ば○こう○ちの納得いかないコーナー

「世の中の不条理な出来事」に吼えるブログ。(映画及び小説の評価は、「星5つ」を最高と定義。)

「ミュンヘン」

2006年03月01日 | 映画関連
今から34年前の1972年、西ドイツ(現在のドイツ)のミュンヘンミュンヘンオリンピックが開催された。開会式は8月26日に行われたのだが、それから10日後の9月5日に世界中を震撼させる大事件が起こった。世に言う「ミュンヘンオリンピック事件」で在る。

パレスチナの武装グループ”黒い九月(ブラック・セプテンバー)”のメンバー8人が、オリンピック会場内のイスラエル選手村に乱入。イスラエル人選手とコーチの2名を殺害した上、残り9名を人質に取り、イスラエルに収監されているパレスチナ人234人の解放を要求した。イスラエルのゴルダ・メイア首相はこの要求を突っ撥ねた上、イスラエルによる事態解決を西ドイツに求めるも、西ドイツからは「自国内の問題故、自国で対応する。」と拒否されてしまう。

西ドイツ政府は犯行グループと交渉を行い、彼等が飛行機でエジプトカイロに脱出する事を認める。だが実際には、飛行機を用意したとするミュンヘン国際空港迄彼等を行かせるつもりは無く、(空港へ)移動する為のヘリコプター2機が置かれた空軍基地にて彼等を狙撃し、人質解放を図る思惑が政府には在った。

しかし、彼等全員の狙撃に失敗。生き残った者達との銃撃戦と相成り、彼等がヘリコプター1機を手榴弾で爆破する等、最終的には人質9人全員と警察官1人が死亡するという最悪の結果となってしまった。(犯行グループ8人は、5人が射殺され、残り3人は逮捕された。)

巨匠スティーヴン・スピルバーグ監督が、この事件及び”後日談”を描き上げた。その作品「ミュンヘン」を先週末に鑑賞した。

*******************************
ミュンヘンオリンピック事件で、自国民11人を殺害されたイスラエル。怒りに燃えたゴルダ・メイア首相は、国の機密情報機関で在るモサドに対し、事件の首謀者11人(殺害された人数と同数。)の暗殺を命じる。秘密裏に構成された暗殺チーム。リーダーに抜擢されたアヴナー(エリック・バナ)と他のメンバー4人の総勢5人は、首謀者を次々と暗殺して行くが、やがて自らの命も狙われる様になって行く・・・。
*******************************

史実に基づいた作品だけに見応えは在った。映画「アンタッチャブル」の如く、暗殺チームの”仲間”が次々と殺害されて行く展開には、固唾を呑んで見入ってもしまった。国家に忠誠を誓い、それが正義と信じて暗殺を為して行く彼等が、国家の威信を懸けた”争い”の中で殺されて行く切なさ。国という大きな存在の前には、個々人の存在等、喩え様も無い程軽いという事か。

見応えの在る内容なのは確かだが、3時間近い上映時間は如何せん冗長過ぎる気がした。又、ストーリーの”締め”に、やや物足りなさを感じた部分も在る。*1よって総合評価は、星数3.5としたい。

*1 小心者の自分にとって、暗殺で用いられる爆薬の破裂音の凄まじさが恐怖でも在った。何時爆発するか判らない為、”怪しげなシーン”では耳を軽く手で覆って、スクリーンを見詰めていたのだが、廻りの観客からすればさぞや間抜けな姿に映った事だろう。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (23)   トラックバック (113)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 野球を舐めとるのか! | トップ | けったましーん »
最近の画像もっと見る

23 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBありがとう (マダムS)
2006-03-01 08:22:59
スピ監督は優しいのか残虐なのか?笑

爆破シーンには何度も椅子から飛び上がりました。

「アンタッチャブル」で仲間を次々に失う悲しみも思い出しますね・・
TBありがとうございます。 (AKIRA)
2006-03-01 10:32:45
TBが重なってしまいました。m(_ _)m



重苦しい映画でしたね。

スピルバーグのメッセージが込められた

ラストシーンが強烈。
ペコポコ (にら)
2006-03-01 10:58:09
爆弾のいきなりのでっかい音は怖かったですね。

それに比べてたいして大きな音でもないのに、ある女性を撃つときに使用した竹筒の水鉄砲みたいな改造銃の発射音も、怖ろしかったです。



あんなの何発も撃ち込まれてじわじわ死ぬのはイヤだなーとか思いつつ、TBありがとうございました。
TBありがとうございました (ななな)
2006-03-01 11:19:14
私も爆発のたびにびくってなってました。

大きな音がいきなりくるから怖いんですよ!

でも考えられることがたくさんありましたしこの映画を観なかったら知ることがなかったことだったので観てよかったと思いました。

見終わった後は疲れましたが・・・
TBありがとうございました (ミチ)
2006-03-01 11:39:10
こんにちは♪

いつもお世話になっております。

報復合戦のむなしさを充分に感じ取らせながら、サスペンス風タッチで飽きさせない手腕はさすがにスピルバーグだなぁと感心しました。

自転車に装備した空気銃が怖かったです(汗)
TBありがとうございました(*^-^*) (cherry@Cinemermaid)
2006-03-01 12:35:09
重く暗い映画でしたが、私は飽きることなく観れました

ラストシーンのマンハッタンの景色が目に焼きついてます
TBアリガトウございました (カル〜★)
2006-03-01 18:07:12
爆音の派手さもさることながら、壁や床に飛び散る肉片と思しき物体に、思わず目を覆いそうになりました。…確実に顔は歪めていました(情けないです)

重たいテーマの作品でしたけど、時間を感じさせない運び方、さすがは巨匠!ですよね。
TBありがとうございました★ (さわわ)
2006-03-01 21:14:07
あの爆発音にはビクッーーーっとさせられました(汗)

しかし重苦しい内容とストーリーの為、隣の人にチラ見されて恥ずかしい思いを致しました・・

いろんな意味で辛い映画でした〜・・
TBありがとうございました (あむろ)
2006-03-01 21:35:08
ラストシーンのツインタワーに戦慄しました。



上映時間長めだったことと内容の重苦しさに上映後はクラクラ…でした。
トラックバックありがとうございます (でんでん)
2006-03-01 21:56:59
こんにちは。

トラックバックありがとうございます。



>映画「アンタッチャブル」の如く、暗殺チームの”仲間”が次々と殺害されて行く展開には、固唾を呑んで見入ってもしまった。



確かに似た感じはありました。ただこちらは救いがありませんでしたが。スピルバーグ久々の力作だと思います。
TBありがとうございました! (Ken)
2006-03-01 22:05:12
こんにちは!

