」という話をしていた。自分はこの話を全く笑えなかった。と言うのも、自分も同じ様に一時期思っていたからだ。否、それ以上に恥ずかしい事なのだが、映画好きを公言していながら、実はニコラス・ケイジ氏の顔をこれ迄知らなかったのだ。故に主役のマクローリンの顔を見た時には、「このスキャットマン・ジョンみたいなおっちゃん誰だ?」と冗談抜きに思ってしまった。

又、ヒメノ役のマイケル・ペーニャ氏の顔も結構なインパクトが在った。「カルロス・ポンセ選手とボクサーの渡辺二郎氏(左側)、そして「飛びます!飛びます!」の坂上二郎氏を足して3で割った様な個性的な顔だなあ。」と。

ストーリーとしては、実話ならではの緊迫感は在った。一寸した事で”運命”が変わってしまった遣り切れなさ&複雑さも感じたし、生還者の証言を基にしたからこそ「ああ、現場ではそんな事も在ったのだ。」と知った点(瓦礫の下に挟まれ、もう助からないと拳銃で自殺してしまった同僚。彼が使用した拳銃が、火災によって発生した高熱により、自然の内に暴発して行くシーン等。)も在り、それはそれで見入ってしまった訳だが、全体を通して言えば単にあの事件を再現した”だけ”のドラマという気が強くした。巨匠オリヴァー・ストーンをしてならば、もっと違ったアプローチの仕方が在ったのではなかろうか。

総合評価は星2.5個
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (13)   トラックバック (67)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今日アメリカに起こる出来事 | トップ | 教育再生 »
最近の画像もっと見る

13 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ニコラス・ケイジはパチンコファンらしい (マヌケ)
2006-10-18 22:50:08
石器時代に戻されたアフガニスタンやイラクを被害者の側から描いた映画を作っても誰も見向きもしないでしょうね。 オリバー・ストーンのプラトゥーンはベトナム戦争を初めて被害者の側からも捕らえた映画だと評されましたが、ハリウッドスターに善なる役柄と悪なる役柄を据えてすさまじい蛮行をなした者への制裁によってアメリカにも正義はあるという結論に帰着していました。主人公はちゃんと最後まで生き残り予想通りの展開に終わりました。 テロへの制裁としての空爆により何の罪もない人々がイラクだけでも5万人も亡くなりました。 その一人一人に家族があり友だちがあり、恋人があり、大事な子供があったわけで、アメリカ人のようにこぎれいな家に住まい物質文明にあふれ返った環境でなくとも貧しい中で懸命に生きた命でした。 だれもアメリカを戒めないままおそらくは何とか早くブッシュが退陣することをただ待つしかないと世界中が思っているのではないでしょうか。 知覧には爆弾を抱えてアメリカの艦船に突入した神風特攻隊の青年たちの遺書があります。 ワールドトレードセンターに突入した犯人たちの遺書にも亡国の思いによって世界から見捨てられたパレスチナの人々の思いを無念の思いを晴らさんとするものがありました。 戦争行為もテロ行為も人の命を奪うこと、罪もない人々の未来を奪うことに変りありません。 少なくとも世界のリーダーたる先進国の指導者が報復行為を最優先させるようなことは間違いであると気付いて欲しいものです。  
違ったアプローチがあったのではないかという気持ちも分かる仕上りであったと思います (たろ)
2006-10-19 00:44:11
こんばんは。

弊ブログへのトラックバック、ありがとうございました。

こちらからもコメントとトラックバックのお返しを失礼致します。



この作品は、事件の大きさから映画化への題材の難しさもあり、好みが大きく分かれておりますね。



また遊びに来させて頂きます。

ではまた。



>マヌケ様 (giants-55)
2006-10-19 00:59:58
書き込み有難うございました。



ニコラス・ケイジ氏はパチンコ・ファンなんですか。それは又マニアックな情報ですねえ(笑)。



あのテロ事件が加害者達にとって戦争という位置付けで在ったとしたら、神風特攻隊や人間魚雷となった英霊達に自分が深い哀しみを覚える様に、加害者達の肉親及び同民族も同じ哀しみを抱えているという事になりますね。



