ば○こう○ちの納得いかないコーナー

「世の中の不条理な出来事」に吼えるブログ。(映画及び小説の評価は、「星5つ」を最高と定義。)

タツノコプロテン

2012年08月20日 | TV番組関連

アニメ制作では、老舗の1つと言って良い「竜の子プロダクション略称:タツノコプロ)」 。設立されたのは1962年10月19日なので、今年で50周年を迎える。其れを記念して松屋銀座では、8月8日から20日、「タツノコプロテン」なる展示が行われていた。

 

創業者の吉田竜夫氏や九里一平氏が描いた肉筆原画」や「アニメ制作に使用された設定画」、「セル画」、「絵コンテ」等々、貴重なアニメ関連資料が約300点展示されているという事で昨日、即ち19日に観に行って来た。

 

科学忍者隊ガッチャマン」(動画)の肉筆原画が、最も印象に残った。時間を相当掛けたで在ろう精密筆致にも目を見張ったが、浮き上がった筋肉等、兎に角絵がセクシー立ち止まって、ずっと見ている人が多かったのも頷ける。

 

展示されている資料を目にすると、自分が如何に多くのタツノコプロのアニメを見て育って来たかを思い知らされる。再放送を含め、実際に見ていた作品を数えたら、16種類も在った。其処で其の16作品の中から、好きな順番を付けてみたいと思う。

 

*********************************

=タツノコプロ作品ベスト16=

 

1位: 科学忍者隊ガッチャマン

2位: 「ヤッターマン」(動画

3位: 「マッハGoGoGo」(動画

 

4位: 「昆虫物語 みなしごハッチ」(動画

5位: 「いなかっぺ大将」(

6位: 「新造人間キャシャーン」(動画

7位: 「ハクション大魔王」(動画

8位: 「けろっこデメタン」(動画

9位: 「樫の木モック」(動画

 

10位:「てんとう虫の歌」(動画

11位:「タイムボカン」(動画

12位:「かいけつタマゴン」(動画

13位:「ポールのミラクル大作戦」(動画

14位:「カバトット」(動画

15位:「おらぁグズラだど」(動画

16位:「一発貫太くん」(動画

 

*********************************

 

初めて見たタツノコプロ作品は、恐らく「マッハGoGoGo」の再放送ではなかったか。其れ迄のアニメとは異なる、“バタ臭い”絵に斬新さを感じた一方、後に大ファンとなる手塚治虫氏を思わせる「丸っこい絵のタッチ」にも、心地良さを覚えたのかもしれない。

 

一番好きな作品に選んだ「科学忍者隊ガッチャマン」は、キャラクター其れ其れも良かったけれど(悪役の「ベルク・カッツェ」なんぞは、「良くもこんな個性的なキャラクターを考え付いたものだ。」と感心してしまう。)、ガッチャマン達が乗り込む“メカ”が本当に格好良かった。御年玉で、「ゴッドフェニックス」のプラモデルを買った記憶が在る。

【ゴッドフェニックス】

『アニメ』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「死命」 | トップ | 「好い加減に、止めた方が良い。... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (H)
2012-08-21 02:58:54
情報有難う御座います。

私は京都に住んいるので東京には行けないと思ってたのですが、大阪の阪神百貨店で8/22〜開催される事が解りました。
そちらに行こうと思います。

今こちらでは、深夜放送で「新造人間キャシャーン」が放送し始めました。録画して見てます。
>H様 (giants-55)
2012-08-21 03:40:33
書き込み有り難う御座いました。

素晴らしい作品を次々に生み出して来ただけに、こういった“御祭り”は全国各地で開いて欲しいもの。ですので、関西地区でも行われるというのは、良かったなあと思います。

「新造人間キャシャーン」の再放送がされているのですね。ストーリーも然る事乍ら、オープニングで流れる「たった1つの命を捨てて、生まれ変わった不死身の身体。鉄の悪魔を叩いて砕く、キャシャーンが遣らねば誰が遣る。」という納谷悟朗氏のナレーションも秀逸ですよね。

今後とも、何卒宜しく御願い致します。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。