ば○こう○ちの納得いかないコーナー

「世の中の不条理な出来事」に吼えるブログ。(映画及び小説の評価は、「星5つ」を最高と定義。)

「ヤッターマン」

2009年03月13日 | 映画関連
幼少の頃より、竜の子プロダクション制作のアニメを随分と見て来た。「マッハGoGoGo」(動画)に「ハクション大魔王」(動画)、「昆虫物語 みなしごハッチ」(動画)、「いなかっぺ大将」(動画)、「カバトット」()、「樫の木モック」(動画)、「科学忍者隊ガッチャマン」(動画)、「かいけつタマゴン」()、「けろっこデメタン」(動画)、「新造人間キャシャーン」(動画)、「てんとう虫の歌」(動画)、「タイムボカン・シリーズ」(動画)、「ポールのミラクル大作戦」(動画)、「一発貫太くん」(動画)等々。

同プロのアニメの特徴と言えば、大きく分けて3つ在る様に思う。1つ目は「マッハGoGoGo」や「新造人間キャシャーン」等に代表される「バタ臭い絵柄」。2つ目は「ハクション大魔王」や「いなかっぺ大将」等に代表される「絶妙ギャグ・センス」。そして3つ目は「昆虫物語 みなしごハッチ」や「てんとう虫の歌」等に代表される「ホロリとさせる人情劇」。「ヤッターマン」(動画)なぞは、その3つの要素を兼ね備えた作品と言えるだろう。1977年から1979年にかけて放送されていたこのアニメが、自分は大好きだった。

*************************************
ヤッターマン

高田玩具店の1人息子のガンちゃん櫻井翔氏)は、父親の開発途中のヤッターワンを完成させ、ガールフレンドの愛ちゃん福田沙紀さん)と共にヤッターマン1号、2号としてドロンボー一味と戦っていた。或る日、考古学者の海江田博士阿部サダヲ氏)の一人娘、翔子岡本杏理さん)からドクロストーンを捜しに行ったまま行方不明になっている博士を探し出して欲しいと頼まれる。ヤッターマンに変身したガンちゃんと愛ちゃんはヤッターワンを出動させ、一路、博士の居るオジプトへ向かうが・・・。
*************************************

ヤッターマンの世界観を忠実に再現し、「これでもか!」と言わんばかりの“御馬鹿映画”に徹した作品。理屈なんか抜きにして、緩い気分で観られる。冒頭で同プロダクションの人気キャラクター「アクビ」や「ハッチ」が登場する等、作り手の遊び心が溢れており、中にはそれが過ぎて“外して”しまっている所も在るが、全般的には悪くない。

懸念していた配役も、ボヤッキー役の生瀬勝久氏やトンズラー役のケンドーコバヤシ氏は予想外に嵌っていたと思う。阿部サダヲ氏は相変わらずの“怪演”を見せていたし、櫻井翔氏&福田沙紀さん(実に可愛い!!)のヤッターマン1号&2号もなかなか良かった。残念なのはドロンジョ役の深田恭子さん。見た目はアニメのドロンジョにそっくりだったし、当人も一生懸命役作りはしたのだろうが、如何せん演技力に在り。ファンの方には申し訳無いが、これ程迄に一本調子の演技が変わらないというのは、彼女と宇津井健氏位かもしれない。

山本正之氏が歌う“オリジナル”の「ヤッターマンの歌」は最高!ドロンボー一味が歌う「天才ドロンボー」(動画)も懐かしい。「ヤッターマン」に夢中になった人達を意識した演出が至る所に散見されるが、最大のサプライズあの人この人、そしてこんな人迄出演していた事。この人が出演されていなかったのは残念だが、このサプライズは本当に嬉しかった。

賛否両論(個人的にはあのエロさが好きだけれど、嫌悪感を持つ人も居る事だろう。)在ろうが、御馬鹿映画に徹していたという点で悪くなかったと思う。総合評価は星3.5個
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (9)   トラックバック (36)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 上がれば下がる!? | トップ | 「悼む人」 »
最近の画像もっと見る

