ば○こう○ちの納得いかないコーナー

「世の中の不条理な出来事」に吼えるブログ。(映画及び小説の評価は、「星5つ」を最高と定義。)

愛すべきオバカ映画「SURVIVE STYLE 5+」

2004年10月14日 | 映画関連
先日見た映画「SURVIVE STYLE 5+(サバイブスタイル5+)」だが、愛すべきオバカ映画といった感じで、兎に角笑えた。

この映画の脚本を手掛けているのは、CMプランナーの多田琢氏。サントリーの「DAKARA」や富士通の「FMV」、布袋寅泰に追われる永瀬正敏が他社CMに逃げ込んで行くという業界初のコラボレーションCMであるサントリー「BOSS」等を手掛けた人物。そして、監督の関口現氏はCMディレクターとして、アコムの「むじんくん」やキリン「FIRE」、WOWOWのCM等を手掛けている。つまり、CM界の巨匠がタッグを組んだ映画なのである。

「殺しても殺しても、より凶暴さを増して蘇って来る妻を、尚も殺そうとする」や「催眠術にかけられた自分を鳥だと思い込み暮らす父親」等、非現実的な人物や設定の5つのエピソードが、オムニバス形式で一つの不可思議な世界を作り上げている。ドギツイとも言える原色がふんだんに使われた世界。ミュージッククリップを思わせる音楽と、テンポの良い台詞&映像が絶妙なノリで迫って来る。このノリは、日本で言えば「木更津キャッツアイ」、海外で言えば「オースチン・パワーズ」に近いかも。映像的にもっと近い感じの映画が有った様な・・・と思っていたら、ふと頭に浮かんだのがブラッド・ピット主演の「snatch(スナッチ)」。映像面に煩い人達の間では結構話題になった映画だが、音楽と映像のコントラストの妙が実に似ている気がした。*1

それにしても、出演している役者*2がどれもこれも一癖も二癖も有りそうな個性派揃い。特に、「69」でも良い味を出していた岸部一徳と、劇団「大人計画」(この劇団に付いては、不勉強で知らなかったのだが(^o^;;;。)の主要メンバーでもある荒川良々が、最高に良い演技をしていた。この二人に関しては、一挙手一投足、台詞の一つ一つが実に気になり、笑いを堪えるのが大変だった。

最後のオチは、全く隙を突かれたもので、やられた感一杯だ。

*1 ”ロンドンから来た殺し屋”役の人物に見覚えが有るなあと感じていたが、パンフレットを見た所、「snatch」で”過激な殺し屋”役を演じたヴィニー・ジョーンズであった。やはり、「snatch」を意識して作った映画なのではないかと改めて思った次第。彼が何度も繰り返す台詞、”What’s your function here?(お前の役割は何だ?)”が耳に残って離れない。

*2 小泉今日子もCMプランナー役で出ている。彼女は、我が若き頃のアイドルだったのだが、正直老けたなあという思いが。まあ、自分もそれだけ老けた訳だが(^o^;;;。
コメント (20)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 興行的には大成功だが・・・... | トップ | 「ロンドンハーツ」高視聴率... »
最近の画像もっと見る

20 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (s@murai7)
2004-10-14 07:25:13
トラックバックありがとうございました

SURVIVE、笑えました。阿部ちゃんもよかったですよね
69も (cyaz)
2004-10-14 08:48:34
TB、ありがとうございましたm(_ _)m



『69』もなかなか面白かったですねぇ^^

ああいう時代もあったなぁって感じで(笑)?!

邦画万歳 (yukin-co)
2004-10-14 10:14:07
トラックバックありがとうございました★荒川良々最高ですよね!!存在自体がおもしろい・・・・次は恋の門を見に行く予定です。松尾スズキ監督ということで期待度120㌫です[^3^]
こんばんは (ユウコ☆)
2004-10-14 19:05:26
トラックバックありがとうございました。

まさに愛すべきおバカ映画というのが

ふさわしい映画でしたよね。

ラストは微妙に感動してしまいました。

どうも ()
2004-10-14 19:38:23
トラックバックありがとうございました!

