ば○こう○ちの納得いかないコーナー

「世の中の不条理な出来事」に吼えるブログ。(映画及び小説の評価は、「星5つ」を最高と定義。)

相次ぐ“逃走”

2017年05月17日 | 時事ネタ関連

休日、会社勤めをしている家人と街中を歩いていた所、彼女が急に強張った表情を浮かべ、「斜め右に、白いシャツを着た男の人居るでしょ?彼奴が、何度か話した痴漢だよ!」と小声で言った。「電車内で何度か痴漢に遭い其の殆どが同一人物による行為。声を上げ様にも、怖くて上げられない。」という話を、彼女から何度か聞いてはいた。

 

もう四半世紀以上前の話だが、の男性は20代と思しきスリムなイケメン。女性には不自由していなさそうなルックスで、彼女からの指摘が無ければ、痴漢とはとても思えない感じ。「痴漢というと『如何にもって雰囲気の男』というイメージが在ったけれど、こういう奴も居るんだな。もう病気なんだろう。」と思った物だった。

 

此処数ヶ月程の間、「『電車内で痴漢行為をした。』という事で車外に連れ出されるも、ホームから飛び降り、線路上を走って逃走する。」という事件が相次いでいる。一昨日には横浜で、逃走中に電車に跳ねられ、30代の男性が死亡するという事件が。

 

痴漢が許されない行為なのは、言うも無い。痴漢行為を働いた者は厳罰に処されるべきだし、逃走によって生じた損害(電車の遅延等。)に付いては、きっちり賠償させるべきで在る。

 

そういう思いを持っている一方で、(「今回の事件がそうだ。」と言う訳では全く無いが)「痴漢行為を働いていないのに、誤って痴漢とされてしまった人も居るのではないだろうか?」という思いも在ったりする。所謂冤罪」だが、中には「悪意を以て、痴漢に仕立て上げられてしまったケース。」も在りそう。

 

「混み合った車内では、出来るだけ女性には近付かず、常に両手を上げて吊り革に掴まる等し、痴漢と疑われない様にする。」というのが、自分が行っている対処法。「瓜田に履を納れず、李下に冠を正さず。」を実践している訳だが、其れでも「痴漢の疑いを、100%掛けられない。」という事にはならないだろう。

 

以前、自分が痴漢行為を働いていないのに、痴漢として駅員室に連れて行かれそうになった時には、断固として拒否すべきで在る。日本の場合、駅員室に連れて行かれたら、“流れ作業”で警察への引き渡され、逮捕&有罪となってしまうから。『自分は、痴漢をしていない!』と声高に叫んだ所で、其れを証明する具体的な証拠が無い限り、無罪になるのは難しい。と、多くの冤罪事件を手掛けている弁護士が、TV番組でそう語っていた。

 

雫石鉄也様が先日、「容疑者=犯人ではない」という記事を書いておられるが、「容疑者=犯人」と見做す風潮は、「痴漢として突き出された人物=痴漢実行犯として確定」といった雰囲気を後押しするだろう。だから、実際に痴漢行為を働いていないのに、痴漢として突き出されそうになった者が、上記した弁護士の話を“拡大解釈”し、逃走する道を選ぶという事も考えられる。

 

くどい様だが、痴漢行為を実際に働いた者は厳罰を処されるべきで在る。でも、本当に何もしていない者が、誤解や悪意によって痴漢として突き出されそうになり、結果として逃走しなければならなくなったとしたら、“悲劇”の一言では片付けられない。

『事件』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 嘗ては「家鴨」や「ピエロ」... | トップ | 「夜明けまで眠らない」 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
推定無罪 (雫石鉄也)
2017-05-17 09:35:30
いま一度、推定無罪の大原則を考えてもらいたいですね。
警察は証拠を集めて送検するまでが仕事で、犯罪人を作り出すのが仕事ではありません。
「それでも僕はやってない」
http://blog.goo.ne.jp/totuzen703/e/e731c08bdae5a6cd2b59654d3a91cbe4
という映画がありましたが、ほんとハラが立ちました。
こうなると、女性専用車があるのだから、男性専用車をつくってもらいたいですね。
>雫石鉄也様 (giants-55)
2017-05-17 10:52:19
書き込み有難う御座いました。今回は、此方にレスを付けさせて貰います。

映画「それでも僕はやっていない」は、自分も以前見ました。「絶対に痴漢していない。」と主張し続けても、「痴漢実行犯と確定在りき。」で進められて行く捜査&裁判には、正直怖さを感じました。実際に犯罪を実行していなくても、犯罪計画を立てただけで捕まってしまう「共謀罪」が成立したら、こういった風潮を助長するのではないかと、大きな不安を覚えます。
Unknown (悠々遊)
2017-05-17 15:05:12
両手を上げて吊革につかまっていると、今度はスリに狙われやすくなりませんか(スリが男だとは限らないし)。

本題から外れるかも知れませんが、そもそも満員電車で移動しなければならない状況そのものが、卑劣な行為や冤罪を生み出すのなら、都会人口が多すぎるという事でしょう。
片や乗降客が少なくて廃線の危機にあるローカル線があり、人口減で立ち行かなくなる自治体があるのは、都会にばかり「便利」が集中しすぎるからでしょう。
「危険」と「便利」は背中合わせ、そんな気がします。
>悠々遊様 (giants-55)
2017-05-18 00:03:12
書き込み有難う御座いました。今回は、此方にレスを付けさせて貰います。

財布は尻ポケットでは無く、スーツの内ポケットに入れ、其れも逐一ボタンをしていますので、スリの危険性は多分無いと思います。其れに、スリムな方なら別ですが、自分はダイナマイト・ボディー故、仮に内ポケットに手を入れられても、上手く抜き取るのは至難の業かと。

「危険と便利は背中合わせ」、其の通りでしょうね。全ての面に於いて都会、其れも東京に一極集中しているというのは、地震やテロ等の不測の事態が起こった際にも、大混乱を来すという危険性を含んでいる。以前から議論されている様に、「司法の中心」や「立法の中心」、「行政の中心」、「歴史の中心」等を分散させるべきではないかと。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
容疑者=犯人ではない (とつぜんブログ)
 ごく普通の一般人が、ある日、とつぜん警察の訪問を受け、任意だといわれながらも署に連れて行かれ、取り調べられ、そして逮捕され留置場に入れられる。その日から、新聞テレビ......