ば○こう○ちの納得いかないコーナー

「世の中の不条理な出来事」に吼えるブログ。(映画及び小説の評価は、「星5つ」を最高と定義。)

「GOEMON」

2009年06月02日 | 映画関連
*************************************
石川や 浜の真砂は 尽きるとも 世に盗人の 種は尽きまじ
(浜に在る無数の砂が仮に全て無くなる事が在ったとしても、世の中から泥棒が全て消え去る事は無い。)
*************************************

“天下の大泥棒”と称される石川五右衛門安土桃山時代に出没した彼は、豊臣秀吉の命を受けた前田玄以によって捕縛され、1594年に京都三条河原に於いて油で釜煎りの刑に処されたと言われている。彼には「秀吉の暗殺に失敗した。」とか、「釜煎りされた際、共に同刑に処される事となった我が子を、自身が息絶える迄頭上に持ち上げていた。(「気がふれてしまい、我が子を釜底に沈めて、その上に乗った。」とか、「我が子が長く苦しまずに済む様にと、一思いに釜底に沈めた。」等、諸説在り。)等、様々な逸話が残されているが、冒頭で紹介したのは彼が辞世の句として詠んだ物と言われている。本当に彼が詠んだ物なのかどうか、その真偽の程は定かで無いものの、世の中の実態を上手く言い当てた句だとは思う。

映画「GOEMON」を観て来た。以前にも書いたが、自分は所謂B級映画」が結構好き。作り手には申し訳無いけれど、「こんなどうしようもない作品を、良くも作る気になったもんだ。」と毒突き乍らも、その一方で「これ程迄の駄作を見られて良かった!」という妙な喜びを感じたりもするのだ。我乍ら妙な“”だとは判っているのだが、世の中には自分と同じ様な人間が結構居るらしい。これ迄に多くのB級映画を観て来たが、邦画に関してその上位に推したいのは「宇宙からのメッセージ」に「北京原人 Who are you?」、「シベリア超特急シリーズ」、そして「CASSHERN」だ。

宇多田ヒカルさんの元夫・紀里谷和明氏が映画監督としてデビューした作品の「CASSHERN」は、嘗て人気を博したアニメ「新造人間キャシャーン」を実写化した物。このアニメが大好きだった自分はかなり期待をして「CASSHERN」を見たが、余りの酷さ愕然とさせられた。「CASSHERN」というタイトルを冠しているが、「新造人間キャシャーン」とは全く別物としか思えず、映像面では確かに美麗さを感じるものの、全体的には紀里谷氏の、紀里谷氏による、紀里谷氏の為のマスターベーション作品という感じがしたのだ。観客の存在を無視した、独り善がりな作風と言っても良い。この作品に関するネット上のレビューを幾つか目にしたが、同様に感じた人は少なくなかった様だ。そんな彼が、石川五右衛門を主役に据えた映画「GOEMON」を制作。「どれだけ駄作か楽しみ。」というB級映画好きの血が騒ぐ一方で、「結構面白い作品だった。」という好評価がネット上で散見され、「これは是が非でも自分の目で観ないと。」と映画館に足を運んだのだった。

*************************************
織田信長中村橋之助氏)を本能寺で暗殺した明智光秀(紀里谷和明氏)が討伐され、豊臣秀吉(奥田瑛二氏)が天下を取った時代。超人的な身体能力を武器に金持ちから金品を盗み、貧しき者に分け与える盗賊・石川五右衛門(江口洋介氏)が彗星の如く現れ、庶民を熱狂させる。そんな中、五右衛門は盗み出した財宝の中に重大な秘密が隠されている南蛮製の箱を見付けるが・・・。
*************************************

「歴史物を映像化する際には、史実等に忠実たれ!」と思われる方がこの作品を見たら、怒り狂われるかもしれない。「歴史を大胆に新解釈!-この物語、史実よりも面白い。」と惹句に在る様に、ハッキリ言って歴史的&文化的考証は一切無視したエンターテイメント作品と割り切って観るべし。ネタバレになってしまうが、歴史上では徳川家康伊武雅刀氏)と相対する側に居た猿飛佐助ゴリ氏)が徳川方に就いていたり、ダース・ベイダーみたいな甲冑纏った兵士達が登場する等、あくまでも歴史的に著名な人物や事柄の名前だけを借りた作品とも言えるが、これがこれで結構面白い。信長の野望シリーズ」等、自身で展開を組み立て行くシミュレーション・ゲーム的な面白さと言えば良いだろうか。