「報復行為を最優先させる様な事は間違い。」というのは、一国のリーダーのみならず、あらゆる人間にとっても言える事だと考えます。唯、死刑制度に関しては一寸違った思いを持っておりますが。
ニコラス・ケイジの泣き顔はよくできている (マヌケ)
2006-10-19 09:15:56
イーストウッド監督の硫黄島を取り上げた2作品に期待をよせています。 日米両者の視点で描くためにあえて2作品という構成にしたそうです。 原作が出ていますが読まないでおこうと思っています。 ニコラス・ケイジというとトラボルタと競演したジョン・ウーの「フェイスオフ」という映画がありました。 ジョン・ウーらしくチョウ・ユンファのように2丁拳銃で撃ち合うシーンや銃撃戦のさなかにBGMとしてオーバーザレインボウを使うなんておもしろいシーンがありました。 ストーリーはもろに劇画ちっくでオーソドックスな西部劇的B級映画でしたが楽しめました。

あと、マリア・ベロという女優さんは最近多くの作品でよく見かけますが年齢はいくつくらいなのでしょうか、セクシーです。
Unknown (trichoptera)
2006-10-19 13:21:05
こんにちは



オリバー監督もN.Y.出身なので、思いは人以上だったと想像できるんですが、いろいろ考えすぎて、結局、事実以上の何かを映画に入れることができなかったのかな?と思ったりします。

TBありがとうございました。
TBありがとうございました。 (小米花)
2006-10-19 15:46:50
ストーン監督でワールド・トレド・センターといえば、それだけで興味のある映画でした。

ただ、描き方が直球ではなかったので、空振りした感じも確かにありましたね。

それでも、事実を映画にしたことは称えたいと思います。

タイトルに工夫があったらよかったのでしょうか〜。

TBさせて頂きました。
>マヌケ様 (giants-55)
2006-10-19 20:27:30
書き込み有難うございました。



泣き顔といいますか、泣き笑い顔が良く似合うハリウッド・スターというと、御笑いのどーよのテル氏(http://964.jp/Z46c)の影響も在ってロバート・デニーロ氏の顔がふっと浮かんでしまいす。



クリント・イーストウッド監督の映画というと「父親たちの星条旗」と「硫黄島からの手紙」ですね。自分もこの作品は観たいと思っているのですが、何故わざわざ2作品に分けたのか不思議でなりませんでした。商業的に一粒で二度美味しいという効果を狙ったものなのかとも思っていたのですが、なるほど日米各々の視点で描いたという違いが在ったんですね。



マリア・ベロさんの御名前は存じ上げなかったのですが、プロフィール(http://964.jp/Z46d)を拝見すると29歳の女優さんなんですね。生憎、御顔を拝見しても存じ上げない方なのですが、この写真では全盛時のソフィア・ローレンさんを柔らかくした様な感じに見えます。個人的にはあの肉感的な唇が好きでした。
Unknown (たまさん)
2006-10-20 01:25:26
はじめまして。TB受けとりました。ありがとうございます。



スキャットマン・ジョンといえば、あのヒゲですね(笑)確かに、二人の顔のインパクトの強い映画ではあります。



オリバー・ストーンはここで引き下がらないはず。

次回作に期待しています。



TBありがとうございました。 (ミハイル暁)
2006-10-20 01:54:39
こちらからもTBさせて頂きますね。



仰る通り『あの事件を再現した”だけ”のドラマ』と、私も感じました。

実話を描くだけで満足したような雰囲気で、この点事実が分からないこそ真実に肉薄しようとした『ユナイテッド93』との差が歴然としているような気がします。加えて、オリヴァー・ストーンらしい、アメリカに対してのメッセージが、まったく盛り込まれていないのは、如何にも片手落ちのような気がしました。



