ば○こう○ちの納得いかないコーナー

「世の中の不条理な出来事」に吼えるブログ。(映画及び小説の評価は、「星5つ」を最高と定義。)

変わらない光景&変わった光景

2016年12月24日 | 其の他

今日「12月24日」はクリスマス・イヴ。午後一から買い物に出掛けたが、人気のケーキ屋の前にはクリスマス・ケーキを買い求める客の列が出来ていたし、普段はそんなに混んでいない道も混み合っていた。「ボーナスに続いて給料が入り、加えて子供達は冬休みに突入。そして、クリスマス・イヴ。」という事で、外出する人が増えたのだろう。

 

複合商業施設に足を踏み入れると、「こんなにも子供がたんだ。」と驚いてしまう程、多くの子供達の姿が。親に連れられ、クリスマス・ケーキやロースト・チキン、クリスマス・プレゼントを買って貰う子供達の嬉しそうな顔・・・昔と変わらない光景だ。

 

一方、自分が子供だった頃と比べて「変わったなあ。」と思うのは、此の時期の街の賑わいクリスマス・シーズンという事で、街中は華やかな装飾がされているものの、昔はもっと派手だったし、何よりも賑やかな音楽が到る所で流されていた。そういう光景のピークバブル時代で、以降はどんどん大人しくなって行った様に感じる。「騒々しい。」という苦情が増えたのかもしれないけれど、何か寂しい気がする。

 

11年前の記事「サンタは何処から入って来る?」で触れたけれど、自分は小学校4年生位サンタ・クロースの存在を信じていた。サンタ・クロースが枕元にプレゼントを置く瞬間を見届け様と、必死になって狸寝入りをするも、結局は眠り込んでしまい、朝になってプレゼントを発見して喜ぶという繰り返し。我乍ら、「純粋な子だったなあ。」と思う。

 

幼少期名古屋片田舎に住んでおり、家の風呂は“オガライト”なるおが屑を圧縮成形した燃料を燃べ沸かすタイプ。排出する煙突が設けられていたので、「サンタ・クロースは、煙突から家の中に入って来る。」と親から言われても、「そうなんだ。」と何も疑わずに信じていた。小人じゃない限り入れそうも無い、直径cm位の煙突だったのに。

 

当時は煙突の在る家が少なからず在ったし、工場等の煙突を身近で目にする機会が結構在ったので、「サンタクロースは、煙突から家の中に入って来る。」と言われても、多くの子供達は違和感を持たずに信じられた。

 

でも、今の子供達は煙突自体を“日常生活の中で”見る機会は少なくなったろうし、親はサンタ・クロースの事を、どう説明しているのだろうか?サンタ・クロース云々には触れず、「クリスマス・プレゼント買って上げる。」と、普通に玩具売り場に連れて行っているのだろうか?

ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 決闘罪 | トップ | 「神の値段」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。