ば○こう○ちの納得いかないコーナー

「世の中の不条理な出来事」に吼えるブログ。(映画及び小説の評価は、「星5つ」を最高と定義。)

「キチガイじゃが仕方が無い。」

2007年05月06日 | 映画関連
4月28日から5月3日にかけて、NHKの衛星放送では市川崑監督の手掛けた金田一耕助シリーズ(映画)が一挙放送されていた。市川監督が手掛けた金田一物の内、昨年公開された「犬神家の一族」(リメイク版)を除く全5作品、即ち犬神家の一族」(1976年)、「悪魔の手毬唄」(1977年)、「獄門島」(1977年)、「女王蜂」(1978年)、そして「病院坂の首縊りの家」(1979年)というラインナップ

これ迄に多くの監督や俳優が金田一物の製作に関って来たが、「市川崑監督がメガホンを執り、石坂浩二氏が金田一耕助役を演じる。」というこのゴールデン・コンビに優る金田一物は無いと断言出来る。横溝正史氏の著した金田一シリーズの最大の魅力は、そのおどろおどろしさに在るのは誰しも認める所だろうが、家長制度や因習厳然と存する集落で起こるおどろおどろしくも残虐な殺人事件を、際立った映像美で描き切った市川作品は「素晴らしい!」の一言。

原ひさ子さん演じる老婆が手毬唄を口ずさみながら手毬をつくシーンでの、幻想的とも言える手毬の上下するスピード感。」(「悪魔の手毬唄」)、「野外で催された茶会の席で殺人が起こった際、瞬時に画面が六分割され、高峰三枝子さん演じる東小路隆子を始めとした登場人物6人の驚愕の表情が、一つの画面に同時に映し出される迫力。」(「女王蜂」)、「旧家の女主人・法眼弥生(佐久間良子さん)に一途に仕える車夫の三之助(小林昭二氏)が、哀しい決意を心に秘めた彼女を乗せ、その人力車を引いて坂を下りるシーンの何とも言えない儚さ。」等々、これ迄に何度も見て来た5作品だが、今回一挙に見た事で改めてその映像美の数々を堪能した。

ところで、旧家の三人娘「月代 (浅野ゆう子さん)、雪枝 (中村七枝子さん)、花子(一ノ瀬康子さん)」が次々に殺害されて行くというストーリーの「獄門島」。「寺の境内で、梅の木に逆さ吊りされた姿で死んでいた花子。」、「『天狗の鼻」と呼ばれる崖の上に置かれた鐘の中で息絶えていた雪枝。」、そして「籠っていた祈祷所の中で絞殺され、その身体の上に萩の花弁撒かれていた月代。」と、三者が特異な殺され方をした事でも強く印象に残っている作品だが、嘗てはちょこちょこTVで放送されていたものの、自分が知る限り近年は地上波での放送を見掛けていない。それには”或る理由”が大きく影響していると言われている。

梅の木に逆さ吊りされた花子の死体を目にし、寺の住職の了然(佐分利信氏)がぽつりと漏らした言葉キチガイじゃが仕方が無い。。これを耳にした金田一は、「旧家の当主で今は気がふれてしまった為に座敷牢に閉じ込められている与三松(内藤武敏氏)が、牢を抜け出して花子を殺害した。」と了然が考えたと捉える。つまり「気違いのやった事だから仕方が無い。」と口にしたと思ったのだ。

実は了然のこの言葉、謎解きに大きく影響している。三人娘はそれぞれ「鶯の身をさかさまに初音かな」(宝井其角)、「むざんやな甲の下のきりぎりす」(松尾芭蕉)、「一家に遊女も寝たり萩と月」(松尾芭蕉)という俳句に見立てた形で殺害されており、それを知っていた了然としては「『鶯の身をさかさまに初音かな』という句の季節は春なのに、殺害は梅の花が咲いていない秋だった。」という事を言っていたのだ。そう「キチガイ」は「気違い」では無く、季(節)違いの意味なのだが、この絶妙な掛け言葉が近年では「不適当」という事で、どうやら放送局の自主判断で放送が控えられているという。原則的に誰もが見られる地上波とは異なり、自らが意識して視聴を選択する衛星放送の場合はその手の”縛り”が余り無い様で、今回の放送では「キチガイ」という言葉はしっかり流されていた。

当該者やその家族の中には、「キチガイ」という言葉に不快感&嫌悪感を持つ人も居るだろう。だが、日本語の持つ嫋やかさを絶妙に取り入れた文学及びそれを映像化した作品が、単に表面的な言葉の面だけで問題視され、多くの目に触れ難い状況に追い遣られてしまったとしたら、個人的には非常に残念な気がする。
ジャンル:
その他
コメント (9)   トラックバック (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 呪われたCM? | トップ | 消しゴムは美味しくなかった »
最近の画像もっと見る