主題は別として、暗殺の場面の緊迫感はサスペンス映画としてすごく優れていたような気がしました。

こういうところ、やっぱりスピルバーグってスゲーなあ、と思います。
こんばんは (coilfish)
2006-03-02 00:00:13
TBありがとうございました。

確かに3時間は長かったですね。まぁ、一気に見せるだけの勢いはありましたが。ラストは誰か生き残ることが出来るのかとハラハラしてました。

こちらからもTBさせていただきます。
こんばんは (ノラネコ)
2006-03-02 01:44:51
TBありがとうございました。

ヘビーな作品でしたが、作者の強烈な思いが伝わってくる良作だったと思います。

安息のHOMEを永遠に失ってしまったアヴナーが哀れでした。

凄く、良さそうだな (帆印)
2006-03-02 07:24:29
皆さんの、コメントは凄く参考になるな

良さそうな映画だから、見る価値ありそうだね。

休日に、行ってみようかな。
ミュンヘン五輪 (ハムぞー)
2006-03-03 00:20:29
男子バレーが、金メダル。



今は夢のまた夢
観てみたいです。 (syuu)
2006-03-03 08:09:06
 なんだかすごく観てみたいですね。アンタッチャブルは観て、やはり仲間が殺されていくのに涙しましたが、「目には目を」という報復の気持ちでは、いつまで経っても「終焉」はないのでしょうね。そう思うと、悲しくなります。

 
難しかったけど (kino)
2006-03-06 22:33:14
遅くなりましたがTBありがとうございました。

アカデミー賞では全然だったけど、この映画、

結構好きです。エリック・バナが好きなだけだろーって?

そういうわけでもないんですが・・・。

世の中のこともっともっと勉強しなければ。

こんばんは! (黒猫のみわ)
2006-03-30 22:31:07
トラックバックありがとうございました。

エリック・バナに惹かれて観に行ったけど、内容も濃い作品でしたね。

こちらからも、トラックバックさせていただきました。

よろしくお願いします。
TBありがとうございます。 (HiRocky)
2006-04-04 22:38:54
TBありがとうございます。

お返事が遅れていて申し訳ありません。

ミュンヘン、いろいろと言われていますが、それだけたくさんの人々に影響を与える映画だということ。

こういった映画が増えていくことも人間が人間らしくなりうるための糧ともなるのではないでしょうか。

こちらからもTBさせていただきますね。

マヌケ (カッサム)
2006-08-24 09:41:35
やられたらやり返すを永遠に繰り返せばいつまでも

平和をもたらすことはない。 ある聖書には異教徒

は殺しても罪にならないと書いてあり、ある聖書に

はユダのおかげでキリストは神になれたとある。

エスカレートした現在はやられそうだと思っただけ

で相手を攻撃してもいいということになっている。

ブッシュドクトリンというやつ。 ニホンザル似の

マヌケナ大統領が世界に戦争をばらまいている。

だれも止められない。 スピルバーグの映画なんか

に彼らを止める力はない。
>カッサム様 (giants-55)
2006-08-24 15:35:02
初めまして。書き込み有難うございました。



殺戮合戦から生まれるものは、「憎悪の連鎖」しかないと良く言われますね。戦争が愚かしい事だとは判っていても、太古の昔より多くの戦いが為されて来た人類の歴史。人類の叡智を以ってしても、戦争を止められないというのは、何とも哀しい話です。



己が利権の為か、はたまた何の思慮も無い為なのか、似非民主主義を掲げて戦争の種を世界に撒き散らしている某国の大統領。そして、その某国の言う事には盲目的に付き従う何処ぞの首相。某国に大しては従順な犬で在る一方、他国に対してはまともにコミュニケーションを取ろうともしないのには全く呆れ果ててしまいます。否、コミュニケーションを取ろうとしないのでは無く、コミュニケーション能力が無いだけなのかもしれません。某国の大統領の前でも、訳の判らないパフォーマンスを繰り返しているだけの御仁ですから(苦笑)。



これからも宜しく御願い致します。
マヌケ (ハプーン)
2006-08-25 13:59:30
皆さんにお伝えしておきます。 スピルバーグはアーティストです。 彼の作品は芸術作品です。 大衆受けする興業商品の域のものもあります。 それは作品を作り続けるためのマネジメントのためであります。ただし、映画監督という職業柄、本来は芸術作品を作り続けたいと思っているのです。 オスカーなどはあとからついてくるもので、芸術家は賞を獲得するために創作活動をしているわけではありません。 ミュンヘンという作品は彼がユダヤ系であることからもテーマとして長年頭の中にあったものです。 事実には基づくもののあくまでもフィクションとして完成させました。 彼の映像表現を通じて鑑賞者が怖いとか暗いとか直接心に響くのもが要するになんだかよくわからないけれど芸術作品を鑑賞した際に心動かされるような状態になればそれがひとつの感動なのです。 感動とは喜びというひとつの感情だけではないのです。
>ハプーン様 (giants-55)
2006-08-25 21:50:49
書き込み有難うございました。



アーティストの立場って、非常に難しいと思います。己が思うままに表現したいという本能と、それが独り善がりになってしまっては興行的に上手く行くだろうか?という心の鬩ぎ合いが在るのではないでしょうか。



その作品が失敗か成功かは、観客動員数といった指標で評価”も”出来ますが、重要なのは実際に見た人間が何等かの心動かされるものが在ったかどうかだと。それがどういうベクトル方向で在ろうと、その事自体に付いては見た人間が判断すれば良い事だと自分は思います^^。



P.S. 出来ましたら、御名前を一つに統一して戴けると嬉しいです。記事毎に変わってしまうと、何が何だか判らなくなってしまうので。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

