ば○こう○ちの納得いかないコーナー

「世の中の不条理な出来事」に吼えるブログ。(映画及び小説の評価は、「星5つ」を最高と定義。)

「大決戦!超ウルトラ8兄弟」

2008年09月25日 | 映画関連
****************************
数十年前の或る夏、横浜の街に暮らすマドカ・ダイゴ(青年期:長野博氏)、アスカ・シン(青年期:つるの剛士氏)、高山我夢(青年期:吉岡毅志氏)という3人の子供は、テレビの新番組「ウルトラマン」に出会う。人間の為に戦う銀色の巨人・ウルトラマンに、彼等はたちまち夢中になった。

ウルトラマンの存在を信じ、それぞれに大きな夢を持つ3人も、時は流れて大人に。宇宙飛行士になる夢を持っていたダイゴは横浜市役所の職員、プロ野球選手になる夢を持っていたアスカは球場のボールボーイ、そして宇宙船を開発する科学者になる夢を持っていた我夢はミュージアムの学芸員にと、それぞれが夢を叶えられぬまま在り触れた日々を送っていた。

或る日、横浜港の上空に謎の蜃気楼が浮かぶ。そしてテレビの中では見ていたものの、実際にこの世界に存在するとは思ってもいなかった怪獣が出現。それと共にウルトラマンメビウスも現れる。メビウスで在るヒビノ・ミライ隊員(五十嵐隼士氏)はダイゴに、「自分は“7人の勇者達”を目覚めさせる為、ウルトラマンが実在する別の世界からやって来た。」と告げる。ダイゴは知り合いのハヤタ(黒部進氏)やモロボシ・ダン(森次晃嗣氏)、郷秀樹(団時朗氏)、北斗星司(高峰圭二氏)が、その勇者達だと確信するのだった。
****************************

昨年の制作発表以来、その公開を待ち侘びていた映画「大決戦!超ウルトラ8兄弟」。Honeywar様や破壊王子様、ツバサ様、Spa supernova様と、当ブログで御馴染みの方々が早々に鑑賞される中、「早く観に行きたい!」と思っていたのだが、やっと観る事が出来た。

この作品、脚本担当の長谷川圭一氏は史上最大の御祭り映画と称している。「『ウルトラマン』に『ウルトラセブン』、『帰ってきたウルトラマン』、そして『ウルトラマンA』という、1966年~1973年にかけて放送された所謂“昭和ウルトラマン”」と、「1996年~2007年にかけて放送された『ウルトラマンティガ』に『ウルトラマンダイナ』、『ウルトラマンガイア』、そして『ウルトラマンメビウス』という“平成ウルトラマン”」が共演するというのも然る事乍ら、そのヒーロー&ヒロイン達(勿論、人間体。)が一人も欠く事無く揃ったというのが凄い。その上、昭和と平成のウルトラ・シリーズに縁深き人々が意外な役で登場しているのも、史上最大の御祭り映画たる所以だ。これだけ豪華な顔触れのウルトラ映画は、恐らく最初で最後になるのではないだろうか。

自分がリアル・タイムで最初に見たウルトラ・シリーズは、多分「帰ってきたウルトラマン」の途中からだったと思う。次の「ウルトラマンA」が、最初から最後迄リアルタイムで見た初めてのウルトラ・シリーズ。それから再放送で「ウルトラQ」や「ウルトラマン」、「ウルトラセブン」、「帰ってきたウルトラマン」を見たし、「ウルトラマンA」以降は「ウルトラマンタロウ」、そして「ウルトラマンレオ」の途中迄リアル・タイムで見ていた。一番印象深いのは、やはり初めて通して見た「ウルトラマンA」だ。「ウルトラマンレオ」以降、ウルトラ・シリーズは“卒業”していたのだが、「ウルトラマンメビウス」で“ウルトラ熱”に火が点いたのは、当ブログをしばしば覗いて下さっている方々ならば御存知の事と思う。

