ば○こう○ちの納得いかないコーナー

「世の中の不条理な出来事」に吼えるブログ。(映画及び小説の評価は、「星5つ」を最高と定義。)

“he"や“she”では無く“they”

2017年05月19日 | 時事ネタ関連

*********************************

they三人称単数OK 性的少数者配慮」(5月18日、毎日新聞

 

he」(彼)とも「she」(彼女)とも呼ばれたくない人を指す時に、「they」を三人称単数で使う事を認める。米国AP通信が、配信記事の表記に、こんな新ルールを加えた。「性別で分けられたくない。」、「自分は、男でも女でも無い。」と感じる性的少数者(LGBT等)に配慮した対応だが、此の単数「they」、日本語でどう訳す?

 

AP通信は、自社の英文表記の基準を纏めスタイルブックを毎年発行し、多くの作家ジャーナリストが利用する。新ルールは、今月末に発行される2017年度版に追加される。

 

theyは、日本の英語教育で最初に習う三人称複数人称代名詞だ。性の区別は無く、文脈で「彼等」、「彼女達」と訳す。

 

AP通信によると、2017年度版の書では「性的少数者を表す際には、heやsheでは無く、名前や職業を用い、他に言い換えられない時のみ、theyを使う。」とする。続くbe動詞は、三人称複数と同じ「they are」とし、文脈で誤解の無い様にする。

 

単数theyは、2015年に米有力ワシントン・ポストが採用し、米国流行語大賞に選ばれた。だが、全世界に記事を配信するAP通信が採用する影響は大きい。

 

漸とメディアが認めた。少しずつ定着するだろう。」。性的少数者の問題に詳しい一橋大ソニア・デール専任講師は評価する。「単数theyは、研究者や当事者の間で10年程前から使われていたが、be動詞を『they is』とする論文も在り、使い方は区々でした。」。

 

体は女性、心は男性という自身の性同一性障害(GID)を自伝「ダブルハッピネス」(講談社)で公表した杉山文野さん(35歳)も歓迎する。「言葉に決め付けられ、イメージに当て嵌められる窮屈さを常に感じていた。選択肢が増えるのは良い事。」。自伝出版後に「GIDの杉山さん。」と言われ続け、息苦しくなって、海外を放浪。「息苦しいのは日本だけと思ったら、世界中でミスミスターか、マドモアゼルムッシューかと問われた。」と振り返る。

 

一方、女性装を始めて3年以上になる東京大東洋文化研究所安冨歩教授は「新たな代名詞でLGBTを“特別な存在”と宣伝するのは苦肉の策だろうが、良いとは思えない。」と懐疑的だ。

 

単数theyを、日本語にどう置き換えるか。「heやsheの訳語『彼/彼女』は、明治以降に欧米文を翻訳する中で定着した。」と、日本語学者の岡崎友子東洋大教授は指摘する。元々、遠くの物や人を指す「かれ/かの」という古語(現代語の「あれ/あの」に相当。)を再利用した訳語で、「彼女」は「かの・おんな」が変化した物だと言う。

 

古語「かれ/かの」には男女の区別が無く森鴎外小説舞姫」でヒロインエリスを「彼」と表記した。岡崎さんは「現代でも『彼の人』、『其の人』、『此の人』とすれば、男女の区別無く、特定の人物を指せます。」と話す。

 

AP通信の新ルールに付いて、海外の通信社電を扱う毎日新聞外信部は「ルールの趣旨踏まえ、性的少数者に付いては男女の別を明示する代名詞を避け、名前や肩書を用いる等、柔軟な日本語訳を心掛けて行く。」としている。

*********************************

 

小遣い稼ぎマーケティング・リサーチサイトに会員登録しているのだが、何年か前から送られて来るアンケートに、若干の変化が見られる様になった。アンケートには回答者の属性即ち「性別」や「年齢」、「職業」、「居住地」等を問う項目が在る。昔は「性別」の回答項目と言えば、「男性」か「女性」しか無かったのだが、何年か前からは「其の他」という項目が付け加わった場合が増えたのだ。性的少数者への配慮でも在り、又、「そういう項目を設けなかった事で起こるトラブルを避けたい。」という思いも在るのだろう。

 

郵政民営化賛成か?其れとも反対か?」を全面に打ち出し、圧倒的な支持を集めた小泉純一郎首相。思えば彼が首相になった21世紀初め辺りから、「イエスかノーか?其れ以外は、一切在り得ない。」的な論調が我が国では幅を利かし始め、其の流れとして“多様性を一切認めない風潮”が安倍政権で強まっている様に感じる。

 

ネトウヨ”的な人達の言動に共通するのは、「〇〇ならば、XX以外は在り得ない。」といった無根拠な決め付けが目立ち、其処から少しでも異なる外れ存在を排除するというスタンス。必要以上に着物姿をアピールしたり、相撲歌舞伎好きを公言するのも、「そういった物が心から好き。」というよりも、「日本人なら着物や相撲、歌舞伎等が好きじゃないとおかしい。」という“自己陶酔”の匂いが露骨に伝わって来るので、「何だかなあ・・・。」という思いが在る。(着物や相撲、歌舞伎等を心から愛している人も、世の中には大勢居る。そういう人達は普段の言動から判るし、「何だかなあ・・・。」という思いを持った事は無い。)

 

まあ、どう考え様が個人の自由なので「御勝手に。」と思うのだけだが、問題は「其の主張を他者強い、少しでも従わなければ、力尽くで排除し様とするアレな人達。」で在る。そういった多様性を一切認めない人達にとっては、性別と言えば「男性」or「女性」の二択しか存在しない事だろう。

 

自分は性的少数者に属さないけれど、「自分は、男でも女でも無い。」という感情を持つ人の気持ちは理解出来る。公的な書類に関しては、『男性』or『女性』という生物学的二択になってしまうのは『止むを得ない。』と思うものの、其れ以外では『其の他』等の選択肢が在っても良い。と考えている。だから、今回のAP通信の決定は、悪い事では無いと思っている。、読み手が混乱しない様な配慮は必要だろうけれど。

ジャンル:
海外
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「夜明けまで眠らない」 | トップ | 「県警外事課 クルス機関」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。