ホント岸部一徳と荒川良々にはやられちゃいました。

おもしろくて2回映画館に見に行ったのに

他のお客さんが2日合わせて5人しかいませんでした。

ほとんど貸し切り状態でした。
>cyaz様 (giants-55)
2004-10-14 21:35:41
初めまして。書き込み有難うございました。



基本的に、書き込みして下さった方のブログへ、直接レスを付けさせて戴く形を取っているのですが、貴ブログのURLを失念してしまった為、こちらに書き込む失礼の段を御許し下さい。



「69」には自分も懐かしさを感じました。程度の差は有るでしょうが、ああいう風なハチャメチャな時期って、誰しも経験してるって事でしょうね(笑)。



これからも宜しく御願い致します。
>yukin-co様 (giants-55)
2004-10-14 21:38:36
初めまして。書き込み有難うございました。



基本的に、書き込みして下さった方のブログへ、直接レスを付けさせて戴く形を取っているのですが、貴ブログのURLを失念してしまった為、こちらに書き込む失礼の段を御許し下さい。



不勉強ながら、荒川良々さんは、この映画を見る迄は全く知りませんでした。強烈なキャラしてますよね(笑)。もう、一言一言に爆笑してしまいました(^o^;;;。



これからも宜しく御願い致します。
TBお礼 (ニセはちべえ)
2004-10-14 23:39:01
TBありがとう。

なんといっても荒川良々の通訳が最高でした。大笑いです。

ヴィニー・ジョーンズ(殺し屋)と荒川良々(通訳)の関係は、トルシエとダバディをイメージしたそうです。納得。
はじめまして (SHO)
2004-10-15 01:05:40
トラックバックありがとうございます。

