ば○こう○ちの納得いかないコーナー

「世の中の不条理な出来事」に吼えるブログ。(映画及び小説の評価は、「星5つ」を最高と定義。)

「容疑者Xの献身」

2005年09月26日 | 書籍関連
ゴールデンイーグルス田尾監督が、今季限りで解任される事となった。3年契約で在りながら、1年目で切り捨てられた訳だ。契約期間中に監督が解任される事自体は、過去にも多く見られた事だが、1年目での解任となると極めて異例と言えるだろう。

以前にも記事にしたが、開幕前から戦力が著しく劣っていると看做されていたチームを率いていた訳で、幾ら「勝負の世界は結果が全て。」とはいえ、1年だけで責任を問われるのは非常に酷だと思う。既存のチームで在っても、新監督が実状把握した上で方向性を打ち出して行くのに1年はかかるというのに、新規参入チームで且つ監督経験の無い田尾氏を据えた以上、最低3年はチームを任せるべきだろう。(百歩譲って、1年目と全く進歩の無いチーム状況で、2年目での解任というのならば未だ理解出来るが。)

開幕早々にGMの解任やコーチの入れ替えを行ない、その挙句に1年で監督を切り捨てる。こんな遣り方をゴーンルデンイーグルスのファンは望んでいるのだろうか?GMや監督、そしてコーチの能力不足を理由にするのならば、そういった人間を抜擢したフロントの責任は問われるべきではないか?現役時代から田尾氏のファンという事も在るが、それ以上に人材を使い捨てる発想しかないこのチームのフロントに憤りを禁じ得ない。こんな理不尽な事を平気でしている様では、ファンは離れて行くだけだと思う。

理不尽と言えば、先日読み終えた東野圭吾氏の「容疑者Xの献身」という作品もそんな思いが残るものだった。ストーリーは、「天才的な数学者で在りながら、冴えない高校教師甘んじている石神。そんな彼は、アパートの隣人女性で在る花岡靖子に密かに思いを寄せ続けていた。或る日、靖子とその娘が前夫を殺害してしまった事に気付いた彼は、愛する彼女に『力を貸したい。』と申し入れ、完全犯罪を目論む・・・。」

「数学だけが生き甲斐だった男の純愛ミステリー。」とか、「運命の数式。命懸けの純愛が生んだ犯罪。」といった惹句が並ぶこの作品。作者の東野氏自身も「究極の純愛小説。自分が今迄書いて来た作品の中で、間違い無くベスト5に入る。」と語っているし、週刊誌では大人が泣ける作品として推薦している著名人も居た。

決して悪い作品ではない。でも、「そこ迄高評価を下せる作品だろうか?」と感じる。半ば辺りでトリックが読めてしまった事も在るが、幾ら愛する者の為とはいえ、相手が自分に思いを寄せているかも全く判らない状態、否、思いを寄せている可能性が著しく低い状態で、そこ迄自分を”犠牲”に出来るものだろうか?という思いがどうしても在り、それがストーリー展開に無理さ加減を感じてしまうのだ。又、純愛と書くと美しいが、「その為だったら何をしても許されるのか?他者がどんな目に在ってもOKなのか?」という部分で、どうしても同調出来ない理不尽さが残った。

東野作品の良さは、読後感に漂う何とも言えない理不尽さ&物哀しさに在ると思ってはいるのだが、この作品に関してはその理不尽さの方向性が一寸違っている様な気がして残念だった。彼の力量を高く評価しているからこそ、65点という厳しい評価を下したい。
『本』 ジャンルのランキング
コメント (11)   トラックバック (15)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 頑張れ赤塚不二夫!頑張れジ... | トップ | 民意の反映度 »
最近の画像もっと見る

11 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBありがとうございます。 (t-higu)
2005-09-26 19:38:56
個人的には割と好きな方だったのですが、今までの作品ほど

読後の余韻が強くないかもしれないですね。



前作(だったかな)の「さまよう刃」とかは読み終わってからかなり暗い気分になったりしました。

もちろん、小説自体がよかったからなのですが。



実際問題、自分だったらやらないだろうなとは思いますが、本当にこんなことをやって

のける人もいるかもしれない、なんて思ったりもします。

自己犠牲というもの (syuu)
2005-09-28 07:22:52
 田尾さんの心中はいかばかりでしょうか。選手達はそれでいいのでしょうか。それでよし、と思うのであれば、彼らに発展という未来はないように思います。上の首をすげかえれば事態は変わる、というものではありません。それは普通の会社にしたってそうですよね。そこに根付く体質を変えない限り、誰が上に立っても大して変化しないでしょう。

 楽天イーグルス、全くの白紙から立ち上げようと地域の人たちと一緒にがんばる姿に好感を持っていたのですが、ちょっとがっかりです。これでは地域の方々の気持ちを踏みにじった形でしょう。

