ば○こう○ちの納得いかないコーナー

「世の中の不条理な出来事」に吼えるブログ。(映画及び小説の評価は、「星5つ」を最高と定義。)

カープの星、初勝利おめでとう!

2014年04月17日 | スポーツ関連

**********************************

広島大瀬良プロ初勝利『気持ちを全面に出して投げました。』」(4月16日、サンスポ

 

広島の1位・大瀬良大地投手(22歳)=九州共立大=が阪神戦に先発し、7回5安打1失点でプロ初勝利を挙げた。

 

大瀬良は5回直球スライダーカット・ボール交え、阪神打線を0点に抑える好投を見せると、5回の攻撃では2 3塁から左へ2点適時二塁打を放ち、プロ初安打をマーク自らのバットでリードを広げた。

 

6回に無死一塁からゴメス前打を打たれると、が打球を後逸其の間に一鳥谷生還され1点を失ったが、7回迄安定した投球を見せた。

 

初めて御立ち台に上った大瀬良は「緊張しています。マツダスタジアムで初勝利を挙げる事が出来て、とても嬉しいです。」とプロ初白星を喜ぶと、「我武者羅石原さんのミットを目掛けて投げた結果。気持ちを全面に出して投げました。」と投球を振り返った。プロ初ヒットに付いては、「(石原さんが)敬遠されて一寸悔しかったので、絶対打ってやろうと思った。」と笑顔を見せた。

**********************************

 

今春OP戦、解説を務めていたカープOB山本浩二氏が、大瀬良投手に付いて語っていた。投手としての能力の高さを絶賛した上で、そして何よりも、彼の笑顔が良い。彼は何時もニコニコしているでしょ。と指摘。自分も大瀬良投手と言えば“笑顔のイメージ”が強く、彼の笑顔を見るに、此方迄幸せな気分になれる。

 

【大瀬良大地投手】

 

昨年のドラフトでカープが彼を引き当てた際、満面笑み湛えて「カープが引き当ててくれて嬉しい!」と語っていた大瀬良投手。資金面では決して恵まれていないカープに対し、此れ程迄に嬉しさを表してくれた彼に好感を覚え、そして障害を抱えた弟に対する優しさも知った事で、一気に彼の大ファンとなってしまった。だから、3度目の登板で初勝利を挙げた事が、心底嬉しい。

 

飛ぶ鳥を落とす勢いのタイガースを相手に、彼がどんな投球を見せるのか気になっていた。昨日は「スワローズvs.ジャイアンツ戦」も行われていたが、大好きなジャイアンツよりも大瀬良投手の事が気になり、何度も何度もザッピングして「カープvs.タイガース戦」をチェックした程。

 

躍動溢れる投球を見せ、そして打ってもタイムリーを決めた彼。絶好調のタイガースを相手に、天晴れな姿を見せてくれた。

 

以前にも何度か書いた事だが、カープのエースは、苗字が漢字3文字。という系譜が在る。勿論、“マエケン”の様な例外も在るが、長谷川良平氏、大田垣(備前)喜夫氏、安仁屋宗八氏、外木場義郎氏、北別府学氏、佐々岡真司氏と、カープは何故か「苗字が漢字3文字のエース」を輩出している。「大瀬良投手も、彼等の跡を継いで欲しい。」と期待。

 

カープの、初勝利おめでとう!!!

 

最後に、ジャイアンツに付いて少しだけ触れる。昨日は勝利を納め、連敗を「4」で止めたのは良かったが、山口鉄也投手、スコット・マシソン投手、そして西村健太朗投手という、昨年は鉄壁の投球を見せたリリーフ陣が昨夜“も”打たれた。彼等の不安定さは他の投手達に留まらず、打撃陣へも焦りを生み出している様に感じる。非常に心配だ。

『野球』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「警視庁捜査二課・郷間彩香... | トップ | 「ペテロの葬列」 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
互角 (雫石鉄也)
2014-04-17 10:03:41
私としては、ドラフト6位の岩崎が、ドラフト1位の大瀬良に勝つと、痛快だなと思って阪神を応援してました。
ドラ1の黄金ルーキーをドラ6がやっつける痛快じゃないですか。
私の記事に書いたように、両投手、互角でした。ただ大瀬良が打ったヒットがタイムリーになったわけです。
>雫石鉄也様 (giants-55)
2014-04-17 12:16:40
書き込み有難う御座いました。今回は、此方にレスを付けさせて貰います。

岩崎優投手も好投でしたね。以前書きましたが、江川卓氏と西本聖氏がジャイアンツでエース争いをしていた時代、自分は西本氏の方を応援していました。ドラ1の江川氏よりも、ドラフト外で入団した西本氏の方が、自分には訴える物が在ったからです。所謂「判官贔屓」の気持ちからなのですが、ですから雫石様の御気持ちも良く判ります。

好素質を有している大瀬良&岩崎両投手。日本プロ野球を担って行って欲しいですね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
交流戦のDH制の件を前振りに、5月16日のプロ野球とJリーグ(ACL&ナビスコ)の件 (ポロと旅する&あさちゃん。スポーツ2)
本題に入る前に、朝日の「交流戦のセ主催試合、DH制を導入」という見出しだけだと、 パの主催試合も含め交流戦全試合DH制導入と誤解するかと思うんですが… 実際にほかのところの初期報道(紙面)はそうなってたらしいし… 産経ニュースのように「交流戦のDH制 セが...