ば○こう○ちの納得いかないコーナー

「世の中の不条理な出来事」に吼えるブログ。(映画及び小説の評価は、「星5つ」を最高と定義。)

忘れてはならない記憶

2007年01月17日 | 其の他
阪神・淡路大震災が発生したのは、今から12年前の今日だった。一昨年の記事「あの日自分は・・・」でも記した様に、あの日の衝撃は今でもハッキリ覚えている。未曾有の大災害によって、「被災者達の手助けを何とかしたい!」という人達の温かさを感じる一方で、「国は最低限の救済しか行なってくれず、結局は自助の精神で行くしかないのだ。」という諦観の念を抱かされた。未だに被災による苦しみを抱えている人達は多いに違いない。

ウルトラマンメビウス」の第34話「故郷のない男」でおゝとりゲンが、32年前に多くの島民を結果的に見殺しにしてしまった事を悔い、その島の慰霊碑の前で此処は俺が絶対に忘れてはならない場所だ。と搾り出す様な声で語るシーンが在った。

世の中には忘れて”も”良い記憶と、絶対に忘れてはならない記憶が在る。その意味で言えば、阪神・淡路大震災で人々(被災者も非被災者も含め。)が得た記憶は、絶対に忘れてはならない記憶だと思う。
ジャンル:
その他
コメント (4)   トラックバック (19)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ヒルマン監督が出ている例のCM | トップ | 交通事故死 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
あれから12年経ちました (マヌケ)
2007-01-17 18:14:56
電気、ガス、水道が寸断され、とにかく寒いのと斜面に立つマンションだったことから震災の翌日まだ震度5以上もある余震が続く中、ここにいては危険だと判断し、家族で阪急芦屋川からとにかく大阪方面へ行こうと歩くことにしました。 線路を行った人も大勢いましたが、途中の夙川で鉄橋ごと川に落ちており先へ進めなくなった人たちが国道へ戻ってきていました。国道は脱出する車と被災地に入ろうとする支援の車両、消防車、レスキュー、救急車、警察の車両も含めどちらも立ち往生していました。 ほとんど進まないので車を放置して歩き始めた人も大勢いました。 結果的にそれらがさらに渋滞を引き起こしていたと思います。 何時間歩いたのかわかりませんが、その時の記憶で緊急車両の赤色灯の長い行列が一向に進まぬままやたらきらきら光る光景が目に焼きついています。西宮にたどり着いた時には電車がどうにか動いており疲れと寒さと空腹から無意識に順番も無視して電車に乗り込んでいました。 梅田に到着した時は全く別世界で普通に阪急デパートや阪神デパードで買い物をする人や日常と何にも変わらない光景に驚きました。 震災当日に見たものや経験したものについては記憶に封印しており、あまり話したくもない出来事です。 あれほどの規模のものが起こればまず訓練どおりに行動するとか避難するということも無理でしょう。 机の下にもぐっても上の階の全てが崩壊して落ちてくるのでは意味がありません。 マンションのスチール製のドアは変形して開かなくなるので窓を破って外にでるしかありません。 救助に来る人たちも被災しており、行政も機能するまでには時間がかかります。 情報を得る手段もありませんし、とにかく出会う人どうしで情報を交換し合うしかありません。 動いている自販機を見たとか行列ができている公衆電話があったとか、どこどこの方向には行かない方がよいとか、スーパーが配給を行うとか、給水車が来るらしい、毛布を配る、生きている水道がある、火の手が上がっている、救助を求めている、どこどこのお屋敷の庭に遺体を安置しているので心当たりあるか、橋が落ちている場所、石垣が崩れていて近づけない場所、避難先を書いた張り紙、倒壊した家屋の瓦などに「この下におじいちゃんが埋まっています踏まないでください」「この下におばあちゃんがいますだれか助けてください」多くの張り紙が散らばり風に舞い雪が降ってきたり過酷な状況でした。 町内で2件ほど燃えている家も見ましたが、消防車が来ることなどありえない様子がわかっているのか、ただ呆然とそれを見ているご夫婦の姿がありました。 液状化で沈んだ六甲アイランドのP&Gさんや倒壊した三宮のUCCコーヒーさんなどお得意さんもすごいことになっておりしばらくはお互いの助け合いと復旧の作業に追われました。 忘れることのできない思い出です。
>マヌケ様 (giants-55)
2007-01-17 21:17:55
書き込み有難うございました。

実際に被災された方から当時の御話を伺った事が在りますが、この世の地獄とはこういったものを言うのだろうなと感じさせられました。マヌケ様も書かれておられますが、倒壊した家屋の下に愛する者が居るのが判っているのに、救済する術も無く、やがて起こった火災によって亡くなるのを見守るしかない状況というのは、生き地獄等という言葉を安直に用いるのも忍び難い様なものだったでしょう。(「はだしのゲン」にもそういった描写が在り、幼少時読んだ自分は喩え様の無い恐怖心と哀しみを覚えました。)

