ば○こう○ちの納得いかないコーナー

「世の中の不条理な出来事」に吼えるブログ。(映画及び小説の評価は、「星5つ」を最高と定義。)

6年経ったが・・・

2017年03月11日 | 時事ネタ関連

*********************************

仮設住宅孤独死続く 被災、昨年も28人」(3月4日、産経新聞

 

東日本大震災の被災者が入居する仮設住宅では、1人暮らしの高齢者等の「孤独死」が続いている。岩手宮城福島県警によると、昨年は計28人が亡くなった。仮設の設置は、少なくとも3年は続く見通し。

 

3県警によると、仮設住宅に1人で暮らし、死亡状態で見付かった人数は、平成23年3月の震災発生から、平成28年12月の約6年間で計230人。内6割の134人が、65歳以上だった。

 

に見ると、平成23年は17人だったが、仮設住宅への入居が本格化した平成24年に41人迄急増。平成27年は、最多の53人に上った。

 

共同通信が今年1~2月に実施したアンケートでは、震災後にプレハブ仮設住宅を建てた3県の計51市町村の内、少なくとも32市町村は、来年度以降も設置を継続する予定だ。

 

設置期間には、ばらつきが在る。最も長いのは、東京五輪パラリンピック目前の2020年3月頃迄と見込む岩手県大船渡市や宮城県名取市等。

*********************************

 

6年前の今日、即ち2011年3月11日に発生した東日本大震災では、死亡者及び行方不明者が併せて1万8千人を超える。彼の大震災から「もう6年“も”経った。」と感じるのか、又は「未だ6年“しか”経ってない。」と感じるのかは、人によって異なるだろうが、近しい人間を失った人達だと、「未だ6年しか経ってない。」と感じる事が多いのではないだろうか。

 

非被災者の場合、大震災の記憶がどんどん薄れて来ている様に感じる。でも、「被災3県で昨年、仮設住宅で孤独死した人は28人も居られた。」という事実は、大震災の爪痕が未だ残っている証左でも在る。

 

合掌

ジャンル:
災害
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  4人に1人は“環境要因によ... | トップ | 貴重な経験 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。