そんな自分なので「ウルトラマンメビウス」に深い思い入れが在るものの、他の“平成ウルトラマン”にはそれが無い。破壊王子様から推奨された事も在り、今年の4月からファミリー劇場で「ウルトラマンマックス」を、そして最近「ウルトラマンティガ」を見出した状況。黒部進氏や森次晃嗣氏、団時朗氏、高峰圭二氏を目にしても、若い子(子供を含め)は「ウルトラマンに変身するおじさん(御爺さん?)達」という認識が普通なのだろうが、自分にとっては「ハヤタやダン、郷、北斗」以外の何者でも無い。逆に「ダイゴやアスカ」と若い子が思うで在ろう長野博氏&つるの剛士は、自分にとって「V6及び羞恥心のメンバー」というイメージしか無いのだ。

「ハヤタ&アキコ」、「ダン&アンヌ」、「郷&アキ」、そして「星司&夕子」が夫婦役で顔を揃えるなんて“奇跡”が起こるとは思ってもいなかった。それだけで“昭和ウルトラマン”を見て来た者としては大満足だ。“平成ウルトラマン”のヒーロー&ヒロインもカップルで登場しており、やはり当時見ていた人達にとっては格別の思いが湧いた事だろう。(因に、この作品の助監督は子供時代に「ウルトラマンティガ」を夢中になって見ていた世代で、「変身ポーズを最後にダイゴがやったのは、何時何時だった。」等と長野氏以上に詳しかったとか。)親や子供、そして祖父母と、これ程迄に広い世代が思いを共有出来る作品は、ウルトラ・シリーズ以外に在るだろうか?(子供の頃大好きだった仮面ライダー・シリーズが、平成シリーズではその世界観が共有されていないのは非常に残念だ。

“昭和ウルトラマン”に登場した「ゲスラ」に「パンドン」、「ヒッポリト星人」が、それぞれ「キングゲスラ」に「キングパンドン」、「スーパーヒッポリト星人」と名前を変えて出て来る。ウルトラ・シリーズでウルトラ兄弟達が最大のピンチ陥る際、その形は「十字架への」か「ブロンズ像にされてしまう」というのが定番だが、その期待を裏切らずにスーパーヒッポリト星人は、ヒッポリトタールでメビウスをブロンズ像にしてしまう。ジェットビートルにウルトラホーク1号、マットアロー1号、タックスペースが登場し、故・岸田森氏が演じていた坂田健の遺影(?)もさり気無く飾られる等、“嘗ての子供達”をニヤッとさせる心憎い演出が光っていた。(“平成ウルトラマン”で育った世代を意識した演出も、かなり在った様だ。)

「ウルトラQ」でセスナのパイロット・万城目淳を演じていた佐原健二氏が同じ万城目淳の名前でSF作家として、「ウルトラマン」のイデ隊員こと二瓶正也 氏が駄菓子屋の主人役(一段と太られた様な気が。一瞬、二瓶氏が相撲取りに見えた程。)として登場しようとは。アキに助けられた老人が、「ウルトラQ」で戸川一平役を演じていた西條康彦氏だと判ったのは、帰宅してパンフレットを見ての事。余りにも昔の雰囲気と変わっていたのに驚かされたが、良く考えれば当時は27歳だった彼も、今年で69歳になるのだから当然か。それ程に、ウルトラ・シリーズの歴史は長いのだ。

“昭和ウルトラマン”のヒーロー&ヒロインの内、ハヤタとアキ、夕子の実の御嬢さんが共演されている。破壊王子様も記されていたが、夕子とその御嬢さんは余りにも似ており、「ウルトラマンA」のリメークが制作されれば間違い無く夕子役を任される事だろう。

「帰ってきたウルトラマン」では悲劇的な最期を遂げたアキが、この作品でも同じ目に遭うのかと一瞬思わせるも、結果的にハッピーエンドとなるのは、当時あの悲劇がトラウマとなった子供達への嬉しいプレゼントと言えよう。