ではまた。
映画だから (マヌケ)
2006-10-20 09:14:25
確かに、政治的メッセージは盛り込まなかったのでしょうね。 俳優二人の顔のインパクトがいちばん強かったというところ同じくです。 頭の毛がある頃のニコラス・ケイジとその後の彼と、顔の演技が昔から喜怒哀楽のメリハリある俳優ですよね。 特に悩んだ顔や困り顔、泣き顔がイヌっぽいと思うのですが。 いろんなアプローチの仕方がある中でも家族愛とか勇気とか使命感とかいちばんあたりさわりのないところにテーマをすえたんですね。 旧ユーゴ分裂後のボスニア紛争を舞台にしたエネミーラインというのがありましたが、これなんか、セルビア側の戦争犯罪を槍玉にあげてそれに立ち向かうカウボーイの活躍という娯楽映画でした。 ロックあり、はでな空中戦あり、主人公はブロンドハンサムガイのオーエン・ウィルソン。アプローチの仕方、テーマの設定にもいろいろあり。
>マヌケ様 (giants-55)
2006-10-20 22:14:26
書き込み有難うございました。



映画の作り方って色々な形が在りますよね。それこそ単に娯楽一辺倒の物も在れば、観た側に何かを考えさせるという問題提示型の物も在ったりと。この作品に関して言えば、マヌケ様が書かれている様に家族愛や使命感といった物が色濃く描かれていたと思います。その辺が、「あの事件は一体何だったのだろうか?」と改めて自分なりに見つめ直して(考え直して)みたい人々にとっては、すっとかわされてしまった様な感じがして、拍子抜けしてしまった部分は在る様に思います。唯、家族愛や使命感というのも大事なテーマでは在る事は代わりが無いのですが。
はじめまして (あさこ)
2006-10-23 15:59:09
TBありがとうございました。お返し遅くなってすみません。

監督が多方面に気を使った結果、こういうアプローチを選んだ

というのは理解できます。

でもあまりにストーン監督らしくなかったですね。
拍子抜け (ミハイル暁)
2006-10-23 23:18:19
giants-55さんと同様、私も拍子抜けした一人ですね。

家族愛や使命感は普遍的なテーマなのですから、9・11という事件に対するアプローチとしては、間接的すぎると思いました。我々のようにテレビの映像ではなく、当事者として体験した人々なりの視点があってもいいような気が。