 東野さんの本、読んだわけではないので、内容について何かを述べるのはおこがましいのですが、「自己犠牲」とは一体どういうものなのか、ちょっと考えてしまいました。周りのことにも気を配れない自己犠牲は、ただの迷惑にならないだろうか・・・。今度本を読んでまた感想書きますね。ちょうど、秋の夜長ですからね。
こんばんわ。 (nene)
2005-10-08 23:16:17
読み終えました。

私の感想を記事にしました。

TBさせていただきました。

よろしければご一読ください。
はじめまして (モーラ)
2005-12-11 00:59:10
TBさせていただきました。

この作品、かなり考え込める要素がありました。
おいおい、 (西野警護)
2005-12-24 00:38:47
>相手が自分に思いを寄せているかも全く判らない状態



そんなことおかまいなしに身を捧げた行為を描いた小説じゃない。

お相撲さんに「あんたそんなに太って日常生活困らない?」」と問うようなもの
>西野警護様 (giants-55)
2005-12-24 02:00:14
初めまして。書き込み有難うございました。



比喩、成る程です(笑)。確かに「無償の愛」、「見返りの無い愛」をテーマにしている訳ですから、「相手が自分に思いを寄せているかどうか」は意味を為さないと言えますね。ここは、自分の中での常識で捉えてしまって、あくまでもこの小説のテーマ(概念)から視点をずらしてしまっていたと思い至りました。



恐らく、この小説を読んでシックリ来ない人の多くは、自分と同じ様に”一般的な概念”に縛られてしまっているからこそ、何か違和感を覚えてしまうという面が在るのかなあと思ったりもします。



これからも宜しく御願い致します。
同感です (saheizi-inokori)
2006-02-02 21:25:44
何で関係ない「技師」を?マイナス点です。
Unknown (翡翠)
2008-10-08 15:56:55
何の関係もない、罪も無い人を巻き添えにするのが納得がいかない、というか
それは本当の犠牲的精神ではないと思います。
しかし、それも単なる「サスペンスドラマ」で
終わるならアリかもしれないのですが
「献身」としてしまうところが
不愉快なのです。本当に相手の事を思うなら
実は警察へ行かせるべきです。
そうすればあの状況だと、情状酌量も考えられなくもなかったのではないかと。
なんか、うまく綺麗な言葉で誤魔化された気がしますから、多くの人が感動した、というのに
納得がいきません。しかし、話としては
確かに面白くはありました。
もっと、ドライに描いてくれた方が良かった気がします。感動モノみたいにしない方が良かったと私は思います。

>翡翠様 (giants-55)
2008-10-08 20:17:43
書き込み有難う御座いました。

この記事で「純愛と書くと美しいが、『その為だったら何をしても許されるのか?他者がどんな目に在ってもOKなのか?』という部分で、どうしても同調出来ない理不尽さが残った。」と自分は書いたのですが、翡翠様も全く同じ気持ちを持たれたのだと思います。あれは「献身」でも無いし、「純愛」でも無いと。そういった点で、東野作品にしては辛い点数を付けた次第です。
ストーリーがわかっていながら見てしまいました (マヌケ)
2008-10-08 21:10:18
釈然としない、納得がいかないのも一つの作品なのです。 作品は現実の道徳や倫理とは別の世界にある作家や芸術家による産物ですから。 納得のいかないものを創作したわけで、それを鑑賞して議論することや、社会に何かを投げかけることをも意図しているのです。 井坂の重力ピエロも映画化されますが、レイプされた母親から生まれた自分がレイプ犯である生物学的に、遺伝学的に父親である犯人を殺害して仇を討ちます。 それを育ての父親や兄は許します。 社会はおまえの罪を許さなくても家族は許すという終わり方をします。 感動という終わり方なのですが、明らかに倫理違反していました。 物語だから許せるのですが、もし現実で自分が当事者なら、もしかして許すかもしれないと思いました。 それが作者の投げかけたボールで、それをキャッチして受け止めた多くの人がそれぞれにどう感じるか、それは作品そのものには責任はないと思います。 ただし、今の世の中は未熟化して、未熟であるにもかかわらず、ネット上では未熟な意見が主流となって世論を形成したりする傾向があるものですから、危ない面もあるだろうなと懸念するところです。 ただし、あくまでもフィクションはフィクションとして楽しみたいですね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

