ば○こう○ちの納得いかないコーナー

「世の中の不条理な出来事」に吼えるブログ。(映画及び小説の評価は、「星5つ」を最高と定義。)

“トランプ王朝”を作り上げたいだけ?

2016年11月12日 | 政治関連

*********************************

移行チーム責任者にペンス氏=息子、娘も参加‐トランプ次期政権」(11月12日、時事通信

 

米大統領選に勝利した共和党のドナルド・トランプ氏は11日、マイク・ペンス次期副大統領が政権移行チーム責任者を務めると発表した。トランプ氏の長男ドナルド・トランプ・ジュニア氏や次男エリック氏、長女イヴァンカさんが移行チームの執行委員会に加わる。

 

選挙戦中から移行チーム責任者を務めたクリス・クリスティーニュージャージー州知事は副責任者に降格した。知事の元側近等が4日、違法な道路閉鎖に関与したとして有罪評決を受けた事が問題視された可能性も在る。

 

副責任者には、共和党の大統領候補の座を争った元神経外科ベン・カーソン氏の他、ニュート・ギングリッジ下院議長マイケル・フリン国防情報局長官ルディ・ジュリアーニニューヨーク市長ジェフ・セッションズ上院議員も指名された。

 

執行委にはトランプ氏の3人の子供の他、首席補佐官候補に挙がっているラインス・プリーバス共和党全国委員長スティーブ・バノン氏も名を連ねた。 

*********************************

 

政権移行チーム責任者を務める事になったマイク・ペンス次期副大統領は超保守的な言動で知られ、「時計の針を、1950年代に戻したがっている。」とも言われている。又、過激な保守報道を主とする「ブライトバート・ニュース・ネットワーク」を運営するスティーブ・バノン氏は、“アメリカで最も危険な政治フィクサー”として有名。大統領選挙で勝利を収めて以降、表面的には殊勝な言動を見せているトランプ氏だが、自身のツイッターでは相変わらず挑発的な書き込みをしているし、政権移行チームの顔触れを見ても、非常に危険な臭いは変わらない。

 

大統領選挙期間中、具体的且つ現実的な政策口にする事は殆ど無く、差別的で野卑暴言許りを繰り返していたトランプ氏。格差社会の広がり等に不満を持つ国民にとって、フラストレーションの良い捌け口となり、彼の支持率を押し上げて行った面は強いだろう。

 

だが、トランプ氏の言動を見ていると、「大統領になって、何かをしたい。」と言うよりも、「何が何でも大統領になりたい。」という思いしか感じられなかった。のトップにして、世界のトップでも在るアメリカ大統領になり、我が世の春謳歌したい。という思いが強く感じられていたのだが、政権移行チームに自身の3人の子供を据えた事で、其の思いは確信に変わった。

 

「“御友達”許りで周りを固める。」というのは安倍晋三首相十八番だが、其れよりも酷い人事。以前、「『才能の在る人材を選び抜いたら、其れが“御友達”が多かった。』というのならば良いけれど、『最初から“御友達”許りで周りを固める事在りき。』では駄目。」と書いた事が在るけれど、今回の場合も最初から“家族”許りで周りを固める事在りき。の様な感じがしてならない。結局、トランプ氏はケネディー家を超える“トランプ王朝”を作り上げたいだけではないのか?

 

藤原道長平清盛ニコラエ・チャウシェスク大統領フェルディナンド・マルコス大統領サッダーム・フセイン大統領韓国の歴代大統領等々、家族許りで周りを固めた政権は遠からずに腐敗し、国を傾かせて来た事を、アメリカ国民のみならず、我々日本人も学ばなければならない。

ジャンル:
海外
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« XXを踏み出し乍ら、〇〇で... | トップ | 自動運転バスが、公道実験を開始 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
平清盛ですか(笑) (アブダビ)
2016-11-30 06:25:41
わが世の春…言い当てますね。そもそもトランプには思想がない。明らかに。
思想とか宗教てのは厄介なものですが、これがない奴には命を賭けても何事かなさざらん!て気概は持たないもんです。享楽主義者なんでしょう。当選した時の困った顔が現していると思います。こいつにスターリンや毛沢東みたいな本物の権力欲があるとも思えず、ヒトラーみたいな歪んだ信念があるとも思えません。
世界中を引っ掻きまわして、ケツを括って逃げ出すのでありません?
だからってヒラリーも糞ですね。
ヒラリーとかメルケルがほざいている事って、
要するに、「政治的に正しくない差別は禁止する。その代わりグローバル化による格差は認めてね!」って事でしょ。
そりゃ、貧民に落とされた大半は怒りますわ。
バニー・サンダースを立てて闘えばトランプと良い勝負したかも知れませんが、ヒラリーと党の卑劣な行動で潰されてしまいました。
>アブダビ様 (giants-55)
2016-11-30 22:47:26
書き込み有難う御座いました。

トランプ氏の思想、在るとしたら“利益至上主義”という事でしょうね。失敗の経験も在るとはいえ、経営者として成功したのは事実だし、選挙後の“変わり身”を見ると、賢い人間では在ると思う。でも、臨機応変に対応する賢さで在って、深い知識や思惟に基づく賢さでは無い。在日米軍の費用負担等、余りに事実と異なる発言をしているし。

トランプ氏も嫌だけれど、だからと言ってヒラリー女史が良いとも思えない。「余りにも開き過ぎた格差を、どう改善して行くか?」という事に対する具体的な策が見えないし(此れは、トランプ氏にも言える事だけれど。)、自身に不都合な問題が出て来ると、其の場凌ぎの嘘を平然と吐くのも、一国のトップとしてどうかと思っているからです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。