ば○こう○ちの納得いかないコーナー

「世の中の不条理な出来事」に吼えるブログ。(映画及び小説の評価は、「星5つ」を最高と定義。)

希少価値

2014年07月20日 | スポーツ関連

*********************************

伊東監督『こんなの球宴じゃ無い。」選手起用縛り”に悲鳴/球宴」(7月20日、サンスポ

 

マツダオールスターゲーム第2戦(19日、全6-12全甲子園)球宴2試合で全パの指揮執っロッテ・伊東勤監督(51歳)が19日、選手起用を巡っ火の車だった舞台裏を告白。「此れ提言。こういう状況は起こり得る訳で、出場選手(現行の28選手)を増やすべきです。」と熱く語った。

 

腰痛の手術で欠場となった星野監督(楽天)に代わり、急遽、指揮を執る事になった。特に第2戦は先発大谷日本ハム)が所属球団からの要請で1回限定の“縛り”が・・・。「何とか2回投げて欲しい・・・と(日本ハム側に)頼み込んだけど、答えはNO。結果、楽天が被ってくれました。」と明かした。

 

楽天は則本が2回(本来は1回)、前日18日に2回を投げ、登板予定の無かった福山此の夜も2回を投げた。

 

其れでも、万が一野手今宮ソフトバンク)を「最終投手」として用意。前夜の内に全セ・監督(巨人)に伺いを立て快諾して貰ったたと言う。

 

故障者や直前の公式戦で投げた等の事情は仕方が無い。中途半端にしか出られない選手を、判っていて選ぶのはファンに失礼。こんなの球宴じゃ無い。今回だって、選ばれてもおかしくない、ピンピンしている選手が他にも沢山居るでしょう。

 

こうした現場の声(或る意味・・・悲鳴)を日本野球機構(NPB)はどう聞く!?

*********************************

 

TV中継の)視聴率低迷から、5年前には「来年限りで、廃止されるのでは?」という噂も在ったオールスターゲーム。昔は夢中になって見ていた自分も、近年は“意識して”見る事が殆ど無い。「、TVを点けたらオールスターゲームが放送されていたので、何と無く見る。」という感じだったが、昨日の第2戦は久々に“意識して”見入ってしまった。

 

其の大きな要因は、藤浪晋太郎&大谷翔平という活きの良い若手投手が先発した事。打たれはしたものの、藤浪投手は大器片鱗を示してくれたし、大谷投手に到っては「プロ野球最速タイ球速162km。」という球を投じ、「矢張り只者では無いな。」と再認識させられた。

 

で、今回の伊東監督の提言だが、指揮官としては当然の不満だろう。自チームの選手ならば未だしも、他チームから預かった選手の起用には、唯でさえ気を遣う物。悪意が無くても、他チームの選手、特に投手を多用すると、「後半戦を睨んで、他チームの選手を故障させ様としているのでは?」等と、痛くも無い腹を探られたりするのだから。

 

公平な起用をしようと思えば思う程、“縛りが多い選手”の存在は厄介。そういう選手に配慮を見せれば、他の選手達に皺寄せが行ってしまう。と言って、今回の場合、大谷投手自身が悪い訳では無いし、伊東監督が「故障者や直前の公式戦で投げた等の事情は仕方が無い。」と口にしている様に、「故障させられては堪らない。」というファイターズの思いも理解出来る。「オールスターゲーム」という物の“仕組み”に、矢張り問題が在ると言わざるを得ない。

 

5年前の記事「オールスターゲームの存続に付いて」の中で、「オールスターゲームという物に対する関心が低くなった理由」を幾つか記したが、一番の理由はオールスターゲームの希少価値が下がってしまった。という事。芸能界もそうだが、球界でも“スター”と呼べる存在が、昔に比べて格段と減った。3試合制だった昔でも「試合数が多いなあ。」とは思っていたが、真のスター選手が激減した今に在っては、2試合でも多いと感じる。

 

リーグの出場選手数は現行「28人」で、そうなると各チームから平均で4人は選ばれる計算。組織票の問題も在り、中には「オールスターゲームに出場するのが、本当に相応しいのか?」と感じてしまうレヴェルの選手出場するケース見受けらる。此れではオールスターゲームの希少価値が下がってしまうだろうし、惹いては選手達から「夢のオールスターゲームに選ばれた!」という喜びを減じさせてしまうのではないだろうか。

 

「NPBの台所事情が厳しいので、大きな収益となるオールスターゲームは、年に最低でも2回は開催しないといけない。」という事情が在るのは判るが、其の為にオールスターゲームの希少価値が下がってしまうのでは本末転倒「年に1回開催」(希少価値を上げる事で、放映権料を上げる。)とし、各リーグの出場選手数を例えば「20人」に減らす(野手12人程度、投手は8人程度。故障等の問題が起き難い様に、試合は9イニング迄とする等。)といった抜本的改革を求めたい。勿論、より厳しい組織票対策も必要だろう。

『野球』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 挨拶 | トップ | ○○○とXXは関連無し »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
7/19 マツダオールスターゲーム2014・第2戦【全パ12-6全セ(甲子園)】~162キロを投げる大谷くんは凄いけど…+J1第15節の件な... (ポロと旅する&あさちゃん。スポーツ2)
それをバットに当てちゃう鳥谷にもアッパレ(^o^) 2014 オールスター第2戦 全球 鳥谷敬vs大谷翔平 160kmをレフト前ヒット!! しかも、160キロのストレートをレフト前ヒットにしちゃうし… 7月19日(土)18:30~ マツダオールスターゲーム2014・第2戦(甲子園、1勝1敗...