9 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ヤッターマンといえば (ハムぞー)
2009-03-13 06:53:33
アニメに詳しくない私にとっては
山本まさゆきの主題歌でしょうね。

少し聞いただけで彼の作品と歌唱と判る
この世界、お分かりいただけますよね。

勿論あの名曲「燃えよドラゴンズ」も
彼の作品。
今の水木一郎歌唱もいいけれど
軽快な坂東英二版を
聞きたくなりました。
Unknown (tak)
2009-03-13 09:37:40
えっ、行ったんですか!猛者ですね
今年はある意味○ソ映画の当たり年かもしれないなぁと思ってます。
ドラゴンボールもそうですし、この映画もそう。
http://www.goemonmovie.com/index.html
歴史的○ソ映画「CASSHERN」の監督・脚本の紀里谷和明氏がまた作ってしまいました。。。
ヤッターマン (おりがみ)
2009-03-13 10:28:25
二、三歳児クラスでアニメの主題歌が大流行です。アンパンマンを抜いてますね。
「おーどろくほーどにーつーよいんだぁぁぁ」
連日大合唱です。
保育士でちゃんと歌えるのが私一人なのでソンケーされてますが・・いいのかこれで?
>tak様 (giants-55)
2009-03-13 11:16:04
書き込み有難う御座いました。

配役もピンと来なかったし、監督が“あの”「スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ」(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%A4%E3%82%AD%E3%83%BB%E3%82%A6%E3%82%A8%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%B3_%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%82%B4)を撮った三池崇史氏という事で、正直観る前は「駄作の可能性も高そうだなあ。」という思いが在りました。ところがどっこい、“良い意味で”「御馬鹿映画」に徹しており、個人的にはかなり楽しめました。

「DRAGONBALL EVOLUTION」、原作のファンの間ではかなり評判が悪い様ですね。自分は「ドラゴンボール」の原作もアニメも見ていないので、この映画自体も興味無し。

「デビルマン」の実写版も酷かったですが、「CASSHERN」の酷さも相当な物でしたね。「映像美」を狙ったのかもしれないけれど、自分には「監督のマスターベーション」にしか思えなかった。あれだけ酷評されたのに、又、監督をするというのは良い根性。あの失敗を糧にしているのか?それとも、相変わらずマスターベーションに励んでいるのか?それを確認する意味でも、「GOEMON」を観に行ってみようかなとも。基本的に“B級作品”が好きですし。
感動のシーン中、蜂なのに足が2本しかないと口にして睨まれた (マヌケ)
2009-03-13 12:43:42
「みなしごハッチ」を泣きながら見ていました。 弱いものがはかなく死んでいくストーリーをたくさん見て生き物を大切にする心が芽生えたのかと思いきや、その後、昆虫採集に夢中になり、しまいには弟の腕に青液を注射してしまうというとんでもないアホまでしでかしました。 弟はハッチの絵柄の財布を持っていました。 「新造人間キャシャーン」は外国のアニメだと思っていました。 世界観がすごすぎてロボット軍団はナチスでそれに立ち向かうレジスタンスという構図が欧州の大戦のようで、プラモデルに狂っていた時期に買い揃えたドイツ機甲師団写真集とか戦争映画の見すぎでアブナイ子供に育つことを親から危ぶまれました。 今でも軍事オタクっぷりは健在です。 「タイムボカン」は弟といっしょに笑い転げながら見ました。 ラストに爆発して立ちのぼるドクロの雲が最近ポップアートになってるのを見ました。 このワンパターンをポケモンが完璧に踏襲していてなるほどと思いました。 子供達が小さかった頃のポケモン映画の引率はしんどかった。 が、ちょっと感情移入するシーンも。 自分の幼少期の真剣なまなざしを思い出しましたし。
フカキョンは (Spa supernova)
2009-03-13 19:19:35
危惧していましたが、宣材写真の見た目を見る限り、良いのかなあと思っていました。確かにあの演技は極端な役以外だと厳しいですね。
可愛らしいので好きですが。

