ば○こう○ちの納得いかないコーナー

「世の中の不条理な出来事」に吼えるブログ。(映画及び小説の評価は、「星5つ」を最高と定義。)

「レッドクリフ PartⅠ」

2008年12月21日 | 映画関連
今から30年以上前、偶然手にした一冊の漫画。中国の歴史小説を題材とし、横山光輝氏が手掛けたその作品に、自分はすっかり魅せられたしまった。後漢末期から三国時代にかけての群雄割拠の時代を描いた「三国志」で在る。それ以降、全60巻を買い揃えるに到り、これ迄に何度読み返した事か。三国志関連の書籍もかなり読み漁り、小説だけでも何種類か読んでいる。シンパで、何よりも天才軍師諸葛亮孔明が好きだ。これ迄にも何度か三国志ブームは起きているが、最近もその兆候が見られるとか。

三国志には幾つかの見せ場が存しているが、その中でも最大の山場は赤壁の戦いではないか。「後の王・曹操孟徳率いる80万の軍」と、「後の帝・孫権仲謀と後の蜀帝・劉備玄徳の連合軍5万」が長江の赤壁で相見えた戦い。何しろ白髪三千丈的表現が好きなの国なので「80万v.s.5万」という数字は怪しくも在るが(「曹操軍:15万~24万、孫権&劉備連合軍:2万~5万」という説も。)、兎にも角にも曹操軍の規模が連合軍を圧倒していたのは間違い無いだろう。数の上で圧勝していた曹操軍が、結果としては連合軍に敗れ去ってしまったこの戦い。「曹操軍は数こそ多いが、敗残兵の寄せ集め。結束の固さでは遥かに連合軍に劣っていた。」や「水上の戦を連合軍(厳密に言えば孫権軍。)は得意としていた。」等、曹操軍が負けに到った理由は色々在ろうが、連合軍の戦略が勝っていたというのも大きい。孫権軍の周瑜公瑾、そして劉備軍の諸葛亮孔明という智謀に優れた2人が連合軍に奇跡の勝利を齎した言っても良いだろう。“天下分け目の戦い”として、我が国では関ヶ原の戦いが取り上げられる。赤壁の戦いで勝利した連合軍の将、即ち後の呉帝&蜀帝は共に天下統一を図れなかった訳で、その意味で言うと赤壁の戦いを天下分け目の戦いとは呼べないだろうが、中国に於ける歴史的な大決戦で在ったのは確かだ。

****************************
西暦208年。大軍を率い、天下を手中に収めんと欲する曹操(チャン・フォンイー氏)にとって、目の上のたん瘤は劉備(ヨウ・ヨン氏)と孫権(チャン・チェン氏)だった。曹操軍に追われる劉備軍は孫権軍と同盟を結ぶ為、軍師の孔明(金城武氏)を孫権の元に遣わす。しかし孫権軍では曹操に脅威を感じているものの、強大な力を有する相手と戦う事に否定的な家臣が多く、同盟工作は難航を予感させた。

そんな中、孔明は赤壁で孫権軍の司令官・周瑜(トニー・レオン氏)と出会う。武将として優秀なだけでは無く、音楽の才能にも溢れている周瑜。この若きカリスマに孔明は魅了され、一方の周瑜も孔明の人柄と戦術眼に驚嘆。信頼を深めていった彼等は、共に戦う事を決意するのだった。
****************************

赤壁の戦いから、今年で丁度1,800年。ジョン・ウー監督の「レッドクリフ PartⅠ」は、この戦いを描いた作品だ。「独特な映像美」と「暴力的且つ華麗なアクション・シーン」で熱狂的なファンを持つ彼だが、この作品もそんなテーストに満ちている。映像を見ただけで、「これはジョン・ウー監督の作品だな。」と判る人も少なくないだろう。特に素晴らしいのは戦闘シーン。印象に残る戦闘シーンは過去の名作にも少なくないが、陣形及びそれを用いてどう戦ったかをヴィジュアルとして此処迄きちんと描いたのは無かった様に思う。

「亀甲の陣(九官八掛の陣)」や「鶴翼の陣」等が具体的に取り上げられているが、孔明が亀の甲羅を見て思い付いたとされる亀甲の陣には圧倒された。身の丈程も在る大きな楯を持った数多の兵士達が巨大な丸い陣形を作り、その中に小さな亀甲の陣形が同様の兵士達で集合体として構成されている。策を弄されて巨大な陣形の中へと入り込んでしまった曹操軍が、じわじわと“人間の壁”によって周りを狭められて行くシーンは圧巻。どういった陣形かを知識として知ってはいたが、実際に映像として見ると感動。このシーンを見るだけでも、この作品は価値が在る。

武将達の戦い振りも、実に個性的。“破壊王”こと橋本真也氏を思わせる張飛翼(ザン・ジンシェン氏)。曹操軍を包囲した盾がパッと開き、颯爽と登場する関羽雲長は、大見得を切っ歌舞伎役者の姿そのものだ。趙雲子竜フー・ジュン氏)は、ジャッキー・チェンを思わせるカンフー・アクション。甘興(中村獅童氏)には侍の香りが、そして周瑜には「カンフー+侍」といった優雅さを感じた。