世の中のハイテク化が進んでも、一旦それが麻痺してしまえば、結局頼れるのは”人の輪”。人の温かさが身に沁みる一方で、被災地に乗り込んでドサクサに紛れて人非人な行動を為していた人間も少なからず居たと聞き及んでいます。同じ人間だというのに・・・。
Unknown (toshiki)
2007-01-18 18:28:34
お礼のお返事遅くなりました。
トラバありがとうございました。
新潟 (toshiki)
2007-01-18 23:01:04
家内の実家が新潟柏崎市、義母の実家があの新潟中越地震の中心地で、親戚中の家が壊滅状態でした。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

19 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
にわブロの1日:そなえあればうれいなし? (にわか日ハムファンのブログ)
明日で震災から12年。ルパートリオの3人は当時のことを知っているはずがないんですが、これを機会に防災グッズのチェックをするようです。
喉元過ぎて (破壊王子流勝手日記)
阪神・淡路大震災から12年経った=十三回忌にあたる。当時亡くなられた、6436人
1.17 (ハムぞーの「職業野球研究所」)
・・・・・・
みんながんばったで (`Д´) オゥイエー!! (CLUB☆ZECIKA)
絶対に忘れたらアカンねん。ぉぅぃぇ(`・ω・´)b
阪神・淡路大震災から12年 (つらつら日暮らし)
阪神・淡路大震災から12年が経ちました。しかし、いまだ被災地では問題を抱えています。
もう、12年。まだ12年。 (つれづれなる・・・日記?)
1月17日は体験者としては忘れられない日です。
阪神大震災から12年 (ツボの独り言)
今日であの阪神大震災から12年が経った。 今でもあの日の記憶は鮮明に蘇ってきます。 街は、まるで何もなかったかのようにいつもと変わらぬ様子で 動いていますが、大きな通りから一歩入ってみると そこにはまだ更地のまま放置された土地が点々と残っています。 ...
阪神大震災:回想 (がんばれニッポン!)
 今年、年男の俺だが12年前の亥の年に...。忘れようにも忘れることができませんねえ。当時、院生であるが故に、1月15日提出期限の論文を仕上げ、その後、さらなる上を目指すためにその次の日から猛勉強していた
1・17 今日で丸12年。。。 (りっきーのブログ日記)
 1・17。  やはり毎年、特別な思いを感じる日ですね、今日と言う日は。。。  阪神・淡路大震災から今日で丸12年。月日が経つのは本当に早いですよね。。。  当時、私の身の回りで亡くなられた方はいませんでしたが、当時の朝のニュースで流れていた映 ...
阪神・淡路大震災から12年 (新・だんなの屋根裏部屋)
1995年1月17日午前5時46分、6434名の犠牲を出した阪神・淡路大震災。 ...
阪神大震災1.17から12年 (「感動創造カンパニー」城北の部屋!仕事も人生も感動だっ!)
あれから12年・・・・
12年 (Still Crazy)
明日で阪神大震災から12年が経ちます。今日も生きていることに
1.17 の出来事 (ニュース☆もう新聞紙は要らない)
阪神大震災から丸12年  被災地で地震発生時刻午前5時46分にあわせ追悼セレモニー 6,434人が犠牲となった阪神大震災から、17日で丸12年がたった。 被災地では、地震が起きた午前5時46分にあわせて、追悼のセレモニーが行われている。 犠牲者への追悼セレモニー.. ...
1・17 (しっとう?岩田亜矢那)
12年目の朝は冷たい雨の中迎えた。 夕方4時頃、三宮東遊園地に着いた。 献花しようと記帳していると、隣からしきりと 「すいません、すいません」と言う声が。 声の方を見ると、おばちゃんが 「なんか、あの時の事思い出して…字書けんようになってもうて」 ポ ...
#1556 12年目の「1.17」。心の中の風化を止めよう。 (続「とっつあん通信」)
けさの被災地は涙雨でした。 午前5時46分。 いつものようにテレビの前で黙祷。
12年目の1・17 (測量現場観察日記)
 まだ被災者のつもり?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、決してお涙ちょうだいネタではありません。  幸い、と言うとははばかられますが、明石は神戸ほどの被害はなく、ライフラインの復旧も神戸よりは早かったです。 我が家では第一子 ...
今日は・・・ (ともみの言いたい放題♪)
あの、大惨事から丸12年経ちましたね・・・
ゆずちゃん (A Mannish Mom's Diary)
今日は、阪神大震災の日。 地震発生時刻、上の娘の宿題を見て過ごしました。 慰霊祭の模様、テレビで見ました。 彼女、目覚めてからしばらく「おは4」から「ズームイン」にかけてを見てマッタリするのが好きなんで(⌒~⌒) 宿題も、テレビのついた状態で(良い子 ...
あれから12年、震災の日・・・" Sphere-Conference" (「緑」の基地プロジェクトへ、ようこそ・・・)
また、1/17という日が巡ってきて、 普通の日と同じように過ぎていく。