「最後のシーンが余計だった。」という酷評も在る様だが、あれはあれで良かったのではないか。夢を感じさせてくれたし、何よりも「史上最大の御祭り映画」にそれを言っては野暮(とは言え、自分も「北斗星司と南夕子のウルトラタッチ(合体変身)が見たかった。」とか「変身シーンを一人ずつじっくりと見せて欲しかった。出来ればBGMに、各々の主題歌を流した上で。」、「“まむちゃん”を登場させて欲しかった。」等の不満も在るのだが。)

全てを観終えた後、“平成ウルトラマン”達にも強いシンパシーを覚える様になっていた。どのウルトラマンも格好良い。近々、2度目の鑑賞を考えている。

「史上最大の御祭り映画」だけに、総合評価は星5つとしない訳にはいかないだろう。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (8)   トラックバック (18)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大変貌する渋谷駅周辺 | トップ | 結局は旧態依然の人 »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ま・・まむちゃん・・ (おりがみ)
2008-09-25 10:15:44
どこぞの老人ホームで悪態をつきながら
昔なじみの老隊員たちと娯楽室でフーセンバレーとかやってたりして・・・。
もしくはゲートボールの名選手。

「わしゃ~スパイダーショットの名手じゃったゲホゲホ・・・」

で、妊婦さんには得意のおまじないを。
まむしさん! (Spa supernova)
2008-09-25 13:04:01
確かに^^;。でも爽やかな映画の内容が妙に泥臭くなるかも。あ、ロッキー刑事と中田市長がちょっと泥臭い色を加えてましたか^^;。でもまむしさんならそれ以上でしょう^^;。
あとタロウがいなかったのが残念。
>Spa supernova様 (giants-55)
2008-09-25 19:10:30
書き込み有難う御座いました。

「横浜が舞台だから」という理由なのでしょうが、中田市長の出演は不要だった様に思います。ウルトラ・シリーズに縁深き人の”チョイ出”は嬉しいのですが、「取り敢えず有名人を出演させておこうか。」というのはどうも苦手で。

この作品にまむちゃんが出演していたら・・・そんな事を思ったら、色々空想をしてしまいました。「『ウルトラセブン』の第24話『北へ還れ!』(http://www2.u-netsurf.ne.jp/~okhr/sight7/page24.htm)に登場した、北海道在住のフルハシ隊員の御母さんはもう亡くなられているんだろうなあ。妹はどうしているんだろうか?」等々。

ウルトラマンタロウとウルトラマンレオ、そして人間体の東光太郎とおゝとりゲンにも出演して欲しかったですね。

ところで、この作品のプロデューサー・鈴木清氏が面白い事をパンフレットに書かれていました。

*********************
前作「ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟」で初めて昭和のウルトラマンと平成のウルトラマンの共演が解禁になり、作品は大成功を収める事が出来ました。その要因は何処に在ったのか。40年以上の歴史が在るウルトラ・シリーズは、それぞれの世代にそれぞれのファンを生み出して来ました。そうした人達が求めていたのは、新しいウルトラマンでは無く、良き時代に出会ったウルトラマンではなかったか、それは<あの頃の僕達のウルトラマンに会えた>では無く<あの頃、ウルトラマンが大好きだった自分に会えた>だったのではなかったか。
*********************

最後の一文、自分の場合は正にそれです。
TBありがとうございました (sakurai)
2008-09-25 22:46:51
物語的には前作の方が数倍上ですが、お祭りですからね。
前作で、諸星ダンや、ハヤタ隊員にあえて、ちょっと満足してしまったかもです。
その時の好評を得て、二匹目のドジョウを狙った感が、見え見えでした。
でも、これだけ見る世代で、どのウルトラマンの時代に思い入れが入るのかが違うシリーズというのも凄いですよね。
私は初期のウルトラマンからタロウまでと、息子たちと見た平成ウルトラマンです。
まるで、あたしのためのラインナップだと、思ってしまいましたもん。
とにもかくにも、ウルトラマン好きが、世にいかに多いかということを感じました。
顔見世お祭り映画 (破壊王子)
2008-09-26 00:19:16
確か前作「メビウス&兄弟」の初期プロットってこんなテイストのモノもあったと記憶してます。テレビの「メビウス」よりも映画の製作進行の方が先だったらしいですから。