113 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
「ミュンヘン」 (試写会帰りに)
中野ZEROホール「ミュンヘン」試写会。 1972・ミュンヘン・オリンピックで11人のアスリートが殺害された。深い悲しみの中、イスラエル政府が下した揃断は報復だった……。史実に基づいた物語。スティーブン・スピルバーグ監督。 スピルバーグ監督の最高傑作と言われている損.
映画館「ミュンヘン」 (☆ 163の映画の感想 ☆)
1972年ミュンヘンオリンピック、パレスチナゲリラによってイスラエル選手11人が犠牲になる。イスラエル機密情報機関“モサド”は暗殺チームを編成しパレスチナゲリラ11人暗殺が実行される。。。という事実に基づいたお話です。 ミュンヘンオリンピックのときに...
シネマ日記 ミュンヘン (skywave blog)
エンターテイメントとしての映画ではなく、報道としての映画。 ドキュメンタリーではないが、真実を見つめる。そんな感想を抱きました。 国家と民族、そして家族と個人。正義の
エリック・バナ Eric Bana 俳優特選 (mayapapaのMAYA_tomato)
Date of birth (location),9 August 1968,Melbourne, Victoria, AustraliaRomulus, My Father (2006) ラッキー・ユー Lucky You (2006) ミュンヘン Munich (2005) トロイ Troy(2004) ハルク Hulk(2003) ファインディング・ニモ Finding Nemo(2003) (voice) The Nu
劇場鑑賞「ミュンヘン」 (日々“是”精進!)
「ミュンヘン」を鑑賞してきました。スティーヴン・スピルバーグ監督最新作。「ハルク」「トロイ」のエリック・バナ主演。今作は、1972年のミュンヘンオリンピック開催中に、パレスチナゲリラ”ブラック・セプテンバー”による、イスラエル選手団殺害事件を描き、それ...
スピルバーグ監督最新作「ミュンヘン」 (日々“是”精進!)
アメリカ版予告編2本DL。・「キング・コング」最終予告編新映像満載!キング・コングがビルに登る姿も。かなり泣けるとの情報も。・「ミュンヘン」予告編スティーブン・スピルバーグ監督作品。1972年のミュンヘン五輪でイスラエル選手団が選手村で、パレスチナゲリ...
ミュンヘン(2005年) (勝手に映画評)
タイトル ミュンヘン ---感想--- 1972年のミュンヘンオリンピックで起きた11人のイスラエル人アスリートの殺害事件。この物語は、その後のイスラエル政府の報復作戦を描いた、事実に基づいた「シンドラーのリスト」「プライベートライアン」に続く、スピルバーグの歴史モノ
「ミュンヘン」 (てんびんthe LIFE)
「ミュンヘン」一ツ橋ホールで鑑賞 感想を書く事がこんなにも困難極まりないと思わせるスピルバーグ監督作品。「シンドラーのリスト」だってもう少しストーリーが解るのでこの作品よりは書きやすいと思います。とにかくスピルバーグ=誰にでも受け入れやすいエンタメ作品
ミュンヘン (ネタバレ映画館)
 また爆弾の量を間違えちゃったよ・・・ってシャレにならないんですけど・・・
『ミュンヘン』 (Brilliant Days)
72年のミュンヘン・オリンピック当時、この事件の報道を息を呑んで見つめ、最悪の結果にかなりショックを覚えた記憶がある。 その時はまだオリンピックに選ばれて出場するような優秀なスポーツ選手が、何故殺されなければならないのか? 彼らは何も悪くないのに!? という
ミュンヘン (シャーロットの涙)
1972年9月5日ミュンヘンオリンピック開催中に「ブラック・セプテンバー」によるイスラエル選手団襲撃事件が起こった。イスラエル秘密情報機関「モサド」は暗殺チームを結成。・・・報復を実行していく様を事実を元に描き、そこに真の平和とは何かを問うテーマを織り込むヒュ
「ミュンヘン」 (映画とワンピースのこでまり日記)
1972年9月5日、ミュンヘン・オリンピック開催中に、パレスチナゲリラ“ブラック・セプテンバー 黒い九月”によるイスラエル選手団襲撃事件が起こる。人質となった選手11名は全員死亡。これに激怒したイスラエル機密情報機関“モサド”は、秘密裏に暗殺チームを編成、首謀者1
ミュンヘン (がちゃのダンジョン 映画&本)
『ミュンヘン』 (2005)MUNICH上映時間164分 製作国アメリカ ジャンルドラマ/サスペンス1972年9月5日、開催中だったミュンヘン・オリンピックで、パレスチナゲリラ\"ブラック・セプテンバー 黒い九月\"によるイスラエル選手団襲撃事件が起こった。本作は、この事..
『ミュンヘン』 (*Sweet Days*  ~movie reviews etc~)
スティーブン・スピルバーグ監督、エリック・バナ主演。 1972年9月5日、ミュンヘンオリンピック開催中、イスラエルの選手団11人を虐殺したパレスチナゲリラ『黒い9月』への報復のために編成された、イスラエルの暗殺チームのリーダー、アヴナーの、命を懸けた闘いと苦悩
『ミュンヘン』 (flicks review blog II)
 ミュンヘン・オリンピックというと思い出すのは水泳のマーク・スピッツと日本のバレーボール、それからパレスチナ・ゲリラが選手村で引き起こしたイスラエル選手団の拘束と殺害。
ミュンヘン (まったりでいこう〜)
暗くそして重い内容で時間は3時間近くあったように思いますが、あまりその長さは感じませんでした。むしろ話自体に引き込まれ、気がつけば食い入るように観ていたという感じです。 もとになったこの事件のことを私は知りません。なので誰もが知るオリンピックの大会で、こん
『 ミュンヘン 』 (My Style)
『ミュンヘン』を観た。 連綿と続く争い、復讐。 ずっと昔から今もなお、人間が繰り返してきた愚かな行為。 やられたらやり返すでは、永遠に解決しない。 なんて、こんな恵まれた環境の平和な日本に暮らしている自分が簡単に 言っていいのか…。 でも、本当の平和って?報
『ミュンヘン』 2006・2・5に観ました (映画と秋葉原とネット小遣いと日記)
『ミュンヘン』  公式HPはこちら  ENTTER SITEでFlash版 ●あらすじ 1972年9月5日、ミュンヘン・オリンピックの選手村で、パレスチナゲリラ(黒い九月)のテロにより、イスラエル選手団11人死亡した。イスラエルの機密情報機関(モサド)は、報復の