配役も一風変わってっている様に感じた。秀吉役が最も顕著に思うが、一般的な秀吉像で言えば奥田瑛二氏の起用は意外とも言える。そういった意外な配役が良い具合に決まっていたし、全体的に演技のしっかりした役者で固めていたので、安心して観てはいられる。(某女優は、相変わらずの演技だったが。)信長と比べると穏やかなイメージが強いで在ろう秀吉だが、時には極めて冷酷な一面を見せてもいた。茶人千利休を死に追い遣り、その首を一条戻橋晒したという話は有名だが、この作品では映画「西太后」の1シーンを思わせる、ゾッとするシーンも。

「CASSHERN」は余りにも酷過ぎた。しかし今回の作品は、エンターテイメント作品として純粋に面白い。観客の存在を一切無視していたかの様な前作とは異なり、あくまでも観客の目を第一義に考えた作りの様に感じ、紀里谷氏なりに大失敗をにしたのだろう。もう少し内容をコンパクトに纏めても良い気はしたが、総合評価としては星3.5個としたい。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (8)   トラックバック (38)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「警察側の主張は事実」とい... | トップ | 桑田投手が現役復帰!? »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBありがとうございました (KGR)
2009-06-02 03:49:40
ぶっ飛んだ世界観もここまで徹底してやられると納得しました。
キャストもよくぞまあこれだけの人を集められた、
これでペイすんのか、と変に気をまわしてしまいました。

展開もよかったですが、最後が少し冗長でした。
合戦のシーンで終わってもよかったと思います。
ある意味目が離せない? (tak)
2009-06-02 11:01:54
こんにちは。
g-55さまのご意見、まったく同感であります。紀里谷監督ってのは映像のスケールはでかいが、元の世界観や発想はちゃっちいといった印象。そのアンバランスさがゲーム好き世代等には受けるのでしょう。自分の世界観やアイデンティティをでかく見せたい世代の代表と言い換える事もできるかも。
結論、あまり深く考えずに何かしら仰々しいものを見せてくれる。。かくいう私も結構楽しませてもらいました。

ある意味監督の次回作も楽しみにしている今日この頃です
今日・・・ (てくっぺ)
2009-06-03 01:42:54
こんばんはです。^±^ノ

今日(あ、昨日か)、江口さんが「ぷっすま」に出てましたよ。
ところどころ宣伝してました。^±^
ついでに草薙さんも出ましたよ。
Unknown (マヌケ)
2009-06-04 00:00:59
CGと合成することを頭に入れながら、実際にはそこになにもない場所や誰もいない方向に向かって演技する俳優さんたちに違和感はなかったのでしょうか。 映像の作りは300に似ていました。 アニメと実写の中間のようで、構成が漫画のようで、迫力はありましたが、狭い世界で作り込んだような感じがして、窮屈な感じがしました。 キャシャーンよりは数倍おもしろかったですが、あれだけ酷評されたので二の足を踏むようなことはしないでしょう。 グラントリノがあまりによくて、秀作で、イーストウッドには敬意を表してやまないくらい好きになりました。 印象に深く残る作品になりました。 楽しめましたがGOEMONの方は通り過ぎてしまって終わりです。 真夏のオリオンもたぶんがっかりしそうな感じです。 映像の迫力やエンタテイメントの部分よりもストーリーや演技に重きを置いて欲しいのですが、たぶん若者にも関心を持ってもらおうということから原作にはないものを付け足したのでしょう。 残念。
>マヌケ様 (giants-55)
2009-06-04 01:15:32
書き込み有難う御座いました。

この作品に出演していた役者(大沢たかお氏だったか?)が特番で語っていましたが、何も無い所での演技は難しかったみたいですね。「ウルトラQ」に出演していた方々も同じ事を口にされていたのを思い出します。

「グラントリノ」は観たい作品の一つ。好評を耳にしておりましたが、やはり良い作品の様ですね。「真夏のオリオン」も気になっている作品です。
この映画が言いたいことって (破壊王子)
2009-06-07 23:14:52
人間は血統で、貧乏人が出世したところで所詮成り上がりのろくでなしってことですよね。

この映画を褒める人って麻生内閣支持者しかいないんじゃないですかね。
>破壊王子様 (giants-55)
2009-06-08 00:47:44
書き込み有難う御座いました。今回はこちらにレスを付けさせて貰います。

