ば○こう○ちの納得いかないコーナー

「世の中の不条理な出来事」に吼えるブログ。(映画及び小説の評価は、「星5つ」を最高と定義。)

不景気風を食らって

2009年07月12日 | 時事ネタ関連
*************************************
「国内出張費用、企業の53%削減=不況が直撃―民間調査」(7月9日、時事通信

国内出張費用を削減した企業の比率が回答した企業全体の53%に上る事が、民間調査機関の労務行政研究所が9日発表した調査で判った。世界同時不況による急激な業績悪化を受け、経費削減を徹底する会社が増加した為と見れれる。

調査は最近2年間の出張の状況に関し、上場企業中心に3~5月、4,080社を対象にアンケート方式で実施。回答した242社の53%に当たる127社が「削減している。」とした。

出張費用を減らした企業に削減方法を複数回答で尋ねた所、「出張回数・人数の削減。」が最多の64社。「日当の見直し。」(45社)、「テレビ会議の導入・活用。」(42社)と続いた。
*************************************

以前勤めていた会社では、必要性に疑問を感じる海外出張が結構在った。自分の様な“ぺいぺいクラス”でも予算消化の為としか思えない出張を命じられた事が在ったし、御偉いさん連中の場合は「そろそろゴルフしたいから、XXに行くか。」と露骨に遊びの海外出張を組むケースが少なくなかった。今回のアンケートは「国内出張」に関してだが、恐らく「海外出張」に関しても似た様な結果が出るのではないか。世界的な不景気風を食らって不必要な出張を減らすのはその会社にとって良い事だと思うが、一方でこれだけ極端に減ると、出張の恩恵被っていた交通機関や宿泊施設等の経営悪化も懸念してしまう。

*************************************
「自動車保険料、来年度値上げへ  基準5・7%増」(7月7日、47NEWS

損害保険料率算出機構は7日、自動車保険料を損保各社が決める際の基準となる「参考純率」を平均5・7%引き上げた、と発表した。これを受け、損保各社は個別に値上げ幅を決めるが、2010年度にも一斉値上げに踏み切る見通し。

自動車保険の支払保険金が増加し、採算が悪化している為で、参考純率の引き上げは9年振りとなる。事故の多い高齢者の保険料の上げ幅が大きくなる見込みで、家計の負担が増えそうだ。

算出機構は同日、金融庁から料率改定の審査終了通知を受けた。改定では、年齢によって事故に遭う確率の差が広がっている為運転者の区分をより細分化した。

参考純率は、等級が10等級の60歳以上の運転者は上げ率が19・9%に達する半面、30歳未満の運転者は10・3%の上げ率に止まる。条件によっては一部値下がりする。損保各社の保険料もこれ等に応じた改定になる模様だ。

又、利用者が増えている軽乗用車の保険料も値上がりしそうだ。

自動車保険は、新車販売の低迷等国内市場の縮小で収入が減少。一方、保険料に対する支払保険金の比率を示す損害率は、最も高い三井住友海上火災保険で73・2%(2008年度末)に達する等採算が悪化していた。

この為、東京海上日動火災保険等損保各社は昨春から相次いで値上げを実施したが、参考純率のアップで更に値上げすると見られる。
*************************************

昨年、ガソリン価格が異常な高騰を見せたが、それ以降は極力車を使用しない様にしている。又、維持費の切り詰めを図るべく、毎年ネットで保険料の安い所を捜し、良いのが見付かれば切り替えている。そんな自分にとって、自動車保険料が少なからず上がるのは痛い。(「条件によっては一部値下がりする。」との事だが、自分の場合は当該しないだろう。)「維持費が少なくて済む。」という事で軽自動車への乗り換えも考えていたが、それすらも保険料が上がるとは・・・。

不景気風を食らって、様々な分野にその影響が出て来ている。自分の様な貧乏人の生活は、益々厳しくなって行くのだろう。
『社会』 ジャンルのランキング
コメント (7)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ライバル | トップ | 本当にそうか? »
最近の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (iorin)
2009-07-12 12:48:58
合併などで保険業界も大荒れですね~。

自動車保険は若いうちは高くて、年がいけばいくほど安くなるはずなのに・・・
最近、○ニー損保や、ア○サダ○レ○トといった価格comなどでも申し込める安い保険が増えていますね。

 >毎年ネットで保険料の安い所を捜し、良いのが見付かれば切り替えている。

 自分は大手のところに入っています。継続していればさらに保険料が下がると思っていました。今考えると1年契約で
すからこれは検討する価値ありですね。ただ俗に言うこういうネット保険は安いですけれどサービス内容はどうなんでしょう?大手も含めどこも似たようなもんでしょうか?もちろん無事故が前提なんでしょうが。