「 ミュンヘン 」 (MoonDreamWorks)
 監督 : スティーブン・スピルバーグ 主演 :  エリック・バナ/ダニエル・クレイグ/キアラン・ハインズ      マチュ−・カソヴィッツ/ハンス・ジシュラー/ジェフリー・ラッシュ公式HP:http://munich.jp/ 「 ミュンヘン 」  歴史の裏に隠された、1972年...
「ミュンヘン」 (それ、いいかも?)
「ミュンヘン」 謀略史観的な書物では、モサドといえば世界中の情報工作機関の中で最も優秀で最もプロ意識の高い冷徹な集団として描かれるが、この映画に登場する工作員たちはそれにはほど遠い。 水も漏らさぬ完璧な計画を立てるでもなく、表情ひとつ変えずに敵を始末するわ
ミュンヘン MUNICH (travelyuu とらべるゆう MOVIE)
監督・製作のスティーヴン・スピルバーグ エリック・バナ主演 ミュンヘン1972年9月5日早朝 オリンピック村で パレスチナ過激派組織「黒い9月」がイスラエル選手団11人を捕らえ パレスチナ人 234 名の解放を求めます そしてテロリスト達は ミュンヘン空港からエジプト・
ミュンヘン、試写会 (ITニュース、ほか何でもあり。)
スティーブン・スピルバーグが監督した問題作。 なかのZERO(中野ZEROホール)での開催。 1290余席の会場だが、ある程度の傾斜が確保されていて見やすい。 「トロイ」のヘクトルとしてブラピのアキレスと一騎打ちを演じたエリック・バナが、 イスラエルの特殊部隊モ
「ミュンヘン」 (カズアマタノツヅリ)
スティーブン・スピルバーグの新作映画「ミュンヘン」を見る。 ミュンヘンオリンピックでのイスラエル選手団の 殺人事件という実話が基になっている。
『ミュンヘン』 (ラムの大通り)
※映画の核に触れる部分もあります。 鑑賞ご予定の方は、その後で読んでいただいた方が…かも。 ----この映画、今日から公開だよね。 フォーンも観たけど、どうだった? 「う〜ん、ぼくは勘違いしていたね。 まずは物語を要約してみよう。 ミュンヘン・オリンピックの開催
ミュンヘン/ エリック・バナ、ダニエル・クレイグ、ジェフリー・ラッシュ (カノンな日々)
とりあえず・・・長ッ!(笑) 2時間44分の社会派ヒューマンドラマにはスティーブン・スピルバーグ監督の並々ならぬ思い入れを感じます。長いんですけど、絶えず緊張感を漂わせ中だるみもほとんど感じられないのは流石といったところでしょうか。 +++ちょいあらすじ
ミュンヘン (不良中年・天国と地獄)
2月7日(火)新宿ジョイシネマ2にて1972年のミュンヘン・オリンピック。選手村で、《黒い9月》と名乗るパレスチナ・ゲリラが、イスラエルのコーチや選手11名を殺害しました。本作はその事件をモデルにしています。このとき、平和の祭典オリンピックは、一瞬にし...
ミュンヘン (夢見る小悪魔)
【あらすじ】 1972年、ミュンヘン・オリンピック開催中に発生した パレスチナゲリラ “ブラック・セプテンバー”による イスラエル選手団襲撃事件。 アスリート11名の尊い命が奪われる― パレスチナへの復讐心に火がついたイスラエル側は 機密情報機関“モサド”の名
ミュンヘン (Akira\'s VOICE)
事実以上の驚きは無い。 でも,響くメッセージは胸に刺さる。
ミュンヘン (lip)
あちらの国で行われている、あちらの事情による報復合戦…。 テロによる報復、そして血で血を洗う抗争…。それは何も生まないということをミュンヘン事件を通じて伝えたかったのではないでしょうか。「すぐに後任が現れる」の台詞に全てが集約されていると思います。平和大
始まりでも「ミュンヘン」終わりでもない (再出発日記)
「ミュンヘン」監督スティーヴン・スピルバーグ出演エリック・バナダニエル・クレイグジェフリー・ラッシュマチュー・カソヴィッツ1972年9月5日、ミュンヘン・オリンピック開催中に、パレスチナゲリラ“ブラック・セプテンバー 黒い九月”によるイスラエル選手団襲撃事件...
『ミュンヘン』 (ねこのひたい〜絵日記室)
ミュンヘン・オリンピックでテロリスト集団「黒い9月」の犠牲になったのは11名のユダヤ人。
『ミュンヘン』 (моя комната (私の部屋))
公開直前の完成披露試写。主演のエリック・バナが来日しており、舞台挨拶もあった(素敵な人だー!)。 『プライベート・ライアン』『シンドラーのリスト』など社会的テーマを扱った作品でも傑作を生み続けるスピルバーグの最新作。実話に基づいた問題作である。 19...
ミュンへン (ケントのたそがれ劇場)
★★★★  ミュンへンオリンピックで実際に起こった、パレスチナゲリラによる『イスラエル選手団襲撃事件』を題材とした重い作品である。監督はご存知S・スピルバーグであるが、彼はジョーズやE・T、未知との遭遇、宇宙戦争、ジュラシックパークなどのエンターティンメン
ミュンヘン (ちわわぱらだいす)
先週見損ねた「ミュンヘン」見ました~秊 いや~重たい映画だったです殮 面白くないってことじゃないからね。 3時間弱だったけど。トイレにもたたずに見入っていました。 まったく、下調べをしてなかったのでちょっと難しかった。。。 これは敵なのか
ミュンヘン (映画を観たよ)
事実って怖い。 イスラエルとパレスチナは授業でこの間ちょこっと習ったんだけどやっぱりそんな浅い知識じゃダメだなぁって思いました。 年代的にこの映画が公開されるまで「ミュンヘン事件」っていうのも知らなかったしパレスチナとかの問題をほんの少しだけ理解したのもご
ミュンヘン (メルブロ)
ミュンヘン 上映時間 2時間44分 監督 スティーブン・スピルバーグ 出演 エリック・バナ ダニエル・クレイグ キアラン・ハインズ マチュー・カソヴィッツ ジェフリー・ラッシュ 評価 8点(10点満点)  「シンドラーのリスト」「プレイベート・ライアン」で.
映画「ミュンヘン」 (ミチの雑記帳)
映画館にて「ミュンヘン」★★★★ スティーヴン・スピルバーグ監督が、1972年のミュンヘン・オリンピックで実際に起きた事件の真相を、史実に基づいて映画化した問題作。 私自身おぼろげにしか記憶がないミュンヘン・オリンピック開催中のイスラエル選手団襲撃事件を、当
