ば○こう○ちの納得いかないコーナー

「世の中の不条理な出来事」に吼えるブログ。(映画及び小説の評価は、「星5つ」を最高と定義。)

未だ未だ遣れる筈

2014年05月27日 | スポーツ関連

**********************************

「一気に衰えた感在る巨人阿部慎之助 ファンも戸惑い隠せず」(5月26日、NEWSポストセブン

 

プロ野球シーズン開幕前は「打っ千切りの優勝。」と、多くの評論家から予測されていた巨人。此処迄の苦戦の原因。其れ何と言っても先ず投壊」に在る。エース内海哲也は、9度先発して未勝利(5月23日現在、記録は以下。)。開幕5連敗は自身初めての事だし、9試合白星無しというのは、2009年に7試合で0勝3敗を喫した時を超える、屈辱の自己ワースト記録だ。

 

鳴り物入り広島から入団した大竹寛現状で5勝を挙げ、チーム2位の勝ち星。期待通りの活躍の様にも見えるが、防御率が4点台後半と内容はボロボロで、運良く味方の援護に恵まれて、何とか勝ちを拾っているに過ぎない。

 

杉内俊哉も、4勝2敗で帳尻を合わせている様に見えるが、此れも防御率3点台半ばと危なっかしい。先発陣で計算出来るのは、菅野智之1人だ。

 

何より、昨年の優勝を支えた“勝利の方程式”、マシソン山口鉄也西村健太朗が揃って絶不調なのが痛い。何れも防御率4~5点台で、抑えが完全に崩壊してしまっている。

 

一方の野手陣も、何ともピリッとしない。中心打者の坂本勇人長野久義村田修一押し並べて打率2割台と低調。此処迄打線を引っ張って来たのはロペスアンダーソンの外国人勢というから頼り無い。

 

中でも、此処へ来て一気に衰えた感の在る阿部慎之助には、ファンも戸惑いを隠せない。

 

投手の不調も、阿部のリードに問題が在る様に思える。素人でも判る様な、2球で追い込んだ後は必ずボールという様な配球で、はっきり言って単調然もやけに球を後ろへ逸らすし、肩も本当に酷くなった(注:盗塁阻止率は1割台)。なら新人の小林誠司を使った方が、幾らか増しではないか。。(40代の男性ファン)

 

打撃も酷い。打った瞬間、此れ迄ならホームランだと思える打球も失速して、フライになってしまっている。何だか、一時代が終わった感じがする。。(60代の男性ファン)

**********************************

 

開幕ダッシュに成功したと思いきや、4月11日からの対タイガース3連戦に3連敗した辺りから、雲行きが怪しくなったジャイアンツ。今季の順位予想ではセ・リーグの優勝チームをジャイアンツとしたが、開幕から2ヶ月になろうとする此の段階でも、チームは一進一退を続けているのだから、ジャイアンツの優勝も怪しくなって来た感じがする。

 

先日の記事「投壊、貧打、そして・・・」でも指摘した様に、今季のジャイアンツの不振は、「投壊」に加えて「貧打」というのが大きな要因

 

此処数年、好調だったジャイアンツを支えて来た1人が阿部選手で、そんな彼を批判するのは心苦しくも在るのだが、今季の彼は余りに精彩に欠けている。

 

キャッチャーとしては「単調なリード」が目立ち、上でも書かれている様に、「2球で追い込んだ後、明らかなボール球を要求。結果的にカウントを悪くしてヒットを打たれたり、四球を与えたりして、失点に繋げてしまう。」ケースが多い。盗塁阻止率の酷さもだが、ボールを後逸する場面が目立つのも気になる。後逸した後、ボールを取りに行く動きが緩慢なのも、足に不安を抱えているからなのだろうか?

 

打者としては甘い球の打ち損じが結構在り、昨季迄だったら軽くオーヴァーフェンスしていた打球が、外野フライに終わってしまう場面を何度目にした事か。

 

今季で35歳の阿部選手。選手として晩年に入っているのは確かだが、未だ未だ遣れ負担を軽減させる、小林誠司選手がキャッチャーを務める頻度をもっと多くし、其の際には阿部選手をファーストとして起用する等、配慮が必要な気がする。

『スポーツ選手』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「魔術はささやく」 | トップ | 「キカイダー REBOOT」 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
心配性 (雫石鉄也)
2014-05-27 08:51:53
心配性なのはどこの球団のファンも同じですね。
阪神タイガースも、いまはとりあえず2位にいますが。心配ごと多しです。
これまで、打線の核だった、新外国人ゴメスは、4月の活躍がそろそろメッキが禿げかけている感じです。で、代わりの4番となると、チャンスに弱い新井兄ですが、もひとつ頼りになりません。
肝心の先発ピッチャーですが、能見、藤浪、メッセンジャーですが、能見は先発の役割を果たしてくれますが、なかなか安定しません。藤浪は1軍にいるだけでもありがたいといったレベル。メッセンジャーは甲子園以外では勝てない内弁慶。
リリーフは安藤しか頼りになりません。福原の復活を望むばかりです。呉昇桓だけが希望です。
守備の要キャッチャーも、よく鶴岡をとっていたと結果論で安心する状態で、若い梅野の成長まちです。
たぶん広島ファンの諸賢もおなじでしょう。
>雫石鉄也様 (giants-55)
2014-05-27 11:48:48
書き込み有難う御座いました。今回は、此方にレスを付けさせて貰います。

「心配性なのは、何処の球団のファンも同じですね。」というのは、本当にそうですよね。愛するが故に、どうしても色々気になってしまう。タイガースもジャイアンツもAクラスに居るのですから、他チームのファンの方からすれば「何をそんなに不安がっているの?」と思われるのでしょうが、どうしても不安で不安で。

私見ですが、投手陣の充実度で言えば、セ・リーグで一番なのはカープだと思っています。其の次はタイガースで、3番目がジャイアンツと。何や彼や言っても、タイガースの先発陣はジャイアンツの其れより、少なくとも現状は優っていると思います。

新井兄弟って、凄く不思議。両者共に素晴らしい素質を持っているのに、彼等が共に先発で出た場合、何故か両者揃って好調というのが無い気がするからです。兄貴が良いと、弟は不調。逆に弟が良いと、兄貴が不調。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。