何にせよ、残念な映画でした。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

67 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
『ワールド・トレード・センター』 (試写会帰りに)
試写にて『ワールド・トレード・センター』鑑賞。ニコラス・ケイジファンとしては、観るのがこわかった作品です。ドキュンタリータッチだった『ユナイテッド93』が裏の9.11映画なら、こちらが表の顔。『ユナイテッド93』と比べると『ワールド・トレード・センター ...
『ワールド・トレード・センター』鑑賞! (☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo!)
『ワールド・トレード・センター』鑑賞レビュー! 勇気そして生還??これは、真実の物語 『ワールド・トレード・センター』 2006年10月7日より全国超拡大ロードショー 製作国?アメリカ ビスタサイズ/ドルビーデジタル 上映時間?12 ...
ワールド・トレード・センター (O塚政晴と愉快な仲間達)
10/7(土)公開 話題になってるから観てみた ワールド・トレード・センター ★★☆☆☆ オリヴァー・ストーン監督による9・11同時多発テロでの実話を題材にした正統派ヒューマンドラマ 奇跡的な生還をした警官2人を中心に描かれている ...
リメンバー9.11【ワールド・トレード・センター】 (犬も歩けばBohにあたる!)
2001年9月11日。 ニューヨーク、マンハッタンにあるワールド・トレード・セン
ワールド・トレード・センター (ジャスの部屋 -映画とゲーム-)
映画「ワールド・トレード・センター」の感想です
この題材で伝えたいメッセージとは?『ワールド・トレード・センター』 (水曜日のシネマ日記)
同時多発テロの標的となった、ワールド・トレード・センターを舞台に、大惨事から奇跡的に生還した男性たちを描いた実話ベースの物語です。
映画「ワールド・トレード・センター」 (いもロックフェスティバル)
映画『ワールド・トレード・センター』の試写会に行った。 まず冒頭に「これは9.
『ワールド・トレード・センター』 (**Sweet Days**)
監督:オリバー・ストーン CAST:ニコラス・ケイジ、マイケル・ペーニャ 他 2001年9月11日、同時多発テロにより崩壊した貿易センタービルに突入した警察官、ジョン・マクローリン(ニコラス・ケイジ)とウィル・ヒメノ(マイケル・ペーニャ)は、瓦礫の下 ...
ワールド・トレード・センター(2006) WORLD TRADE CENTER  129分 (極私的映画論+α)
 2001年9月11日の早朝。いつものように家を出て署へと向かう港湾警察のジョン・マクローリン巡査部長。彼は署に着くと部下たちを集め“お互いを守り合い、事故のないように”と言葉をかけ、それぞれの現場へと送り出す。ところが間もなく、世界貿易センタービルの ...
ワールド・トレード・センター World Trade Center (travelyuu とらべるゆう MOVIE)
ニコラス・ケイジ、マイケル・ペーニャ、マリア・ベロ マギー・ギレンホール 出演 2001年9月11日 ニューヨークの朝 港湾局警察官の巡査長ジョン・マクローリンは 各警察官に朝の指示を与えた まもなく上部からの指令により 部下を引き連れダウンタンの世界 ...
ワールド・トレード・センター (Akira's VOICE)
テロの主題は弱く,社会派ではないものの, 犠牲者を悼む気持ちに溢れ, 悲劇を見つめる眼差しは力強い。
「ワールド・トレード・センター」みた。 (たいむのひとりごと)
もうね、これはみんなで観ようよ、って言いたい。いつもと変わらずに夜が明けて、いつものように出勤して、いつものように帰宅する。5年前の9月11日だってそんないつもと変わらない平凡な日になるはずだった。5年経った今になっても「どうしてあんなこ
ワールド・トレード・センター (ネタバレ映画館)
ニコラス・ケイジが扮するジョン・マクローリン・・・『ダイハード』の主人公の名前の由来もここからだというのは全くのデマです。
ワールド・トレード・センター (eclipse的な独り言)
 この映画、ニコラス・ケイジが嫌いだと見るのは辛いのです。私ですか?嫌いです・
映画「ワールド・トレード・センター」 (ミチの雑記帳)
映画館にて「ワールド・トレード・センター」 大惨事から奇跡的に生還した男たちの実話を元に、オリバー・ストーン監督が9.11を描く。 生粋のニューヨーカー、ストーン監督らしく、明けて行く2001年9月11日の朝のNYの描写が美しい。カーラジオから流れる♪♪太陽 ...
