ば○こう○ちの納得いかないコーナー

「世の中の不条理な出来事」に吼えるブログ。(映画及び小説の評価は、「星5つ」を最高と定義。)

「アーサーとミニモイの不思議な国」

2007年10月09日 | 映画関連
実は他の作品を見るつもりで映画館に足を運んだものの、上映時間を完璧に間違えていてその日に観る事は叶わなかった。「折角来たのだから、他の作品を観よう。」と思い、上映されている作品の中から選んだのが「アーサーとミニモイの不思議な国」。この作品の知識は全く無く、唯単に「実写と3Dアニメーションの融合作品」というのが面白そうだったし、「アニメーションのキャラクターの愛らしさ」に惹かれたというのが選択の理由だった。

****************************
アーサー(フレディ・ハイモア君)は冒険を夢見る、普通の少年。両親と離れて祖母と暮らしているが、土地代未払いの為に屋敷は立ち退きを迫られている。そんな或る日、アーサーは屋根裏で、行方不明になってしまった冒険家の祖父が自分に残した書物を見付ける。其処には体長が2mmしかないとういうアフリカの謎の民族「ミニモイ」*1と「7つの王国」の秘密と共に、裏庭に埋められた財宝の地図が。ミニモイ族の真実を知る為、そして家族の危機を救う為、アーサーはミニモイ族の住む国へと旅立つのだった。
****************************

スクリーンに映し出された監督名を見てビックリ。「グラン・ブルー」や「ニキータ」、「レオン」等で有名なリュック・ベッソン監督がメガホンを執っているのだ。これ迄の作風とはガラリと変わり、メルヘン&ファンタジーの世界を描き上げている。何でも「この『アーサーとミニモイの不思議な国』(3部作)にて監督業を引退する。」と宣言しているそうで、それだけにかなり力の入った作品なのだろう。

ハッキリ言ってストーリーは極めてシンプル。最初から最後迄捻りも何も無いが、まあファンタジー作品に捻りを求めるのはナンセンスなのかもしれない。主人公のアーサーを演じるフレディ・ハイモア君は今年で15歳という事だが、小学校3、4年生と言われても通用しそうな程のあどけない表情、そして3Dアニメで描かれるミニモイ族の姿形が愛らしい。個人的には「実写部分とアニメ部分の切り替えを、もっと頻繁に行っても面白かったのではないか?」という思いは在るが、まあこれは個人の趣味によるだろう。

自分が見たのは「字幕版」だったが、「日本語吹き替え版」というのも在り、そしらではアーサーの声を天才子役の神木隆之介君が担当しているのだとか。まあ彼は「なるほど。」と思わせるキャスティングだが、その他にえなりかずき氏やタカアンドトシが起用されているというのは「何だかなあ・・・。」という思いが。アニメ映画「ザ・シンプソンズ MOVIE」の吹き替えに付いて違和感を覚える方が多い様に、最近の吹き替えは「吹き替え能力の高さや、そのキャラに合っている声で選ぶのでは無く、単に”旬”な人間を寄せ集めているだけ。」というのが露骨過ぎて白けてしまう。「字幕版」を観たのは、恐らく正解だったろう。

