ば○こう○ちの納得いかないコーナー

「世の中の不条理な出来事」に吼えるブログ。(映画及び小説の評価は、「星5つ」を最高と定義。)

「ハプニング」

2008年08月10日 | 映画関連
****************************
或る日突然、アメリカ全土から蜜蜂が消え始める。*1この異常現象に端を発して、ニューヨークでは自らの命を絶つ者で溢れ返る事に。死ぬ直前の彼等には、「言葉の錯乱」や「方向感覚の喪失」といった奇妙な兆候が表出。やがて“自殺者の波”は、アメリカ東部全域に迄達する。当初は「テロリストによる大規模な攻撃か?」と思われたが、時間の経過と共に人々は「テロ行為等では無い、とてつもなく恐ろしい事が起こっている。」事に気付き始める。

そんな地球危機の中、科学教師のエリオット(マーク・ウォールバーグ氏)は家族を守るべく安全な土地を目指し、迫り来る何かに追い込まれ乍らも、希望を捨てずに原因究明と家族の為に逃避行を続けるが・・・。
****************************

シックス・センス」や「サイン」を撮り上げたM・ナイト・シャマラン監督の新作「ハプニング」は、兎に角怖い作品だ。人が次々に飛び降り自殺を図ったり、銃で頭を撃ち抜いたりといったシーンが、これでもかと言わんばかりに登場する。心臓には、かなり良くない。

宇宙人や不気味な生物、“ジェイソン”の様な殺人鬼が襲って来るのも怖いが、何と言っても“姿の見えない敵”からの襲撃程怖い物は無いだろう。ネタバレになってしまうが、姿の見えない敵とは「自然(=植物)」。彼等にとって最大の外敵・人間を、「(人間)自らが命を奪う」という形で排除し始めた訳だ。「植物は(外敵から)逃げられない。故に、外敵を自殺行為に走らせる成分をばら撒いている。」というのは、なかなか面白い発想。

最後の最後迄、恐怖が支配している世界。救いを感じさせないストーリーも、この作品に関しては良い方向に働いている。原因究明に到る過程に安直さを感じないでは無いが、総合評価は星3.5個としたい。

*1 この辺の話は、以前の記事「ハチのムサシは死んだのさ♪」でも触れている。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (7)   トラックバック (19)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« “カネムラさん”の名球会に入... | トップ | 人件費も合わせて請求 »
最近の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (tak)
2008-08-10 11:52:18
あっ、これ観に行きたいなと思っていたんですよ!
近いうちに行ってきます
>tak様 (giants-55)
2008-08-10 12:14:57
書き込み有難う御座いました。

「崖の上のポニョ」以上に、賛否がハッキリする作品かもしれません。ネット上でも概して低評価を付けている人が少なくないですし。「要は何なの?」というのが否定的な方の総意みたいですが、個人的にはかなり面白かった・・・と言うよりも、作品の世界に入り込めました。
Unknown (マヌケ)
2008-08-10 13:54:05
「ビレッジ」の時のようなズルイ落ち、見る側が始めから18世紀頃が舞台なのだろうと勝手に思い込んで見ていたというだけで、ラストに突然レンジローバーが出てくるし、いわゆるアーミッシュの村のように上空を旅客機が飛ぶことすら禁じられたコロニーだったんだ!なんだよーおいおいみたいなんじゃなくて、まあ納得。 カメラでこういう風に映像を見せられたら陥る罠にはまった。 そんな作品が多いシャマラン作品ですね。 シャラマンかと最近まで思っていましたら、間違えやすい名前の上位にランキングされてますね。 全然関係ないのですが、事務所の若いのが株式会社宣伝部という会社名の新規得意先をその会社がテナントとして入っている企業の一部署と勘違いしてしまい、ビルオーナーの企業さん宛てに請求書を発行してしまうという珍事がありました。 そして、その新規得意先様のHPにも変な名前ですみませんと書いてあり、笑ってしまいました。 今回の作品を見て思ったことは以前から思っていたことで、物言わない植物の攻撃というのは例えば現実にもスギ花粉など森林伐採をやりすぎた人間に対する攻撃だろうということです。 それから、アメリカ人は被害者妄想と言いますか、テロという言葉にあまりにヒステリックに集団感染的な反応を示すようになってしまった気の毒な面と危ない面があるということです。 そういうのは極端な人種差別などにもつながりかねませんし、暴力による報復を呼びますからね。 ある時を境に映画でもテロ、テロという言葉が目立ってきましたね。   
>マヌケ様 (giants-55)
2008-08-10 14:31:53
書き込み有難う御座いました。

間違え易い名称って在りますよね。大昔、ラマ法典の事をマラ法典と呼んだ友人が、皆から大爆笑されて赤面していたのを思い出します。

「スギ花粉が多く飛散するのは、森林伐採を遣り過ぎた人間に対する攻撃。」というのは、そんな感じがしますね。「全ての生き物の中で、人間が一番偉い。」というのは人間の奢りで在り、そういった考えを改めていかない限り、最終的には人間自身が自らの首を絞める事態になりかねない気がします。
本編よりも (久保課長)
2008-08-11 17:48:19
シャマラン作品で一番素晴らしいと思ったのは、マヌケさんも言及されておられる「ヴィレッジ」・・・の“予告編”。
あの予告編を見たら絶対に本編を見たくなります。で、実際の本編はというと・・・まぁ評価は人それぞれでしょう。私は嫌いじゃなかったですけど。
「ハプニング」は見てないですけど、良くも悪くも独特の感性を持った監督ですよね。
>久保課長様 (giants-55)
2008-08-11 19:28:29
書き込み有難う御座いました。

