ば○こう○ちの納得いかないコーナー

「世の中の不条理な出来事」に吼えるブログ。(映画及び小説の評価は、「星5つ」を最高と定義。)

無残やな 甲の下の ジャビット 

2016年10月11日 | スポーツ関連

松尾芭蕉俳諧で、横溝正史氏の小説獄門島」にも登場する「むざんやな  甲の下の きりぎりす」というのが在る。昨日、クライマックス・シリーズ(CS)ファースト・ステージベイスターズ敗れ、“終戦”を迎えたジャイアンツ今季のジャイアンツを喩えるなら、「無残やな の下の ジャビット」という感じか。

 

1勝1敗で迎えた昨日、ジャイアンツの先発内海哲也投手判明した時点で、「ベイスターズ打線が相手では、序盤滅多打ちにされそう。」という予感が在った。試合開始時間には外出していたので、携帯電話で試合状況を確認した所、「1回表、ベイスターズに2点を奪われ、13塁のピンチ。」との事。「矢張りなあ。此の回、更に大量失点するのは間違い無し。」と思い、以降、携帯電話で試合状況を確認しなかった。帰宅し、「大負けしてるんだろうなあ。」と思ってTV点けたら、6回裏のジャイアンツの攻撃で、村田修一選手が同点ホームランを放ち、ジャイアンツが「3対3」の同点に追い付いた所。「から、ベイスターズに1点しか奪われなかったのか。」と少々驚き、以降の展開を見守っていたのだが・・・。

 

同点の迎えた9回裏、ジャイアンツの攻撃。無死1塁で代走に出た鈴木尚広選手が、相手投手の牽制球引っ掛かってアウトになった時点で、「流れがベイスターズに向かってしまったな。」と感じた。「此処数年、チームのピンチを何度も救ってくれた鈴木選手。」なので悪くは言いたく無いが、チーム全体の焦りを象徴するミスだったと思う。

 

ジャイアンツ・ファンの村長様が、「坂本個人軍?」という記事を書いておられる。「CSでのジャイアンツ打線、坂本勇人選手が驚異的な成績を見せる一方、他の打者は完璧に封じ込められている状況。」を“坂本個人軍”と表しているのだが、全く其の通りだ。「打てない打撃陣」に「ミス連発の投打」では、勝ち抜けるも無い。

 

過去に何度か書いている様に、「日本シリーズはレギュラー・シーズンで優勝したチーム同士が闘うべきで、CSは無くした方が良い。」と思っている。だから、ジャイアンツがCSを勝ち抜く事を期待していなかったので、そういう意味では悔しい結果では無いのだけれど、心の中で「『ジャイアンツがする事は全て悪!』と決め付ける人が少なからず居るから、(レギュラー・シーズンで2位だった)ジャイアンツがCSを勝ち抜き、日本シリーズに進出する事にでもなれば、『CSなんか廃止しろ!』という声が多勢になるかも。」という思いが在ったのも事実だ。

 

CSを見ていて改めて思ったのは、此の儘で来季臨めば、ジャイアンツは優勝どころか、Aクラス入りも難しいだろう。という事。2ヶ月前の記事「ジャイアンツこそ“超変革”が必要」で記した様に、超変革が成し遂げられない限り、ジャイアンツに“未来”は無い。

 

詳細は「ジャイアンツこそ“超変革”が必要」を見て貰いたいが、「“使えない選手”の整理」、「小林誠司選手の鍛え上げ」、そして「高橋由伸監督自身の超変革」は必須。特にTPO応じ柔軟機敏采配”が出来なかった高橋監督には、ミスを繰り返す選手を2軍に落とす厳しさも含め、大きく変わって貰わなければ困る。“自分のスタイル”に拘泥し、頑なな采配を続けていたら、「監督としてチームを優勝させる事無く、解任された堀内恒夫元監督。」の二の舞を踏む事になるだろう。

 

「ジャイアンツこそ“超変革”が必要」では触れなかったが、菅野智之投手と澤村拓一投手も超変革が必要だ。今季、菅野投手は「最優秀防御率」、澤村投手は「最多セーヴ投手」のタイトル其れ其れ受賞。数字だけ見れば見事だが、彼等が置かれた立場を考えると、“中身”としては大きな不満が残る。

 

前半は気の毒な面が在ったものの、後半以降は大事な場面で勝てず、挙句に体調不良でCSに登板出来なかった菅野投手。どういう理由が在れ「此処ぞという試合で勝てない投手は、エースと呼ぶに値しない。」し、体調不良で登板出来ないなんていうのは言語道断彼は、2年前のCSも登板出来なかったという過去を持つ。其の時は故障という事で、同情の余地は在った。、今回が同じ故障で在ったとしても、こうも続くと“プロとしての自己管理”に問題在り。

 

又、澤村投手に関しては、抑えに成功した時でも、すんなりと抑えたという印象が薄い。「先頭打者にヒットを打たれたり、四球を連発する等で大ピンチを作るも、何とか抑え切った。」という感じ。失敗した際は、四球連発で大量失点という自滅型。セルフコントロールが出来ない。」というのが、彼の最大の欠点だろう。数字は残すものの、抑えとしてはチームに与える悪影響が大き過ぎる。安定したチーム状況を作り出すにも、来季は別の抑え投手を作って貰いたい。

 

最後に、内田順三打撃コーチ1軍から外し、2&3軍巡回打撃コーチとする。代わって、現在2軍の二岡智宏打撃コーチを1軍打撃コーチに昇格させる。」という報道が在ったけれど、自分は大反対。何度か書いている様に、内田氏は打撃コーチとして非常に有能だと思っている。「若手選手の育成の為。」というのが内田氏を2&3軍巡回打撃コーチに配置転換する理由だそうだが、「チームが優勝出来なかった為のスケープゴートにされた。」という感じがする。選手時代から仲が良く、気心知れた二岡氏が1軍ベンチに入る。」というのは、高橋監督にとっても好ましい事なのかもしれないが、“御友達の寄せ集め”となってしまう事を危惧する。

『野球』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「よっつ屋根の下」 | トップ | 「陸王」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
10/10 セCS1st第3戦:横浜DeNA4-3巨人~まさに死闘 (ポロと旅する&あさちゃん。スポーツ3)
昨日のクライマックスシリーズ1st第3戦の件。 ssasachan / スーパーサウスポーあさちゃん。ミヤネ屋なんかすっとばしていいから最初からCS中継してほしいよね。それと、次がnews every.だ......