荒川良々は最近いろんな作品に出てますが、

どれもインパクトが強いです^^。

小泉さんのCMプランナーの考えたCMが

かなり笑えました。

はじめまして (ろみ)
2004-10-15 01:18:56
TBありがとうございました。

私も良々くんかなりツボでした

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

15 トラックバック

「ロボコン」::怪優・荒川良々にやられた!          ★★映画観ました★★ (創難駄project(そうなんだプロジェクト))
レンタルDVDで、昨年公開された邦画「ロボコン」を観ました。 NHKの朝ドラ「さ
“SURVIVE STYLE 5+” (SAMURAI×PEACHERINO)
あたぃ的最寄のユナイテッドシネマでやってないんで、 わざわざワーナーマイカル板橋まで行ってきました。 メンドクサイ。 距離的にはユナイテッドとあんまり変わらないんだけど、 なんか板橋って道わかんないし。慣れないし。 でも今回は仕方ない…。 で、感想。 ポスタ
SURVIVE STYLE5+ (ネタバレ映画館)
 CMプランナー、CMディレクターたちが集まって長編映画を作ろうと思ったら・・・こうなってしまった。  CM製作って儲かるんだなぁ、としみじみ思う。CMで儲けた金で映画界に殴り込みをかけたという雰囲気が滲みでています(しかも、いい俳優を使って・・・)。  この映画
サバイブ・スタイル5+ 試写会 ★★★☆ (cinema village別館)
監督/関口現 出演/浅野忠信 小泉今日子 岸辺一徳 更紗評/あらすじなんてかけないよー怜 でも、訳分からんけどめっちゃ笑えて面白かったんですよ 私なりの解釈はあるんですけどね(詳しくはネタバレ) 予告でもあったけど、浅野っちに腕飛ばして攻撃する妻。
『SURVIVE STYLE5+』 (はちべえ in シアター)
面白い。 曲者だらけのキャスティングがいい。思い切った派手な色使いも外していない。テンポもいい。詳しいことはよく分からないが、おそらくカット割とかも素晴らしい。オープニングタイトルもスピーディーでかっこいい。 ベタボメなのである。それだけ楽しめた。 キャス
SURVIVE STYLE 5+ (サバイブスタイル 5+) (Panasonico)
観てきました、「SURVIVE STYLE 5+」@梅田のナビオTOHOプレックス♪ 尖った面白CM製作でお馴染みのTUGBOATと、その常連さんの個性派俳優達による意味不明だけどちょいと胸がスッとしたりする映画。 浅野忠信、橋本麗香 小泉今日子、阿部寛、千葉真一 岸部一徳、麻生祐未、貫
SURVIVE STYLE5+(舞台挨拶1回目) (からっぽの部屋@BLOG)
   公開初日。映画「SURVIVE STYLE5+」(サバイブスタイル5+)を見てきた。12:15の1回目舞台挨拶に行った。予約を入れてたので、のんびりといつものように並ばずにVIRGIN TOHO CINEMAS 六本木ヒルズに入ったが、映画館はすごく混雑していて、いつもの客層と何かが違って
Survive Style 5+を見てきました! (徒然映画日記)
記念すべきBlog第一弾{/buta/}。という事で、 Survive Style 5+を見てきました。 主演は浅野忠信、脇役に荒川良々というので、興味を引かれた。何の前知識も無く、六本木ヒルズへ。 この映画は5つのグループの話で成り立っている。そしてそれぞれのグループが少しずつ重な
ヤッベーよっ!! (Brain Death)
というわけで「SURVIVE STYLE5+」観てきました。 面白いっ!! 今年観た映画のベスト3に入るかもしんない。 何もかも最高っ!浅野、最高っ!一徳、最高っ!J、最高っ!ヴィニー、最高っ!阿部、キモい! 脚本・監督がCM作品で有名という、思わず斜にかまえちゃいそうな感じだ
SURVIVE STYLE5+ (30歳独身男Kazuakiの映画日記)
「途中失速は否めないし、テーマもなかなか見えてこない。でも、難しいことはヌキにして、バカっぷりを楽しむべき映画。」 今日の1本目は「SURVIVE STYLE5+」です。毎週のように予告編を観ていましたが、はっきり言ってどんな内容の映画なのか想像もつきません(笑)。かなり
Survive Style 5+ (hyuma)
芸達者な役者たちを「ここまでいじっちゃった」って感じの映画で、かなり面白かったです。一切余計な説明もないし、多分、飯とかくいながらこんなの面白いよねっていうのをつなげっちゃったという感じですね。しかし、鮫肌の岸辺一徳もすごいけど、鳩の演技も天下一品ですね
みんなちょっと変態。 (ライフ録の穴)
SURVIVE STYLE5+(●)観てきました。好きだなぁ。こういうの。 オープニングからして、タイトルからして。わくわくします。橋本麗香ちゃんが超クールで。セリフないのがまた良いです。散々殺されるのに、最後の口元のちょっとした微笑が。愛しいなぁ。って思えます。そして
『SURVIVE STYLE 5+』(2004/日) (yazlog.)
脚本・多田啄。監督・関口現。CM界のトップ・プランナーとディレクターのコンビだそうです。 2人の名前を聞いたことがなくても(僕もそうでした)、「浅野忠信がスーツ姿で乱入してくる(富士ゼロックス)」「永瀬正敏が布袋寅泰に追いかけられる(サントリーBOSS)」「むじ
恋はするものじゃなくて、落ちるもの (ば○こう○ちの納得いかないコーナー)
今年に入って初めて、映画を見に行った。昨年最後に見たのが「SURVIVE STYLE 5+」だったので、3ヶ月ぶりの映画館での鑑賞となる。見に行ったのは「tokyo tower(東京タワー)」という作品。直木賞作家で、「冷静と情熱のあいだ」等の原作者でも
いぬのえいが (ば○こう○ちの納得いかないコーナー)
昨日、「いぬのえいが」という作品を見る為に、映画館に足を運んだ。犬が堪らなく好きなので、兎に角見たくて堪らなかった。「犬の居る生活」を描いたエピソードがオムニバス形式で繋がり、犬と人の様々な触れ合いから生まれる愛情と、世界にたった一つの掛け替えの無いモノ