ワールド・トレード・センター (Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆))
              評価:★10点(満点10点) 2006年 129min 監督:オリヴァー・ストーン 主演:ニコラス・ケイジ マイケル・ペーニャ マギー・ギレンホール    マリア・ベロ 【あらすじ ...
ワールド・トレード・センター (Diarydiary!)
《ワールド・トレード・センター》 2006年 アメリカ映画 - 原題 - WO
ワールドトレードセンター/WORLD TRADE CENTER (我想一個人映画美的女人blog)
2001年9月11日 AM8:45 あの悪夢の日から、ちょうど5年....。 今朝のニュースで、あちらでのアンケート調査によると、 約3割の人間があの惨劇の都市を間違えたという。 何を言ってんの??? まだ5年だっちゅーのに{/hiyo_ang1/} そのくらい覚えておけー{/goo/}{ ...
『 ワールド・トレード・センター 』 (My Style)
『 ワールド・トレード・センター 』を観た。 2001年9月11日。 あの悲劇のあった日、救助のため向かったビルが崩落し、瓦礫の下敷きに なった警察官、ジョン・マクローリンとウィル・ヒメノ。この二人の奇跡の生還 を基にオリバー・ストーン監督が描く9・11。 ...
ワールド・トレード・センター(2006年) (勝手に映画評)
タイトル ワールド・トレード・センター ---感想--- 先日の『ユナイテッド93』に引き続いての9.11をテーマにした映画。こちらは、ワールド・トレード・センターに救助に趣いたニューヨーク港湾局警察の警官を描いた物語。『ユナイテッド93』がドキュメン ...
ワールド・トレード・センター (Kinetic Vision)
瓦礫の下で横たわり続ける警官たち(ニコラス・ケイジ、マイケル・ペーニャ)。彼らは超人的な活躍で人々を救うわけではない。救出活動をする前に、彼らは瓦礫の下に閉じこめられてしまう。ほとんどの人々にとって、あの出来事は個人
ワールド・トレード・センター (シャーロットの涙)
2001年9月11日、午前8時40分過ぎ。ニューヨークのシンボルともいえる2つのタワー、世界貿易センター北棟にアメリカン11便が、南棟にユナイテッド175便が激突した。 港湾局警察官(PAPD)のジョン・マクローリンとウィル・ヒメノは同僚と現場に急行、人命救助のため ...
映画〜ワールド・トレード・センター (きららのきらきら生活)
 「ワールド・トレード・センター」公式サイト先日の「ユナイテッド93」に続き、9・11の悲劇をテーマにした映画がまた公開されます。2001年9月11日、港湾警察署のベテラン巡査部長ジョン・マクローリン(ニコラス・ケイジ)と署員のウイル・ヒメノ(マイケル ...
ワールド・トレード・センター (skywave blog)
9.11を題材にしていますが、人間の命の大切さを訴えるオーソドックスなヒューマンドラマです。 崩壊したWTCのなかで、生き埋めとなった港湾警察官の二人が、奇跡の生還を
ワールド・トレード・センター (悠雅的生活)
2001年9月11日。奇蹟の生還。
ワールド・トレード・センター (何を書くんだろー)
「ワールド・トレード・センター」評価 ★★★★☆(3.9)『あらすじ』 2001年9月11日、港湾局警察の班長・ジョン・マクローリンはいつも通りに出勤し、集合した警官たちと朝礼を行う。その日の各配置場所が言い渡され、「お互いを守り合い、事故のない ...
「ワールド・トレード・センター」 (しんのすけの イッツマイライフ)
主演のニコラス・ケイジさん。 今まで演じてきたどんな映画の主人公よりも、 この映画の港湾局警察官ジョン・マクローリンは、 地味な感じがメチャはまっていると思いました。
ワールド・トレード・センター (フリーパス8本目) (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★★ 本年度アカデミー最有力候補!!! 素晴らしい出来の予告編! ピアノの旋律が綺麗で悪夢のような出来事のなかに於いて、こころを満たされるような曲・・・。 夜明け前のマンハッタンが非常に美しく、それは港湾警察のマクローリンにとっても普段 ...
「ワールド・トレード・センター」 (the borderland )