「桃太郎」の話を読んで「異物を排除する話でとんでもない!」と本気で怒る人が先ず居ない様に、この映画でそんな思いを抱く人は先ず居ないと思いますよ。自分は単純に娯楽映画として楽しんだし、何等かの意図を持って洗脳されたとも思っていませんし。
TBありがとうございました (シムウナ)
2009-06-16 03:08:44
TB有難うございました。
時代考証や既成概念を取り除いた建築様式や
衣装に目が奪われるほど綺麗なシーンも多々ありましたが
戦闘シーンではゲームのCG映像?と思えるほどの
ギャップもありました。
ただ、邦画では珍しい映像手法なのでぜひ、次回作も
果敢にチャレンジしてほしいですね。
前作よりは脚本がよくなった思いますが…

今度、訪れた際には、
【評価ポイント】~と
ブログの記事の最後に、☆5つがあり
クリックすることで5段階評価ができます。
もし、見た映画があったらぽちっとお願いします!!

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

38 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
[映画『GOEMON』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』)
☆『キャシャーン』の紀里谷監督の新作だ。  その前作では、その幼稚な思想性にとてつもなく落胆させられた。  でも欠点があり過ぎるが故に、語ることも多く、多くを語っていたら、なんか、その作品が嫌いではなくなっていた^^;  その幼稚な思想性と、くどい主張...
GOEMON (映画君の毎日)
●ストーリー●織田信長(中村橋之助)を暗殺した明智光秀が討伐され、豊臣秀吉(奥田瑛二)が天下を取った時代。超人的な身体能力を武器に金持ちから金品を盗み、貧しき者に分け与える盗賊・石川五右衛門(江口洋介)がすい星のごとく現れ、庶民を熱狂させる。そんな中、...
試写会「GOEMON」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2009/4/15 中野サンプラザでの開催。 監督、脚本、紀里谷和明 江口洋介、大沢たかお、ゴリ、広末涼子、奥田瑛二、中村橋之助、 要潤、チェ・ホンマン、伊武雅刀、うー、書き切らん。 *** 1582年の本能寺の変の後、豊臣秀吉の天下となってしばらくののこと。 ...
『GOEMON』 (Mooovingな日々)
GOEMONを見ました。紀里谷和明監督、江口洋介、大沢たかお、広末涼子、ゴリほか。 信長や秀吉や家康の影で民衆のために戦い続けた男石川五右衛門。 金持ちから盗み、貧しき者に分け与え自由気ままに生きた大泥棒。ある夜盗みだした南蛮製の不思議な箱、そこには...
GOEMON (いい加減社長の映画日記)
紀里谷監督の前作「CASSHERN」は未見ですが、あまり評判はよろしくなかったようで。 今回も、どうなのかな?と思いながら、キャストとストーリーに魅かれて「GOEMON」を鑑賞。 「UCとしまえん」は、平日のレイトショーにしては、かなり多め。 ゴールデンウィークの大型...
映画「GOEMON」 (FREE TIME)
5月1日のファーストデーに映画「GOEMON」を鑑賞。
劇場鑑賞「GOEMON」 (日々“是”精進!)
「GOEMON」を鑑賞してきました「CASSHERN」で鮮烈なデビューを飾った紀里谷和明監督の長編2作目。戦国の世を舞台に、大泥棒・石川五右衛門をはじめ歴史上の人気キャラクターたちが繰り広げる奇想天外なストーリーが、時代劇の枠にとらわれない大胆かつ斬新なヴィジ...
試写会「GOEMON」 (流れ流れて八丈島)
仕事帰りに有楽町に直行して、日劇マリオンの上にある有楽町朝日ホールで試写会「GOEMON」を観てきました。(画像は、マリオンの1階にある巨大宣伝看板です。)さて、映画の方、はこれが案外面白かったですね「CASSHERN」の紀里谷和明監督なんでCGバリバ...
GOEMON (★YUKAの気ままな有閑日記★)
『20世紀少年第2章』『ジェネラル・ルージュの凱旋』に続き、今年3本目の邦画鑑賞です【story】織田信長(中村橋之助)を暗殺した明智光秀が討伐され、豊臣秀吉(奥田瑛二)が天下を取った時代。超人的な身体能力を武器に金持ちから金品を盗み、貧しき者に分け与える盗賊...
