ば○こう○ちの納得いかないコーナー

「世の中の不条理な出来事」に吼えるブログ。(映画及び小説の評価は、「星5つ」を最高と定義。)

「本を守ろうとする猫の話」

2017年04月29日 | 書籍関連

*********************************

夏木林太郎(なつき りんたろう)は、一介高校生で在る。「夏木書店」を営む祖父と、2人暮らしをして来た。生活が一変したのは、祖父が突然亡くなってからだ。面識のなかった伯母に引き取られる事になり、本の整理をしていた林太郎は、書棚の奥で、人間の言葉を話す虎猫と出会う。虎猫は、「本を守る、林太郎の力を借りたいのだ。」と言う。

*********************************

 

神様のカルテ・シリーズ」で、人気作家の仲間入りを果たした夏川草介氏。現役の医師でも在る彼が、「神様のカルテ・シリーズ」以外で初上梓した長編小説本を守ろうとする猫の話」を、今日は紹介させて貰う。

 

売れ筋の本では無く、そうは売れないけれど、心を揺り動かされる名作を取り揃えた「夏木書店」。祖父が営む此の書店で2人暮らしする林太郎は、見掛けも頭も決して冴えないけれど、本に対する愛情は誰にも負けない高校生。そんな彼が、祖父の急死によって、不思議な迷宮に足を踏み入れる事になる。突然現れた人間の言葉を話す虎猫から、「本を守る為、力を貸して欲しい。」と頼まれたからだ。

 

「『此れに、5万冊以上の本を読んだ。』と、読了数を増やす事だけに血道を上げ、読了した本は硝子張りのケースに鍵を掛け、“閉じ込め”ている男が住む迷宮。」、「少しでも多くの本が読める様、“極限粗筋作り”の為、本を切り刻み続けている男が住む迷宮。」、「売れる本だけを上梓する男が住む迷宮。」、そして「此れ等の男達が林太郎と出会った後、どういう“現実”に直面しているかを見せ付け様と、待ち構える女性が住む迷宮。」の4つが登場する。

 

“本に対する意識”は、人によって異なるだろう。何の意識が正解で、何の意識が誤りというのは、数学の答えの様に、バシッと1つに決まっている訳では無い。「本を読みたいのだけれど、読む時間が無い。」という人は、“極限の粗筋”に魅力を感じるだろうし、「良い本だけを上梓しろと言っても、売れなければ営業は続けられない。」というのも判らないでは無いし。

 

一番心に残ったのは、第2章の「第二の迷宮『切りきざむ者』」だった。最近は「〇分で判る名作集」みたいな本が、結構人気だと言う。「過去の名作を読みたいのだけれど、読む時間が無い。」という人達に向けて、出来るだけ短い粗筋を載せた本だ。本好きの人間としては、粗筋を読んだだけでは、作品の全体像が掴めても、本質的な部分は判らないだろうに。と否定的な考えを持っている。(作品を実際に読む前の取っ掛かりとしてなら、「在り。」だとは思うが。)

 

だから、第2の迷宮に住む男が、「走れメロス」の“極限の粗筋”として、冒頭に書かれている「メロスは激怒した。」の一文を挙げているのには、思わず笑ってしまったのと同時に、「極限の粗筋となると、こうなってしまうのだろうな。」という苦い思いも。

 

*********************************

安っぽい要約やあらすじがバカみたいに売れる。中略ただただ刺激を欲しているだけの読者には、暴力や性行為露骨描写が一番。想像力のない人向けには“本当にあった話”なんて一言添えれば、それだけで発行部数は数割アップ、売り上げは順調に伸びて万々歳。(中略)どうしても本に手が伸びない人のためには、もう単純な情報を箇条書きにすればいいだけ。成功するための五つの条件とか、出世するための八か条なんてね。そんな本を読んでるから出世できないなんてことには、最後まで気づかない。でも本を売るという最大の目的は無事達成というわけです。

*********************************

 

「夏川草介」というペン・ネームは、彼が大好きな作家の名前を並べただけの物なのだとか。「『夏』は夏目漱石氏、『川』は川端康成氏、『介』は芥川龍之介氏、そして『草』は夏目氏の『草枕』から取った。」と。本に対する深い愛情が伝わって来る逸話だが、そんな思いが、此の作品には溢れている。

 

総合評価は星4つ

『小説』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« フラストレーションが溜まる | トップ | 危険は、何処にも潜んでいる »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。