9.11のテロ事件で人命救助のためにワールド・トレード・センターへ入った港湾警察の2人の物語。「ユナイテッド93」も同じく9.11の話ですが、機内の出来事はあくまでも推測の域を出ていないのに対して、こちらは脚色されてるところはあったにしろ、実際に ...
「ワールド・トレード・センター」試写会レビュー この想いは、どこへ向かうのか。 (長江将史〜てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ)
なんとも切なく、やりきれない。テーマソングが頭の中を流れて離れない。そして、ただただ無言になってしまう、そういう映画。
映画鑑賞記「ワールド・トレード・センター」 (けちけちオヤジのお気楽ダイアリーズ)
鑑賞日:06.10.13 鑑賞場所:シネマ・イクスピアリ16  今でも鮮烈に脳裏に焼きついている「9.11アメリカ同時テロ」。 あれから5年が経ち、あの悲劇を基に制作された映画が今年、相次いで公開された。 本作品は、最も犠牲者が多かったニューヨ ...
★「ワールド・トレード・センター」 (ひらりん的映画ブログ)
2006.10.07の劇場公開初日のナイトショウ(0:10〜)で見てきました。 川崎チネチッタの一番でかいスクリーンだったけど、 夜中にしては、けっこう入ってました。 主演はニコラス・ケイジ。 予告で何度も見てたけど、彼だと気づいたのは、つい最近。 役になり ...
World Trade Center(film) ワールド・トレード・センター (タケチャンのtapestry)
見てきました。いい映画でした。ネタバレは避けてます。
ワールド・トレード・センター/ニコラス・ケイジ (カノンな日々)
9.11を描いた作品として「ユナイテット93」と並んで注目を浴びた作品。ニコラス・ケイジ主演のオリバーストーン監督作品ということで話題性は高いんでしょうけど、いかにも泣けますみたいな予告編と勇気の蝋燭という前売券の特典が引っ掛かりました。だって仏壇に ...
「ワールド・トレード・センター」奇跡の生還者と同じ位救出に向かった犠牲者を描いてほしかった (オールマイティにコメンテート)
「ワールド・トレード・センター」は5年前の9・11でテロの標的になった貿易センタービルに救出に向かった警察官の奇跡の生還を描いたノンフィクション作品である。ユナイデット93同様やはり未曾有の事態に目の当りにして事実を語られているだけにその生死の ...
ワールド・トレード・センター (C'est Joli)
ワールド・トレード・センター’06:米 ◆監督:オリバー・ストーン「アレキサンダー」「JFK」◆出演:ニコラス・ケイジ/マイケル・ペーニャ/マギー・ギレンホール/マリア・ベロ ◆STORY◆2001年9月11日朝、世界貿易センターに民間機が激突。港湾局警察官のヒ ...
ワールド・トレード・センター (琴線〜心のメロディ)
【2006年10月7日劇場公開】 【ジャンル:ドラマ】※ノン・フィクション系 【観た場所:T−JOY東広島】 面白かった度:{/star/}{/star/}{/star/}{/star/}{/star/} オススメ度:{/star/}{/star/}{/star/}{/star/}{/star/} もう一度観たい度:{/star/}{/star/}{/s ...
試写会鑑賞 よみうりホールにて 〜 オリバー・ストーン 「 ワールド・トレード・センター 」 (** Paradise Garage **)
こんにちは。 曇りがちながら晴れの休日、日曜日です。 今日は、木曜日 一足先に よみうりホールにて行なわれた試写会で観させて頂いた、9.11事件を題材としたオリバー・ストーン氏の新作映画について。 『 ワールド・トレード・センター ( WORLD TR ...
試写会鑑賞 なかのZEROホールにて 〜 オリバー・ストーン 「 ワールド・トレード・センター 」 (** Paradise Garage **)
こんにちは。 雨が振り出しそうな曇り空の火曜日です。 今日は、昨日 一足先に なかのZEROホールにて行なわれた試写会で再度観させて頂いた、9.11事件を題材としたオリバー・ストーン氏の新作映画について。 『 ワールド・トレード・センター ( WORL ...
ワールド・トレード・センター (ノラネコの呑んで観るシネマ)
「ワールド・トレード・センター」というそのものズバリのタイトルながら、予告編を観た時、「ユナイテッド93」の予告の様なショックは感じなかった。 ニコラス・ケイジというハリウッドスターを前面に出し、典型的な
「ワールド・トレード・センター」を観る (紫@試写会マニア)