ただ不満をいくつか言わせてもらえば、
8大ヒーローがそろった後の戦い=一番のクライマックスが、前作の焼き直しに近いこと。合体怪獣にしてはブサイク。あれならガタノゾーアや根源破滅招来体の方がマシ。
ラスボスが簡単にやられたこと。私は途中まで絶対キリエル人だと思ってました(苦笑)
「ティガ」観てないと「グリッター化」の意味がわかりにくいことです。

あと、自衛隊が空自がちょいとしか出てこないのもねえ。円谷のデフォとはいえ、もう少しガンバラにゃ、某伯爵閣下が発狂しまっせ(笑)
Unknown (Unknown)
2008-09-27 12:23:11
単に「映画」としてみると、不満な点も多いのですが、私はとても楽しかったです。

ただ、前半退屈しているお子さんも結構いたような。
昔の(パラレルワールドの?)出演者のことって解らないでしょうね。あとでお父さんに「あのおじさんがウルトラマンで奥さんはウルトラ警備隊の~」って説明を聞くのもまた楽し、なのでしょうか?
あと最後の合体獣が弱いなあ・・・。8対1ですから、もっと強い怪獣が良かったなって思いました。
すみません (ユカ)
2008-09-27 12:27:27
ひとつ上のコメント、名前の記入忘れました。申し訳ありません。
許してやってください (Honeywar)
2008-09-28 01:35:35
 こんにちは! TBありがとうございます。

 楽しい映画でした。giants-55様も楽しまれたようで、嬉しくなりましたよ。

 中田市長に関しては....許してやってください(笑)。彼は僕と同い年。土下座してでも、この横浜が舞台のウルトラマン映画には出演したいでしょう。

 平成ウルトラマンの中では、僕は「ティガ」しか観ていませんが、これはお勧めですよ。一話一話のおもしろさ・バリエーションの豊かさ、そして全編通じてのストーリーの一貫性が大変よかったです。

 映画について、そして「ティガ」について、TBさせていただきました。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