>ドラゴンボール

恐ろしくて見られません。これも10年は寝かせれば笑いながら見られるでしょう。

>GOEMON

実家が金持ちだからこれからも撮るでしょう。
しかしHP見づらい見づらい!で、相変わらずのあのビジュアル!
でも40年ぐらいたったら案外と評価されるかもしれません。昨日NHKの衛星で「ダメ映画マニア」が集い、話をする番組を見ました。確かに、熱心なモンド映画とかジャンク映画マニアという人たちは存在します。

ところで実写版ルパンはご覧になったことありますか?自分は見たことないので是非見たいと常々思っています。
あえてオブジェクション (破壊王子)
2009-03-13 21:11:26
オ馬鹿映画だからこそフカキョンでいいんです。アタシは「ああ、その手があったか」と膝を打ったんですから(笑)
アンジェリーナ・ジョリーやら杉本彩あたりだとしたら、生々し過ぎてR指定がついてしまいます。アタシは『天才ドロンボー』をダンス込みで能天気に歌ってるを観て確信しました。熱唱されても困るし調子っ外れすぎても困る。塩梅としては絶妙でした。
ダメなところはクライマックスがあんなに歯車だらけな場所なのにまるで生かされていないこと。
『ヘルボーイ/ゴールデンアーミー』はそこら辺をちゃんとやってました。

藤圭子の娘の元旦那の撮ったもの(あえて映画とは呼ばない)なんぞ観るくらいなら、『ウォッチメン』を観るべきです。

『アメコミ』に偏見があるなら別ですがね。

>マヌケ様 (giants-55)
2009-03-13 22:33:01
書き込み有難う御座いました。

「みなしごハッチ」は、自分も泣き乍ら見ている事が多かったです。ハッチが何ともいじらしくて。御存知とは思いますが、あのOP曲を歌っていたしまざき由理(旧芸名:嶋崎由理)さんは、「ハクション大魔王」のOP&ED曲や、「Gメン’75」のED曲(「面影」、「追想」、「アゲイン」)等も歌われています。当時、遊園地だかで行われた特撮ヒーローショーで“カバゴン先生”(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%98%BF%E9%83%A8%E9%80%B2)と共に何故か彼女も参加しており、ハッチの生歌を聞いて感動したものです。

「新造人間キャシャーン」は、絵柄がバタ臭かったですよね。竜の子プロダクション制作では在りませんが、その他に「黄金バット」や「妖怪人間ベム」等も無国籍感タップリでした。
>Spa supernova様 (giants-55)
2009-03-13 22:45:18
書き込み有難う御座いました。

“フカキョン”はルックスも含めて好きなのですが、あの演技だけはどうしても戴けない。あそこ迄上達の跡が見えないというのは、或る意味凄い事と言えるかも。

個人的にはB級映画が嫌いじゃないのですが、重要なのは単なる“トンデモ映画”では駄目で、“突き抜けた”トンデモ映画でなくてはならないという事。公開当初は評論家達から非難の嵐を浴びた「シベリア超特急」(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%99%E3%83%AA%E3%82%A2%E8%B6%85%E7%89%B9%E6%80%A5)も、そのトンデモ具合が突き抜けていたからこそ、今ではカルト的人気を博している訳で。

実写版ルパンというと、「ルパン三世 念力珍作戦」ですね。この作品、確かテレビでだったと思いますが、一度見ています。ルパン三世を目黒祐樹氏が演じているというのはさて置き、次元大介が田中邦衛氏、銭形警部が伊東四朗氏というのが堪りませんでした。又、大泉滉大先生や天本英世氏(御存知“死神博士”!)、青空球児&好児両師匠等も出ていましたね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