激賞する程でも無く、かと言って酷評する程の内容でも無しというのが、この作品を観終わった際の感想。総合評価は星3つ

*1 ”小人”の登場するアニメというと、どうしても「冒険コロボックル」を思い出してしまう。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (30)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「ULTRASEVEN X」 | トップ | 松井選手、御疲れ様!そして... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
シンプソンズのフィギュアがあります (マヌケ)
2007-10-09 18:11:44
シンプソンズのパパの声はイケテマスが、バドの声はイマイチですね。 あまりに毒があるアニメですので成人向けでしょうが、かなり笑えます。 バーブラ・ストライサンドが自画自賛のためのパーティーに出席しないと業界から干されてしまうため、嫌々出席した
セレブリティを前に自慢の衣装とのどを披露してきたのはあちらでは有名な話なようで、ある日突然、セリーヌ・ディオンという彗星のごとくディーバが登場して以来、誰からも見向きもされなくなったという話をもじったキワドイギャグがそうとう笑えました。 「お前そんなことしてると、バーブラから招待状が来るぞ」「えええっ、いやだーっ!」・・・頭は薄いし腹はでばって、キモカワイイ?キャラばかりで、日本でいうところの「クレヨンしんちゃん」のようなアニメですね。 かなりの毒舌アニメですね。 アサーは分厚い原作がハリーポッターやナルニア国記などと並んで一時期書店で目立ちましたね。 子供向けなので関心はありませんでしたが。 フランス映画という理解しがたい作品が多い中においてはリュック・ベッソン作品は新しいフランス映画と言えるでしょうね。 彼女に付き合って見たものの40分くらいで寝てしまったり、他のお客さんの表情の方が気になったり、いつになったらおもしろくなるのかな?とか、あれっ?これで終わりなの?かっ・・・といようなものが結構ありました。 ハリウッドの影響でフランス映画もアクション主体のものやCGを多用したものも多くなりましたね。 
>マヌケ様 (giants-55)
2007-10-09 23:41:34
書き込み有難う御座いました。

アニメに限らず海外の作品に字幕を付けたり吹き替えたりすると、製作した国ではパッと判るギャグだけれども、そのままでは日本人には伝わらないというのがしばしば在ります。それ等を如何に日本人にも受ける様に”加工”するのが配給会社の腕な訳ですが、ややもすると安直に流行りネタにしてしまうのが日本の悪い所。実際には見ていませんが、この作品の吹き替え版ではタカアンドトシが展開とは全く無関係にボケて、そして「欧米か!」という突込みが在りそうな気がしてなりません(苦笑)。もっとセンスの良い加工を施した作品が増えて欲しいものですが。

CG主体っていうのは世界の潮流なんでしょうね。確かに視覚に訴える物は在りますが、こうもバンバン使用されると逆に特撮の方が心ときめいたりするんですよね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