絶世の美女と称された小喬。周瑜の妻でも在る彼女を演じているのはリン・チーリンさんだが、これがまあ美しい。曹操が彼女を狙っていたという話も頷ける。気の強い孫尚香役を演じていたヴィッキー・チャオさんもなかなかの存在感。自分の中での孔明像とはやや異なっていたが、金城武氏も悪くは無かった。

5時間を超える長編となってしまった為、PartⅠ&Ⅱの2部構成になったというレッドクリフ。PartⅡが日本で公開されるのは、来年の4月との事。余り必要性を感じないシーンも在り、もう少しスッキリ纏めても良かった様には思うが、上記の如く戦闘シーンは凄い!総合評価は星4つ
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (11)   トラックバック (83)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「シューカツ!」 | トップ | リアクション »
最近の画像もっと見る

11 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBありがとうございました (rukkia)
2008-12-21 15:49:58
三国志ファンにも満足のいく出来だったのですね。
安心しました。
私は三国志には疎いので、今後の展開を知らぬままpart 2に臨もうと思ってます。
どう描いてくれるのか楽しみです。
小喬と尚香。 (BC)
2008-12-21 21:31:34
giants-55さん、こんばんは。
トラックバックありがとうございました。(*^-^*

亀甲の陣は圧巻でしたね。
おしとやかな小喬と活発な尚香は対照的なキャラクターの女性でしたね。
一応、三国志ファンですが (Mars)
2008-12-22 00:26:39
こんばんは、giants-55さん。

コー○ーの戦略ゲーを少しはかじった私からすれば、この映画はなかったですね。
同社が出している、「三国無双」等のゲームが好きな方でしたら、楽しめるかもしれませんが、戦略・戦術性のなさといえば、、、(汗)。

また、張飛や関羽等が得物(武器)を捨てるのには納得できなかったですし、周瑜といったら、、、(劇汗)。
(戦前で○○○してるし、負傷したのも、匹夫の勇としかいえないのですが)

私は、三国志は、ゲームだけでなく、小説や、当時の武器等の書物も読んでみましたが、この映画は、残念でならないのですが、、、。
(私は、三国志以前の史記も好きで、書き下し文やマンガ等も読んでみた事があります)
Unknown (アラメイン伯)
2008-12-22 22:22:32
確かに迫力はありましたが三国志が好きな人にとってはどうなのでしょうか?
あれでは曹操がコスプレマニアみたいです。

赤壁の戦い。実はフィクションではないかという説もあります。あれだけの大敗にもかかわらず魏の国力は落ちてないし名のある武将の戦死もありません。


三国志が好きな人はいても清朝や明朝に詳しい人は日本にはあまりいません。そのあたりが
今の中国への誤解の源ではないかという気がします。
ズバリ、聞きます(笑) (れんたろう)
2008-12-22 23:14:15
僕は三国志について全く無知で、この映画も未見ですが、giants-55さんがブログで取り上げたら、ぜひ、お聞きしてみたいことがありました。

1ヶ月ほど前、運転しながら地元のラジオを聞いていたら、地元の人気男性アナ(30代後半)がこの映画の感想を語っていて、そこで、

「中国の武将を日本人の役者が演じるのって、アリなのかな?」

と語っていたのが、ちょっと引っ掛かりました。彼によると、

「日本の戦国時代を舞台にした時代劇に、ジャッキー・チェンが出るようなものじゃないのかな。まあ、それもどんなものか見てみたいけど。」

それを聞いて、ヨン様が上杉謙信や沖田総司を演じる姿を頭に浮かべてみました。

ちなみに、途中で車を降りたので、リスナーのリアクションはあまり聞けませんでした。

「金城さんは、お母さんが台湾出身だからいいんじゃないですか。」

というメールは紹介されていましたが。

皆さんはどう思われますか?
>アラメイン伯様 (giants-55)
2008-12-23 02:08:06
書き込み有難う御座いました。今回はこちらにレスを付けさせて貰います。

三国志が好きな方でも、その賛否は分かれるのかもしれませんね。Mars様が上で指摘されておられる様に「戦略&戦術の無さ」という点も、否定的な部分では在りましょう。唯、この作品はあくまでもPartⅠという事で、ぱrtⅡを観てみないと、その全体像が判らないのも事実。PartⅡでは戦略&戦術面に重きを置いて、描いているかもしれませんし。

何しろ1,800年も前の出来事ですから、その実像が大分異なって伝わっている可能性も在り得ますね。唯、三国志の一ファンとしては、「この戦いがフィクションだった。」というのは寂しいし、規模は異なれども現実で在ったと信じたいです。
>れんたろう様 (giants-55)
2008-12-23 02:14:22
書き込み有難う御座いました。今回はこちらにレスを付けさせて貰います。

昔のハリウッド映画では「日本人」が登場すると、どう考えても日本人では無い役者(中国人等)が演じていて、尚且つ日本人なら普通はしない様な行動をしたりする物ですから、違和感がかなり在ったのは事実。