ミュンヘン (WILD ROAD)
『ミュンヘン』 2005年アメリカ(164分) 監督:スティーヴン・    スピルバーグ 音楽:ジョン・ウィリアムズ 出演:エリック・バナ    ダニエル・クレイグ    キアラン・ハインズ    マチュー・カソヴィッツ    ハンス・ジシュラー
ミュンヘン (映画日記)
【鑑賞】試写会 【日本公開】2006年2月4日 【製作年/製作国】2005/アメリカ 【監督】スティーヴン・スピルバーグ 【出演】エリック・バナ/ダニエル・クレイグ/キアラン・ハインズ/マシュー・カソヴィッツ 【原題】“MUNICH” 【参考著書】ジョージ・ジョ...
ミュンヘン (映画鑑賞★日記・・・)
監督:スティーヴン・スピルバーグ製作:スティーヴン・スピルバーグ    キャスリーン・ケネディ    バリー・メンデル    コリン・ウィルソン原作: ジョージ・ジョナス/『標的(ターゲット)は11人 モサド暗殺チームの記録』(新潮文庫刊)出演: エリック・.
ミュンヘン (Cinemermaid)
"ミュンヘン五輪虐殺事件"が起きた1972年当時、8歳だったのでテレビを観た記憶はないのだが内容は漠然と知っている きっかけはPFLPのバックアップを受けていた日本赤軍が起こした"ロッド空港乱射事件" オリンピック選手村に立て篭もったパレスチナ・
ミュンヘン (「月の風」シネマ日記)
スティーブン・スピルバーグ監督作品 エリック・バナ主演 娯楽作品も社会派作品も撮るスピルバーグらしい映画だった。 この映画は、社会派作品だ。 内容は、1972年のミュンヘン・オリンピックで起こった襲撃事件から端を発する史実に基づくことらしいが、良いか悪いかは.
ミュンヘン /MUNICH (我想一個人映画美的女人blog)
試写ホールの古椅子に座って観たらさすがにお尻痛くなった〜{/ase/} 退屈〜ってことにはならなかったけど、やっぱり長い。2時間44分{/ee_3/} 「長いなぁ、、、。」と思い始めた頃、意外とあっさり終わってしまった、、、 「ターミナル」といい「宇宙戦争」といい最近ど
ミュンヘン (映画で綴る鑑賞ノート)
お互いが銃を向け合い、身動きが取れなくなったときに、 先に銃を下ろすのは、とても勇気がいること。 助かる保障など、どこにもありませんから。 ※ ネタバレ 注意! ※ アクション映画にありがちな、ワンシーンがとても印象に残りました。 かりに、目の前の敵を倒し
ミュンヘン・・・・・評価額1750円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
久々に本気のスピルバーグは、やはり凄い。 暗殺者になる使命を受け入れる事で、永遠の重荷を背負ってしまった一人の男の長く悲しい心の旅を描く、ある種のロードムービー。 「ミュ
ミュンヘン (UkiUkiれいんぼーデイ)
イスラエルとパレスチナをめぐる民族間の積年の憎しみ、またその戦いというものの本質は、私などにはまだまだ理解することなどできそうもない。 第三者には分かり得ない深く終わりの無い争いが続いている。 2時間44分という長さも気にならないほどの圧倒的な迫
ミュンヘン (色即是空日記+α)
【わたしは正しいのか?】 1972年、ミュンヘンオリンピックでイスラエルの11人のアスリートが殺された。政府が下した判断は 『報復』。事実に基づいたストーリー。   2時間44分、長いけれどわかり易くぎっちりつまってます。 今なお続くテロと報復、その.
ミュンヘン (映画をささえに生きる)
「おはよう、アヴナー君。今回の君の使命だが、11人ばかりパレスチナ人を殺してもらう。君もしくは君のメンバーが捕えられ或いは殺されても、当局は一切関知しないからそのつもりで」。というわけでスパイ大作戦inイスラエルの始まり始まり。
ミュンヘン (【極私的】Movie Review)
原題…MUNICH 監督…スティーブン・スピルバーグ 出演…エリック・バナ/ダニエル・クレイグ/ジェフリー・ラッシュ 極私的満足度…△ 事前勉強が必要だったかも? トリノ冬季五輪を目前に控えたこの時期に封切、なんともグットタイミングというか何というか…オリンピッ
「ミュンヘン」みた。 (たいむのひとりごと)
エンドクレジットの後ろに見える風景、何かを彷彿させるあのツインのタワーは”今”におけるメッセージなのだろうか。(以下ネタバレあり)アヴナーはどうして暗殺チームに加わることを決意したのだろうか?何が欲しかったのだろうか?彼を動かしたものは何
映画『MUNICH』劇場鑑賞 (蛇足帳~blogばん~)
Steve Spielberg監督作品の映画『ミュンヘン』を観て来ました。 1972年の「ミュンヘン・オリンピック」で実際に起きた、パレスチナのゲリラ「黒い9月(Black September)」によるイスラエル選手団の人質殺害事件を基にしていて、今も続いているイスラエルとパレスチナの紛.
映画「ミュンヘン」 (いもロックフェスティバル)
この映画の背景を知るには、パレスチナとイスラエルの歴史、ならびに(この映画には
「ミュンヘン」 (●○ゆるゆるシネマ感想文○●)
「ミュンヘン」 公式サイト 劇場鑑賞 ゆづあげの好き度 ★      (満点は★5個) 2006年2月4日公開   民族としての誇り、祖国への誇り・・・。 残念ながら、私はこういった誇りをあまり持ち合わせていません。 しかし、日本も実は多民族国
[Movie] 2度の劇場鑑賞、スピルバーグのMUNICH(ミュンヘン) (タイで想う日々の日記)
前回観たのがタイ公開初日の2/9だったので3週間近く前。日本でもとっくに公開中でタイミング的にはズレたかもしれませんが、週末(日本では3/6早朝)アカデミー賞発表もありますし。 f:id:taideomouhibi:20060301144107j:image 3時間近い長丁場ですが、冒頭、そしてその
「ミュンヘン」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Munich」2005USA スティーヴン・スピルバーグ(シンドラーのリスト/1993)が監督、主演は「トロイ/2004」のエリック・バナ。原作はノンフィクション小説“標的(ターゲット)は11人/モサド暗殺チームの記録”。この事件は世界中で放映され、当時TV で見た記憶がある。バ
ミュンヘン (<花>の本と映画の感想)