30 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
アーサーとミニモイの不思議な国 (Akira's VOICE)
既視感を寄せ集めたファンタジー。
試写会「アーサーとミニモイの不思議な国」 (日々“是”精進!)
ワーナー・マイカル・シネマズで行われた「アーサーとミニモイの不思議な国」の試写会に出席してきました日本語吹き替え版での上映。「レオン」「フィフス・エレメント」のリュック・ベッソンが原作と監督を手掛けたファンタジー。本作を最後に監督引退宣言をしたことでも...
アーサーとミニモイの不思議な国 35点(100点満点中) ((´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ))
ミクロの仲間だ 三勇士 公式サイト リュック・ベッソン原作・脚本・監督によるファンタジー風映画、なのだが、売れ線を狙ったであろう設定や映像とは反対に、子供向けとしてもファンタジーとしても中途半端な凡作に終わっている。 現実世界を実写、小人世界を人形...
アーサーとミニモイの不思議な国 (B-scale fan's log)
公開中 リュック・ベッソン監督 フレディ・ハイモア主演     共演 ミア・ファロー 他 満足度 3.0 ベンソン監督が何故この映画を作ったか知りませんが、 「パパだって子供向けの作品が作れるんだよ」 って感じに仕上がった作品。 いつもの切れ上がった支離滅...
「アーサーとミニモイの不思議な国」みた。 (たいむのひとりごと)
試写会により、選択の余地はなく「吹替版」。しかし外国の実写アニメ日本語吹替えは、やはり私の肌に合わないようだ。永井一郎、富田耕生、茶風林というベテラン”オヤジ声優”らの共演は素直に喜ぶが、タレントや
アーサーとミニモイの不思議な国 /ARTHUR AND THE MINIMOYS (我想一個人映画美的女人blog)
                                                                                                                  ...
『アーサーとミニモイの不思議な国』 (映画館で観ましょ♪)
リュック・ベッソンの映画というコトで見てみようかと。 で、 次女を誘ったら「見ない」というので一人で出かけました。 ・・・なのに吹替えしか上映してない! 字幕版なら マ...
映画「アーサーとミニモイの不思議な国」を試写会にて鑑賞。 (masalaの辛口映画館)
 4日、九段下の九段会館にて「アーサーとミニモイの不思議な国」の字幕スーパー版を試写会で鑑賞した。 開場時間10分前に会場に到着したところ、早めに開場したらしく列は無く直ぐに入場出来た。客入りは7~8割ほどでファミリームービーらしく小さな子供も多数来場...
アーサーとミニモイの不思議な国 (そーれりぽーと)
遂に10作目、もう10作目。 かねてより「10本撮ったら監督業から引退する」と宣言していたリュック・ベッソン監督の、10作目にあたる『アーサーとミニモイの不思議な国』が、日本でも上映されました。 俺にとっては、フランス映画の敷居の高さを下げてくれた人。 初めて楽...
映画 『アーサーとミニモイの不思議な国』 (Death & Live)
『アーサーとミニモイの不思議な国』  2006年 原題 : ARTHUR ET LES MINIMOYS 監督 : Luc Besson 子どもだけに観せておくのはもったいない。 大人も充分楽しめるファンタジー。 3Dは見慣れてしまったかも知れないけれど、 ...
アーサーとミニモイの不思議な国 (井猴之見)
クチコミネタ:Ameba 独占試写会 『アーサーとミニモイの不思議な国』 280組560名様ご招待! っつーわけで、試写会に招待されたので行ってきた。 アメブロthanx。 日本語吹き替え版だった。 ――のはいいんだけど、鑑賞前は声優の面子にちょっと不...
「アーサーとミニモイの不思議な国」★★★ (JoJo気分で映画三昧!+α)
'06年製作、監督・原作・脚本・製作 : リュック・ベッソン 出演 フレディ・ハイモア、ミア・ファロウ他 声の出演 デイビッド・ボウイ、マドンナ、ロバート・デ・ニーロ他。日本語吹き替え:神木隆之介さん、戸田恵梨香さん、 えなりかずきさん他によるCGアニメ・...
アーサーとミニモイの不思議な国 (ネタバレ映画館)
本当に子供向けなの?
10の満月を数えて (CINECHANの映画感想)
239「アーサーとミニモイの不思議な国」(フランス)  アーサーは10歳の少年。4年前に冒険家のおじいさんが失踪し、今はおばあさんと二人暮し。しかし、お金が払えなくて、すぐにでも家を追い出されそうになっている。  アーサーはおじいさんが残した宝物の地図...
アーサーとミニモイの不思議な国 (ともやの映画大好きっ!)
(原題:ARTHUR ET LES MINIMOYS) 【2006年・フランス】試写会で鑑賞(★★★☆☆) リュック・ベッソンが書いた原作ファンタジーを、自ら監督したファミリー向けのアドベンチャー映画。 冒険を夢見る10才の少年アーサー(フレディ・ハイモア)は多忙な両親となかなか...