唯、日本人の役を海外の役者が演じたり、その逆というケースに関して言えば、個人的には「演技力がきちんと在り、そしてシニカルな意味でわざと遣るのは別にして、その人種が明らかに遣らない様な行動をしたりするので無ければ、別に構わないと思っています。演技力の全くない日本人役者が演じる侍よりも、演技力の高い外国人が演じる侍の方が、最初は違和感を覚えても、次第に作品の中に没頭して行けそうな気がしますし。
ジョン・ウーの三国志 (マヌケ)
2008-12-23 22:02:47
金城武さんを初めて見たのは「アンナマデリーナ」という香港映画でした。 とてもいい映画でした。 彼は日本人の役者というよりは国籍が日本というだけで、ヨーロッパのブランドのモデルとして中国語文化圏を中心に活躍し、ハリウッドでもインディーズ系の監督に指名されたり、今はアルマーニのアジアの顔としてコレクションに出たりという国際人だと思います。 北京語・広東語・台湾語・英語・日本語が完璧なのだそうです。 生まれ育った台湾では寺や神社に孔明が神様として奉られていたそうで、三国志で知るよりも前から知っていたそうです。 他の俳優がアクションが多い中、それとは違う存在感がありましたね。 諸葛孔明の本名は諸葛亮。 亮は北京語でいうと「明るい」という意味で、「自分には明るすぎてよくない、私の光は孔(あな)の中に灯る光でよい」と言って孔明に変えたとか。 監督のジョン・ウーが知らないことまで諸葛孔明の資料を読み漁り、役作りに励んだのだそうです。 
>マヌケ様 (giants-55)
2008-12-23 23:48:34
書き込み有難う御座いました。

金城氏のファンには怒られちゃうだろうけれど、日本で出演したTVドラマは今一つパッとしなかった物ばかりというイメージが在ります。その最たる例が「ゴールデンボウル」(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B4%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%87%E3%83%B3%E3%83%9C%E3%82%A6%E3%83%AB)ですが(笑)、深田恭子さんと出ていた「神様、もう少しだけ」(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A5%9E%E6%A7%98%E3%80%81%E3%82%82%E3%81%86%E5%B0%91%E3%81%97%E3%81%A0%E3%81%91)で、「やけにエッチなキスをする役者だなあ。」という印象が残っています。

最初に彼を見たのは映画「恋する惑星」(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%81%8B%E3%81%99%E3%82%8B%E6%83%91%E6%98%9F)でしたが、「目の綺麗な役者だなあ。」と思いました。彼主演の「K-20 怪人二十面相・伝」が面白そうなので、公開されたら観に行こうかと。
それこそ、かくし芸 (れんたろう)
2009-01-06 11:09:11
>演技力の全くない日本人役者が演じる侍よりも、演技力の高い外国人が演じる侍の方が、最初は違和感を覚えても、次第に作品の中に没頭して行けそうな気がします。

なるほど、一理ありますね。

日本の時代劇に外国人が出演した例といえば、若い頃のジュディ・オングさんが必殺シリーズや「おしどり右京捕物車」等に出演していたケースがありました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A5%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%BB%E3%82%AA%E3%83%B3%E3%82%B0

韓流スターが日本の侍や武将を演じる、というのは、まあ、まかり間違っても豊臣秀吉を演じる人はいないでしょうけど、それこそ、かつての「オールスターかくし芸大会」なら、実現させていたのではないかなとも思います。
>れんたろう様 (giants-55)
2009-01-06 11:34:11
書き込み有難う御座いました。

ジュディ・オングさんもそうですが、范文雀さんや李麗仙さん等も時代劇に出ておられましたよね。

流石に韓流スターが豊臣秀吉役を遣る事は無いでしょうね。彼の国に限らず何処の国でも、何か在ると「あいつは売国奴だ!」とネットで叩かれてしまう御時世ですから。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

