ば○こう○ちの納得いかないコーナー

「世の中の不条理な出来事」に吼えるブログ。(映画及び小説の評価は、「星5つ」を最高と定義。)

鴨葱

2017年02月09日 | 政治関連

ドナルド・トランプ大統領に対する懸念は、以前にも「ドナルド・トランプ氏の勝利を受けて」及び「“トランプ王朝”を作り上げたいだけ?」で記して来た。腹の中では“トランプ・ファミリー・ファースト”の推進を考えている様な彼が、アメリカ国民向けには“アメリカ・ファースト”を掲げ破茶滅茶言動を繰り広げている。「アメリカさえ良ければ、他のなんかどうなっても構わない。」という選択肢を、結果的にアメリカ国民は選んだ訳で、「こういう身勝手な思考が、今後は世界的に広まって行くのだろうな。」と暗澹たる思いが在る。

 

アメリカがどう考え様が勝手だけれど、自国の利益のだけから、他国を振り回すのは許されないし、又、他国は振り回されては駄目。と考える自分としては、雫石鉄也様が記事「とつぜんコラム No.184 トランプオヤジに近江商人の教えを」にて書いておられる事に、基本的賛成で在る。

 

明日から行われる首脳会談では、安倍晋三首相に対するアメリカ政府の“厚遇振り”が喧伝されている。「アメリカが日本を重要視し、優遇して行こうとしている証左だ。」と喜んでいる日本人も居る様だが、本当にそうなのか?

 

以前から何度も書いている様に、安倍晋三首相が第一に考えているのは「日本や日本国民にとって最良の政治を行う。」では無く、「一日も長く政権の座に留まり歴史に名を刻む事で、自分を軽んじて来た連中を見返したい。」という思いだと考えている。海外に次々と飛び、大金を散蒔いているのも、日本国民向けのパフォーマンスで在り、海外からの自身へのバックアップを期待する面が強いとも。

 

そんな安倍首相だから、「超大国アメリカから、自分はこんなに大事にされているんだぞ。」と今回の会談では最大限にアピールしたいのだろうが、トランプ大統領としては其の見返りしか考えていないだろう。経済面や軍事面等、あらゆる面での莫大な見返り、此れは日本人にとって大きな不利益となる訳だが、のみを期待しているだし、“政権の延命”を最優先している安倍首相は、期待通りの“御土産”を持参する事だろう。アメリカにとって、安倍首相は“鴨葱”の存在なのだ。

 

「どんな時でも、アメリカに追随すれば良い。」というのでは困る。是々非々で、アメリカと付き合って行く。」というのが、“真面な国の真面な外交だ。

ジャンル:
海外
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 刃向かう者は消す!? | トップ | 気持ちは凄く理解出来るけれど »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。