GOEMON (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。紀里谷和明監督、江口洋介、広末涼子、大沢たかお、ゴリ、要潤、玉山鉄二、チェ・ホンマン、佐藤江梨子、戸田恵梨香、奥田瑛二、中村橋之助、鶴田真由、りょう、藤澤恵麻、佐田真由美、福田麻由子、小日向文世、平幹二朗、伊武雅刀。一言でまとめてみると、こ...
映画 「GOEMON」 (ようこそMr.G)
映画 「GOEMON」
■異次元の時代劇~GOEMON (AKATUKI DESIGN)
いやぁ~~~楽しかったです。 やはり紀里谷和明監督は天才だぁ。 ほんと今までの映画とは一線を画す出来だと思うんですよね。 CASSHERNを見た時も独特なCGとの融合した映像美は目を見張るものがあって衝撃だったんですけど・・・ なんなんでしょうこの世界観。 豊臣秀吉...
GOEMON (こんな会社でごめんあそばせ)
★★★★ 監督:紀里谷和明 出演:江口洋介 大沢たかお 要潤 広末涼子 時は1582年 戦乱の世の中 天下統一を目指した織田信長は志半ばにして、暗殺される そんな動乱の中、盗賊石川五右衛門が民衆は裕福なものから盗み、 貧しい者たちに分け与
GOEMON (いとしこいし ーいとしいこいしいものごとのおぼえがきー)
GOEMON  5/1@TOHOシネマズ 時代劇って苦手だったりするんだけど こんなんなっちゃうんなら全然おっけぇだし。 今の技術ならリアルにしようと思えばいくらだって出きるハズなのに あえて、そうしないのは新鮮だし斬新だなー って、キャシャ
GOEMON (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★[4/5] 登場人物のそれぞれのキャラが抜群に立っている。
GOEMON (だめ男のだめ日記)
「GOEMON」監督紀里谷和明出演*江口洋介(石川五右衛門)*大沢たかお(霧隠才蔵)*広末涼子(浅井茶々)*ゴリ(猿飛佐助)*要潤(石田三成)*玉山鉄二(又八)*チェ・ホンマン(我王)*中村橋之助[3代目](織田信長)*寺島進(服部半蔵)*平幹二朗(千利休)*伊武雅刀(徳...
GOEMON (ともやの映画大好きっ!)
【2009年・日本】試写で鑑賞(★★★★☆) 戦国の世を舞台に、大泥棒・石川五右衛門が奇想天外な事件に巻き込まれていくアクション・エンタテインメント作品。 1582年。天下統一を目指した織田信長(中村橋之助)は、夢目前にして家臣である明智光秀(紀里谷和明)の謀...
「GOEMON」試写会、感想。 (Beinthedepthsofdespair)
「GOEMON」公式サイト で、御覧の通り、って、開くの時間掛かるんだけど!な激重な公式サイトですが(なので、ウィキペディアを参照推奨)、要潤が、まんま、自分は要潤です。と、キャラは変えようがありませんね、な、美味しい所を最期まで全部持って行く感じでした。 あ...
GOEMON (花ごよみ)
監督は「CASSHERN」から5年、 紀里谷和明。 歴史にも出てくる有名な大泥棒で義賊の、 石川五右衛門が主人公。 試写会で観ました。 出演は五右衛門に江口洋介、 大沢たかおの霧隠才蔵はおいしい役、 かっこよく描かれていました。 茶々には広末涼子、 前髪おろし...
GOEMON/江口洋介、大沢たかお (カノンな日々)
あの『CASSHERN』の。もう一度リピート(笑)。あの『CASSHERN』の紀里谷和明監督が5年ぶりの最新作はやっぱり前作同様CGバリバリの映像みたいですね。でも『CASSHERN』は画面はくらいは台詞はボソボソだったのに比べるとこちらは明るくてちゃんと台詞も聞き取れそうです(...
海外でもウケそう。『GOEMON』 (水曜日のシネマ日記)
戦国の世を舞台に描かれた盗賊、石川五右衛門の物語です。
[GOEMON] 映画 (映画鑑賞★日記・・・)
公開:2009/05/01製作国:日本上映時間:128分鑑賞日:2009/05/03監督:紀里谷和明出演:江口洋介、大沢たかお、広末涼子、ゴリ、要潤、玉山鉄二、六平直政、小日向文世、中村橋之助、寺島進、平幹二朗、伊武雅刀、奥田瑛二+あらすじ+織田信長(中村橋之助)を暗殺した明...
GOEMON (Akira's VOICE)
スゴい事になってます!!  
