ば○こう○ちの納得いかないコーナー

「世の中の不条理な出来事」に吼えるブログ。(映画及び小説の評価は、「星5つ」を最高と定義。)

横綱相撲

2017年01月04日 | スポーツ関連

昔は好みで無かった物が、馬齢を重ねて好きになったりする事が在る。自分の場合、食べ物で言えば松前漬けなんかがそうで、子供の頃は「こんなの、何処美味しいんだろう。」と受け付けなかった。然し、今は好んで食しているのだから笑ってしまう。

 

スポーツで言えば、“箱根駅伝”がそうだ。親戚に箱根駅伝が大好きで、毎年夢中になって見ている人間が居るのだけれど、「走っているだけなのを見て、何が面白いんだろうか?」と不思議だった。でも、7~8年位前から、自分も夢中になって見ている。必死に走る選手達の姿から、ドラマ性を感じる様になったから。

 

で、今年も箱根駅伝を見た。選手個々が生み出すドラマには感動させられたのだけれど、総合3連覇大学駅伝3冠を達成した青山学院大学に関しては、応援している方々には申し訳無いのだけれど、正直鼻白む物が。余りに強過ぎ、横綱相撲を見ている様な感じがしたから。

 

青山学院大学の選手達の頑張りは高く評価しているし、「優勝して当たり前。」という世評の中で優勝するのは、非常にストレスが在った事だろう。だから、優勝にけちを付ける気は毛頭無いが、第三者としては大接戦を繰り広げて欲しかった。という思いが在る。

 

自分は「V9時代」の記憶が殆ど無い世代だが、V9時代の後半辺りでは、アンチジャイアンツの人達のみならずジャイアンツ・ファンの間からも、「ジャイアンツが強過ぎて、面白く無い。」という声が結構在ったと聞く。今の青山学院大学も、そんな感じなのだろう。判官贔屓な身からすると、「余り強く無いチームに勝たせて上げたいな。」と思ったりする。

 

個人的に一番グッと来たのは、関東学生連合チームの頑張り。特に、10区を走った照井明人選手(東京国際大4年)は凄かった。彼は「1時間10分58秒」で走ったのだけれど、此れ区間賞を獲得した作田直也選手(順天堂大4年)の「1時間11分00秒」を上回っていたから。関東学生連合はオープン参加で、記録も参考記録となる、“幻の区間賞”となってしまったが、照井選手には何等か御褒美を上げて欲しい物。

 

箱根駅伝の歴代優勝校」を見ると、1959年1964年掛け中央大学が達成した「6連覇」が、連覇の最高記録とか。「上には上が居るのだなあ。」と感心してしまう。

 

来年、青山学院大学が4連覇を達成するのか?其れとも、他の大学が頂点に立つのか?どういう結果になるにせよ、大接戦を期待したい。

『マラソン(ランニング)』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「白衣の嘘」 | トップ | 「罪の声」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。