関連するみんなの記事

15 トラックバック

【BOOK】容疑者Xの献身 (思いつくままに)
著者:東野圭吾 発行:文藝春秋 価格:1600円+税 新作が出ているのを見つけて、思わずその場で買ってしまいました。 感想: 物理学者の湯川と刑事の草薙のコンビが出てくる小説はこれまでにも 何冊か出ているんだけど、読み進めてしばらくするまで、そのシリーズだと いう
田尾監督、仰木監督、今年限り!? (ハムぞーの「職業野球研究所」)
楽天球団は、田尾監督の「解任」を発表しました。 ヤフー(毎日)から ヤフー(デイリー)から 岩隈のコメントが、我々の心情を代弁しています。 「1年で辞めさせるのはどうかと思う。戦力も分からないし、その中で戦った中では(解任は)早過ぎる。」 たしかにIT業界は
多くに愛されたのに、たったひとりをほんの数パーセントも満たせなかった。(田尾監督辞任のこと) (野良猫の皮を被ったライオン)
また気がかりなことが出てきました。
『容疑者Xの献身』 主演:東野 圭吾 (La.La.La Book\'s)
天才数学者でありながらさえない高校教師に甘んじる石神は 愛した女を守るため完全犯罪を目論む。湯川は果たして真 実に迫れるかこの作品は「探偵ガリレオ」で活躍している湯川&草薙コンビ シリーズ三作目になります。 前2作は短編集だったけど今回は初の長編ということ
楽天 田尾監督解任へ (大仏の詩  ※読者参加型旅ブログ)
「 プロ野球楽天は二十五日、フルキャストスタジアム宮城で行われたロッテ戦の試合終了後、田尾安志監督(51)の今季限りでの解任を発表した。約半世紀ぶりに生まれた新球団の初代監督は記録的な成績不振のため、わずか1年の短命に終わった。  米田純球団代表は「より強
数学者は数字を愛しすぎた (Personal gialloblog)
「容疑者Xの献身」文藝春秋 作: 東野圭吾 物理学者湯川シリーズ。近年の東野作品は外れがなく、安心してレジスターに通すことが出来る。しかも、これだけ映像化されているのに「これも映像化できますよ」というような打算的な作風に陥ったりしないところが尊敬の対象でも
容疑者Xの献身 (イイオンナの為の「本ジャンキー」道)
私が本格的に本を読み出した頃に、ある1人の作家の既刊書を買い漁ったことがありました。 既に文庫化されていたので、文庫にして約30冊近くでしょうか? 同じ出版社から出ている文庫であれば、名前の下の通し番号?を順に揃え、 買ったばかりの本棚に端から並べて行く楽し
容疑者Xの献身 東野圭吾著 (ミステリ、漫画なんかの感想)
というわけでこのミス一位に輝いたこの作品 今までに短編集でなんどか出た湯川シリーズの一つですね 隣人の犯した殺人事件を隠すべく数学教師の石神はさまざまな手を尽くす、そこに湯川が立ちはだかる、とまあ簡単に言うとこんな話なんですが正直そこまで面白いとは思いませ.
「容疑者Xの献身」への私的考察 注:ネタバレあり (ホトケの読了book  南無阿弥陀仏)
容疑者Xの献身について、作家の二階堂黎人さんが自身のHP内、2005.11.28の記事で、この作品の真相として意見を述べられています。 ただ、自分は個人的に二階堂黎人さんの見解に納得できない点が多かったので、ここで自分の意見を述べたいと思います。 ネタばれ要素が多
容疑者Xの献身 (Fの系譜 ~浜松在住~)
久し振りに一日で小説を読みきった。 「容疑者Xの献身 東野圭吾」(8点/10点満点) 本ミス1位 このミス1位 ミステリチャンネル6位 ダヴィンチ・ミステリー部門1位 ここまで、今年のミステリーランキングを独占しておいてつまらないわけがない。 このまま
「容疑者Xの献身」東野圭吾/著 (スチャラカランナーの日々)
 「容疑者Xの献身」東野圭吾/著読みました。  「さまよう刃」で久しぶりに東野圭吾作品を読み、今年のナンバーワン作品ではないかという噂などを聞いていたものの、もともと敬遠気味の作家なので床に積んでいましたが、出張ということで読みました。出張には感謝しなくて
何故直木賞?許せないサイテーな主人公 東野圭吾「容疑者Xの献身」(文藝春秋) (梟通信~ホンの戯言)
買ったのは大分前、ツンドクだったが風邪で休んだので読んだ。ちょっと熱っぽくってずる休みしたときなど読みたいミステリを何冊か枕元において・・外には小糠雨が降っていて・・。ある種”理想的な状態”だ。 今度当てが外れたのは”ずる”休みにならず本当に辛い休みにな
容疑者Xの献身、東野圭吾 (粋な提案)
装幀:石崎健太郎。2005年ミステリ各賞1位。第134回直木賞受賞作。 「ゲームの名は誘拐」「トキオ」「レイクサイド」など作品が立て続けにドラマ化、映画化されている著者
東野圭吾『容疑者Xの献身』 (itchy1976の日記)
容疑者Xの献身文藝春秋このアイテムの詳細を見る 今回は、東野圭吾『容疑者Xの献身』を紹介します。本書は、直木賞の受賞作ということで、結構評価が高いとおもいますが、私は普通に面白いとは思いましたが、そんなに評価が高いと言うことに驚いています。私は、 ...
容疑者Xの献身 (描きたいアレコレ・やや甘口)
物理学者が友を想う時、数学者は恋をする。 帝都大学理工学部物理学科の准教授、湯川学(福山雅治)が、今度の事件に興味を持ったのは、...