83 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
レッドクリフ part1 (ネタバレ映画館)
大スクリーン最後の日に慌てて鑑賞。臨場感を味わおうと前の方に着席・・・でかい!とにかく字幕がでかすぎる。
★「レッドクリフ Part I」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みは・・・ TOHOシネマズの1ケ月フリーパスの期限が迫ってるので、 まとめて3本見ちゃいました。 その2本目。
試写会「レッド・クリフ Part1」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2008/10/23、文京区春日の文京シビックホールでの開催。 会場については別途詳しく書くが、1、2階合わせて約1800席。 雰囲気は中野サンプラザ。 司会者によれば、今回は東京メトロのサンクスイベントで、 500組1000名の招待、応募倍率は約25倍と言うこと...
映画 「レッドクリフ」 (ようこそMr.G)
映画 「レッドクリフ」 を観ました。
レッドクリフ Part 1/Red Cliff Part 1 (いい加減社長の映画日記)
昨日は、映画サービスデー、ということで、朝一の回で「レッドクリフ Part 1」を鑑賞。 他にも、気になる映画はあるんだけど、絶対観たいというほどでもなく。 そちらは、とりあえずパス。 「UCとしまえん」は、映画サービスデーということもあってか、普通よりは多め...
劇場鑑賞「レッドクリフPartI」 (日々“是”精進!)
「レッドクリフPartI」を鑑賞してきましたゲームやコミックの題材にもなり、日本でも多くのファンがいる「三国志」から、有名な赤壁の戦いをモチーフに、「フェイス/オフ」「M:i-2」でハリウッドでも成功を収めたジョン・ウーが、故郷、中国に戻り、製作費100億円をか....
映画感想『レッドクリフ PartI』 差が、、出るだろうね。... (レベル999のマニアな講義)
内容漢帝国の丞相となった曹操は、天下統一の最後の仕上げとして、宿敵である劉備軍、孫権軍に対して攻撃を開始する。先ず向かったのは、『徳』により人民を掌握する劉備軍。その劉備の人徳に導かれるかのように、曹操に追われた多くの民達が劉備は従えていた。だが、実際...
クオリティーの高い作品が台無し。『レッドクリフ Part I』 (水曜日のシネマ日記)
中国の英雄伝「三国志」を基に、国をかけて戦う男たちの姿を描いた作品です。
レッドクリフ Part? (ふぴことママのたわ言)
大ヒット中のレッドクリフを観て来ました。{/m_0167/} 三国志はほとんど知らないけど、アクションシーンで楽しめそう。 トニー・レオンと金城武も見たいしね。{/face_heart/} 中国が舞台だけあって、スケールが大きいです。 普通は余計なことをと感じるような最初の日本...
レッドクリフ Part? (★YUKAの気ままな有閑日記★)
『三国志』には詳しくありませんが、チラホラ知ってはいるので、例によって「諸葛孔明って素敵~」的なミーハーな認識程度はあります(照)で、、、智に長けた孔明を金城君が、そして孔明に勝るとも劣らない知力と仁徳のある周瑜をトニー・レオンが演じるんだもの・・・こ...
『レッドクリフ Part1』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「レッドクリフ Part1」□監督 ジョン・ウー □キャスト トニー・レオン、金城武、リン・チーリン、チャン・チェン、ヴィッキー・チャオ、フー・ジュン、中村獅童、チャン・フォンイー ■鑑賞日 12月14日(日)■劇場 チネチッタ...
レッドクリフ Part1 (生まれてから今まで観てきた映画全部)
ご無沙汰してますが、久しぶりに本日映画を観てきました。「レッドクリフ Part1」でございます。これはもうジョン・ウーが三国志をやるとニュ...
レッドクリフ Part I ( Art- Mill  あーとみる)
* レッドクリフ Part I HP http://redcliff.jp/index.html 「三国志」オタクとしては、「よくぞ作っていただきました」と感激。「三国志」の新しい物語がまたひとつ増えた歓びが大きい。
レッドクリフ part1 (なにも起こらなかった一日の終わりに。ver2.0)
 今日は三国志の有名エピソード、”赤壁の戦い”を描いたジョン・ウー監督の超大作!(の前編)「レッドクリフ part1」を観てきましたよう!!  西暦208年の中国。  曹操は劉備・孫権を討伐するために大軍を率いて南下。  諸葛亮は劉備に孫権との同盟を築くこと...
「レッドクリフ Part?」 (或る日の出来事)
はじめに、舞台となった中国の当時の状況説明(どこの国の誰がどうした、とか)が日本語であったので、一瞬、吹替え版が間違って上映されて...
レッドクリフ「赤壁」感想 続きものだったとは・・・ (ポコアポコヤ 映画倉庫)
三国志を恥ずかしながら良く知りません・・・。知ってから見た方が良いに決まってます・・。以前から三国志を読みたいと思いつつも、壮大な...
レッド・クリフ Part1 赤壁の戦い前夜 (ネット社会、その光と影を追うー)
壬申の乱、応仁から戦国、幕末から明治維新……わが国
レッドクリフ Part1 (迷宮映画館)
周瑜と孔明のキャストがなあ・・・。
映画「レッドクリフ Part I 」 (FREE TIME)