ミュンヘン 監督 スティーヴン・スピルバーグ? 出演 エリック・バナ 、ダニエル・クレイグ 、キアラン・ハインズ 、マチュー・カソヴィッツ 、ハンス・ジシュラー? 2005年 アメリカ 1972年ミュンヘンオリンピックで、パレスチナゲリラによって、イスラエル選
ミュンヘン (5125年映画の旅)
スピルバーグという男は、時々こういう恐ろしい 映画を送り出してくるから侮れない。 『プライベート・ライアン』や『シンドラーの リスト』で用いた直接的残酷描写を、テロ行為と その報復という下地を元に描いたのが この『ミュンヘン』です。 映画の冒頭こそ政.
映画「ミュンヘン」 (おやつは300円までよ。)
監督:スティーブン・スピルバーグ 出演:エリック・バナ、ダニエル・クレイグ、キアラン・ハインズetc... Official Site 2/4、公開 「プライベート・ライアン」「シンドラーのリスト」のスティーブン・スピルバーグ監督が。真の平和を世界にとう感動超大作。
ミュンヘン (HIROMIC WORLD)
本日の1本は「ミュンヘン」 1972年ミュンヘンオリンピックの際、イスラエルの選
ミュンヘン (だらだら映画・和日和)
満足度★★★★ 憎しみが生む悲劇の連鎖を止めるにはどうしたらいいのか? 世界はスピルバーグの問いかけに対しての正しい答えを見つけられるのだろうか・・・ あらすじ 1972年
『ミュンヘン』 (なんでもreview)
「この国の未来のため」という正義。
【映画】ミュンヘン (セルロイドの英雄)
\"Munich\" 2005年アメリカ監督)スティーヴン・スピルバーグ出演)エリック・バナ ダニエル・クレイグ キアラン・ハインズ マチュー・カソヴィッツ ハンス・ジシュラー ジェフリー・ラッシュ満足度)★★★☆ (満点は★5つです)シネプレックス幕張にて 197
これぞスピルバーグの底力!「ミュンヘン」を観る (ちょっとだけ勝手に言わせてもらいます(Blog版))
 昨日はスティーブン・スピルバーグの新作「ミュンヘン」を観てきた。正直、本作は観
【ミュンヘン】目には目を。。。 (見取り八段・実0段)
1972年のミュンヘンオリンピックで、パレスチナゲリラによってイスラエル選手11人がテロの犠牲になった。その事実に基づいた映画。実際に、このような事件があった事は全く知らず。。。ミュンヘンオリンピック事件(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』...
ミュンヘン (A Date With Tracey)
いやぁ〜〜‥‥‥‥ さすがスピルバーグっ!! ‥‥などと、しょっぱなから文字をデカくして大絶賛してしまおう! そう、『ミュンヘン』! ミュンヘン、ミュンヘンミュンヘン!いやあ、すげぇじゃねーかコレ♪♪ 1972年のミュンヘン・オリンピックにおいて発生
「ミュンヘン」  アメリの恋人その理由は (『パパ、だ〜いスキ』と言われたパパの映画日記)
普段全く興味ないくせに、この時ばかりはスキーやスケート競技を深夜遅くまで見て(ニッポンが活躍してる時のみ)、思いきっリトリノオリンピックにうかれぽんちな気分に水をさすというスピルバーグの魂胆にハマろうかと思いましたが、実際「プライベート・ライアン」を見た
『ミュンヘン』ジャパンプレミア (DVD映画人ブログ)
 スティーブン・スピルバーグ監督の最新作『ミュンヘン』がついに日本でお披露目となりました。  実際に起きたテロ事件を題材にしたこの映画は、不必要に当時の関係国を刺激しないように、公開まで徹底した秘密主義計画のもと情報管理されてきました。  だからかど
Munich (ミュンヘン) (アリゾナ映画ログ)
2006年1月4日鑑賞 Tagline: The world was watching in 1972 as 11 Israeli athletes were murdered at the Munich Olympics. This is the story of what happened next. ストーリー 1972年9月にドイツのミュンヘン
「ミュンヘン」 (the borderland)
バラエティに飛んだ作品を送り出し続けるスティーヴン・スピルバーグの懐の深さを感じました。それでも、子供は殺さないことや、家族の物語であることを考えればテーマは違っても監督の映画に対する姿勢が変わらないことがわかりますね。 ユダヤ人監督によるイスラエル側
★「ミュンヘン」 (ひらりん的映画ブログ)
公開初日のナイト・ショウで観てきました。 スピルバーグ監督の映画という事で、夜中にしてはまずまずの入り。 原題は「MUNICH」。 2005年製作のサスペンス・ドラマ、164分もの。
ミュンヘン(評価:◎) (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】スティーヴン・スピルバーグ 【出演】エリック・バナ/ダニエル・クレイグ/キアラン・ハインズ/マチュー・カソヴィッツ/ハンス・ジシュラー/ジェフリー・ラッシュ 【公開日】
【MOVIE】ミュンヘン (思いつくままに)
オフィシャルサイト ■観賞日 2006年2月12日 ■観賞場所 川崎チネチッタ ■感想など 1972年のミュンヘンオリンピックで、パレスチナ人による「黒い9月」と呼ばれる テロ組織に、イスラエル人のオリンピック関係者11人が殺されました。 この悲しい事件に対し、イスラエ
ミュンヘン (映画通の部屋)
「ミュンヘン」MUNICH / 製作:2005年、アメリカ 164分 PG-12
ミュンヘン (えいがのひ)
映画『ミュンヘン』 スティーブン・スピルバーグ監督。エリック・バナ主演。 1972年9月5日、ミュンヘン・オリンピック開催中に、イスラエル選手をパレスチナゲリラ\"黒い9月”が襲った。人質となったアスリート達は全員銃殺される。 イスラエルのモサド(イスラエル秘密
『ミュンヘン』 (映像と音は言葉にできないけれど)
ミュンヘンオリンピック。この時代に生きた人間なのですが、どちらかといえば「負けてたまるか」に関心があったので、事件の裏までは知りませんでした。
エリック・バナ主演 スピルバーグ監督作品 映画「ミュンヘン」 (bobbys☆hiro☆goo☆シネプラザ)