『GOEMON』 ('09初鑑賞54・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆- (5段階評価で 4) 5月1日(金) 109シネマズHAT神戸 シアター10にて 13:35の回を鑑賞。
【試写会】GOEMON(評価:○) (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】紀里谷和明 【出演】江口洋介/大沢たかお/広末涼子/ゴリ/要潤/玉山鉄二/中村橋之助/寺島進/平幹二朗/伊武雅刀/奥田瑛二/他 【公開日】...
GOEMON・・・・・評価額1650円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
「CASSHERN」の十倍面白い。 前作の印象が芳しくなかったので、全く期待していなかったのだが、予想外に心揺さぶられる娯楽活劇であった。 ビ...
映画「GOEMON」感想 (Life on Mars)
映画「GOEMON」見てきました。「こんな時代劇、観たことない。」というキャッチコピー通り、絢爛豪華な映像と俳優の熱演が見どころの映画でし...
●『GOEMON』● ※ネタバレ少々 (~青いそよ風が吹く街角~)
2009年:日本映画、紀里谷和明監督&脚本、江口洋介主演。
『GOEMON』 (ラムの大通り)
----昨日話していた『これでも時代劇』ってこの映画のことだったんだ。 この監督の紀里谷和明って、 えいは、あまり買っていなかったんじゃなかったっけ? 「うん。前作の『CASSHERN』が、あまりにもビジュアル重視で、 物語としての整理のほうが ほとんどなされていなか...
『GOEMON』 (だらだら無気力ブログ)
『CASSHERN』で映画監督デビューした紀里谷和明監督が懲りずに放す長編 第二作。監督だけでは物足りず、原案・脚本・プロデューサー・撮影監督・ 編集と何足のわらじを履くマルチぶり。戦国時代の日本を舞台に盗賊・石川五右衛門を主人公に大胆で斬新な解釈で 描く戦国...
GOEMON (がらくた別館 映画・漫画いろいろ日記)
今日は土曜日だけど、出勤日でした。(代わりの休みは、7月末の夏休み)で、仕事帰りに鑑賞。土曜のレイトショーでしたが、結構混んでいました。同じ監督の『CASSHERN』は原作の面影もなく、ストーリーもちょっと・・・な感じだったけど画面のつくりが妙に自分の感覚に合....
GOEMON (あーうぃ だにぇっと)
監督・脚本・編集・プロデューサー・原案・撮影監督: 紀里谷和明 キャスト 石川五右衛門☆江口洋介 霧隠才蔵☆大沢たかお 浅井茶々☆広末涼子 猿飛佐助☆ゴリ 石田三成☆要潤 又八☆玉山鉄二 織田信長☆中村橋之助 服部半蔵☆寺島進 我王☆チェ・ホン...
GOEMON (なにも起こらなかった一日の終わりに。ver2.0)
 今日は「CASSHERN」の紀里谷和明監督による第2作、江口洋介主演の「GOEMON」を観て来ました!!  時は戦国の世。  織田信長が死に、豊臣秀吉によって国が治められ一時的な平安が訪れている時代。  巷をにぎわせている大泥棒・石川五右衛門(江口洋介)が有る...
「GOEMON」プチレビュー (気ままな映画生活)
紀里谷監督の初監督作品だった「CASSHERN」で賛否を 渦巻いていたが、どうやら今回もネット上を賛否が 駆け巡っているようです。
「GOEMON」財界お坊ちゃまの虚と実 (再出発日記)
心配していたほどひどくなかった。なんと最後まで眠らないで興味深く見ることが出来た。そうか、この人は結局こういう人だったんだ、と判ったような気がした。作品は人なり監督:紀里谷和明出演:江口洋介、大沢たかお、広末涼子、ゴリ、中村橋之助、寺島進、平幹二朗、伊...
『またつまらぬ映画を観てしまった…』『こんな駄作を撮るのは最後だと誓え!』 (破壊王子流勝手日記)
注意。以下ネタバレを含むが地雷を踏みたくないという老若男女は読んでもかまわぬ。
豪勢!(映画/試写会:GOEMON) (美味!な日々)
映画『GOEMON』の試写会に行きました。もんのすごいお金のかかった映画だなぁというのが第一印象。衣装しかり、CGしかり、キャストしかり、、、。
【GOEMON】 (ココアのお部屋)
GOEMON ←公式サイト 絶景、絶景--- 劇場予告を見てから すごい映像だなぁって気になってた映画。