ば○こう○ちの納得いかないコーナー

「世の中の不条理な出来事」に吼えるブログ。(映画及び小説の評価は、「星5つ」を最高と定義。)

「人間って、こんなに簡単なのかと思った。」

2017年01月25日 | 其の他

「有名人が亡くなると、大々的葬儀が行われ、其処に大勢の有名人が出席。そんな彼等を取材陣が取り囲み、インタヴューを行う。」、一昔前は良く見掛けた光景。然し、「葬儀は、簡素に行いたい。」とか「葬儀は必要無い。」という考えが一般人の間に広がる中、近年は有名人が亡くなった際、「葬儀は身内だけの家族葬で済ませ、後に“偲ぶ会”を開く。」というケース、又は「家族葬だけしか行わず、偲ぶ会も行わない。」というケースも増えている。「葬儀や戒名、墓なんか不要。葬儀を行うなら、身内だけで充分。」と考えている自分からすると、納得出来る傾向では在る。

 

先日亡くなった松方弘樹氏の場合、近しい6人だけで葬儀が行われたと言う。後日、“御別れの会”が行われるそうだが、「近しい人間だけで見送って上げたい。」という“御遺族”の気持ちが、葬儀に強く反映されたのだろう。

 

葬儀に加わった梅宮辰夫氏が、其の様子を語っていた。涙を流し乍ら語る其の姿からは、故人との深い関係性が感じられ、此方もグッと来る物が。特に印象に残ったのは、荼毘に付された際の話。御遺体が1時間程火で焼かれ、取り出された時、梅宮氏はこう感じたそうだ。

 

だけが、バラバラになって出て来た。悲しかった。人間って、こんな簡単な物なのかと思いました

 

自分は幼い時に父を病気で亡くしたが、火葬場で全く同じ事を感じた。体調は悪かったものの(藪医者からは「単なる風邪でしょう。」と診断されていた。)、亡くなるなんて誰も思っておらず、亡くなる直前、普通に会話したり動いたりしていた父が、今は骨という“物”になってしまった事に、大きなショックを受けたのだ。

 

以降、人はが抜け落ちたら、単なる物になってしまう。という思いがずっと在る。過去に雑司ヶ谷霊園谷中霊園等で、有名人の墓所を訪れた時、「魂が抜け落ちる前ならば、こんなに近付く事すら無理だったけれど、抜け落ちた後は可能なのだから、偉い人だろうが何だろうが、亡くなったら皆同じなのだなあ。」と、何度か思った。

ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「カササギの計略」 | トップ | アホか!! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。