11月1日のファーストデーに、映画「レッドクリフ Part I 」を鑑賞しました。
レッドクリフ Part I (2ちゃんねる映画ブログ)
【三国志】レッドクリフ(赤壁) Part3【白い鳩と二丁○○】 http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1224684751/ 1 :名無シネマ@上映中 :2008/10/22(水) 23:12:31 ID:IFMAVW+A 巨匠ジョン・ウー監督を迎え、トニ...
[映画『レッド・クリフ PART1』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』)
☆最初は、TVゲーム的な画面構成で、時代状況や、英雄の配置を説明されて、「おやおや随分とザックリした映像作りだなあ」と思って見ていた。  でも、そのカンニング的な作りが、すぐに語られる曹操軍や劉備軍の世界にスムーズに移行させてくれて嬉しい。  私は「三...
レッドクリフ Part I (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『1800年の時を超えて、愛と勇気の伝説が、今、よみがえる。』  コチラの「レッドクリフ Part I」は、日本でも人気の高い「三国志」の有名なエピソード「赤壁の戦い」を100億円の製作費で映画化した11/1公開のヒストリカル・アクションなのですが、早速観て来ちゃい...
『レッドクリフ PartI』 (ラムの大通り)
(原題:Red Cliff 赤壁) 「もう、これは大満足。 映画の日にこの作品の初日をもってくるなんて、 配給・興行も憎いことをするね」 ----そうニャンだ。 最初、えいは「『三国志』を知らないし、 分かりにくいかも」と心配していなかった? 「いや、それがね。 映画の前...
「レッドクリフ Part I 」 ~赤壁の戦いへ (cocowacoco)
映画 「レッドクリフ Part I 」 RED CLIFF 赤壁 (日本語吹替版)観ました      ジョン・ウー監督 2008年 アメリカ/中国/日本/台湾/韓国     あー私のバカバカ!時間に遅れて、また日本語吹替えになった~。 でも『三國志』素人な私には反って良かった...
『レッドクリフ/Part I』を観たよ。 (【待宵夜話】++徒然夢想++)
 とりあえず、諸葛孔明が素敵なら、私はそれでいいのだ。 『レッドクリフ/Part I』 "RED CLIFF" "赤壁" 2008年・アメリカ&中国&日本&台湾&韓...
★★★★ 『レッドクリフ Part?』 (映画の感想文日記)
2008年。アメリカ/中国/日本/台湾/韓国。"RED CLIFF".   ジョン・ウー監督。
レッドクリフ Part1 (Akira's VOICE)
興奮と退屈が,いったりきたり。
レッド・クリフ(Part1)/RED CLIFF/赤壁 (我想一個人映画美的女人blog)
ジョン・ウー監督が、構想18年、制作費100億、 更に10億、自らの資産をつぎ込んで創り上げた最新作はなんと三国志{/ee_3/} 中国、香港、台湾、韓国、タイ、シンガポールとアジア各国で7月10日から公開中! のきなみ興行成績の記録を更新するほどの大ヒット。 今年の上...
レッドクリフ (金城武さん) (yanajunのイラスト・まんが道)
◆孔明 役の金城武さん(のつもり) 金城武さんは、現在公開中の映画『レッドクリフ Part I』に諸葛亮(孔明)役で出演しています。 昨日、ようやく劇場に観に行くことができました。 ●あらすじと感想
レッドクリフ Part I (お気に入りの映画 2)
2008年 アメリカ=中国=日本=台湾=韓国映画 監 督 ジョン・ウー 出 演 トニー・レオン 、金城武 、チャン・フォンイー 、チャン・チェン 、ヴィッキー・チャオ 、フー・ジュン 、中村獅童 、リン・チーリン あらすじ goo映画 、 allcinema 感...
★レッドクリフPartI(2008)★ (CinemaCollection)
REDCLIFF赤壁帝国が、襲ってくる。信じる心、残っているか。上映時間145分製作国アメリカ/中国/日本/台湾/韓国公開情報劇場公開(東宝東和=エイベックス・エンタテインメント)初公開年月2008/11/01ジャンル歴史劇/アクション/ドラマアジア映画史上最大規模制作費1....
レッドクリフ (シネマ大好き)
昨夜、試写会で「レッドクリフ」を観た。 中国琴の生演奏の後、ジョン・ウー監督、孫権役のチャン・チェン、小喬役のリー・チンが会場に現れ、挨拶と長いインタビュー。豪華な試写会でした。 1800年前の中国、後漢が滅んだあとに興った、魏・呉・蜀の三国時代を描...
映画 【レッドクリフ Part 1 】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「レッドクリフ Part 1 」 ジョン・ウー監督が100億円を投じて「三国志」を映画化。 おはなし:今から1800年前の中国。絶大な権力を握る曹操(チャン・フォンイー)は、その兵力にものをいわせて敵国を攻めたてていた。彼の天下統一の野望を打ち砕くため、孔...
赤壁の戦い・前編~『レッドクリフ Part I』 (真紅のthinkingdays)
 RED CLIFF  赤壁  今を遡る事1800年、西暦208年の中国、群雄割拠の時代。80万の兵を率いる 魏の曹操(チャン・フォンイー)は、小国であ...