記事では「『シックス・センス』や『サイン』を撮り上げたM・ナイト・シャマラン監督」と記しましたが、実はこの監督の作品を実際に観たのは今回が初めてなんです。非常に小心者故、所謂ホラー作品が全く駄目なものですから。あくまでもこの作品だけでしか語れないのですが、独特の完成を持った監督というのは判りました。
はじめまして (かみぃ@未完の映画評)
2008-08-20 00:12:56
トラックバックありがとうございました。
これからもよろしくです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

19 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
風と共に去りぬ (MESCALINE DRIVE)
どこまで逃げればいいのか何から逃げればいいのかわからない恐怖は凄絶で、生存の確証の何もないままに逃避行が果てしなく続く。M・ナイト・シャマランの最新作「ハプニング」を観た。インド人もビックリだ!日本印度化計画だ。
ハプニング (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『人類は滅びたいのか。』  コチラの「ハプニング」は、「シックス・センス」、「レディ・イン・ザ・ウォーター」のM.ナイト・シャラマン監督による7/26公開のPG-12指定のディザスター・サスペンスなのですが、早速観て来ちゃいましたぁ~♪  主演は、「ザ・シュ...
「ハプニング」 自然への畏れ (はらやんの映画徒然草)
「シックス・センス」のM・ナイト・シャマラン監督の最新作です。 たぶん彼は「シッ
ナイトシャマラン監督「ハプニング」 (聖なるブログ 闘いうどんを啜れ)
誓うワンコン
ハプニング (えいがの感想文)
2008年/アメリカ 監督:M・ナイト・シャマラン 出演:マーク・ウォールバーグ    ズーイー・デシャネル    ジョン・レグイザモ オチについてこんなに物議を醸す監督はそういないのではなかろうか。 今回も意見が分かれそうです。 私の感想は...
映画 「ハプニング」 (ちょっとひとことええでっかぁ~♪)
PG-12はグロだったからですね。・゜・(ノД`)・゜・。 生々しくて見てられなかったです(((( ;゜Д゜)))ガクガクブルブル
ハプニング (Akira's VOICE)
植物を愛そう!  
「ハプニング」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法)
(2008年・20世紀フォックス/監督:M・ナイト・シャマラン) 「シックス・センス」で大ヒットを飛ばすが、以後1作ごとにテンションが落ちて行ってる(ようにしか見えない)シャマラン
「ハプニング」みた。 (たいむのひとりごと)
ワザワザ前夜祭に出かけるほど期待していたわけではないが、お得な金曜日なのでレイトショーにて鑑賞。イヤー見えざる敵は怖かった[E:shock] 人は恐怖を克服するために、アレコレ理屈を付けたがるわけで、
ハプニング (映画鑑賞★日記・・・)
【THE HAPPENING】PG-122008/07/26公開(07/26鑑賞)製作国:アメリカ監督:M・ナイト・シャマラン出演:マーク・ウォールバーグ、ズーイー・デシャネル、ジョン・レグイザモ、アシュリー・サンチェス 人類は滅びたいのか。
ハプニング (Memoirs_of_dai)
シャマラン少しは改善してきたか!? 【Story】 ある日突然、アメリカ全土からミツバチが消えるという異常現象を皮切りに、世界中の人々が突...
ハプニング (UkiUkiれいんぼーデイ)
JUGEMテーマ:映画 2008年7月25日(金)前夜祭上映 2008年7月26日(土)公開 私はいつも植物とお話しするの~♪ いやぁ~、もぉ、ビックリしました! 映画が終わるや否や、観客がその場にフリースして立てなくなってしまいまして・・・。 ...
ハプニング・・・・・評価額1350円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
妙に謙虚なM・ナイト・シャマラン。 10年前、「シックス・センス」の大ヒットとオスカーへのノミネートによって一躍脚光を浴びたものの、その...
ハプニング (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
“恐怖”と“謎”の天才M・ナイト・シャマランが放つ壮大なるディザスター・サスペンス。本作でシャマランが突きつけるのは、絶対に逃れることの出来ない「見えない脅威」だ。 “世界の終わり”という恐ろしいアイデアを思いつき、ただならぬ胸騒ぎを覚えたシャラマ...
ハプニング (ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!)
こういうの好き。 M・ナイト・シャマランの映画はとりあえず「MY殿堂入り」  
ハプニング (eclipse的な独り言)
 ある種、清い映画だと感じました。これはこれでありなのでしょう。ネタばれ全開です
『ハプニング』を観ました。 (0120 Blog)
M・ナイト・シャマラン監督作。 良い意味、悪い意味・・・裏切られようが結果がどうだろうが、やっぱり期待してしまう。 ▼
【ハプニング】人類への警告 (映画@見取り八段)
ハプニング ~THE HAPPENING~ 監督: M・ナイト・シャマラン 出演: マーク・ウォールバーグ、ズーイー・デシャネル 公開: 2008年7月 ナイト...
【映画評】ハプニング (未完の映画評)
“何か”が襲い来る、M・ナイト・シャマラン監督のSFパニック・サスペンス映画。