9 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBありがとうございます (イエローストーン)
2007-05-06 11:51:08
こんにちは。
TBありがとうございました。

>というこのゴールデン・コンビに優る金田一物は無いと断言出来る

私も同感です。原作を深く愛し、それを十分に理解した上で、映像職人としての独自の核をすえ、『市川崑の金田一耕助』として非常に魅了ある作品に仕上がっているとおもいます。あの細かなカット割り、美しい陰影、まさに映像美ですね。

そして、キーワードの件。これもおっしゃる通りですね。表面的にしかとらえず、放送禁止用語だから放送しないでは、到底納得できません。そのものの意味でなく、ストーリー上で重要な意味を持つ。
BSだから放送したではなく、地上波でもしっかり放送してほしいものです。
また、これから先も、この素晴らし原作を映像化できなくなりますね。現にここを描かずにTVドラマなどは制作されてますが、ほんと残念に思います。
娘が文庫に手を伸ばす (おりがみ)
2007-05-06 16:13:25
連休の夜は金田一漬けのおりがみ家でした。
ほこりをかぶっていた角○文庫本にした娘(15歳)が手を伸ばし「これ読んでみようかなぁ?」
映画を見て原作に興味をもったようです。
「最初の事件からよんでみぃや」
と本陣殺人事件から読むように進めました。

そういえば私が横溝ワールドにどっぷりはまったのは十七の年でしたっけ。


「・・・おがーさーん、ほんじんてなに??」←オイオイオイ(T_T)

娘にとって金田一センセは伊勢・源氏と同じくらい古典なようです。
昔よりも過敏ですよね (マヌケ)
2007-05-06 16:19:44
知人から聞いた話です。 放送局のアルバイトをしている大学生の息子さんが検尺という作業を任されているそうで、その作業がまさに再放送のドラマや古い映画のセリフの中で出てくる差別用語や放送禁止用語のチェックとのこと。 ヘッドフォンをしてじっくりと映像を見て何分何秒の個所にチェック1、2、3・・・とチェックするのだそうです。 あらかじめリストアップした差別用語や放送禁止用語と大学生の知識をもって作業にあたるそうです。 でもって例えば「ゲゲゲの鬼太郎」では「部落」という単語が頻発してその個所は音声を消すのだそうです。 作品自体の芸術性やその背景や意図するものが理解された上でそのような作業が成されるのではなく、実に単純な流れ作業として次々にこれはダメ、あれもダメとアルバイトさんが判断し、グレーゾーンに入るものは経験を積んだ社員さんに相談するとのことでした。 メディアとしては私個人は放送局はもっとも軽いメディアだと思うのですが、差別用語や放送禁止用語によるクレームなどにはとても神経を使っているように思えます。 雑誌や小説よりもはるかに広く大勢が目にして耳にしていることから。 そして、スポンサーが番組によってイメージを売っていることからも仕方ないのでしょうね。
Unknown (kihara)
2007-05-06 19:51:05
こんばんは。

過剰な音消しは聴いていて本当に不快ですよね。
でもそれはまだましな方で、
萬屋版「子連れ狼」幻の第二話と呼ばれる「乞胸お雪」などは作品フィルム自体が焼却処分されてしまって今はないのです。
エロチックなシーンが多すぎるというのが表向きの理由だそうですが、「乞胸(ごうむね)」という大道芸を生業とする被差別部落民が描かれ、「乞胸(ごうむね)」をはじめとして差別用語が頻発するのが、焼却の理由と言われています。
永久に拝めないなんて酷い話です。
不毛な言葉狩り (ぶりゅーわー@ソレイタだ木田)
2007-05-06 21:41:24
こんばんは。

やはり、金田一耕助シリーズは市川昆監督と石坂浩二のコンビがベストですね。おどろおどろしい物語を際立った映像で美しく描いてしまう市川監督の力量はすばらしいです。
(トヨエツの「八つ墓村」はなかったことにして・・)
>「キチガイ」
これは「獄門島」のキーワードでしょうに。まさに不毛な言葉狩りですね。しかし、それゆえに地上波での昔の時代劇の再放送が難しいわけですかね。それこそいわゆる放送禁止用語の使用頻度が高いですからね。
思い出しました (ハムぞー)
2007-05-06 22:05:00
>季違い
放送は見ていませんでしたが、この記事を見て
思い出しました。
よくぞ消さずに放映したものです。

この話の一番重要なところですから、これを消してしまうと何のことか全く判らなくなりますよね。
オチを消音してしまう落語とか、最後まで放映しない野球中継とか?
>マヌケ様 (giants-55)
2007-05-07 01:20:09
書き込み有難う御座いました。