36 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ヤッターマン (LOVE Cinemas 調布)
この作品ほど出演者が事前にフィーチャリングされている作品も久しぶりです。主演はヤッターマン1号が櫻井翔、2号は福田沙紀。そしてそのコスチュームが話題になったドロンジョが深田恭子、ボヤッキーとトンズラーがそれぞれケンドーコバヤシと生瀬勝久。いや楽しそうな...
映画『ヤッターマン』 (ブルー・カフェ)
「ヤッターマンがいる限り、この世に悪は栄えない!」 ぎやーーーっつ!翔さ〜〜ん!!{/rabi_happy/}{/m_0139/} というワケで櫻井翔主演、三池崇史監督映画→ヤッターマンを観て参りましたよ♪ まず、ワタシは櫻井翔さんに「ゾッコン」なので、この映画の「出来」に関し...
ヤッターマン (to Heart)
        製作年度 2008年 上映時間 111分 原作 竜の子プロダクション 製作総指揮 佐藤直樹ブタがいた教室 あしたの私のつくり方 島田洋一「20世紀少年」「K-20(TWENTY) 怪人二十面相・伝 」 脚本 十川誠志 「るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚」「HUNT...
ヤッターマン (花ごよみ)
1970年代人気アニメ、 ヤッターマンを実写化。 この企画にビックリ! 監督は三池崇史。 ヤッターマン1号に櫻井翔、 ヤッターマン2号に福田沙紀。 生瀬勝久、ケンドーコバヤシドを率いた ドロンジョには深田恭子。 4つ揃えば願いが叶うという、 ドクロストーンを巡...
ヤッターマン (生まれてから今まで観てきた映画全部)
今日もまた性懲りもなく気になる映画を観にいってしまいました。話題の「ヤッターマン」です。そりゃ観ますよ。私くらいの世代の人間にとっ...
ヤッターマン (だらだら無気力ブログ)
タイムボカンシリーズの人気アニメ『ヤッターマン』を嵐の櫻井翔と 福田沙紀で実写化。高田玩具店のひとり息子ガンちゃんは、父の設計したヤッターワンを 完成させ、ガールフレンドの愛ちゃんと一緒に正義の味方ヤッターマン1号・ 2号として、4つあつめると願いが叶...
ヤッターマン (そーれりぽーと)
と言う訳で、渋滞で朝イチの予約を観逃してしまったので、2回分の3600円で昼イチの回『ヤッターマン』を観てきました。 はたして3600円の価値はあるのでしょうかw ★★★★ やってくれました三池崇史、タイムボカンシリーズのコンセプトを熟知してはります。 どこから書...
『ヤッターマン』 (2009)/日本 (NiceOne!!)
監督:三池崇史原作:竜の子プロダクションメカ&キャラクターデザインリファイン:寺田克也出演:櫻井翔、福田沙紀、深田恭子、生瀬勝久、ケンドーコバヤシ、阿部サダヲ、岡本杏理公式サイトはこちら。<Story>高田玩具店の1人息子のガンちゃん(櫻井翔)は、父親....
ヤッターマン (ダイターンクラッシュ!!)
3月11日(水) 21:40〜 TOHOシネマズ川崎6 料金:1200円(レイトショー料金) パンフレット:800円(未購入) 『ヤッターマン』公式サイト 製作発表時から大コケ必至と噂され、深田恭子のドロンジョキャスティングには世間が騒然。 ビッグ・バジェットや有名人活用...
★「ヤッターマン」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
久しぶりに週末レイトショウだよーーー。 ひらりんの子供時分にやってたテレビアニメの実写版・・・ 映像技術が進歩して、カッコよく作れるようになったからか、 最近多いよね、アニメの実写版・・・ 深キョンのドロンジョ様がどんなもんかも楽しみだベーーーー。
ヤッターマン (ともやの映画大好きっ!)
【2008年・日本】ジャパン・プレミアで鑑賞(★★★☆☆) 1977〜1979年まで放映されていたTVアニメ「タイムボカン」シリーズの第2弾を、「ゼブラーマン」「スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ」の三池崇史監督が実写映画化。 ドクロストーンを狙うドロンボー一味とヤッター...
