ば○こう○ちの納得いかないコーナー

「世の中の不条理な出来事」に吼えるブログ。(映画及び小説の評価は、「星5つ」を最高と定義。)

彼が生きていたらディカプリオは・・・

2004年12月09日 | 映画関連
戦争のはじめかた」という映画の紹介記事を読んでいて、ホアキン・フェニックスという役者名に目が留まった。もしやと思い、記事を更に読み進んだ所、やはりあのリバー・フェニックスの弟という事だった。

リバーを最初に見たのは「スタンド・バイ・ミー」だった。彼は当時16歳の少年だったのだが、その存在感は圧倒的なものがあった。男の自分の目を通しても、憂いを帯びた色気を感じさせる男優で、”永遠の青春スター”ジェームス・ディーンの雰囲気と何処かしらオーバーラップする物が在った。その後、「ジミー/サヨナラのキスもしてくれない」や「旅立ちの時」、「インディ・ジョーンズ/最後の聖戦」、「マイ・プライベート・アイダホ」等の映画に出演する彼は、若手スターのトップを走り、益々魅力的な役者になっていった。将来が非常に楽しみな映画スターだった。しかし・・・。

23歳の彼は此の世から突然去って行った。ドラッグに拠る突然死だった。次代の映画スターとして嘱望されていた彼が、薬物死した事が信じられなかったし、情けなくもあった。心底素晴らしい役者になると思っていただけに、映画界にとって大きな損失だと感じた。

そんな彼の弟が、ホアキン・フェニックスだという。かなり昔、リバーが存命中の頃に、彼の特集記事を目にした事がある。彼の両親は自然回帰を訴える宗教を信じ、ヒッピーの如く全米各地を転々としていたという。そんな生活の中で、彼は長男として生を受け、他に4人の弟妹が居る。自然主義者の親は、彼等に「リバー(川)」、「リーフ(葉)」、「サマー(夏)」、「レイン(雨)」、「リバティー(自由)」という名を付けたという内容が、印象に強く残っていた。

リバーが亡くなって以降、弟のリーフが役者としてデビューしたという話は耳にしていた。しかし、そのデビューは、リバーを愛していた人達からは決して好意的には受け止められていなかった様に記憶する。と言うのも、薬物中毒で昏睡状態に陥ったリバーを前にして、一緒に居たリーフはひたすら動揺するだけで、救急車すらも呼べない有様だったからだと言われている。彼がいち早く救急車を呼んでいたら・・・そんな思いが在るだけに、彼には兄を見殺しにした弟というイメージが付いてしまった様だ。

そして、リーフの出演する映画も見る事なく、自分の中で彼の名前は忘却の彼方に消え去って行った・・・。

今回、記事を読んで調べてみたのだが、リーフは何時の頃からかホアキンと改名した様だ。彼の顔も確認出来たが、兄が正統派の美青年であったのに対し、彼はワイルドであくの強い顔立ち。個性派男優として、評価されているらしい。又、他の3人の姉妹全てが女優になっている事も初めて知った。リバーの遺伝子は映画界に生き続けているという事か。

ホアキンの年齢を見ると30歳とある。リバーの享年を7つも越えてしまっている。リバーが生きていたら、今は34歳。どんな役者になっていただろうか。

時々思う事が在る。リバーが生きて役者を続けていたとしたら、今の男優の顔触れもかなり変わっていたのではないかと。何処となく雰囲気の似たレオナルド・ディカプリオも、日の目を見る事が無かったかもしれない。若くして亡くなった彼を、改めて残念に思った。
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« これじゃあまるで浅見光彦だ | トップ | 河原投手は”ドラクエ魔神”だ... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
しばらくぶりでした。 (麗菜)
2004-12-09 16:55:22
リバーフェニックスが「バスケットボールダイアリーズ」という映画の主演を断ったのは、あまりにも自分とリアルでありすぎた為だったと聞きました。



そして、リバーフェニックスが断った、その役を、ディカプリオが演じるという結果になったらしいけど、



リバーフェニックスがリアルすぎて断るって気持がなんとなぁくでしかないけど、まったく違うベクトルかもしれないけど、解るような気がする。



風俗譲として働きだして、源氏名をつけるのに、当初、本名でやっておりました。

たまたま、お客さんであたったソープの店長さんに、「本名でするのはやめなさい。仕事で女を演じるという自分と本来の自分の境がなくなってしまうから…」って言われて、名前を変えました。



リアルな自分と、やっぱりお客さんに対しては違った自分を演じてきたと思う。



話、ずれてますね。毎度のことですみません。



コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。