1970年代に製作されたアニメ「天才バカボン」及び「元祖天才バカボン」は、再放送された際には到るヶ所で音声が飛ばされています。御察しの通り、差別用語が含まれているという事でバッサリと音声が飛ばされている訳ですが、昔はこの手の事柄には寛容だったのでしょうね。人権意識が希薄だったとも言えるのでしょうが。

所謂”言葉狩り”が目立ち始めたのは、「ちびくろサンボ」の絵本が黒人に対する差別を助長するという事で一斉に絶版に追い込まれた辺りではなかったでしょうか。「差別だ!」と声高に叫んでいた人達は、その事で莫大な対価を得たという噂も在りましたが、真実の程はどうなのでしょうね。自分にはあの本が差別を助長するとはとても思えず、ユーモア溢れた可愛らしい作品としか捉えていなかったのですが・・・。

「明らかに差別を助長する言葉(表現)」や「明らかに多くの人間に不快感を与える言葉(表現)」ならば、それを使用不可とするのは在りだと思うのですが、必要以上に”何か”を恐れて杓子定規に且つ過剰に自主規制を行っている現状はどうかと思っています。これでは人間から発想力を奪って行くだけですし、世の中から潤いを減じさせて行く一方ではないでしょうか。
>ぶりゅーわー@ソレイタだ木田様 (giants-55)
2007-05-07 01:45:07
書き込み有難う御座いました。

「何時の時代&場所に於いても差別は存在しており、差別を一掃するのは不可能だ。」としばしば言われます。哀しい話ですが、これは事実でしょうね。しかし、そうは言っても差別は極力取り除いて行って欲しいもの。

唯、それが行き過ぎて”言葉狩り”としか思えない事態に到ってしまうのは問題。被差別団体が「差別問題をネタに、金を集っている。」という話を良く耳にしますが、「言葉の持つ柔軟さを一切無視して、単に表面的な部分だけを取り上げ、その言葉を使えない様に追い込んでしまう。」のは許されない事だし、「その事で金を集っている。」のだとしたら言語道断。流石に最近は、この手の不毛な言葉狩りが少なくなって来たのは喜ばしい事ですし、理不尽に”闇”に葬られた作品の復権を望んでいます。

P.S. 以前記事にしましたが、「放送禁止映像大全」(http://blog.goo.ne.jp/giants-55/e/324644f3c9baa8147a3b075aaa3f34bf)という本の中には、「こんな事で、放送禁止(乃至は自主規制)になってしまったのか・・・。」と驚かされる作品が多いです。
差別表現の多くは自主規制 (破壊王子)
2007-05-07 17:44:17
ですが陳腐な例もあります。支那を差別語だとしている方々の中に、インドシナ半島を「インドチャイナ」なんていう言い換えをしてることです。
インドチャイナと聞いたら「中印問題」のことか?と思う人の方が多いんじゃないですかね?
支那が秦を語源とする言葉で、そこからSinaやchinaとして世界に広がったのですから、英語の発音したところで何の意味がありましょうや。
なのに「支那」が日本等の東アジア地域にのみ禁圧され、その他の世界では野放しだという差別は許されることこそ不思議です。
「焚書坑儒」がバイトの学生によって行われていることに、なんにも感じない言論人は駄目だと思いますが如何。



コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

5 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
そろった3つの条件、それは鬼頭嘉右衛門 の執念・・・  「獄門島」 1977年 東宝 (取手物語~取手より愛をこめて)
「俺が戻らなければ、3人の妹たちが殺される・・・」
「獄門島」~真の恐ろしさ・・・ (追記) (一部訂正) (取手物語~取手より愛をこめて)
「獄門島」に関して今まで気にしていなかった点に目がむいた。
市川崑の金田一耕助  「獄門島」、雨宮の存在・・・ (取手物語~取手より愛をこめて)
市川+石坂コンビの金田一シリーズで最大の疑問がある。
女王蜂(映画) (月に負け犬)
録画しておいた、市川&石坂の映画「女王蜂」を観ました。 あらすじ 1952年、伊豆の旧家・大道寺家の時計台で、大道寺家の娘・智子の求婚者の一人が惨殺される。これに端を発し、事件が起こる以前に送りつけられた脅迫状の通り、智子に近づこうとする者は次々と殺めら...
獄門島 (仁左衛門日記)
『獄門島』(1977年/市川崑監督/東宝)を見た。 横溝正史原作の物語で描かれるのはドロドロした人間関係の中に発生する陰惨な事件ばかりだが、この物語はそうでありつつ少し悲しい物語。 使われているテーマ曲がオドロオドロシイものではないだけに、登場人物の哀れさが引き...