 さーて都議会選挙いってきます
息子が今日はかっぱ祭りに行くらしく、夏を感じます (マヌケ)
2009-07-12 18:25:04
義父はBMWのM6というスポーツカーに乗っています。 義母はスカイラインをホンダのインサイトにエコ替えしました。 うちは5人家族なのでホンダのオデッセイです。 実家はもともと運送業を営んでおりましたので車好きもありまして、すごいやつを転がしています。 燃費も保険料もいい年こいて交通ルールも結構きわどく無視したりしてるみたいです。 ちなみに街宣活動を行っておりました祖父は装甲車でした。 一家そろって警察官のことをポリ公といまだに呼んでいます。 予算消化というよりも慰労のための出張に多大なる疑問を覚えたことが多々あります。 名目は会議ですが、会議そのものは40分程度。 あとは観光、温泉、ゴルフです。 よく市議会や県議会などの視察名目の慰安旅行がやり玉にあげられますが、だいたい似たようなものです。 経費が税金でないこと以外は。 世の中から無駄がなくなることの一環として、無駄や余裕によって恩恵を受けていた業種というものも消えて行く運命なのでしょうね。 悲しいかな、景気が底らしいのですが、ジワジワと身近に感じられるのです。 村上春樹と並んで幸福実現党とか田母神とかの著書が並んでいて、末期的だなあと思っておりましたら、書店そのものが近々閉店とのこと。 サービスの低下にはバブル以降から慣れっこですが、必要なものそのものがなくなることにはちょっと、困りますどころか、どうなるの?自分にとっては出張はなくなっても全然OK。 でも書店は困ります! 
う~む (てくっぺ)
2009-07-14 01:24:22
出張も海外旅行も減りましたね。
そうならざるを得ないんでしょうかねぇ。
そして倹約ブームになっていますね。^±^
閉店間際の割引に魅力を感じるのか、うちの近くにスーパーも安くなる夜8時過ぎ、混みあいますよ。
でも自分もその一人なんですがね。^±^
>iorin様 (giants-55)
2009-07-14 01:49:37
書き込み有難う御座いました。PCの調子が悪かった為、レスが非常に遅くなりました事を御詫び申し上げます。

超高齢社会に入り、高齢者による自動車事故が増加していると言われます。統計的に交通事故を起こし易い年齢に関して保険料が割高になってしまうのは仕方無いとはいえ、交通事故を起こす率が低い年代迄上がってしまうとしたら、一寸解せない思いは在りますが、と言って特定の年代の保険料がドカンと上がってしまうのも大変だと思うし、或る程度全年代で負担し合っていかないといけないのかなあと思ったりも。

インターネットで保険料の比較が簡単に出来るのですが、同条件で見積もってもかなりの値段の開きが在りますね。手厚いケア(故障車両を無料でレッカー移動してくれる等。)の有無も在るのでしょうが、自分の場合は其処迄必要としていないし、「最低限必要な補償&低保険料」で選んでいます。
>マヌケ様 (giants-55)
2009-07-14 02:12:12
書き込み有難う御座いました。

「世の中から無駄を全て排除してしまったら、芸術の生まれる余地が非常に減じられてしまう。」というのは、芸術活動をしている親戚が口にしていた言葉。無駄と思える物の中から「社会の潤い」が生み出されるケースも在りますので、「何から何迄無駄を無くせ。」とは言わないけれど、少なくとも税金が投入される部分は極限迄無駄を省いて欲しいとは思いますね。それで浮いた分を、より効果的な形で使えば良いし。

個人が経営している小さな書店がどんどん閉店して行く一方で、大型チェーン及びネットでの書籍販売は増えている様ですね。子供の頃、近所の書店で立ち読みしていると、書店のオヤジがこれ見よがしに、叩きで本をパンパン叩いて“威嚇”して来たのが懐かしいです。
本州は (Spa supernova)
2009-07-16 12:02:47
出張は日帰りが多くなりました。
まあ、しょうがないかなと思うような距離の場所もありますが、結構遠くのところも日帰りになりました。飛行機だと片道2時間ぐらいですからね。でも疲れるんだよなあ。
まあ出張があるだけ良い、って言われますけどね・・・・。
>Spa supernova様 (giants-55)
2009-07-16 13:03:13
書き込み有難う御座いました。

大分前の話ですが、客先との打ち合わせで広島迄行った際、移動手段として新幹線しか認めて貰えなかった事が在ります。値段的には飛行機とそんなに違わなかったし、何よりも移動時間が半端じゃなく掛かるので「何とか飛行機使用を認めて欲しい。」と総務に掛け合うも、「内規で決まっているから駄目。」の一手。朝一番の新幹線で移動し、打ち合わせを2時間程して速攻で新幹線で本社に戻るという強行軍。非常に不毛さを感じたもの。日帰り出張が増えた反面、こういった強行軍も増えた可能性は在りますね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

トラックバック

東京海上日動 損害保険 (自動車保険のカユイとこ)
国内損保の保険金不払い・保険料過徴収 生保に続き、損保においてもずさんな管理体制が明らかになっており、自動車保険においては以下の問題行為(不祥事)が発覚している。東京海上日動火災保険など大手損害保険会社を含めた国内損保26社[3]が、自動車保険の特約を中心...