賛否両論や宣伝は控えめになど 話題の多いスピルバーグ監督の 「ミュンヘン」ご覧になりましたか? 「宇宙戦争」に続く新作ですが 流れは「シンドラーのリスト」「プライベートライアン」の 歴史の裏に隠されたシリーズです。 作品は2時間44分の  このシリーズ特有の超
ミュンヘン (cinema capsule)
ミュンヘンオリンピックで実際に起こったテロ事件。 史実を元に描かれる報復と精神のバランスを崩していく 男の姿を描く。 ★「ミュンヘン」 2005年アメリカ 164分 監督:スティーブン・スピルバーグ 出演:エリック・バナ    ダニエル・クレイグ    キアラン
ミュンヘン (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★☆☆  人間の哀しく愚かな本質をみる
ミュンヘン・・・試写会にて (ESCAPE TO VICTORY)
上映時間が2時間44分。 CM・予告を含めると3時間近く。 入場前には必ず用を足しましょう。 ラスト30分ぐらいでトイレに立つ人が非常に多かったので。      (さて、ここから映画の中身の話。ネタバレあります) この事件が発生したときは、生まれてい
『ミュンヘン』 (異国映画館)
2005年 アメリカ 公開日:2006/02/04 劇場鑑賞06/01/20           ミュンヘン   監 督 :
【ミュンヘン】 (にゅるろぐ)
1972年9月。 ミュンヘン・オリンピック開催中、武装したパレスチナのテロリスト集団“黒い九月”がイスラエルの選手村を襲撃、最終的にイスラエル選手団の11名が犠牲となる悲劇
ミュンヘン (はむきちのいろいろ日記)
1972年9月、ミュンヘン・オリンピック開催中、武装したパレスチナのテロリスト集団“黒い九月”がイスラエルの選手村を襲撃、最終的にイスラエル選手団の11名が犠牲となる悲劇が起きる。これを受けてイスラエル政府は犠牲者数と同じ11名のパレスチナ幹部の暗殺を決定、諜報機
ミュンヘン (きょうのあしあと)
「私は正しいのか?」 監督:スティーヴン・スピルバーグ 脚本:トニー・クシュナー、エリック・ロス 出演:エリック・バナ、ダニエル・クレイグ、キアラン・ハインズ、マチュー・カソヴィッツ、ハンス・ジシュラー、ジェフリー・ラッシュ、他 劇場:TOHO CINEMAS 川崎
ミュンへン (ケントのたそがれ劇場)
★★★★  ミュンへンオリンピックで実際に起こった、パレスチナゲリラによる『イスラエル選手団襲撃事件』を題材とした重い作品である。監督はご存知S・スピルバーグであるが、彼はジョーズやE・T、未知との遭遇、宇宙戦争、ジュラシックパークなどのエンターティンメン
【映画】 ミュンヘン ★★★★ (徒然なるままに・・・)
ストーリー: 1972年9月5日、ミュンヘン・オリンピック開催中に、 パレスチナゲリラ“ブラック・セプテンバー 黒い九月” によるイスラエル選手団襲撃事件が起こる。 人質となった選手11名は全員死亡。 これに激怒したイスラエル機密情報機関“モサド”は、 秘密裏に暗殺チ
ミュンヘン (こっちゃんと映画をみまちょ♪)
頑張れ浅田真央!五輪の星となれっ!ちみなら出来るゾ!できるぞぉ〜!いけぇぇぇぇッ! えっ? 彼女、出れないんですか?・・・っていつの話しじゃ   しかし何ですな。日本がミキティだの、荒川静香の稲葉ウアーだのと盛り上がっている中、こんなトコに盛り上が
ミュンヘン・・・・・・スティーヴン・スピルバーグ (ぷち てんてん)
☆ミュンヘン☆(2005)スティーヴン・スピルバーグ監督エリック・バナ・・・・・・・・・・・・・アヴナーダニエル・クレイグ・・・・・・・・・・・スティーヴ(車両のスペシャリスト)キアラン・ハインズ・・・・・・・・・・・カール(後処理専門)マチュー・カソヴィ...
ミュンヘン (No Need To Argue)
2005年/アメリカ/164分/日本公開日:2006-02-04 〜 (MUNICH) 監督:スティーヴン・スピルバーグ プロデューサー:スティーヴン・スピルバーグ/キャスリーン・ケネディ 脚本:エリック・ロス 撮影:ヤヌス・カミンスキー 音楽:ジョン・ウィリアムズ 出演:エ
『ミュンヘン』★★★★・91点 (ヘーゼル・ナッツ☆シネマ カフェ)
『ミュンヘン』公式サイト 制作年度/国;\'05/米 ジャンル;社会派ドラマ               配給;アスミック・エース  上映時間;2時間44分  PG−12 監督;スティーヴン・スピルバーグ 出演;エリック・バナ/ダニエル・クレイグ/ジェフリー・ラッシュ観..
ミュンヘン (週末に!この映画!)
期待値:79%  ホントのアカデミーノミネート作品。 スピルバーグ監督渾身の2時間44分映画。 予告
ミュンヘン (Imagination From The Other Side)
1972年のミュンヘン・オリンピックで起きたパレスチナ・ゲリラ\"黒い九月(ブラック・セプテンバー)\"によるイスラエル選手殺害事件とその後のイスラエル暗殺部隊による報復の過程を描いたサスペンス・ドラマ。 原作は、暗殺部隊の元メンバーの告白を基にしたジョージ・ジョ.
「ミュンヘン」 ベスト・オブ・スピルバーグ   (アタマにシャンプー、ココロにシネマ。)
☆☆☆☆ 「宇宙戦争」のようなつまらないSF映画をつくったすぐあとに、こういう名作をつくってしまうというのは、どういう頭の構造をしているのだろうと思いますが、そのような凡人にははかりしれないところが、
『ミュンヘン』この映画を見て! (オン・ザ・ブリッジ)
第58回『ミュンヘン』見所:「暴力の連鎖の哀しみと虚しさ、そして暗殺者たちの苦悩。」  つい先日トリノで冬季オリンピックが行われ、各国の選手が世界一を目指して競っていました。オリンピックは古代ギリシアの神ゼウスを祝う祭典としてギリシャ全土をあげて行われ、ギ
【劇場鑑賞12】ミュンヘン(MUNICH) (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
1972年ミュンヘン・オリンピック 世界は11人のアスリートが 殺されるのを目撃した この映画は、その後の物語である。
映画のご紹介(92) ミュンヘン (ヒューマン=ブラック・ボックス)
ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(92) ミュンヘン- こんなこと言っちゃいけないけど 彼のエンターテーメント的な映画が 懐かしいなあ 2006年第78回アカデミー賞主要5部門ノミネート(作品、監督、編集.