この作品は、2006年9月11日に起こったテロ、瓦礫の中に埋まって助かった当時の湾岸警察官・二名を主人公にした話です。 本日、本国の公開初日にあわせて日本でも初お披露目ということで、映画コメンテーターとしてかなり古株で有名な(結構好き)クロ子 ...
ワールド・トレード・センター (タクシードライバー耕作のDVD映画日誌)
製作年度 2006年 製作国 アメリカ 上映時間 129分 監督 オリヴァー・ストーン 脚本 アンドレア・バーロフ 音楽 クレイグ・アームストロング 出演 ニコラス・ケイジ 、マイケル・ペーニャ 、マギー・ギレンホール 、 マリア・ベロ 、スティーヴン ...
「ワールド・トレード・センター」 now roadshow! (とりあえず生態学+)
ワールド・トレード・センター    製作年度 2006年 製作国 アメリカ 上映時間 129分 監督 オリヴァー・ストーン 脚本 アンドレア・バーロフ 音楽 クレイグ・アームストロング 出演 ニコラス・ケイジ 、マ
ワールド・トレード・センター (UkiUkiれいんぼーデイ)
2001年9月11日 あの日、世界は人間の悪と善を同時に見た 静かな始まりでした。 いつものように、いつもの1日が始まろうとしていました。 それはジョンとウィルにも、いつもの1日にすぎませんでした。 ストーリーに著しく触れています ...
ワールド・トレード・センター--試写会-- (こんな映画見ました〜)
『ワールド・トレード・センター』 ---WORLD TRADE CENTER --- 2006年(アメリカ) 監督:オリヴァー・ストーン 出演: ニコラス・ケイジ、マイケル・ペーニャ、マギー・ギレンホール 、マリア・ベロ 2001年の9.11テロで崩壊したワールド・トレード・センター ...
ワールド・トレード・センター (ぷち てんてん)
☆ワールド・トレード・センター☆(2006)オリヴァー・ストーン監督ニコラス・ケイジ・・・・・・・・・・ジョン・マクローリンマイケル・ベーニャ・・・・・・・・・ウィル・ヒメノマギー・ギレンホール・・・・・・・・アリソン・ヒメノマリア・ベロ・・・・・ ...
ガレキの下で (藻、たくさんの日々。)
今日は、試写会のため有楽町へ。 観たのは、「ワールド・トレード・センター」。 完成披露の試写会だったらしく、 平日の昼間だというのに、会場はいっぱいでした。 9.11テロの際に、 救出のため出動し、生き埋めになった警官の物語(実話)。 絶望感と ...
映画『ワールド・トレード・センター』 (たまさんのHR/HM シネマカフェ)
『ユナイテッド93』に続き9.11 が テーマの映画である本作を観てきました。
映画『ワールド・トレード・センター』(10/9) (「暁に、死す!!」PBM修羅道日記・出張版)
「ワールド・トレード・センター」 原題「Untitled World Trade Center」/2006年アメリカ/129分 【監督】オリヴァー・ストーン 【脚本】アンドレア・バーロフ 【製作】マイケル・シャンバーグ/ステイシー・シェア/モリッツ・ボーマン/オリヴァー・ストーン/ ...
ワールド・トレード・センター (まぁず、なにやってんだか)
「ワールド・トレード・センター」を観に行ってきました。予告を観ただけで涙が出てしまったので、前から観てみたいと思っていたんです。 数名が救助されても、犠牲になった人が多すぎて、「助かってよかった」という気にはとてもなれませんでした。 瓦礫の中 ...
映画「ワールド・トレード・センター」 (FREE TIME)
今日、仕事帰りに映画「ワールド・トレード・センター」を鑑賞。
ワールド・トレード・センター (三度の飯より映画好き)
試写会にて鑑賞してきました。マギー・ギレンホールの出演作をまともに観たのは初めてなんですが、弟のジェイク・ギレンホールによく似てますねー。 2001年9月11日…ハイジャックされた2機の旅客機がニューヨークの世界貿易センタービルに激突した。ジョン・ ...
ワールド・トレード・センター (小部屋日記)
World Trade Center(2006/アメリカ) 【劇場公開】 同じ9.11を扱った「ユナイテッド93」とは違うアプローチからの作品。 監督はオリバー・ストーン。 崩壊したビルから奇跡的に生還した警察官二人。 これは実際に助け出された二人の体験に基づいてます。 彼らに ...
ワールド・トレード・センター(映画館) (ひるめし。)