レッドクリフ第1部 (充実した毎日を送るための独り言)
・レッドクリフ第1部(11月1日より公開 出演:トニーレオン・金城武出演) 三国志の「赤壁の戦い」をモデルにしており、2部構成で今回は前半部分(後半は来年の4月に公開予定) 「赤壁の戦い」のメイン(船を燃やす)は後半部分となるので、今回はそれを際立たせ...
レッドクリフ PartI (Yuhiの読書日記+α)
かの有名な「三国志」の中でも最も有名な合戦である「赤壁の戦い」を、ジョン・ウー監督の手により映像化。出演は、トニー・レオン、金城武、チャン・フォンイー、チャン・チェン、ヴィッキー・チャオ、フー・ジュン、中村獅童など。 <あらすじ> 西暦208年。曹操軍に追...
レッドクリフ Part1 (悠雅的生活)
西暦208年 長江 赤壁の戦い。
レッドクリフ Part 1 (2008) (萌映画)
制作がアメリカ/中国/日本/台湾/韓国となっている「レッドクリフ」、よってたかって作ったけど主導権は中国にあったんだろうーな。日本のスペクタクルものにありがちなチープさや甘えは一切ない。重厚な美術、迫力の肉弾戦、出た人海戦術、破綻の無いCG、全編中国語...
レッドクリフ Part I (小部屋日記)
赤壁/RED CLIFF(2008/中国=台湾=韓国=アメリカ=日本)【劇場公開】 監督: ジョン・ウー 出演:トニー・レオン/金城武/リン・チーリン/チャン・チェン/ヴィッキー・チャオ/フー・ジュン/中村獅童/チャン・フォンイー 帝国が、襲ってくる。 信じる心、残って...
「レッドクリフ Part I」少数精鋭で大軍に挑んだ孔明の周瑜の策略と陣形 (オールマイティにコメンテート)
「レッドクリフ Part I」は1800年前の後漢時代の後期に行われた赤壁の戦いを舞台にし、三国志のワンシーンとして今でも語り継がれる戦いを映画化した作品である。1度でも三国志を読んだ人には見応えのある内容となっており、歴史を知らない人でもその迫力と攻防戦は...
レッドクリフ Part? (UkiUkiれいんぼーデイ)
JUGEMテーマ:映画 2008年11月1日 公開 異体同心なればなにごとか成就せん すんげぇぇぇー!!! も、ジュン・ウー監督って やっぱすっげぇぇぇえぇぇぇ!!! 鑑賞中、心の中で何度ジョン・ウー監督に拍手を贈ったことでしょう。 全てにおい...
レッドクリフ Part I (花ごよみ)
監督はジョン・ウー。 「三国志」が原作。 三国とは曹操の魏、孫権の呉、劉備の蜀、 西暦200年以降の中国の勢力分布。 10月にNHKで、 その時歴史が動いた 三国志クライマックス! 激動の英雄たち 3つの「その時」を、 見ていたおかげで 理解しやすかったです。 ...
『レッドクリフ Part I』 (kuemama。の<ウェブリブログのへや>)
【RED CLIFF/赤壁】 2008年/米・中・日・台・韓/145分 【オフィシャルサイト】 監督:ジョン・ウー 出演:トニー・レオン、金城武、ヴィッキー・チャオ、チャン・チェン、中村獅童、チャン・フォンイー、フー・ジュン、リン・チーリン
レッドクリフ Part I (Memoirs_of_dai)
結局は女のために闘う 【Story】 はるか昔の中国で絶大な権力を握る曹操(チャン・フォンイー)は、その兵力にものをいわせて敵国を攻めた...
レッドクリフ Part I (to Heart)
帝国が、襲ってくる。 信じる心、残っているか。 三国志の有名なエピソード“赤壁の戦い”を全2部作で描く歴史スペクタクル巨編の前編。ジョン・ウー監督が100億円を投じて作り上げた歴史アクション大作。 上映時間 145分 製作国 アメリカ/中国/日本/台湾/韓国 監...
レッドクリフ Part? (08’F=8本目) (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価★★★★ 久々に観た!三国志に見るアジアの一大叙情詩!
151●レッドクリフ Part.? (レザボアCATs)
最高に面白かった~!!『三国志』を舞台に繰り広げられる、ジョン・ウーの歴史超超超大作。もう、全てが見所すぎて、疲れました(笑)どこまでもカッコいいアクション。やっぱりジョン・ウーはこうでなくっちゃ!
■『レッドクリフ Part I 』■ ※ネタバレ有 (~青いそよ風が吹く街角~)
2008年:アメリカ+中国+日本+台湾+韓国合作映画、ジョン・ウー監督、『傷だらけの男たち』のトニー・レオン&金城武主演。
「レッドクリフPartI」 (かいコ。の気ままに生活)
「三国志」を基にした歴史アクション大作。「レッドクリフPartI」公式サイト「M:I-2」がびみょうだったので ジョン・ウー監督どうかなあと思ってたんですけど・・単に三国志好きだからか、タダの金城ファンだからか結構楽しかったデス~子供の頃見てた人形劇三国志からこ...
レッドクリフ Part? (メルブロ)
レッドクリフ Part? 231本目 2008-37 上映時間 2時間25分 監督 ジョン・ウー 出演 トニー・レオン 金城武 チャン・フォンイー チャン・チェン ビッキー・チャオ フー・ジュン 中村獅童 会場 TOHOシネマズ府中 評価7点(10点満点)  三国志の「...
レッドクリフ見てきたよ♪ (+++turbo addiction+++)
「レッドクリフ」見てきました!! http://redcliff.jp/index.html 混んでたー。 ヽ(`Д´)ノ 一番前の席はやっぱ、目が疲れる。。。 この映画、2部作でした。 次は来年の春・・・。 内容、忘れちゃうよー!! 。・ ゜・。* 。 +゜。・.。* ゜ + 。・゜・(ノД`)