アーサーとミニモイの不思議な国 (5125年映画の旅)
アメリカの片田舎で暮らす少年アーサー。借金を返さないと家を追い出される事を知ったアーサーは、祖父の残した宝を探し出す決意をする。そしてアーサーは祖父の残したヒントを頼りに、豆粒のような種族「ミニモイ」が暮らす世界へ辿り着く。そこでアーサーを待ってい...
62『アーサーとミニモイの不思議な国』を鑑賞しました。 (はっしぃの映画三昧!)
映画を鑑賞しました。秊 62『アーサーとミニモイの不思議な国』 評価:★★★☆☆ 原題は「Arthur et les Minimoys」でリュック・ベンソン監督の最後の仕事? でも、3編で1作品みたいなので、暫くは辞めないのかな?
アーサーとミニモイの不思議な国 (e3 ~えっちと映画とエトセトラ~)
http://www.arthur-movie.jp/top.html アーサーは冒険を夢見るごく普通の少年。ある日、自宅の屋根裏で、冒険家の祖父が残した書物を見つける。 そこにはアフリカの謎の民族<ミニモイ>と<7つの王国>の秘密とともに、裏庭に埋められた財宝の地図が。 <ミニモイ族>...
『アーサーとミニモイの不思議な国』 (kuemama。の<ウェブリブログのへや>)
【 ARTHUR AND THE MINIMOYS 】 2006年/アスミック・エース/104分 【オフィシャルサイト】 監督:リュック・ベッソン 出演(声):フレディ・ハイモア/神木隆之介、ミア・ファロー、マドンナ/戸田恵梨香、デヴィッド・ボウイ/Gackt、ジミー・ファロン/えなりか...
「アーサーとミニモイの不思議な国」を観る (紫@試写会マニア)
好きな映画監督は?と聞かれれば、数あるお好みの監督の中でも特にお気に入りの彼、リュック・ベッソンを挙げない訳にはいきません。彼の最新作で監督としては多分最期の作品になるであろう(嘆っ)「アーサーとミニモイの不思議な国」(吹き替え版)を観てきました。 ...
アーサーとミニモイの不思議な国 (映画鑑賞★日記・・・)
【ARTHUR AND THE MINIMOYS】2007/09/22公開(09/15先行にて鑑賞)製作国:フランス監督・原作・脚本:リュック・ベッソン原作:リュック・ベッソン『アーサーとミニモイたち』(角川書店刊)出演:フレディ・ハイモア、ミア・ファロー、ペニー・バルフォー、ダグ・ラン...
『アーサーとミニモイの不思議な国』(日本語吹き替え版)を観たよ。 (【待宵夜話】++徒然夢想++)
シェアブログ1572に投稿 ※↑は〔ブログルポ〕へ投稿するために必要な表記です。  リュック・ベッソン、本当にこれで監督業を引退しちゃうの? 『アーサーとミニモイの不思議...
#124.アーサーとミニモイの不思議な国 (レザボアCATs)
子供向け映画っちゃー、子供向け映画なのかもね。だけど、ファンタジーやら冒険やらに私は目がないので、ワクワクしっぱなしで、見入ってしまったな。植物の緑とか、虫の声、風の音・・・そういう自然の中の涼やかな心地よさ、ここら辺を感じ取れると、この映画はすごく楽...
アーサーとミニモイの不思議な国(試写会) (カリスマ映画論)
 【映画的カリスマ指数】★★★★☆  ミクロな世界のマクロな冒険!!  
「アーサーとミニモイの不思議な国」 ジム・ヘンソンへのオマージュか? (はらやんの映画徒然草)
リュック・ベンソンの久しぶりの監督作。 10本撮ったら監督はやらないと言っている
アーサーとミニモイの不思議な国・・・・・評価額1200円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
どこかで観たような世界観に、どこかで会ったようなキャラクター。 リュック・ベッソンが引退を宣言して挑んだ「アーサーとミニモイの不思議な国」は、彼としては初のCGアニメと実写の合成で描くファンタジーアドベンチャー。
★「アーサーとミニモイの不思議な国」 (ひらりん的映画ブログ)
今週の平日休みは、「チネチッタ川崎」で2本。 その1本目は、久々にリュック・ベッソンが監督をしたという本作。 実写と3Dアニメで作ったという本作は、何度か予告編を観てたので、ちょっと期待あり。 冒険ファンタジーは、ひらりん結構好きだからね。
アーサーとミニモイの不思議な国 2007/10/08~10/14 (最新キーワードの情報収集・動画ブログ 第二倉庫 ドラマ・映画・TVとラジオ番組)
アーサーとミニモイの不思議な国についての最近の情報です。
アーサーとミニモイの不思議な国 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
体長2ミリになった元気いっぱいのアーサーが、裏庭の地下に住むミニモイ族の仲間たちとともに大冒険を繰り広げるファンタジー大作『アーサーとミニモイの不思議な国』。 アーサーは冒険を夢見るごく普通の少年。両親と離れ、祖母と暮らしているが、土地代未払いのため...
62『アーサーとミニモイの不思議な国』を鑑賞しました。 (はっしぃの映画三昧!)
映画を鑑賞しました。秊 62『アーサーとミニモイの不思議な国』 評価:★★★☆☆ 原題は「Arthur et les Minimoys」でリュック・ベンソン監督の最後の仕事? でも、3編で1作品みたいなので、暫くは辞めないのかな?