ば○こう○ちの納得いかないコーナー

「世の中の不条理な出来事」に吼えるブログ。(映画及び小説の評価は、「星5つ」を最高と定義。)

「満月の泥枕」

2017年08月13日 | 書籍関連

*********************************

娘を失った凸貝二美男(とつかい ふみお)と、亡くなった兄の娘で在り、義理の母親に捨てられた汐子(しおこ)は、貧乏アパートで其の日暮らしの生活を送っている。此のアパートの住人は、訳在りな人間許りだ。

 

二美男は或る人物から、「公園の池に沈む死体を探して欲しい。」と頼まれる。二美男は大金に目が眩み無謀企てを実行するが、実際、池からとんでもない物が見付かった。其の結果、二美男達は、不可解な事件に巻き込まれて行く事になるが・・・。

*********************************

 

道尾秀介氏の小説満月の泥枕」を読了。2016年一杯、毎日新聞連載された作品を、単行本化した物だ。

 

「設定が突拍子も無い。」、「無関係と思われた多くの事柄が、最後には次々と関係性が明らかとなる。」、「シーンが、パパっと切り替わる。」、「格言めいた物が、多用されている。」等、道尾作品には伊坂幸太郎氏の作風と似たテーストを以前より感じていたが、今回の「満月の泥枕」ではより強く感じる事になった。伊坂作品のファンが著者名を確認せず、此の作品を読んだら、伊坂作品と思い込んでしまうかもしれない。

 

余りにも突拍子の無い設定に加え、御都合主義と思える展開が、読み進めるスピードを遅らせた。此の位の長さの作品ならば2~3日も在れば読了するのだけれど、1週間も掛かってしまった程。スラップスティック・コメディの様な記述も、自分には余り合わない。

 

そんな感じで内容的には今一つだったけれど、結末は悪く無いし、此処ずっと出来の良く無かった道尾作品と比べれば、「まあまあの出来。」と言えるかもしれない。

 

総合評価は、星3つとする。

『小説』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 32回目の夏 | トップ | 彼の歌が聞きたかった »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。