レッドクリフ Part I (虎猫の気まぐれシネマ日記)
あらすじ: はるか昔の中国で絶大な権力を握る曹操(チャン・フォンイー)は、その兵力にものをいわせて敵国を攻めたてていた。彼の天下統一の野望を打ち砕くため、孔明(金城武)と周瑜(トニー・レオン)はともに協力し、連合軍を結成。だが連合軍の数はわずか6万、片や...
レッドクリフ Part1・・・・・評価額1550円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
中国歴史文学の中でも、汎アジア的な人気を誇る「三国志」中の、前半部分のクライマックス「赤壁の戦い」の映画化。 ジョン・ウー監督が長年...
【映画】レッドクリフ Part I (新!やさぐれ日記)
▼動機 今月末期限の無料鑑賞券を使うため ▼感想 つみきみほがでてた。 ▼満足度 ------- おいとき ▼あらすじ はるか昔の中国で絶大な権力を握る曹操(チャン・フォンイー)は、その兵力にものをいわせて敵国を攻めたてていた。彼の天下統一の野望を打...
『レッドクリフ Part I』 (シネマのある生活~とウダウダな日々)
1800年の時を超えて、愛と勇気の伝説が今、よみがえる。 ―世紀のビッグプロジェクト。 ジョン・ウー版「三国志」誕生!―
【レッドクリフ Part I 】 (+++ Candy Cinema +++)
【RED CLIFF/赤壁】【監・製・総・脚】  ジョン・ウー 【製作国・地域】  アメリカ/中国/日本/台湾/韓国  【配給会社】      東宝東和...
『レッドクリフ Part ?』('08初鑑賞140・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆- (5段階評価で 4) 11月1日(土) ファースト・デイで ¥1000  109シネマズHAT神戸 シアター9にて 14:20の回を鑑賞。
映画『レッドクリフ Part1』 (健康への長い道)
今朝もまた無意識に目覚ましを止めてしまった・・・。 さて、制作費100億円。作ったら5時間になっちゃったので、2部作に分けたという大作です。 TOHOシネマズ梅田は、この頃いつもチケット売り場が混雑しているので、今回は事前にネットで指定席を購入して行きまし...
『レッドクリフ PartI』 (Rabiovsky計画)
『レッドクリフ PartI』公式サイト 監督・製作・製作総指揮・脚本:ジョン・ウー 出演:トニー・レオン 、金城武 、チャン・フォンイー 、チャン・チェン    ヴィッキー・チャオ 、フー・ジュン 、中村獅童 、リン・チーリン 2008年/アメリカ・中国・日...
レッドクリフ Part? (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
曹操の大軍80万に義と知略で立ち向かう劉備軍・孫権軍5万の連合軍、勝機は何処に! 物語:西暦208年。曹操軍に追われる劉備軍は孫権軍と同盟を結ぶため、軍師の孔明を孫権のもとに遣わした。 しかし孫権軍では曹操に驚異を感じているものの非戦を唱える臣下が多く、...
レッドクリフPart1 (ももママの心のblog)
三国志の中心的エピソードの赤壁の戦いが、超大型絵巻物となりました。正史「三国志」に「三国志演義」を混ぜ、ジョン・ウー風味もプラスして、アクションシーンも見所満載。三国志に詳しくない人にも楽しめる壮大な娯楽作となっています。
レッドクリフ Part I (ルナのシネマ缶)
「三国志」の中でも有名な 「赤壁の戦い」をジョン・ウー監督が 100億!をかけて映画化! たしかに、お金かかてる~って 感じのスケールでした! 2時間半ちかくの長編ですが、 肝心の赤壁の戦いの前までです。 西暦208年、中国で絶大な権力を握る曹操(チャ...
映画 『レッドクリフ Part I』 (きららのきらきら生活)
  ☆公式サイト☆『M:I-2』などの巨匠、ジョン・ウー監督が100億円を投じて作り上げた歴史アクション大作。中国の英雄伝「三国志」を基に、国を賭けて戦う男たちの壮大なロマンと、彼らを陰で支える女性たちの姿も浮き彫りにする。はるか昔の中国で絶大な権力を握る曹操...
レッドクリフ Part I (だらだら無気力ブログ)
ジョン・ウー監督が「三国志」で有名な闘いである赤壁の戦いを全2部作で 描く歴史劇の第一作。西暦208年。後漢王朝の丞相である曹操は、荊州・新野に駐屯している 劉備と江南の孫権を討つべく80万の軍をさし向ける。 太刀うちできない劉備軍は、曹操軍の攻撃を凌...
【レッドクリフ Part1】 (日々のつぶやき)
監督:ジョン・ウー 出演:トニー・レオン、金城武、チャン・フォンイー、チャン・チェン、リン・チーリン、中村獅童 歴史物はあまり得意じゃないし、三国志は何度も挫折しているし・・・ということでパスしようかな~と思っていたのですが、三国志知らなくても楽しめ
レッドクリフ Part I (ジャスの部屋 -映画とゲーム-)
映画「レッドクリフ Part I」の感想です
映画『レッドクリフ Part I』 (オタマ・レベルアップ)
映画『レッドクリフ Part I』を見たよぉ~ メディア 映画 上映時間 145分 製作国 アメリカ/中国/日本/台湾/韓国 公開情報 劇場公開(東宝東和=エイベックス・エンタテインメント) 初公開年月 2008/11/01 ジャンル 歴史劇/アクション/ドラマ ...