劇場鑑賞「YATTERMAN」 (日々“是”精進!)
映画ヤッターマンオリジナル・サウンドトラック「YATTERMAN」を鑑賞してきました“タイムボカン”シリーズの第2弾として人気を博した往年のTVアニメを奇才・三池崇史監督が実写映画化したアクション・エンターテインメント。ヤッターワンなどのおなじみメカも...
映画 【ヤッターマン】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「ヤッターマン」 三池崇史監督がテレビアニメ「ヤッターマン」を実写映画化。 おはなし:4つ集めると願いがかなうドクロストーンを巡って、いつものように戦いを繰り広げるヤッターマンとドロンボー一味。考古学者の海江田博士は発見したドクロストーンの一...
今月一発目の映画鑑賞〜!! (武と映画と日常)
先月は一本も映画を観なかった私。。。 久々の映画館に気持ちも↑↑↑^^ 観た作品は{{{“ヤッターマン”}}}です^^ 作品詳細は[http://movie.goo.ne.jp/contents/movies/MOVCSTD13548/story.html コチラ]。 この作品が実写化されると聞いたときは 内...
『ヤッターマン』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「ヤッターマン」□監督 三池崇史 □脚本 十川誠志  □キャスト 櫻井 翔、福田沙紀、深田恭子、生瀬勝久、ケンドーコバヤシ、岡本杏理、阿部サダヲ (声の出演)滝口順平、山寺宏一、たかはし智秋■鑑賞日 3月7日(土)■劇場 TO...
『ヤッターマン』 (ラムの大通り)
「う〜ん。 こういう映画はどう評したらいいんだろう。 だれもが知っているアニメの実写化なんて言われても、 その頃(今でもだけど)、ぼくはテレビを観ていなかったから、 なんとも言いようがない。 ただ、観ていて感心したのは そんな『ヤッターマンなんて知らないよ』...
ヤッターマン (映画鑑賞★日記・・・)
公開:2009/03/07製作国・年度:日本、2008年上映時間:111分鑑賞日:2009/03/07監督:三池崇史出演:櫻井翔、福田沙紀、生瀬勝久、ケンドーコバヤシ、岡本杏理、阿部サダヲ、深田恭子+あらすじ+ガンちゃん(櫻井翔)は父の遺志を継ぎ、犬型の巨大ロボット“ヤッター...
2009-36『ヤッターマン/YATTERMAN』を鑑賞しました。 (はっしぃの映画三昧!)
映画を鑑賞しました。秊 2009-36『ヤッターマン/YATTERMAN』(更新:2009/03/08) * 評価:★★☆☆☆ 小さい子供から大人まで誰でも知っているヤッターマンの実写映画化です。 櫻井翔と福田沙紀のヤッターマンよりも、お茶目...
ヤッターマン・・・・・評価額1400円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
う〜む、ここまで徹底的にアニメのノリのまんま作ってくるとは・・・三池崇史恐るべし。 考え様によっては、相当勇気のある一本と言える。 1...
ヤッターマン (B-scale fan's log)
公開中 三池崇史監督     出演 櫻井翔、福田沙紀、生瀬勝久、     ケンドーコバヤシ、岡本杏理、     阿部サダヲ、深田恭子 新評価 1.0 (ヤッチャタ) キャストは誰をとってもベストチョイス。 三池監督のタツノコ作品への愛も感じられますが、 大...
「ヤッターマン」 (NAOのピアノレッスン日記)
         〜あのニッポンのヒーローが実写になって ただ今参上!〜ヤッターマン」世代のNAOさん。公開初日に、娘と行ってきました。2009年 日本  松竹・日活 配給 (09.3.7公開)[監督]三池崇史    [原作]竜の子プロダクション[脚本]十...
☆『ヤッターマン』★ ※ネタバレ有 (〜青いそよ風が吹く街角〜)
2009年:日本映画、三池崇史監督、櫻井翔、深田恭子、福田沙紀共演。
映画感想『ヤッターマンYATTERMAN』ヤッターマンだね。 (レベル999のマニアな講義)
内容いつものごとく大暴れするドロンボー一味のメカ“ダイドコロン”の前に颯爽と現れる、ヤッターマン(櫻井翔、福田沙紀)たち。ボヤッキー(生瀬勝久)トンズラー(ケンドーコバヤシ)に苦戦し、ヤッターワンにメカの素を与えようとした時、インターセプトされ、、、、...