勇気そして生還―――これは、真実の物語。 製作年:2006年 製作国:アメリカ 監 督:オリバー・ストーン 出演者:ニコラス・ケイジ/マイケル・ペーニャ/マギー・ギレンホール/マリア・ベロ 時 間:129分 [感想] ニコラスさん、顔がコケすぎ・・・。 前半 ...
ワールド・トレード・センター (とっさの絵日記)
あまりにシンプルな映画だったので「どこかで深読みせねばならなかったのか?」と悩
【劇場鑑賞111】ワールド・トレード・センター(WORLD TRADE CENTER) (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
あの日、世界は恐ろしい悪を目撃した。 しかし2人だけは見た。尊い何かを―― 勇気そして生還 これは、真実の物語である。
命の尊さをシンプルに訴えたワールドトレードセンター(2006年14本目) (ON THE ROAD)
誰か早く見つけてやってくれ〜! みんな早く助けてやってくれ〜! お〜い!ガンバレ!もう大丈夫だぞ〜! 思わず心の中で叫んでしまうくらいに引きずり込まれた映画だった。 【ワールド・トレードセンタービル】 日本では『世界貿易センタービル』という呼び ...
映画「ワールド・トレード・センター」 (ちょっとひとことええでっかぁ〜♪)
瓦礫の下敷きになった経験はないけれど震災経験者なのでこの映画は気が進まなかった。 しかも実話に基づく映画だから…
久々映画鑑賞! (LARGO DRIVE(ラルゴドライブ))
15日の日曜日に久々に映画館へ映画を見に行きました!見に行ったのは、前に見たいと思っていた「ワールド・トレード・センター」です!!(^^♪前回の「ユナイテッド93」に続き、アメリカ同時多発テロを題材にした映画です。今回はワールド・トレード・センター ...
『ワールド・トレード・センター』 勇気と生存のストーリー! (銅版画制作の日々)
MOVX京都にて、「ワールド・トレード・センター」を鑑賞した。時間的なこともあり・・・観るのが先送りになっていた。どうしても観たいと思っていた9.11関連では「ユナイテッド93」に続きこの映画が第二弾・・・・。今回はが激突した世界貿易センターでの惨 ...
ワールド・トレード・センター (がちゃのダンジョン 映画&本)
『ワールド・トレード・センター』WORLDTRADECENTER上映時間129分製作国アメリカ初公開年月2006/10/079.11米国同時多発テロの際、崩落した世界貿易センタービルの瓦礫の中から奇跡的に生還した2人の港湾警察官の感動の実話を映画化。主演はニコラス・ケイジとマイ ...
ワールド・トレード・センター (★試写会中毒★)
満 足 度 :★★★★★★★ (★×10=満点)  監  督 :オリヴァー・ストーン キャスト :ニコラス・ケイジ 、マイケル・ペーニャ 、マギー・ギレンホール 、マリア・ベロ 、スティーヴン・ドーフ 、他 ■ストーリー■   2001.9. ...
ワールド・トレード・センター (とにかく、映画好きなもので。)
 ニューヨークにあるワールド・トレード・センターには行った事が無い。  日本に住む僕にとっては、あの事件以前はそれほど意に留める事もあまり無く、ニューヨークにある二つ並んだ大きいビルという認識しかなかった。貿易センターとも呼べ ...
ワールド・トレード・センター★★☆これがO・ストーン監督作品?! (kaoritalyたる所以)
タイトルにまで付けちゃいましたが、正直言ってストーン監督のことを“腑抜け”に思ってしまいました。10/10に観に行った、WTCの感想です。内容は・・yahooの映画の紹介からコピペ。9.11同時多発テロの標的となったワールド・トレード・センターを舞台に、 ...
映画「ワールド・トレード・センター」 (しょうちゃんの映画ブログ)
2006年53本目の劇場鑑賞です。公開翌日観ました。「プラトーン」「7月4日に生まれて」のオリヴァー・ストーン監督作品。9.11米国同時多発テロの際、崩落した世界貿易センタービルの瓦礫の中から奇跡的に生還した2人の港湾警察官の感動の実話を映画化。9.11米国同時 ...
「ワールド・トレード・センター」 小さくても力強い善の力を信じたい (はらやんの映画徒然草)
9・11から5年。 まだその時の記憶は生々しく、テロ事件をテーマにしていることも
ワールド・トレード・センター (映画鑑賞★日記・・・)
『WORLDTRADECENTER』公開:2006/10/07製作国:アメリカ監督:オリヴァー・ストーン出演:ニコラス・ケイジ、マイケル・ペーニャ、マギー・ギレンホール、マリア・ベロ、スティーヴン・ドーフ、ジェイ・ヘルナンデスその後、あの家出少女はどうしたのでしょう。  ↑...