レッドクリフPart1 (ぷち てんてん)
☆レッドクリフ☆(2008)ジョン・ウー監督トニー・レオン金城武ストーリー 西暦208年。帝国を支配する曹操は、いよいよ劉備軍、孫権軍の征討に向け80万の大軍を率いて南下を開始した。最初の標的となった劉備軍はわずか2万。撤退が遅れ、曹操軍に追いつかれてしまい全....
レッドクリフ Part I (評価:◎) (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】ジョン・ウー 【出演】トニー・レオン/金城武/チャン・フォンイー/チャン・チェン/ビッキー・チャオ/フー・ジュン/中村獅童/リン・チ...
レッドクリフ Part1 (楽しい株主優待生活)
先日、レディースデイに観てきました{/onpu/} 三国志のストーリーは全く分かっていない私ですが、 内容も分かりやすく面白かったです。 戦力で劣る軍が大軍勢を翻弄する様は見事でした。 相手を挑発して罠に誘いこむところなど、 真田一族やカルタゴのハンニバルみたいで...
映画『レッドクリフ Part1』 (闘争と逃走の道程)
 『三国志』最大の戦い《赤壁の戦い》を、総制作費100億円をかけて映像化した、壮大な歴史ロマン。監督は『男たちの挽歌』シリーズや『...
レッドクリフ Part I (マー坊君の映画ぶろぐ)
「レッドクリフ Part I」監督:ジョン・ウー出演:トニー・レオン(『傷だらけの男たち』『インファナル・アフェア』)金城武(『Sweet Rain 死神の精度』『傷だらけの男たち』)チャン・フォンイー(『始皇帝暗殺』)チャン・チェン(『遠くの空に消えた』『グリーン・デ...
レッドクリフ Part I (とりあえず、コメントです)
三国志の中でも有名な“赤壁の戦い”を描いた大作です。 ジョン・ウーが心行くまで描きました!という熱意にあふれているような作品でした。 ストーリーはとっても有名なので書きません(^^ゞ ただ、このPart Iでは孔明(金城武)と周瑜(トニー・レオン)の出会いと連合...
●レッドクリフ Part?(78) (映画とワンピースのこでまり日記)
日本語で始まるから吹き替え版と間違えたのかと思っちゃった。
レッドクリフ Part?◆よみがえる「三国志」の世界 (好きな映画だけ見ていたい)
     「レッドクリフ Part?」 (2008年・アメリカ/中国/日本/台湾/韓国) 中国、後漢末期から100年にわたる群雄割拠の時代を記録した歴史書「三国志」。覇権を争う魏、呉、蜀、三国の興亡を描いた全65巻に及ぶこの史書は後年、説話や講談を取り込みながら歴史通俗小...
レッドクリフ PartI (ダイターンクラッシュ!!)
11月9日(日) 16:30~ 日劇1 料金:1250円(有楽町の金券屋チケットフナキで前売り券を購入) プログラム:600円(未購入) 『レッドクリフ PartI』公式サイト ジョン・ウー先生の渾身の三国志。 諸葛孔明しか知らず、劉備を劉邦、関羽を項羽とごちゃ混ぜにしてい...
レッドクリフ Part?◆よみがえる「三国志」の世界 (好きな映画だけ見ていたい)
     「レッドクリフ Part?」 (2008年・アメリカ/中国/日本/台湾/韓国) 中国、後漢末期から100年にわたる群雄割拠の時代を記録した歴史書「三国志」。覇権を争う魏、呉、蜀、三国の興亡を描いた全65巻に及ぶこの史書は後年、説話や講談を取り込みながら歴史通俗小...
「レッドクリフ Part?」 (てんびんthe LIFE)
「レッドクリフ Part?」試写会 よみうりホールで鑑賞 この超大作、ジョン・ウーったらあっという間に作ってしまったのね、すごい。 近年、活字離れが激しい私はこの歴史絵巻が上っ面しか分からず、もっと勉強してから行くべきだったと、ちと後悔。 これから Pa...
レッドクリフ (描きたいアレコレ・やや甘口)
張飛の虎ひげや逆立つ眉毛や、関羽の美髭を見ると、嬉しくなるけれど...。 孔明役の金城武が、案外良くてビックリ!この人の映画や演技と...
「レッドクリフ」:船堀駅前バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/hiyo_en2/}何でこんなところにあんなタワーがあるの? {/kaeru_en4/}敵が攻めて来たときに見つけやすいようにじゃないか? {/hiyo_en2/}敵? {/kaeru_en4/}洛陽へ進軍した曹操とかさあ。 {/hiyo_en2/}って、いつの時代のどこの国の話してるのよ。 {/kaeru_en4/}三国志...
【レッドクリフ Part I】鳩も舞う赤壁の戦い (映画@見取り八段)
レッドクリフ ~赤壁~ 監督: ジョン・ウー 出演:  トニー・レオン、金城武、チャン・フォンイー、チャン・チェン 公開: 2008年11月 ...
『レッドクリフ Part I』 (シネマのある生活~とウダウダな日々)
1800年の時を超えて、愛と勇気の伝説が今、よみがえる。 ―世紀のビッグプロジェクト。 ジョン・ウー版「三国志」誕生!―
レッドクリフ Part1(ネタバレあり) (エミの気紛れ日記)
どうも、『真・三国無双5』よりは『真・三国無双4』のほうが好きなエミです。 最も、ゲーム三国志で一番すきなのは同じKOEIが出してる『三國志』なんですけどね(笑) さて『三国志』と言えば学校図書で唯一置くことが許された横山光輝のマンガを読んでハマる人...