観てきました!映画『ヤッターマン』 (『元プランナーの、主婦生活。』)
実写版ヤッターマン。 ヤッターマン世代のダーリン(現在36歳)が観たがっていたので、 映画館に行ってきましたよー。 私(現在27歳)は、ヤッターマンをリアルタイムで知らないので・・・ (1980年代は放映してなかったですよね?それとも観てなかっただけ?) 今の10...
「ヤッターマン」全国のみなさん!!!お約束のシーンが満載だコロン (オールマイティにコメンテート)
「ヤッターマン」は30年前にアニメ化されたタイムボカンシリーズのヤッターマンの実写版で泥棒の神様と称するドクロベェの指令でどくろリングを狙うドロンジョ率いるドロンボーが正義の味方ヤッターマンと対決するストーリーである。現在30年ぶりに復活したアニメヤッ...
俺の中では『有り』!少なくともこの前観にいった漫画原作物よりは。 (破壊王子流勝手日記)
映画『ヤッターマン』公式サイト―「先週は酷い目にあった感じでしたが」 破「最初は
「ヤッターマン」コレ、子供に見せていいのかな〜(^^;? (シネマ親父の“日々是妄言”)
[ヤッターマン] ブログ村キーワード  大ヒットアニメの実写映画化。ホントに作っちゃったよ…(^^;。「ヤッターマン」(松竹/日活)。TVドラマ「ケータイ捜査官7」に続いて、三池崇史 監督が、またまた本気で挑んで(あそんで)います。いやあ、凄かったわ〜。  ...
ヤッターマン (映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評)
大人気TVアニメを独特の世界観で遊びたおした実写映画だ。正義のために、犬型巨大ロボット・ヤッターワンを完成させたヤッターマン1号ことガンちゃんと2号のアイちゃんは、伝説のドクロストーンを巡ってドロンジョら泥棒一味と闘うことに。CGやセットなどたっぷり費...
「ヤッターマン」レビュー (映画レビュー トラックバックセンター)
映画「ヤッターマン」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:櫻井翔、福田沙紀、深田恭子、生瀬勝久、ケンドーコバヤシ、阿部サダヲ、岡本杏理、山寺宏一、滝口順平、たかはし智秋、他 *監督:三池崇史 *原作:竜の子プロダクション 感想・評価・...
『ヤッターマン』・・・アニメ実写化の楽しさと難しさ (SOARのパストラーレ♪)
子供の頃、毎週楽しみにしていたアニメのひとつがヤッターマン。いつもワンパターンの展開なんだけど、それが子供心におもしろくてたまらなかったっけ。ヒーローも悪役も、当時定番のアニメや特撮物のようなかっちりした正義と悪ではなくどこかいい加減なところがあって、...
ヤッターマン ▲37 (レザボアCATs)
絵になってる、サマになってるゥ!特にボヤッキーが最高!バージンローダーもお気に入りだ〜♪オハナシは確かにくだらないけど・・・
ヤッターマン (なにも起こらなかった一日の終わりに。ver2.0)
 今日は30代後半以上には懐かしいアニメの実写化作品「ヤッターマン」を観てきました!!  4つ集まると願いが叶うという伝説の秘宝”ドクロストーン”を集めようとしているドロンボー一味、ドロンジョ(深田恭子)、ボヤッキー(生瀬勝久)、トンズラー(ケンドーコバ...
映画 ヤッターマン (単館系)
あの(タイムボカンシリーズ)ヤッターマンを実写映画化。 現在もアニメヤッターマンをやっているようですがどうもノリが違うということで ...
【映画感想】ヤッターマン (掃き溜め日記〜てれびな日々〜)
ヤッターマン」観て来ました♪ガンちゃん(櫻井翔)は父の遺志を継ぎ、犬型の巨大ロボット“ヤッターワン”を完成させた。そしてアイちゃん(福田沙紀)と力を合わせ、愛と正義の味方ヤッターマン1号・2号としてドロンジョ(深田恭子)率いるドロンボー一味と戦...
「ヤッターマン」 (みんなシネマいいのに!)
 数あるタイムボカン・シリーズの中では最も人気のあるのは「ヤッターマン」なのだが
「ヤッターマン」 ディテールへのこだわりはあるが・・・ (はらやんの映画徒然草)
オリジナルのアニメが放映されていた時は小学生、思いっきり「ヤッターマン」世代です