映画「ミュンヘン」 (ちょっとひとことええでっかぁ〜♪)
映画公開前から公式HPも上映館もないなぁ〜と疑問でした。 何故なら私はずっーと『ミューヘン』と思って検索してましたから(ノ∀`) アチャー さらに唐揚げが食べたくなるのは「ニュ
ミュンヘン (映画を観たよ)
事実って怖い。 イスラエルとパレスチナは授業でこの間ちょこっと習ったんだけどやっぱりそんな浅い知識じゃダメだなぁって思いました。 年代的にこの映画が公開されるまで「ミュンヘン事件」っていうのも知らなかったしパレスチナとかの問題をほんの少しだけ理解したのもご
「ミュンヘン」 終わりのない日々 (目の中のリンゴ)
アカデミー賞の作品賞、監督賞にもノミネートされている スピルバーグの「ミュンヘン」。 同じく脚色賞ノミネートの脚本は、「エンジェルス・イン・アメリカ」の トニー・クシュナーです。 (舞台劇→TVドラマ化されたこの物語も、アメリカの問題をてんこ盛りに はらんでいて
映画「ミュンヘン」 (渋谷でママ気mama徒然日記)
監督:スティーヴン・スピルバーグ 出演:エリック・バナ、ダニエル・クレイグ、ジェフリー・ラッシュ マチュー・カソヴィッツ 公式サイト ママの評価☆☆☆☆★(☆4つ) 昨日やっとやっと観て来ました。早く観たかったんですよね。 凄い話題だったし、、、、 「ト.
社会派超大作「ミュンヘン」見てきました (よしなしごと)
 30個目のアカデミー賞受賞なるか?スティーブンスピルバーグの「ミュンヘン」を見てきました。
Munich (ゴンノブログ)
Munich ミュンヘンオリンピックでの人質殺害事件とそれにまつわる一連の復讐事件をスピルバーグ監督が映画化した問題作、\"Munich\"[IMDb](邦題:「ミュンヘン」)を観てきました。 (先日と同じ AMC Aventura 24 での観賞です。) ...
ミュンヘン (八ちゃんの日常空間)
本年度映画鑑賞50作目。うち劇場観賞25本目。 スピルバーグが正攻法できっちり作って狙っている作品。 どれだけの賞を取れるか見もの。 事実に基づく切なく悲しい映画だ。
「 ミュンヘン 」 (MoonDreamWorks)
 監督 : スティーブン・スピルバーグ 主演 :  エリック・バナ/ダニエル・クレイグ/キアラン・ハインズ      マチュ−・カソヴィッツ/ハンス・ジシュラー/ジェフリー・ラッシュ公式HP:http://munich.jp/ 「 ミュンヘン 」  歴史の裏に隠された、1972年...
ミュンヘン (ブログ ド ガジュマル )
ミュンヘン 1972年9月5日、ミュンヘン・オリンピックの選手村で、 パレスチナゲリラ(黒い九月)のテロにより、イスラエル選手団11人死亡した。 イスラエルの機密情報機関(モサド)は、 報復の為に精鋭5人による暗殺チームを秘密裏に組織し報復の準備をする。
ミュンヘン   −劇場− (坂部千尋のsparrow diary)
   ミュンヘンを観終わってお家に帰った千尋に「私も超観たかったのに{/ee_3/}{/hiyo_cry2/}」と大声で訴えるマミー{/niwatori/}よく考えたらマミーは、学生運動世代で、ミュンヘン事件もリアルタイムでニュース見てて、そういやおまけにエリック・バナのファンでした{/fac
ミュンヘン (toe@cinematiclife)
第78回 アカデミー賞 作品賞、監督賞 ノミネート作品 1972年のミュンヘンオリンピックで実際に起きた事件を元に描かれたこの映画。 その事件は、「オリンピック選手村で11人のイスラエル代表が殺された」というものであり、犯人はパレスチナ人だった。 当時、生まれたばか
No.020 「ミュンヘン」 (2005年 米 164分 シネスコ) (キングの映画の窓(劇場鑑賞版))
監督 スティーブン・スピルバーグ 出演 エリック・バナ     ダニエル・グレイグ     ジェフリー・ラッシュ 相変わらず上映時間が長い作品は後回しにしてしまうのですが、この作品も話題作の割りにはだいぶん後回しになってしまいました。 早く見たかったんです
映画「ミュンヘン」 (HOT&COOL)
あと数時間でトリノオリンピックが開幕します。オリンピックと言えば、平和の象徴のよ
MUNICH -ミュンヘン- (日々日和 -nicHi nicHi Biyori-)
MUNICH 平和とは何なのか。 ミュンヘン。 本日観て参りました。 ネタばれになります。 見ようかなぁとお考えの方、これ以上は読まないで! 1972年ミュンヘンオリンピックでのおきてしまった出来事。11人ものユダヤ人アスリートたちが
映画「ミュンヘン」と映画「戦場のピアニスト」(1/2) (make myself just as hard)
映画「ミュンヘン」(Munich, 2005・米国) 映画「戦場のピアニスト」(The Pianist, 2002・仏独英ポーランド) スピルバーグ監督の最新作「ミュンヘン」(昨日より公開中)はさまざまな面から見てすばらしいと思うが1、その中でも際立つ点というのは、私がポ ...
ミュンヘン 06年169本目 (猫姫じゃ)
ミュンヘン 2005年   スティーブン・スピルバーグ 監督エリック・バナ , ダニエル・クレイグ , キアラン・ハインズ , マチュー・カソヴィッツ やっぱり、こういうのが、今のスピルバーグなのね。 ミュンヘン五輪で実際に起きたテロの映画化。  
憎しみの渦 (藻、たくさんの日々。)
タイトルの表現が適切かわかりませんが… 昨日観た映画をレビューしてみましょう。 まず、「ミュンヘン」から。 黒い九月への報復作戦のメンバーに選ばれた主人公。 初めはためらいつつ、殺人を実行していきます。 ついには、自分もターゲットにされ ...
ミュンヘン…実はよく分かりませんでした (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
本日{/kaeru_rain/}土曜日(もう昨日か)も会社に行ってきました。 半ば自主的に…{/face_ase1/} 職場の模様替え(パソコン{/pc2/}を並び替え)したのですが、 職場とはいえ、模様替えすると、なにやら楽しげになります。 私の職種は“色”を見る仕事なので、模様 ...