関連するみんなの記事

18 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
「大決戦!超ウルトラ8兄弟」世代を超えて集結したウルトラファミリーオールスターズ (オールマイティにコメンテート)
「大決戦!超ウルトラ8兄弟」昭和の4大ウルトラマンと平成の4大ウルトラマンが次元を越えて集結し、かつて戦った怪獣&宇宙人と戦うストーリーである。ストーリー的にはかつての8大ウルトラマンのストーリーを融合して現代にそれぞれが存在するが、中には懐かしい人た...
大決戦!超ウルトラ8兄弟 (5125年映画の旅)
子供の頃の夢を諦め、公務員として暮らしていたダイゴ。彼は横浜を覆う謎の蜃気楼を見た時から、ウルトラマンの幻覚を見るようになる。数日が経ったある日、ダイゴは巨大な怪獣と戦うウルトラマンメビウスの姿を目撃する。メビウスの人間体であるミライは、自分は別次...
『大決戦!超ウルトラ8兄弟』観た!! (K.I.S.S.M.E.-R.eX)
『大決戦!超ウルトラ8兄弟』観てきました。 ネタバレを多分に含みますので、NGの方はご注意ください(あえて読むなとは言わない)。
映画感想『大決戦!超ウルトラ8兄弟』ドラマになっていますね。。。 (レベル999のマニアな講義)
内容そこは、怪獣などいない世界。当然、ウルトラマンなど子供の頃に見たTV番組。そんな世界に1人の男がいた。横浜の役所に勤めるダイゴ。ある日。出勤すると同僚達が窓に集まり外を見ていた。そこには、大きな蜃気楼が発生していた。。。。よく見ると、、、砂漠の街。...
[映画『大決戦!超ウルトラ8兄弟』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』)
☆私は、「『ウルトラマン』派か、『仮面ライダー』派か?」と聞かれたら、子供の頃から、大の『ウルトラマン』派であった。 ただ、『ウルトラマン80』以降は、熱心なファンではなかった。 大人になって、平成のウルトラマンを見ようともしたが、どうも、特撮が気に食...
大決戦!超ウルトラ8兄弟 (ネタバレ映画館)
変な顔してるくせになぜ強い?ヒッポリト星人
祭りとしては正しい映画だった (破壊王子流勝手日記)
『大決戦!超ウルトラ8兄弟』公式サイト―「公開初日の初回上映に行くって気合入り過
大決戦!超ウルトラ8兄弟 観てきました(o|o) (君らしく 僕らしく・・・そして、私らしく)
 ダイゴ 「そうか、今、はっきりわかった。七人の戦士、最後のひとり、それは僕だったんだ! この世界を、僕が守る!」{%キラリwebry%}
「大決戦!超ウルトラ8兄弟」 感想 (きゃんずぶろぐ)
「大決戦!超ウルトラ8兄弟」見ました~ 私自身はとても楽しめたのですが,子ども達が作品に入り込めたのかがちょっと心配です。 以下ネタバレあり。 長文です(^^; ...
【大決戦! 超ウルトラ8兄弟】 (日々のつぶやき)
監督:八木毅 出演:長野博、つるの剛士、五十嵐隼士、黒部進 甥っ子と約束していたウルトラマン観てきました~ 元々ヒーローものではウルトラマンが一番大好きな甥っ子、これは絶対に外せません。 「ダイゴ、アスカ、ガムの三人は子供の頃からの仲良し。小さい
大決戦!超ウルトラ8兄弟 (よろずな独り言)
 今日は水戸ホーリーホックのホームゲームの日。Jリーグ通算100勝の記念イベントもあるのでそちらに行こうと思っていたら,仮面ライダーキバを見ていたときに流れていた「大決戦!超ウルトラ8兄弟」のCMを見て,長女と二女が「パパ,今日はウルトラマンの映画に...
超ウルトラ8兄弟映画見てきました。 (空想非科学少女)
なんともー感想を言いにくいー。 お子さま向けで一緒に大人も楽しめます的お祭り映画
大決戦!超ウルトラ8兄弟 (迷宮映画館)
やっぱり・・・タロウは出ないのか・・・・。あーー、タロウ!!
「大決戦!超ウルトラ8兄弟」 二匹目の泥鰌はいない (はらやんの映画徒然草)
一昨年の「ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟」が全編からウルトラマンシリーズへの
怪獣カードはギガマイラ (雨が降るから明日はケロリ)
ウルトラマンの映画をまたしても観にいってしまいました。わたしはウルトラファンなの
大決戦!超ウルトラ8兄弟」 (Sweetパラダイス)
新旧のウルトラマンが揃った!!これはウルトラマンファンにはたまらないですダイゴくんのお家はお金持ちなのね。ミライくんが可愛いにゃ~ぎゃ~ブロンズ像にされてるよ。持って帰って飾りたいパラレルワールド&お祭りだ!!戦闘シーンは迫力があってかっこよかったです...
大決戦!超ウルトラ8兄弟 (ぶっちぎるぜ!!~Wake Up HERO~)
見てきました。いやー、初日とはいえ凄い人気ですねー。席がいいとこ取れなくて、前から二列目に。 首が痛くなるってことはなかったけど、コレはコレで大迫力なのでよかったのだ。では、どーんと行きましょう。
【2008-213】大決戦!超ウルトラ8兄弟 (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
人気ブログランキングの順位は? 超ウルトラ8兄弟が、 夢の大終結! 最強パワーで人類の平和を脅かす 極悪怪獣を迎え撃つ! この世界を、僕が守る すべての人の心の中に きっとウルトラマンはいる